アソコがかぶれたときに病院の治療で感じてしまったエッチな体験談

アソコがかぶれたときに病院の治療で感じてしまったエッチな体験談。

場所が場所だけに恥ずかしいから市販の薬を塗ったりしていましたが
治らず、かぶれとオリモノが酷くなってきたので、恥ずかしいのを我慢して
やっとの思いで病院へ行ってきました。
40才くらいの思ったより若い先生だったので、少し戸惑いましたが
ここまで来たので診察を受けてきました。


最初の膣洗浄の後に、かぶれている小陰唇とクリトリスの部分も洗浄されました。
極小のシャワーみたいなものを使っているんでしょうか、
他の部位は何とか耐えられましたが、クリ辺りを洗浄されている時は
気持ち良くって気持ち良くって大変でした。
口を押さえて声を必死に我慢しましたが、少しですが腰が上下に勝手に動いてしまい
とても恥ずかしい思いをしました・・・。
その後に薬も塗ってもらいましたが、ヌルヌルする薬を塗り付けるので
こちらもクリの所に塗られた時の気持ち良さったらなく
腰がせり上がって、はしたない格好になってしまい顔から火が出る思いでした。
凄い濡れてしまっているのが自分でも分かりました。
とても恥ずかしい経験ですが、今でも思い出すと濡れてしまって
一人エッチしてしまいます・・・・・・。