6/7)中のときに英語の女教師と同級生巨乳女と3Pしたエッチ体験談

1/7)中のときに英語の女教師と同級生巨乳女と3Pしたエッチ体験談 一話目

先生がEの胸を揉んだ。
「ああっ!」Eが敏感に反応する。
「柔らかい…」先生はEの乳首にキスをした。
「ふっ!」Eが体をよじる。
「U美、Eの胸どうよ?」
「はい。柔らかくて気持ちいい…です。」
「E、柔らかくて気持ちいいってよ。良かったな。で、Eはどうなん?U美の愛撫はうまいか?」
「はい。嬉しい。先生上手…です」どちらもMモード全開に入った。先生は余程胸にコンプレックスがあるのか、Eの胸に顔を埋めている。


「E、自分ばっかり気持ち良くしてもらったら悪いだろ?お返ししないと」
「はい…」Eは起き上がると先生を寝かせ、胸を愛撫した。
「んっ!はっ!」先生のいつもの喘ぎ声だ。
「E、U美の胸はどう?」
「乳首が可愛くて素敵です」
「じゃあ…」そこにオレが交ざり3人で代わる代わる愛撫をした。
「センセはケツ攻められるのが好きなんだよな?w」先生を俯せにしながらオレは言った。
「ええっ!違うっ!違うもん」
「Eの前だからって恥ずかしがるなよw E、舐めてやってくれるか?」
「はい…」
「やだーーっ!やだもんっ!男の人にさえやられると恥ずかしいのに、Eちゃんにやられたら先生恥ずかしくて死んじゃうよ~」先生は手足をバタつかせた。Eはもうその気で先生の腿辺りを跨いで座っている。
「Eちゃん、やめよっ!ね?私がしたげるからっ!S君お願い。やめるように言ってよ~~~~~」先生は懇願した。まあ聞くわけがないんだがw
「先生。お尻頂きます(笑)」Eはグイと先生のケツを左右に開いた。電気が明るいままなので、ケツの穴の筋一本まではっきり見える。
「…かわい~」Eはケツの穴を舐め始めた。ビクッビクッと穴が、先生の体も反応する。
「U美、気持ちいいんじゃねーの?」
「………」
「先生気持ちいい?」Eにも聞かれた
「…………うん。気持ちいいよ…。けど恥ずかしっ!あっ!何してんのっ!だめっ!」見たらEは先生のケツの穴に舌をこじ入れようとしている。なかなかやりおる…
「ダメダメダメ!それはだめっ!あああっ!」舌の先がケツの穴に入ってる。オレは先生の背中を愛撫した。
「んっ!あっ!力が入らないよ~~。お尻はもうダメっ!」
「E、そろそろ解放」Eはすぐに離れた。
「U美のケツ、どんな味だった?」
「そんなこと聞くなっ!答えちゃだめっ!」先生は必死だ。
「穴のラインはしょっぱかった。お尻の穴は~微かに苦い?何かそんな気がした」
「ほー。んじゃ逆。ほらU美、起きろ」ケツをパチンと叩いた。
「嫌いだもん。いじめっこだもん」先生の目がまたウルウルしている。
「Sとやると先生っていつもこんな感じなの?」
「んだよ」
「先生かわいいっ!」Eは先生に抱き着いた。
先生がEのケツを愛撫しだした。二人の背中を俯せにして見たが、やはり先生の背中は綺麗だ。
「はっ!んっ!きっ気持ちいいっ!」
「穴に舌入れてくれたよねぇ(笑)私も頂きますよ?(笑)」目には目をってやつか…。
「んっ、いたっ、いたーい」
何やってるのかと見たら、先生は指突っ込んでた。
「抜いて抜いて。いたいよー。あたし指なんて入れてないっ!」先生が指を抜いた。
「第二関節まで入った(笑)」先生が指をマジマジと見る。
「うんちついてない。匂いは…あっ!うんちの匂いするっ!」
「やめてよ~酷い~」Eも泣きそうだ。
