2/3)家庭教師先のマセた女の子とエロビデオ見ながら処女を貰ったエッチ体験談

1/3)家庭教師先のマセた女の子とエロビデオ見ながら処女を貰ったエッチ体験談。続編

昨日は4時過ぎに澄香とアパートに帰ってきて
夕方までに2回もしてしまいました。澄香がイッたのは3回。初めてかも。
思いっきりできる場所だったしお互い興奮してました。
マックで澄香を見た時、ルーズソックスみたいなのをはいて
ミニスカートにブラウスを着てたので、澄香が何かの制服を着てるのかと思った。
ああいうのって流行ってるのかな?ちょっと中学生と援交してるみたいで恥しかったけどそれは俺の気にしすぎだと思って、マックでおやつを食べてからゆっくり歩いてアパートに帰ってきました。
ドアの鍵を閉めちゃうと、とりあえずエッチなキス。髪を上げてうなじにもキスしちゃいました。
澄香を7時には家に帰さないといけないのでアパートに帰ってきたらすぐにエッチという事になってしまいました…。

ヒーターをつけっぱなしでいったから部屋は暖かかったのでまずパンツ以外の自分の服は全部脱いで、
それから澄香の着ているものを一枚ずつ丁寧に脱がしていった。
やっぱりまだ明るいし、ゆっくり脱がされると恥しいみたいで
コッチ見て、って言っても「恥ずかしいから」って下をうつむいたまま。
小五なのにそういう仕種は何だか一人前の女だなぁなんて思った。
澄香は特別なブラをつけてきてくれたみたいですごい可愛いかった。
下着だけになってる澄香を見ると、言い過ぎではなく妖精を見てるようで
澄香の体中にキスをしないではいられなくなった。
その全身へのキスがきいたのか、それともアパートにつくまでのちょっとエッチな話がきいてたのかこれも可愛いパンツの中にそっと手を入れてあそこを触ると澄香はもう入れられるんじゃないかってくらいまで濡れていた。

俺は俺でその澄香のかわいい下着と、もう濡れていたあそこ
何よりも誰にも邪魔されないこの情況に今までにないくらい興奮してた。
ブラをとると、まだこぶりながらも膨らんできている胸があらわになった。
右手でクリトリスをゆっくり擦りながら両方の乳首を交互に吸って舐めた。
澄香は乳首を吸われながら舌でチロチロされるのが好きみたいで
円を描くように舐めたり下を押しつけるようにした後にそれをすると少しだけ身をよじって感じてました。
いつもするようにクリトリスがかたくて大きくなるまで二本の指で皮を剥くようにしごいてみたり、剥いたクリトリスをもう一本の指で澄香のヌルヌルをつけて愛撫したり。
澄香も情況からかすごいエッチに濡れていて、愛撫してる指はおろか手までグチュグチュがついちゃう程だった。
澄香とするまでは小学生の女の子が濡れるのかなんて考えた事もなかったけど、
五年生にもなって、こうして毎週調教するとちゃんと大人の女性と同じく濡れるんです。

俺はかなりエッチな気分になってたというのもあって
澄香をベッドの上に立たせて両足を広げるように言いました。
かなり恥ずかしがってたけど、澄香はちゃんと俺の言う事をきく。
まだ毛が生え揃ってないくらいだから余計に恥ずかしいのかな。
足を開いて立たせた澄香を見上げるようにすると
澄香の濡れそぼったかわいいおまんこと肥大したクリトリスが見えた。
あそこの穴からクリトリスまですくいあげるように中指を動かすと澄香の体はビクン….ビクンってすごい反応して感じた時の喘ぎ声を我慢する事なく出しちゃってた。
大人の女みたいに艶めかしい声じゃないけどそれが逆に興奮させるんだよ。
ちょっとそうして楽しんでから、用意してあったローターのスイッチを入れた。
ブーンって鈍い音が部屋に響く。

