飲むと必ず潰れる先輩女に美味しい思いをさせてもらったエッチな体験談

飲むと必ず潰れる先輩女に美味しい思いをさせてもらったエッチな体験談。

2年ぐらい前の話だけど、飲むと必ず潰れる一つ上の先輩に何度か美味しい思いをさせてもらいました。
一度目はタクシーの中、二度目は電車の中、三度目は自分の車の中でした。
一度目と二度目は介抱するふりをしてあちこち触らせてもらいました。三度目はもう…色々な事をさせてもらいました。
毎回、自ら飲んで(決して大酒飲みではない)潰れて翌日は全く憶えていない人でした。一度寝てしまうとテーブルの縁に頭を強打しても起きない時もありましたし。
おそらく、自分以外にも美味しい思いをした人が結構いたでしょうね。


彼女は一次会終りで既にフラフラ状態。その後、二次会へ向かうタクシーに乗り込み車内でも介抱してたんですが…酒の勢いと誘惑に負けてしまいました。
でもその時、結構大胆な事をしても大丈夫だと確信を得ました。
二度目は彼女を送った時。
あまり遅い時間帯ではなかったので特急列車に乗り換える人達が降りると車内は寝ている人が数人いる程度、ここぞとばかりに胸や下半身触りまくりました。
三度目は車の中。
二度目の飲み会の時、休日にバーベキューへ行く計画が持ち上がった。
そこで誰が車を出すかの話になった時、酒が飲めない先輩と自分が車を出す事になった。(というか、正直バーベキューよりも帰りの楽しみの為に自ら名乗りをあげた。)
当日は自分が飲めない分、彼女に酒を勧めた。
「アヤさん、どんどん飲んで下さい。帰りは家まで送って行くので…」「ありがとう、じゃあ帰りは宜しくね。」
彼女が酔うのにそれほど時間はかからなかった。
日が暮れる前にはかなり酔っ払っていて、花火をする頃にはレジャーシートの上で横になっていた。
花火も終り帰りの準備。
荷物を積み込んだあと「アヤさん帰りますよ、起きて下さい。」身体を揺すりながら声をかけるが反応無し。
再び声をかけながら暗がりの中で胸を揉んでみる。それでも全く起きる気配が無いので、そのまま抱き上げ車の助手席に乗せた。
その後先輩二人を順番に家まで送り届け、とうとう車内は彼女と二人きりに。
その後少し車を走らせ人気の無い場所に停める。
俺は後部座席を倒し荷室スペースと座席をフラットの状態にし、彼女を抱き上げてそこに寝かせ、家ではなく高速道路へ向かった。
暫く走り高速のバス停留所付近に車を停め後部座席に移動、すると彼女は静かに寝息をたてていた。
「アヤさん…」少し大きめに声をかけながら胸を揉んだが反応は無い。俺は意を決して彼女のぽってりとした唇に吸い付いた。
柔らかくて気持ちいい…それだけで既に俺は勃起していた。
そのままシャツのボタンを外し、ブラを上に押し上げると小ぶりで形のいい胸が…。
揉みながら乳首に吸い付くと小さな乳首がみるみる硬く大きくなっていった。
たまらず俺はズボンとパンツを脱ぎ勃起したチンコを唇に擦りつけた。
残念ながら上手く口を開く事が出来なかったが、そのぽってりとした唇の感触だけで我慢汁が出た。
そろそろと、俺は彼女のミニスカートをずり上げパンツを脱がし、脚を開いてオマンコを舐め回したり指を入れて中を刺激した。
徐々に濡れていくオマンコ、時折身体が反応し「あぁ…」と小さく声が漏れた。
(このまま一気に挿入して彼女が起きた方がより楽しめるかも)
そう思った俺はチンコを入口に何度か擦りつけたあと、一気に根元まで突き刺さした。
そして彼女を起こすつもりで最初から激しく腰を振った。
彼女は少し身をよじりながら「あっ…あっ…」と声を出すものの、そのまま起きる事は無かった。
そうこうしているうちに限界に達した俺は、チンコを抜き彼女の胸に大量の精液を発射した。
その後精液を拭き取りパンツをはかせブラを戻し、シャツのボタンをはめて家に送り届けた。
以上がバーベキュー当日の一部始終です。
酔って意識の無い状態の彼女にエッチな事をしたのはこの三度だけです。
余談もありますがスレチになってしまうのでここで締めたいと思います。