女友達と酔った勢いで69してたエッチ体験談

「あーもうー!なにしてんだよー!」といいながら
大田を抱きかかえ、しょうがないのでその場で吐かす。
大田はもうグデングデンで何がなんだかわからないみたい。「うぅ~」「あぁ~」とか言ってる。
ひとしきり吐かして、落ち着いてきたとき気が付いた。
大田のカーディガンがゲロまみれになってる。

しかたないからカーディガンを脱がそうとすると、大田が両手を俺にまわしてきた
「んーんー、○○クン、脱がすの~?エッチ~」
大田は普段からシモネタも好きだし、雰囲気がエッチな子なんで
いつもの冗談だと思いながら、「そうそう、全部ぬがしますよー」とか返答した。すると
「ねぇ、○○クン、エッチしたい?エッチしたぁい?」と半分寝ながら言ってきます。
「そうだねー、まずはカーディガンぬがないとねぇ」とかあやしながら脱がしていくと
大田が急にキスしてきました。いきなり舌いれて。そうです、いまさっきゲロはいたばっかりの口で(涙
「んんー!!!(涙」と嬉しいやら、かんべんしてほしいやらで、俺も混乱してきました。
その間にも大田は腕を絡めてきて、荒い息遣いになってきました。
「ああー!もういいや、やっちゃえ!」我慢できなくなった俺はそのまま、大田をうけいれ
何度もキスして、こぶりな大田の胸を触り始め、もう片方の手でスカートをたくしあげ
大田の股間をさわさわしはじめました。すると大田もそれに答えるように俺のジーパンのボタンをはずし
ジーパンを半分ぬがされ、パンツからチンコをとりだしました。お互い酒が頭でグワングワンするなか
荒い息を出しながら、愛撫しあいました。俺の愚息を大田がゲロまみれの口でジュルジュルといやらしい
音たてながらフェラし始めると、より興奮して俺も大田のパンツを脱がし69みたいなポジションに
なって舐めあいました。大田も切なそうな声をだして、それに答えてくれるので
「もう、いれたいよ。。。」と俺がつぶやくと、「うんふふふふーまだぁー」とかいって
手コキにかえてきました。
俺は手コキとかフェラを長時間されると挿入したらすぐ逝ってしまうので、
なんとか大田の体勢をかえて本番にもつれこもうとしてたのですが、
気持ちよすぎてなかなかそうもいきません。
「ああ。。。なんか、、、いきそう。。。」正直もうほんとうに逝きそうでした。
でも我慢してました。大田は酔ってるせいか、あまり俺の話聞いてませんでした。
(やめさせなきゃ!ほんとにいく!)と決意し、ぐっと
体勢を変えようとしたら、2Fから誰か降りてくる音がします。
(やばっ!!)そう思ったとき、不覚にも逝ってしまいました。
精子は彼女のアゴあたりにかかってブラーンと垂れ下がってました。
1Fに降りてきたやつが再び2F帰る間おとなしくしてた大田が
「○○くん、ずるい~あたしもするー」といってまだカチンコチンのチンコを拭きもせず
入れようとしたので「やばいって!」といって何とか静止し、手マンでいかして
とりあえず満足してもらいました。 その後大田に何度かカマかけてその日のことを
覚えてるかどうか聞いてみたんですが、覚えてるような、覚えてないような曖昧な
返事しかもらえませんでした。その後彼女とは何もありません。
おしまい。