彼女の援交が発覚して喧嘩になったけど別れられなくて・・エッチな体験談

彼女の援交が発覚して喧嘩になったけど別れられなくて・・エッチな体験談。

突然、大切にしてた彼女のエンコーが発覚しました。
以前に僕が誕生日のプレゼントが欲しい、と言ったらしく
彼女は高額なプレゼントをするためにやってたそうです。
かなりの尋問をしましたがこの動機は納得しています。
しかし、最初は手でやるだけと言ってたのにフェラやクンニ、全裸など
後から色々真相が明らかになり気が狂いそうです。。
実は僕はここ数日、毎晩彼女を追及したり怒ったりして今、頭がテンパってます。


少し僕らの関係を紹介すると、彼女とは僕がやってる仕事のスタッフで付き合ったんです。
そして1ヶ月ほど前に引っ越して彼女と同棲するはずでした。
ところが急に親がうるさい等を理由にあまり泊まりにこなくなり、
仕事で毎日顔を合わすので夜電話したりはあまりしなかったのです。
ふとした事(酔ってて覚えてませんが)でエンコーが発覚し、実は親じゃなくて
エンコーのアポだったのです。
今月頭に彼女のおばあさんが無くなり、飛行機で家族で向かいました。
かなりショックだったようで飛行場のバスを待つ時間に電話で話したとき
おお泣きしていたため、僕はその間、メールも電話もほとんどしませんでした。
おばあさんの家に行った3日目位に、連絡がないことに困惑して電話しました。
すると電話は出なくてメールで「いま葬儀が終わって火葬するとこだから出れないよ」
と返信が来たのです。
そしてその夜、電話で話すと、おじいさんの世話で翌々日に帰ると言われました。
僕は「じゃ羽田ついたら連絡して」
と伝えてただ待ってました。
その時から、僕は不可解な困惑を感じていたのを覚えてます
羽田に戻る日、朝方にメールで何時の便か入ってました。
僕は葬儀で忙しかった彼女を気遣い、「気をつけてかえるんだよ」
と返信しました。
僕は葬式に行ったことが少ないので、何を言っていいかわからず割れ物を扱うような
気持ちで接するよう努めてました。
ところが羽田からの連絡はなく、いとこといて電話できないと言われ、
その夜に少し話したのです。
電話に出なすぎの彼女を怒りました。
電話を切る直前、お父さんに迎えに来てもらい車に乗ってると聞き、
僕は急いで電話を切ったのを覚えてます。
「明日はうち来るのか?」
と聞くと、お父さんに明日と明後日は家に帰ってきなさいと言われ、たぶん無理みたいに
言われました。
けど、その明後日にあたる日に、僕が誘うと
「お父さんに聞いてみる」
と携帯からメールを始めました。
そして僕の家の近くの鍋料理のお店で食事をし、
僕は久しぶりに彼女がうちに来ると思い幸せな気持ちで色んな話をし、
自宅でセックスしました。
この時、彼女はそんな濡れない方なのにシーツにかかるほど濡れてました。
久しぶりで気持ちよかったと言われ、僕もうれしかったです。
それは今月11日(日)のお話です。
その後は何度か誘いを断られ、プールに行きたいと強引に誘い、
午前中にプールに行って(13日・火)仕事に行き、夜うちに泊まることになりました。
僕は彼女(嘘じゃなく本当にかわいい子です)とプールに行き
とても機嫌がよかったのですが、日焼けしてお互い少し疲れてたので外食ではなく
うちでご飯を食べました。
僕はビールを飲み機嫌よく酔ってました。
僕はお酒が好きでけっこう強いんですが、つい最近まで酒乱で暴力事件などを
しょっちゅう起こしてたからあまり悪酔いしないように気をつけてます。
そして、僕は記憶をなくすんです。
その時の事は、その後のショックもあり詳細は覚えてません。
大よその話にさせて下さい。
彼女は10代、僕は20代後半です。
僕の経営してる会社の社員と付き合いました。
事業内容なども差し支えます。すいません。
13日(火曜日)夜、僕は飲んでてはっきり覚えてませんが、
ひょんなことからおばあさんの葬式の話になり、不信感からか携帯を見せろと言いました。
以前も、疑惑ではなく何かの話で携帯は見たことありますが、自分から見なきゃって
思ったのは初めてでした。見たいという気持ちになったのは初めてです。
リダイヤル・着暦が夜中とか朝方のものがあり、少しの疑惑を感じたのです。
すると受信・送信にロックがかかってました。
そしてメールを見ると男からの変態的なメールがガンガン入ってました。
−−−
ちなみに彼女は街では女の子も振り向くほどのかわいい顔をしてます。
(ノロケもありますが聞いてください)
かなりロリ顔で小さい子で、見た目(ギャル)としては珍しい本当に当たりの柔らかい子です。
お父さんや親族の方も、ここで書けませんが誰もが「へー」って思うくらい
社会的地位も高い方がおおいんです(真偽は確認してます)
ちなみに僕は、恐らくここを読まれる方にはあまり褒められない男だと思います。
ドルガバとか好きで着てますが、短気で少し凶暴、飲んで酒乱になると大変になります。
人当たりはいいんですけど、たまに友達にも嫌われます。
−−−
内容はかなり過激でエロトーク全快で複数の男からのメールがあり、一気に頭が破裂しそうになりました。
援助もいれば楽しそうなメール(後でわかったんですがすでにエンコーした男)もあり、
気が狂いそうでした。
「おい、なんだよコイツは」
「えー・・・」
「おいおい、おまえさ、何人と遊んでんだ?オイ!」
「えー・・・ごめん」
ちなみに僕は顔は優しいと、思いますがたまに怒ると豹変して迫力は自身があります。
