1/2)何度もオカズにしてた義母で童貞を捨てたときのエッチ体験談

何度もオカズにしてた義母で童貞を捨てたときのエッチ体験談。

随分昔の話になりますが、僕が童貞を捨てた体験を書きたいと思います。
相手は父の再婚相手、つまり義母です。
この初体験の特殊性から、僕の性遍歴が始まったといってもいいでしょう。
ある夏も終わりに近づいた日曜日。
その女性は、居間でうとうととし、仰向けで昼寝をはじめた。薄い半袖のセーターに膝くらいまでのスカート。パンストは履いていなかった。
セーターの中で形の良さそうな胸が膨らんでいた。


これまで、この女性を意識してなかったわけではなかった。胸やお尻をしょっちゅう目で追いかけていたのだ。
しかし、今は目の前で無防備に眠っている。見つかることもないので、じっくりと見た。
童貞だった僕は、当然女性の胸には触ったことはない。何をするでもないのに、ただ心臓がドキドキした。
ふと脚の方を見ると、右脚が内股っぽく開き、膝が絨毯から数センチ浮いていた。
もしかして見えるかもしれない
そう思った私は、音を立てないように足の方に移動し、スカートの中を覗いた。
白い下着を見ることができた。
思春期以降、生で見るのは初めてのこと。最初は離れたところから、そしてだんだん近づき、ついには頭が膝の近くまで来ていた。わずかに黄色いシミが見える。
起きないかどうか確認するため、その女性の顔をのぞき込むが起きる気配はなかった。
そのとき、目の前にはいつも視線で追いかけていた胸の膨らみがあった。
この時点で僕は理性をうしなっていたのかもしれない。手をその胸にあてがって、その丸みを感じたいと思ったのだ。その女性が目を開けたら、言い訳のしようがない体制であることは十分自覚していた。
右手を手前側にある右胸にそっと添える。胸の丸みに合うように掌を少し丸める。
まずセーターの感覚が伝わってきた。さらに力を入れると少し固いブラジャーの感覚が伝わってくる。
唾を飲む音が部屋に響きわたる錯覚に陥る。頭がぼーっとしてきた。
ブラジャーの下の胸を掌に感じたかった。しかし、そこまでやれば起きてしまうかもしれない。
手に力が入り、力を強めたいという思いに必死で耐えていた。
そして、ついに掌が胸から離れた。
我慢したことで、少し安心した。最後に、セーターのつんと尖ったところに一瞬唇をつけて、その場を離れようとした瞬間、その女性の目が開いた。
そのときの体勢は、昼寝しているその人を四つん這いでのぞき込んでいる感じ。
目が開いた瞬間、私は勢いよく立ち上がり、台所の冷蔵庫に向かい、ドアを開いた。
「どうしたの?」
「いや、何か飲むものないかなと思って」
全然答えになっていないのはわかっていた。しかし、その答えしか浮かばなかったのだ。
その人は、それ以上追及しなかった。
でも、私がどういう気持ちであの体勢にいたのかはわかっていたと思う。
それ以降も何事もなかったかのように、時々訪れる2人の生活は続いた。
一緒に生活していると、その人の隙をいくつか見つけることができた。
居間とその人の寝室は、襖で隔てられている。着替えるとき、襖を閉めることなく、襖を利用した僕の死角で着替えている。当然のぞき込むことはできない。
しかし、テレビ台についているガラスに着替える姿がはっきり映っていることに気がついた。
私はその人が夜着替えるたびに、その映っているものを見ることができた。下着が白いので、結構はっきりみることができる。
また、当然お風呂に入る。何とかのぞけないものかと考えてそれを実践した。
その人が風呂に入ってしばらくして、僕は風呂場に向かった。玄関から続く廊下と脱衣場はアコーディオンカーテンで仕切られている。その下に5センチほど隙間があるのだ。