「じゃあ二人ともオレの正面に立って」二人が言うとおりに立つ。
「そのまま座って」座る。
「股開いてオレに見せて」二人がパックリと股を開いた。久しぶりなのでオレはEから見た。
「こんなに濃かったっけ?」
「会わなくなって少し濃くなったかも」マンコは右のビラビラが肥大した感じだった。匂いは微かなチーズ臭があったが、それ以外は先生と同じ感じだった。
先生のを見たが、前オレに剃られた毛も生え揃い、本人は『濃くなった』と怨み節を続けているが、全然そんな感じではなかった。
Eも大して濃い方ではなかった。いろいろ見慣れた今は、まあごく普通かな~、うーん、少し多いかな、という感じである。
二人が股を開いて座っているその間に割り込み、オレは左右の手で二人のクリを触った。先生のは小さく、Eのは逆に大きかった。先生のが小さいから、Eのを大きく感じただけかもしれないが。
U:「んっ!はっ!…」
E:「ああっ!ふっ!」
二人の喘ぎ声も微妙に違う。
向き合って座りクリを刺激し続けるオレの乳首を、感じながら先生は舐めた。Eもそれを真似する。
「んっ!んんっ!」チュウチュウと乳首を吸いながら、先生は喘いだ。
「E、今触られてるとこは何ての?」
「ああっ!わかんないっ!」
「U美、わかんないって言ってるけど、おかしいよな?自分の体に付いてるものだもんな」
「はい…。私も…そう思い…ああっ!いたっ!」先生のクリをつまんだので、先生は痛みに身をよじった。
「Eが答えないと先生がどんどん痛くなるよ?」オレはEに言った。
「Eちゃん!分かるでしょ?言ってっ!言うのっ!痛い!」
「ああっ!ごめんなさい。えーと……。クリ…です。」Eは消え入るような声で言った。
「何だよわかるじゃんよ。じゃあ今度は二人横になって」二人が言われるがままに並んで横になる。オレはまたその間に割って入ると股を開かせ、左右の指を二人の穴に突き入れた。
U:「ひっ!んっ!」
E:「ああっ!すごっ!」また別々のリアクションをとる。先生は入れられている方の腕を必死に掴んでいる。
「気持ちいいか?」二人は素直にはいと答えた。
「Eのは2本入るな。U美のは一本でキツキツだね」
「ああーっ!2本とか言わないで。入れないでっ!うんっ!ガバガバになっちゃう!」Eは赤くなってイヤイヤをした。
「S君っ!中掻き回さないでっ!オシッコ出そうになっちゃうっ!」先生が押さえるオレの腕に力を入れる。
「S、あたしもっ!」Eはカクカクと腰を振っている。
「おお、じゃ二人で仲良くお漏らしタイムだなw」
U:「やっ!いじわるっ!」
E:「お漏らしとか…やだ…」オレは手の動きをやめない。
「二人でキスしてみ」二人は首を横に向けあって、夢中になってキスをする。
「んああっ!やあっ!」先に高みに達しそうになったのはEだった。ユサユサと胸を揺らして小刻みに体を震わせる。オレは一旦先生に入れている指を抜いた。
「U美は後からな。Eがもうイキそうだから見てやれ」
「はい。Eちゃん。お漏らししても良いのよ(笑)久しぶりでしょ?男の人」
「あっ!はっ!はひ…でもお漏らしはやです…。ああっ!」カクカクとオレの指に合わせて腰を振る。
「U美、入ってるとこ見てみ」
「…。うわ、すごーい」
「Eちゃん…。3本も入ってるよっ!」
「ああっ!そんな事言わないでよぅ。久しぶりなの。気持ちいいのぉぉぉっ!」先生がユサユサと揺れているEの胸を愛撫し始めた。
「あっ!先生ダメっ!」