ローターをこれ以上愛撫する必要のないくらいに大きくなって
赤っぽく充血したクリトリすにそっとあてると澄香は大きな声を上げて座り込んでしまった。
ちょっとかわいそうだったけど、もう一度立たせて同じように足を開かせて「我慢するんだよ」って言いきかせまたローターをクリトリスにあてた。
ブィーンっていうイヤラシい音。
澄香はキュッと内股になって、一生懸命我慢してた。膝がガクガクしちゃって、足がブルブル震えてた。
やっぱり1分くらいで、もう駄目、って言って崩れ落ちちゃった。
「我慢できなくて悪い子だね」って言ってお仕置きに俺の堅く大きくそそり立ったのをしゃぶらせた。

色々教え込んだっていうのもあるんだけど澄香のフェラは俺の彼女のフェラよりも上手くなってるかもしれない。
裏筋を舐め上げたり、玉袋を愛撫しながらカリを沿うように舐めたり口に含んで歯は当たらないようにピストンしたり、含んだまま舌をヌメヌメと動かしたり….。
そういった事はだいぶ問題なくこなせるようになってるし頑張ってしゃぶって、って言うと10分はしゃぶってられる。
やっぱり口に含むのは顎が疲れちゃって長く持たないけど。
彼女と俺との関係とは違い、澄香と俺の関係はもともと生徒と家庭教師だからか、
澄香も疑問なく色々教えた事をおぼえてくれる。ホントに素直ないい子。
でも昨日はしゃぶらせながら澄香に、自分で持ってローターでしてごらん、って指示した。
ちょっとやり過ぎだったかなぁ。でもお仕置きって事だったし…。

そうさせると感じちゃってあまりフェラもうまくできないみたいで一生懸命頑張ってしようとしてた。
口に含んでる時にビクンってすると口に含んだまま声を出す。
それが直接俺のものに響いて、俺をもっと興奮させた。
そんなお仕置きを少し楽しんだ後、はちきれんばかりになってるものにゴムをかぶせた。
本当はつけたくないけど、しょうがない…..
澄香の両足を目いっぱいに広げて全部見えるようにして熱いペニスでおまんこの入口からクリトリスまでゆっくりといったりきたり、ちょっと強めにギュっと擦ったりした。
こういうの男って好きなんだけど、俺も例外じゃなく、欲しかったらちゃんとおねだりしないと駄目だぞ、って言った。
何て言わせたかっていうのはわかるだろうから省略です。
やっぱり恥ずかしそうにしながらもおねだりする澄香。かわいかった。

ちゃんといい子におねだりできたからローションなしでも充分なくらい濡れ濡れの
イヤラシイ澄香のおまんこにあてがって、ゆっくりと入れていった。半分程までゆっくりズンズンと挿入。
かなり濡れてるから澄香もいいみたいでいつも澄香の家じゃ絶対出さないようないい声を出してた。
すごい濡れ方だし大丈夫だろうと思って「澄香、奥までするよ」って言ってから
澄香の子宮に届くくらいの奥まで一気にペニスを突きたてた。
あまりにも興奮してたから、それから激しくズンズン突いた。
澄香の足を上げさせると、小五の澄香のあんなに小さかったおまんこが大人のペニスの根元までしっかりくわえこんでいるのが見えて余計に興奮してしまった。

あそこ自体が俺のものとくらべて小さいから入口が締まっているだけじゃなくて
膣もまとわりつくというよりも、膣全体で絞めつけてくる。
それでも澄香には「もっと絞めつけて!」と厳しく責めてしまう。
ちょっとおとな気なかったけど言葉で責めながらズンズンと澄香をつきつづけて、ただ俺が気持ちいいようにして最後に思いっきり澄香の中に出した。
抜いてからゴムをとってみると興奮してたからかすごい精液の量だった。
澄香も「いっぱい出たね」なんて言ってくれたくらい。
テラリと光るペニスを拭かないで澄香にきれいにさせた。
ゴムはストロベリーのフレーバーつきだから澄香にとっては楽だったかも。
ひととおりきれいにしてもらってから、またローターのスイッチを入れた。

続き 3/3)家庭教師先のマセた女の子とエロビデオ見ながら処女を貰ったエッチ体験談