風呂場から水の音が聞こえているのを確認すると、私はその場に伏せて、隙間から脱衣場をのぞいてみた。
洗面台の鏡まで見える。これなら見えると確信した私は、その人が風呂場から出てくるのをじっと待った。
風呂場からは、シャワーの音が消えて、ついに出てきた。
バスタオルを取り洗面台に向かって体を拭き始める。
私の方からは後ろ姿が見えることになる。
お尻がはっきりと見える。脚の付け根の奥には陰毛がわずかに確認できた。
心臓の鼓動が、本当は聞こえてるのではないかと思うほど強かった。
股間を拭くときに一瞬片足をあげた。そしてついに女性のその部分を見た。
脱衣場をのぞいて初めて見た女性の秘部をどの程度はっきり見ることができたのか覚えていない。ただ、相手に気づかれずに見ているという興奮だけが記憶に強く残っている。
秋になって父とその女性は結婚し、義母となった。
当然義母は家で一緒に住むようになった。今まで週末だけだったのが毎日となり、父が単身赴任なのにはかわらなかったのでほとんど2人っきりの生活になったのだ。
ガラス面に映った着替えを覗いたり、お風呂を覗いたりっていうこては毎日のように繰り返された。
義母は風呂場の覗きには気がついていたかもしれない。下から覗いて立ち上がるとき、腕立て伏せねようにして体を起こすのだが、間接がピキッということがよくあったのだ。
それに高校生の僕は当然自慰をしていた。終わったあとのティッシュはそのみままゴミ箱に入れていたので、義母にしてみれば、自分を女としち見ている可能性は感じていたと思う。
冬が近づくと、うちにもこたつが出された。
こたつっていうのは非常に妖しいアイテムですね。
こたつが出されてから、私にもう一つの楽しみができた。
義母はその日一日の家事が終わると、こたつでゆっくりとテレビを楽しむのが日課である。
主婦の仕事は完璧にこなす人だった。だから、寝る前のこのひとときが最もくつろげる時間だったのだろう。
家事の疲れからか、仰向けに寝ころんだまま居眠りを始める。
私と義母は、こたつの隣合った辺にいるという位置関係。
母が眠ると、遠慮なく義母の寝姿を舐めるように見た。風呂から上がった義母は普通のパジャマだったり、ワンピースのパジャマ(ネグリジェ?)だったりした。胸はハッキリと形がわかるくらい突き出ている。
夏の終わりにやったのと同じように、手をその胸にあてるが、力を加えたりはしない。
あいた方の手で、こたつの中で自分のパンツの中に手を入れ固くなったものを強く握りしめた。強い興奮に「うぉーっ」と叫びそうだった。
ジャージをはいていた私は、こたつから下半身をだし、大きくなったものを取り出した。それは、紫色をしていて、明らかにいつもとは違っているように見えた。大きさもいつもより大きく感じた。
ゆっくりさすると快感が頭を突き抜けるように走る。
横を見ると、義母が何も気づかないで眠っていて、胸は僕を挑発するように膨らんでいる。
私は意を決し、近くのティッシュを取り寄せた。そして数枚抜き取ると、義母の胸からは手を離し、その手で大きくなったものをさすった。最初はゆっくり大きく、そして徐々に強く激しく手を動かした。
視線は義母の胸から離さない。その胸を強く揉んでいる感覚を想像しながら。
その時間を楽しむ余裕もなく、1分ほどで興奮は吐き出された。それをティッシュで拭き取る。そして、急いで後片付けをし、何もなかったようにテレビに視線を戻した。
しばらくして義母が目を覚まし、「寝るね」と言って寝室に入って行った。
義母の眠っている前で発散する行為はこの1回限りになった。
