海の家のボイラー室からシャワールームが覗けたエッチな体験談

バイト先の海の家のボイラー室からシャワールームが覗けたエッチな体験談。

俺がバイトしてた海の家のオーナーは凄い倹約家で、
設備の保守や清掃はきちんとしてたんだけど、建物全体は少しポンコツ気味だった。
そこの厨房方のリーダーは、身体にハンデがあるんだけどとても人柄もいいし料理の腕も確かだったから、
俺はホントに尊敬してて、彼の言うことを素直に聞いて仕事してた。
だけど、ホールの方のイケメン連中は何となく馬鹿にした態度で彼に接するんだ。
で、ある日彼が俺を呼んで、「ボイラーの管理もやってくれ」と言ってボイラー室の鍵を渡した。
ボイラー室には温水シャワー用の給湯器があって、そこの管理は暑いから誰もやりたがらない。
俺は正直参ったなと思ったけど、尊敬する彼から頼まれたんだからしかたないと思って、
彼の後についてボイラー室に入って、機械の操作と管理の仕方を教わったんだけど、最後に彼が、
ボイラー室の壁に取り付けてある非常防火マニュアルが書かれた大きなプレートを、ちょいと横へずらした。
壁には細い縦の隙間が一本あって、彼がニヤリとしながら「見てみろよ」と言うように顎をしゃくるから、
そこを覗くと、シャワーを浴びてるお客さんをちょうど真横から見られた。