「お漏らししちゃいなさい(笑)」
「Eが漏らしたらU美が漏らしても恥ずかしくないもんなw」
「違うもんっ!私は漏らさないもんっ!」
「あっ!イッちゃいそうだけどダメ!抜いて。指抜いて~~~!」Eはいよいよ絶頂を迎えそうだ。
「イキそうなら抜いちゃダメだろw」
「変なの!ホントに変なのよぅ!あっ!ホントにオシッコ出そう!抜いて。ヤダヤダヤダって!」オレはピストンを早めた。
「Eちゃん凄く気持ち良さそう。良いな(笑)もう少し気持ち良くさせたげる」先生は指を伸ばしてクリの刺激を加えた。
「ああっ!先生やめてっ!ホントやめっ…、…くっ!いくっ!」Eは今にも絶頂に達しそうだ。
「あー、まだダメだぞっ!」
「じゃあ抜いてぇっ!我慢できないよ~。ああああっっ!」Eはガクッとのけ反った。ブルブルブルっと震えた。
「あ…、イッちゃったみたい?」先生がEの髪を撫でた。オレは入れた指を抜こうとした。チョロチョロと指を生暖かい感覚が伝わる。
「あっ!」堪え切れなくなったEがションベンを漏らした。オレが指を抜くとションベンが勢いよく流れ出す。
「わ~、出たぁ(笑)」先生が言った。
「見ないで!Sのバカっ!」
「随分溜まってたのね。すっかり出終わったかな?」
「……先生ごめんなさい。シーツ汚しちゃった…」周りには生暖かいアンモニア臭が漂った。Eのマンコがヒクついている。
「気にしなくて良いのよ。」ぐったりしたEをもう片方の布団に寝かせ、先生は濡れたシーツを剥いだ。
「代わり出すのめんどくさいからこのままで良いかな?」
「ああ」オレは言うと裸になった敷布団に座った。先生はシーツを洗濯機に洗いにいった。Eは横でぐったりしている。
「久しぶりで気持ち良かったろ?w」
「ばか…。先生も漏らした事ある?」
「いや、まだないな。漏らしそうだった事は何回もあるけどw」
「Sが先生とやってから私とやらなくなった理由、分かった」
「ん?」
「可愛いよね…。先生。女のあたしから見ても可愛いと思う」
「Eだって可愛いさ」
「………」
「大丈夫?」先生がコップに水を注いで戻ってきた。Eはお礼を言うと水を一飲みした。
「今度は先生ね」
「あとイッてないのセンセだけだし」オレも合わせた。
「じゃあさ、二人でやってみw」オレのこの言葉に、二人は本当に嫌がった。
「女同士の69とか、興奮するだろw」
「それは無理、絶対無理!」Eも強く反対する。
「じゃあここで終わる?」
「え?私は?」先生が言った。
「だから二人でやってみってw」
「…………」
「…………」
二人は押し黙っていた。
「……………する?」Eが切り出した。
「…………」先生はまだ踏ん切りがつかないみたいだった。
「じゃ、Eが下の方が良いね。E、寝て」オレのこの言葉にマンコを拭いて横になろうとした。
「勝手に拭いたりするなよ」
「えっ!でもオシッコが…」
「U美が掃除するもんな?」
「…………………はい」
二人は69の形になった。が、やはりなかなかお互い舐め出さない。やがてEが先に舌を伸ばした。
「んっ!」先生がビクッと動く。負けじと先生もクンニを始めた。
「E、先生の美味いか?」
「あっ!…おいしい」
「センセはEのションベン臭くない?w」
「ん…、ちょっと匂うけど…平気です。んっ!美味しいです」二人は暫くクンニをしていた。
「あの…」先生が言った。
「ん?」
「S君の…欲しいです。舐められてるだけじゃ我慢できな…い…。」先生は挿入を求めてきた。