欲望はさらに強くなり、感覚はだんだん麻痺してきた。
その日は日曜日だったのだろう。昼からこたつに入ってテレビを見ていた。
いつもどおり右側には義母がいて、いつのまにか眠っていた。
胸に手を当ててみる。義母がここでは起きないのは今までの経験でわかっていた。このころになると、胸に当てた手に少し力を入れて、ゆっくりと揉むようになっていた。服とブラジャーにより隔てられてはいたが、胸の柔らかさを十分感じることができた。
しかし、その日、ある欲望が生まれた。
直接胸に触りたかった。直接触るなら、夜パジャマの方がやりやすいはずである。その日は、ブラウスというのかな?長袖で前にボタンがついている服。ズボンをはいていた。
それでも挑戦したのは、ただ単に直接触りたいたいという欲望を抑えることができなかっただけである。
ブラウスの胸のボタンの隙間から指を入れてみた。ブラジャーに触れると思っていたが、別の柔らかい布に触れた。
ブラウスの下にもう一枚何かを着ていた。これをめくらなければ、胸には到達できない。
私は違う方向からのアプローチを試みた。ブラウスの下の方、つまりズボンとね境目に近いボタンを外した。
さっき触れたもう一枚はそこにもあった。それをゆっくりズボンから引っ張り出す。気づかれないように最新の注意を払った。
やがてもう一枚のそれは端まで引き出され、そこに隙間ができた。そこから指をそっと入れると、義母のお腹に触れた。
私の心臓はドキドキを通り越し、痛くなってきた。思わず空いた手を胸に当てる。
義母のお腹に入れた手は、義母の肌に触れないように、例のもう一枚を手前に引きながら手を胸に近づけた。もう少しでブラジャーにたどり着くはず
自分の手は、服の中にあって見えない。このあたりだろうと見当をつけて手を胸に近づけてみる。中指の先端がブラジャーの下半分の膨らみに触れた。
自分が想像してたより手はまだ手前にあった。目を覚まさないかという心配もあったので、中指が触れたところをゆっくり押してみた。
柔らかい。プニッとした感触は、服の上からでは感じることができないものだった。
義母が目を覚まさないのを確認すると、中指をそのままブラジャーに沿わせて、カップの縁まで移動させた。途中、高い山を越えるように胸の頂を越え、その先少し下りたところがその縁だった。つまり、ブラジャーのカップの上端となる。
その先は、いよいよ義母の地肌である。やはりここでも中指の先が最初にそこにたどり着いた。少し暖かい。吸いつくように感じた。僕の指先と義母の肌どちらかが汗ばんでいたのだろう。
次に中指の先を曲げて、上からブラジャーの中に進入を試みた。乳首まではとても届きそうになかった。
描写が細かくてなかなか進みませんが、このペースでいいですか?こんな感じで書かないと雰囲気を伝えることができないんです。
どうしても乳首を触りたかった私は、どこか進入するところはないかと、ブラジャーの左右をいったりきたりした。
肩紐の下に手を差し入れて、そのまま下へ下げて乳首へ向かうという方法も考えたが、そもそも下から手を入れてるので、ブラジャーの上からだと体勢的に無理があった。
かと言って下側は固くて、指は入りそうにない。
しかし私はついに進入口を見つけた。
2つのカップをつないでる部分、実は少し浮いてるのだ。そこに指を挟み、横へずらした。
ブラジャーの下部は固いが、どうにか乳首に到達できたのだ。
指先で乳首を転がす。興奮から見境が無くなってたんだろう。手を大胆に進入させて、乳房全体を手で包み、直接揉んだのだ。
(ああ、これがおっぱいかぁ、柔らかい)
私は、興奮と感動に酔いしれた。初めて触る胸。わずかな時間だったと思う。急に怖くなった私は、いったん手を抜いた。