彼は「こっち側を暗くしとけば、向こうからは見えないよ。お前だけに教えてやる」と言い残して出て行った。
ホールのイケメン連中は「○○さん(←俺の名前)、ボイラー係、大変っすね」とか俺のことを哀れんだけど、
俺は、シャワーに若い女性が入るたびにさり気なくボイラー室に入って、
ひと夏中たっぷりといい思いをさせてもらった。
建物がポンコツだけど、その分いろいろな料金がリーズナブルに設定されてたから、
人気はある店だった。
熟女から母親に連れられた幼稚○児まで拝ませてもらったが、
特に有り難かったのはunder18の裸が間近で沢山見られたこと。
引き締まった身体つきでこんがり日焼けした、
ビーチバレーの選手といってもそのまま通るくらいの、野生の牝鹿のような印象の19~20歳くらいの女の子は、
シャワーの料金を払ってる時に見た印象だと、全身の肌がくまなくその濃い小麦色に染まってるような感じだったけど、覗いて見たら、日焼けしていない胸元や腰の部分の肌は本当にすっきりと白くて、
そのコントラストが滅茶苦茶エロかった。
乳首は小さめで、少し褐色がかっていたけど可愛らしいピンク色で、
下の毛は、キチンと縦長の長方形にカットされてた。
30歳少し手前くらいの優しそうなお母さんは顔立ちがとても可愛くて、ご亭主のことが正直羨ましかったが、
うちの海の家で使ってるコースターと良い勝負になるくらい乳輪の面積が驚くほど広かったし、
色も、濃いカフェオレみたいに黒々としてた。下の毛は、もともと少なくて薄いみたいだった。
明らかに○○○と思われる50歳くらいのオッサン(濃い色使いの七部半袖のアロハを絶対に脱がなかった)が連れていた
40代半ばの女の人は、シャワーを浴びる仕草自体がエロかった。
本当に、「(ひょっとして、俺が覗いてることを知ってて、見せ付けるためにやってんのか?)」と思ってしまうくらい、
エロDVD顔負けの手つきや腰つき、脚さばきが妖しかった。
もし覗いてるのがバレてたら、俺もこの店も終わりだと思ってドキドキしてしまって、
覗いてる途中からチンポが縮んでしまったが、オッサンも女の人も、上機嫌で食事をして帰っていった。
で、幼○○児の裸には興味が無いからそれは置いておくとして、問題のアンダー18の報告に移るよ。
思い出すともうそれだけで先走りが出るくらい興奮するんだが、
ネットやそこら辺の専門書に載ってるような第二次性徴に関する知識なんて、
全然当てにならないってことがよく分かったw
オーナーはなかなかの知恵者で、低価格路線の他にもあの手この手で客を呼ぶのが上手くて、
遊具(ボートや浮き輪)貸し出しコーナーに『割引有ります』って看板を下げといて、
家族連れやグループで来てるお客に、子供さんが小学生の家族とか、高校生までの○人以下のグループとか、
客の種類をその場で見分けて、
いろいろな口実をつけて食事の割引券とか飲み物サービス券とかぱっぱっと渡していくんだけど、
その時のオーナーとお客の会話で判明した女の子の年齢層と、
その子の身体の実際の発育具合は、全然正比例してないのだよ、諸君!www
○学5年生といっても、もう本当におっぱいがプリプリと張り出してる子も居れば、
どう見たって中○生なのに、まな板にアズキが二つポツポツと付いてるような胸の子も居る。
下の毛もそうで、小さな三角錐みたいなおっぱいがツンと突き出ているだけの小○生が結構フサフサになってて、
かなりたっぷりしたおっぱいを持ってる中○生が、ほんのチョボチョボ…という例もあったな。
それでも高○生くらいになると、まあ一応皆それなりにおっぱいは膨らんでるけど、今度は、下の毛に差が出るw
差といっても、水着用にキチンと横幅を狭く処理してあるかどうかなんだけど、これが千差万別で面白かった。
ほんの薄くしか生えていない毛をしっかりと刈り込んでいる子も居れば、
ボーボーでそのまんま、という子も居た。
そういう中で、特にエロかった子たちを報告する。
小○四年くらいで、背丈も体格も他の子とそれほど変わらないのに、もうおっぱいがふっくらしていた子が居た。
ピンポン玉を半分に切ったようなポコッとしたおっぱいの先っぽに、
大きさと形がアポロチョコみたいにツンと尖ってる、まだ色素が沈着していない白っぽい乳首がポツンと付いていた。
下は、無毛。
○学六年だと言っていた子は、日焼けの跡が水着の形と違ってたw
日焼け(の跡)は、上半身がタンクトップ型で、下半身が短パンの形だった。
おっぱいも形よくふんわりプリプリと盛り上がってて体格も良くて、いかにも健康そうだったから、
「(こりゃ、運動部に入ってるのかな?)」と勝手に推測。
乳首の色は、思わず吸い付きたくなるようなピンク。下の毛は、毛足が短いのが、ほんの一つまみくらい。
中○生で、見る限り一年生みたいな体格だったけどなかなかのおっぱいの持ち主が居たが、
その子は、シャワーを浴びながら一生懸命自分の腋を気にしていた。
昨日の夜に剃ったのか、今日、ここに来る直前に剃ったのか、残念ながら良く分からなかったが、
どうも、その時点から腋毛がどれくらい伸びてるかがとっても気になってるみたいだった。
俺が見る限り腋はきれいで、下の毛は「フサ」くらいw
中二だと自己申告してた子は、明らかにぽっちゃりタイプ。
顔立ちは本当に可愛くて笑顔も素敵だったが、
見苦しいほどではないけれども身体全体がプヨプヨとふくよかでしたw
もちろんおっぱいもプヨンプヨンだったけど、さすがに張りはあって酷く垂れたりはしてなかったw
この子が面白かったのは、股間(というか、女の子の部分)にシャワーを当てながら一生懸命そこを掃除してたこと。
初めは「(オナニーか!?)」とか思って物凄く興奮したんだけど、
実際は、そこに入っちゃった砂を取り除いてただけでしたwww
でも、慎重な指使いとか、不意に腰をグイッとくねらせる様子はかなりエロかったよ。
自分では「高○生だ」って言ってたんだけど、どうも中三みたいな子は、この夏一番の衝撃だった。
顔もきれいで、
少女でもない大人の女でもないあの年頃に独特の絶妙なバランスの身体つきに俺は一目で魅了されて、
大いに期待して覗いたんだが、おっぱいは期待以上にプルルン!ピン!と形よく張っていたものの、
何と、下の毛が無い!!!www
あの時ばかりは、バレないように覗かなきゃいけないという気遣いを忘れて、
必死になって隙間に目を近付けて、彼女の股間をチェックした。
どうやら剃っているというわけではないらしい。
つまり、天然のパイパンだった。
でも、ほんのちらちらと見える女の子の部分は、しっかり発育しているらしくて、そのギャップに激萌え!!!
今でもいろいろなDVDやエロ動画を抑え、堂々最高ランクのズリネタwww