「ゴムは?」
「ん…今日はこのままで…平気………ああああっ!」69のまま先生のケツを入れやすいようにずらし、オレは背後から挿入した。
「あっ!んっ!大きいっ!」先生は喘いだ。
「E、入ってるの見える?」
「うん。凄い…」Eの目の上でピストンが繰り返された。Eは揺れるオレの袋を優しく舐めてくれた。
「そんな事したらまた出ちゃうわっ!」挿入+袋舐めの感覚はすごかった。一気に快感が増す。
「あっ!んっ!」先生も喘ぎながらEをクンニしているようだった。前から下から喘ぎ声が聞こえる。
「やばい2回目出そうだ」
「まっ!まってっ!んっ!まだっ!マダだもんっ!」これではもう時間の問題なので、先生を正常位にして入れ直した。
「ゴム付けてないからやばいかもっ!」ダイレクトに伝わる先生の締めとトロトロで、オレはすぐにイキそうだった。Eがそこに乳首を舐めて快感を増させる。
「E、オレの乳首舐めるなっ!U美のを…」
「うん」Eは素直に先生の乳首を愛撫し始めた。先生の喘ぎ声が一層増す。
「わ…私もイキそっ…。もっと早くっ!奥まで…届いてるっ!ああっ!」先生も絶頂を迎えそうだ。
「どこに出す?」
「んっ!今日はっ!今日は中でも平気…。平気なのっ!平気なんですっ!あああっ!」もう一押しだが中はやばい。オレはピストンをやめた。
「んっ!え?何で?もうちょっとなのにぃぃぃ!お願い続けてっ!お願いします!私もイキたいんだもんっ!」Eの見てる前で先生は懇願した。
「中はまずいだろ」
「じゃあどこでも良いからぁ!動いてよぉっ!」先生は自分で腰を振り始めた。
「じゃあさっきはEの口だったし、今回はU美ね」
「ああっ!イクッ!イキそっ!」先生は喘ぎながら頷いた。
先生の力がカクンと抜けた。抜け殻のようなその表情は、絶頂に達した証だった。
「はっ!イッたっ!イッたっ!イッちゃったよぅ」
ピストンに喘ぎながら先生は言った。
「先生可愛い」Eは先生にキスをした。それを見ておれは一気に高まった。
「オレもイクわ。口の中に出すからEどいて」
「はい」Eが離れ、またオレの乳首を舐め始めた。
「うっ!でるっ!」オレは即座に引き抜いて開けて待っている先生の口にねじり込んだ。先生がピストンするが力が入らないらしく速度が上がらない。オレは先生の頭を掴むと頭を振り、腰を振った。
「うわ、凄い。苦しそ…」後ろでEの声がする。
「全部飲めよ」
「んんっ!」くわえたまま先生は返事した。
「んっ!」先生がオレのザーメンを受け止める。
「んっ!んっ!んーっ!」ゴクッ。いつもの流れだった。
Eが仁王立ちになったオレの後ろからケツの穴を舐め、袋をもんだ。
「んっ!ゴクッ」先生の2回目の喉が鳴った。Eの最後のアナル舐めで、更に搾り出されたザーメンは大量だった。
「んっ!」先生はチンコを抜いた口を閉じたままなので鼻息が荒い。
「先生、あたしにも頂戴」
「うん」先生はEを手招きすると、二人はまたディープキスで精子を口移しし、ゴクッと飲んだ。
U:「一杯出し過ぎだから(笑)しかも濃いし」
E:「うん。凄いよこの味は」
U:「すっごく興奮してたんだね」
「ああ、まあ…」
「次は私にも入れて」3回目なのに回復する時間もくれず、Eがフェラを始めた。
「やめっ!くすぐったい」オレは身をよじった。最初はゆっくり優しく、くすぐったくなくなったと見るや激しくピストンした。先生はぐったりその様子を見ている。
「はい、もう入れられるよ」Eが口からチンコを抜いた。