(起きなくてよかった)
しかし、今考えると起きてないはずがない。きっと起きていたんだと思う。
寝た振りをしてくれていたのだろう。私も何となく気がついていたから大胆な行動に出たのだと思う。
その日の私の欲望はとどまるところをしらなかった。
下半身に目標を変えた。
下半身の重要な部分は、こたつ布団を半分ほどかぶっていた。
まず、それをずらした。ズボンのチャックをそっと下ろす。そのままでは何も見えなかったので、片手でチャックの両脇を開くと、白い下着を確認できた。
指をその下着に触れる。さらに、下の方へずらすと、指先にジョリっという毛がすれる感覚が伝わる。
次に手首を返しながら、下着の上の縁まで指を移動させ中指と人差し指を引っかけた。その縁を下げつつ、もう一度手首を返し、上から手を差し込むようにして、奥へ進入させた。
毛に触れる。さらに奥に何かがあることを私は知っていた。しかし、脚は閉じられていたので、そこまでは届かなかった。
その日満足した僕は、手を取りだし、チャックを上げた。
シャツのボタンはそのままにした。義母が気付いていたかどうか確認できるかもしれないと考えたのだ。
いや、気が付いているはずだ。それを確認したかったのだ。
すべてが終わって少し経つと、義母が目を覚ました。立ち上がりながら、
「あれ、何でボタンがあいてるんだろ」
とつぶやきながら、食事の用意のために台所へ向かった。
言葉からは、気が付いていたのかどうかはわからなかったが、終わって起きるまでの時間が短かったので、気が付いている可能性が高いと感じました。
しかし、まだ確信があるわけではありません。
脱衣場に覗きとこたつで眠っている義母へのいたずらは、その後何回か繰り返された。
ある時、服を脱ぐところを覗いてみようと、義母が脱衣場に入ってすぐに後を追い、アコーディオンカーテンの手前で体をかがめようとした直前、義母がカーテンを開けて出てきたこともあった。
また、こたつでのいたずらは、夜寝る前、パジャマの場合が多かった。
パジャマだと触りやすかった。生地か柔らかく、ズボンもゴムだったからだ。
下半身へのいたずらでは、そこには穴があるという噂は聞いていたので、なんとかその穴を探すべくがんばった。
下着の中に手を入れても義母は起きなかった。
前から手を入れて、このあたりだろうと見当をつけて、指先を押しつけてみる。しかし見つからない。
後ろから手を入れ、やはり同じように指先を押しつけてみる。何かが触れる。それはお尻の方のだった。
その穴にはどうしてもたどり着けない。
あるときは、生理だったのだろう。ナプキンがついていたこともあった。
そうこうしているうちに、ついにその時はきた
その日、入浴と食事が終わったあとに、お酒を飲もうと誘われた。
友達とはよく飲んでいたが、義母と飲むのは初めてだった。ウイスキーの水割りを数杯のんだ。義母もぽっと顔を赤らめていた。少しは酔っていたのだろう。
飲み終わって片付けた。さらに少しテレビを見て、義母は驚く行動に出た。
「もう寝るね」
と言いながら立ち上がり私に近づいてきて、額にキスしてきたのである。
驚く私
義母はそのまま寝室に入った。
まあ、義理とは言え、親子であればこういうこともあるかな、と妙な納得をしている私。この行為が親子として普通なのか、さらに義理の親子としてはどうなのか、判断できないくらい頭は混乱していた。
取りあえず自分の寝室に入り、眠ることにした。しかし、妙に興奮していて眠れない。
これまで、義母との間にあったことを振り返ってみる。
それだけで、自分のものが固くなる。
(もしかして、僕がしていることに気付いているのかな?)
