バツイチ子持ち女の家で、娘が寝ている隣でセックスしたら即発射したエッチ体験談

社会人1年目の時に7~8歳年上の顔普通、スタイル良のバツイチ子持ちのセフレがいた。

仕事の関係で知り合って仲良くなりよく飲みに行ったりしてたが、
セフレに小学4年生の長女が1人いて、ご飯食べに一緒に来る事がけっこうありその娘とも仲良くしていた。
普段はホテルとか自分の家でHしてたんだけど、その日は飲みすぎて夜遅くなった為セフレの自宅に泊まることになった。


長女は先に帰ってとっくに寝てて、ベッドも1つだったからさすがに一緒に寝るのはまずいと思い
ソファに寝ようとしたら、セフレから風引くから一緒に寝ようといわれたので3人ならんで寝ようとした。
案の定ムラムラきてしまいお互い軽く触り合ってたんだけど、
まずいと分かっていながらも酒の勢いもあり我慢できなくなって襲い掛かろうとした。
さすがにセフレのほうも「今日は止めようw」って言ったが、覆いかぶさり無理やりぎみに
股開かしてねじ込みそのまま始めてしまった。
初めは「気付いちゃうよ~w」って抵抗してたが気持ち良くなってきたのかだんだん声を荒げ始めた。
娘の50cm横で母親にぶち込んでるというスリルと罪悪感で大興奮してしまい1~2分程度で発射してしまった。
翌朝何事もなかったかのようにしてたが、頭も良く空気読める子だったから気付かないフリしてたのかも・・
今は自分も結婚して昔ほど遊べなくなったけど、嫁に隠れて風呂場でオナる時のネタにいまだに使ってるw