「Sのおチンチン、先生の味がしてなんか興奮しちゃった(笑)」
「私の味おいしかった?(笑)」
「うんっ!さ、早く来て」
「ゴム付けないとやばいだろ」
「生で平気」
「ちゃんと計算してんの?」
「してないけど(笑)多分平気」おいおい…。
「Eちゃん、一応スキン付けてもらって。そこの引き出しにあるから」
「は~い」素直にEは机からゴムを出した。
Eがゴムをつけてくれた。
「はい、完成」Eはぐったり寝ている先生の隣に横になった。オレはEに覆いかぶさるように挿入した。
「はあっ!久しぶりのおチンチンの感じっ!いいっ!」
「Eちゃん気持ち良さそう(笑)」
「凄いっ!ああっ!気持ちいいっ!」Eは喘ぎまくる。オレもEとは久しぶりだった。締める力は先生の方が強かったが、腰のねばりというか、ねっとりとした感じはEの方が強い気がする。
「あはは。良いなぁ」先生が感じまくるEを見て羨ましそうに笑った。
「S君、もうイキそ?」
「いや、まだ」
「じゃ、私の方にも入れて、ちょっとで良いから」先生は股を開いた。
「あっ!んっ!せんせっ!ずるいっ!」Eが喘ぎながら言った。
「だって私もほしいんだもーん(笑)」オレはEから引き抜いて先生へ挿入した。
「んっ!S君さっきより大きくなってない?」入れられ感じながら先生が言った。
「先生ずるいよ~。あたしももっとおチンチンほしい」Eが言う。
「んっ!ちょっと待っててっ!ああっ!」暫く突いてまたEへ挿入した。待ってましたとばかりにEはオレに合わせて腰を振った。
「あんっ!いいっ!先生に入れたらもっと大きくなってない?あっ!」Eは恍惚の表情を浮かべた。
「ああっ!イッちゃいそうっ!」暫く突いたらEが声をあげた。オレは更にスピードを上げた。
「あ…くる…来るっ!うう~ん!」Eは独特の言い回しで絶頂を迎えた。オレはまだズコズコ腰を振っといた。
「まだもちそう?」横から先生が言った。
「たぶん」
「じゃあ私にも」先生がリクエストする。Eから離れたて先生に挿入。オレはヘトヘトだった。
「あっ!んっ!私がっ!私が上になったげるっ!ううん。上にさせて下さいっ!」言う通り先生を抱き抱えて上にする。先生は凄い勢いで腰を上下させた。
「ああっ!ふかっ!深い~。何回もやったのに今日のが1番凄いっ!あっ!」先生は一心不乱に腰を振る。
「S…」
「ん?」答えるより早くEがオレの顔の上に乗ってきた。
「舐めてっ!先生オッパイ揉みっこしよっ!」Eはオレの顔にマンコをスリスリさせて顔面騎乗位をリクエストした。二人の様子は見えないが、乳房をもみ合いながら二人揃って喘ぎ声を出している。Eが興奮して出す愛液は、先生と違い独特のクセのある匂いがした。
「おい、そろそろイキそうだっ!」オレは二人に言った。Eに顔にのしかかられて圧迫され、苦しかった。
「わ、わたっ!私ももうちょっとなのっ!もうちょっとだけ我慢してっ!」先生はガンガン腰を振る。Eがオレの上からどいて、オレの顔に付いた自分の愛液を舐め取って掃除している。
「あああああっ!またイキますっ!ごめんなさぃぃぃぃ!あうううっ!」先生はイク時謝るクセがある。でもこれが本当の絶頂の証だった。
「ああっ!」最後にゴリゴリ腰を揺すって先生はガクっと力を抜いて倒れ込んだ。キューーーッとオレを締め付ける。
「…………飛んじゃったぁ………」先生は放心して言った。
続き 7/7)中のときに英語の女教師と同級生巨乳女と3Pしたエッチ体験談