遅漏の俺が年上の女性社員とセックスしたら即発射したエッチな体験談

遅漏の俺が年上の女性社員とセックスしたら即発射してしまったエッチな体験談。

うつぶせオナヌーのしすぎで超がつく遅漏になったのだが、
今までで一度だけ挿入まもなく逝ってしまったことがある。
相手は会社の女性社員(年上)。名前はFさんとする。
Fさんは、顔は中の下だ。
ブサイクではないがちょっとしゃくれてて特徴的な顔の作りをしてる。
ただし体はマジでモデル顔負けのスタイル。


Fさんといっても胸は必要最低限なくらい(B~Cくらい?)だが
スラリと伸びた手足と小さな尻は十分男の性欲をかき立てるものがある。
というか、かき立てられた。
俺の先輩(男)がFさんと同期で仲がよかったので3人で飲んだり
休日に遊んだりするうち、Fさんと1対1で飲みに行くようになった。
(ちなみにFさんは社外に彼氏持ち)
そんなある日、お互い仕事で嫌なことがあってとことん飲むぞ、となった。
今考えるとこの時点でフラグ立ちまくりなのだが、
2時か3時まで飲んだ後当然のようにホテルに向かった。
部屋に入ったら、シャワーも浴びずにお互いの体を貪り出した。
年上は始めてだったんだけど、29才の女性が持つメスの匂いと柔らかさに
興奮しっぱなしだった。
で、いざ挿入 …したんだけど、みこすり半しないうちに何の前触れもなく逝った。
しかも膣内に大量発射。
何が起きたのか自分でも理解できなかった。
大量に中田氏しても俺の息子はまだカチカチだったので、
ゆっくり腰を振ってFさんの膣の感覚を確かめようとしてみた。
キツい。いや、狭いとかじゃなくて、柔らかいのに絡みつく様な感じで、
どう表現してよいかわからん。一般にミミズ千匹とか言うのとは違うと思う。
それ以降ヤったどの子もFさんのときみたいにはならなかった。
最近になり、男の先輩と穴兄弟とわかり盛り上がるという後日談もあるのだが、
その先輩もFさんはヤバいと言ってた。
ちなみに妊娠はしなかったみたい。以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。