(もしかして、僕としたくて、きっかけになるようなことを待ってるのかな)
そう考えると、きっかけを作ってあげないと悪い気がしてきた。
(僕がもっと積極的にならないとだめだ)
実はこのとき、前々から考えていたある行為をしてみたいと考えていて、その行為をするための踏ん切りを付けるため、そういう思考をしたのかもしれなかった。
私は、途中でやめてもいいかなっという感じで取りあえずその行為を始めた。
皆さんには何をしようとしているか予想できると思う。
そう、夜這いである。
童貞の高校生と同じ屋根の下に魅力的な女体が眠っているのである。しかも2人っきり。
義母の部屋は襖である。眠るときは閉まっている。
まず、これを自分が通れる最低限の幅まで開かなくてはならない。そんなに広い家ではない。襖の向こう2、3メートル向こうには義母が眠っているのである。
慎重に数ミリずつ開ける。
音がない静かな空間。自分の呼吸音が大きく感じられる。口を開いて音を立てないように呼吸する。
ようやく必要なだけ開いた頃には、口がカラカラに乾く。今度は唾を飲み込む音が響く。
横たわっている義母がすでに見えている。体を横にかわして中に入った。
中にようやく入れる幅は、入ってしまうと逆に逃げ馬がない不安におそわれる。
覚悟を決め、義母が眠るベッドの傍らまで進み、床に膝をついた。
義母は薄い布団をかぶって仰向けに眠っていた。私から見て、左に頭、右に足という形だ。
布団の脇からそっと手を侵入させた。目標は胸。
布団の中は暖かい。義母はこの日、パジャマを着ていた。
少し布団を持ち上げるようにして、義母の体には触れないように手を進めた。
胸にたどり着いたところで、ゆっくり胸に手をかぶせた。
いつもより平べったい感じ。少し手に力を加えてみてその理由がわかった。
義母はノーブラだったのだ。
いつもはブラジャーの下に無理やり手を入れて触っていたが、明らかに今までとは違い柔らかさと弾力を感じることができた。
今、初めて女性の本来の魅力を感じることができて、強い興奮に加えて、感動もしている自分がいた。
このとき、冷静な自分がある不安を感じていた。
この体験は、あまりにも特殊で刺激が強いため、今後の性に対する感じ方に悪い影響を及ぼすのではないか。
さらにいうと、普通のセックスでは満足できないようになるのではないか。
結局この不安は杞憂に終わったが、少なからず影響したのも間違いないと思う。
今、右手と義母の胸の間には薄い布一枚である。
胸のボタンを1つ外した。そっと手を入れる。義母の左の乳房を包むように右手をかぶせる。
熱い、乳房は熱を帯びていた。そいて、掌の真ん中にわずかに固さを感じるものが当たる。
それが乳首であることはすぐにわかった。
手に少しずつ力を入れて、直接の胸の柔らかさを堪能した。右の乳房も同じように少し強く、そして大きく揉んだ。
素晴らしかった。女性の体ってなんて柔らかいんだろう。
男に生まれて良かったとも思った。
胸から手を離すと、今度は下半身にそれを移動させた。
まず、パジャマの上から義母の股間に手を当てる。
指をそのまま奥に進める。
(ん?)
暖かかった。その暖かさに違和感を感じた。布団の中だから暖かいのは当然である。それでも何かが違う。その暖かさを確認するように何度か指を奥に侵入させた。
(間違いない)
義母は起きている。起きてて、興奮してるから股間が熱くなっているんじやないか
ここできっかけを義母に与えれば何かが起こるかもしれない。
しかし、すべてが終わるかもしれないし、あるいはもっと最悪の方向へいくかもしれない。
義母は体の横に手を体に沿って真っ直ぐ伸ばしている。掌が少し開いている。
ここに固くなった自分のものを入れるとピッタリだなあとは考えたがさすがにできない。
私の手が義母の右手に向かうと、人差し指を掌に入れてみた。この行動は衝動的だった。
その瞬間、義母の手が私の指を握った。
心臓が飛び出しそうなほどびっくりした。
目があいた義母の顔がこっちを向いている。
「どうしたの?」
「いや、別に」
どんな言い訳ができるか頭をフル回転したが、何も浮かばなかった。
「今日はお酒を飲ませちゃったからかな」
義母の言葉は優しかった。
「一緒に寝ようか?おいで」
続き 2/2)何度もオカズにしてた義母で童貞を捨てたときのエッチ体験談