別にヤクザとかじゃないんで自慢にはなりませんが・・・。この時は、血が奮い立つのを
抑えながら静かに切れてました。
「おい、何だよコレ!エンコー??」
「・・・・。」
「てめーよう、名に考えてんだこら?」
メールをたくさん読むにつれエンコーの内容を次々発見しました。
「コレって書き込み用のジャン!」
内容は衝撃的でした。僕が3人目、エンコーなんて考えられないと自分で勝手に
言ってたくせに、生脱ぎ、手でやるとかビックリしました。
「・・・・・なんじゃこれ・・・」
受信をある程度みると9割エンコー(この時は男友達も含むと思ってました)
で呆れました。狼狽を隠すように彼女に芋焼酎の水割りを作らせ飲んでました。
水割りが次第にロックになり、飲むペースもヤケ酒っぽくなりました。
僕は頭が切れて、彼女に暴言を吐き、尋問をしました。
ちなみに僕は話や交渉事が得意です。
「何じゃコレは・・・」
手でやってイク時に口で出すので8000円はどう?みたいな書き込みを見ました。
少し文にすると難しいので箇条書きします。
・当初の動機は、それほど親しくない友達の中絶費用のカンパ(6万)をためる為やった。
・他の男友達とも会ってた
・僕んちに来ないで実家に帰ると思ってたら、男とばっか会ってた
・仕事でいつも10時頃に僕と別れるからその後にエンコーしてた
・エンコーすると帰りが遅いので男友達の家に泊まってた
最後のがかなりショックでした
・その泊まってた男とは何もしていない(確証あり)
・僕とすぐに同棲できない理由は家庭の事情ではなく、エンコーやめたらプレゼント買えない
だから住めない、僕の誕生日は来月です
・喜んでもらって早く一緒に住みたいから全然嫌じゃなかった。
・最初に付き合った男と会って1回セックスした(実はエンコーのやつでした)
順不同ですがこんな感じです。
追求するにつれ中絶のカンパじゃなく、プレゼントに変わりました。
発覚した翌日は仕事を休み、(それが許される業種です)
昼前に起きてからもテンパってガンガン怒ってました。
本当に1日中、食事もせず、です。
この辺りの記憶はあいまいですが、話が夜中になったころ
僕は怒るのに嫌気がさして、別れを告げたんです。
すると彼女が頭狂ってるようにボーっとし始めました。
僕は少し心配もしましたが、許せない、裏切ってた、って気持ちが勝ち
別れを撤回しませんでした。
その彼女って普段は天真爛漫ですが、込み入った話の時は全然口が回らないタイプで
「別れたくない」ってゆう時だけハッキリ喋るんで僕の心は動かなかったです。
けど僕は彼女が大切だと思う気持ちから、怒りや困惑が大きくなったため、
心から憎いと思えなかったんです。
明け方ごろ、彼女が前に僕を支えてくれてた話(ヤクザ関係ですので詳細は省きます)
をし、僕は惚れた弱さもあり許しました。
条件は、
・メールアドレスを変更(この時しました)
・二度とエンコーしない
そんなとこだったと思います
翌日、川崎に用があって一緒に行くときの電車でも彼女は僕にずっと気遣いをしてました。
僕も正直、彼女のその姿勢で自分自身も忘れる努力をしようと思い、
電車でも努めて普通の会話を続けました。
彼女は2日くらい食事も睡眠もほとんどなく、嘘をつくたび怒られてたので
少しやつれていました。
僕が人と会う直前、彼女が「何か飲み物買ってくるよ」
といい、目の前に自販があるのにコンビニに行きました。
彼女は目が悪い人なんでそれほど気にせず、僕は人と会い
約10分で終わりましたが彼女はジュースを持ってきませんでした。
ビルを出ると彼女が携帯で誰かと話してました。
それはただの友達だったらしいんですが、実はこの時にアドレスを元に戻してたそうです
そして彼女からジュースをもらいましたが、何か変な気分になり
そのジュースをどっかに投げたろかって衝動を抑えて公園で休憩したんです。
僕は職業柄、人の嘘や考えを見抜く癖があります。この彼女にはそうゆう
考えなく付き合えててとても幸せだったんですが。。。
公園のベンチに二人で座り、僕はタバコ吸ってたんです。
その日は日差しが強く、とても暑かったです。
脳の疲労と睡眠不足、食事をほとんど取ってなかったんで僕らはフラフラしてました。
そしたらだんだんエンコーを思い出し、突然、もらったジュースを投げて
また彼女を責めました。
その後は仕事に向かいましたが、僕はまたテンパった状態でした。
ちなみに僕は人に会ったりはほとんどしない仕事です。
仕事が終わり、うちに帰ってからアドレスを元に戻した話を聞き、
また猜疑心が膨らんで朝まで別れ話をしてました。
翌日は彼女の大切な仕事があったんですが、寝起きからずっと怒ってて
彼女の仕事が終わるのを待ちました。
その後、時間があったので冷静になって彼女と話し、また許しました。
これは金曜日です。この日の夜は、唯一、二人が安心して過ごせた日です。
一緒に食事をしてお風呂に入って寝ました。
翌日の土曜日の朝、彼女は仕事前に用事があったのに寝坊したので急いで用意をして
時間がギリギリだったから僕は駅まで彼女を送りました。
昼に仕事場で会い、この日は本当に今まで通りに仕事してました。
外で食事をし、機嫌よくビールをガンガン飲んでて帰りはスーパーで食材を買って
家でご飯食べてました。
ここまでは本当に良かったのですが、うちでご飯食べる前、どうしても思い出せませんが
ふとテンパリ状態になり、携帯をまた見たんです。
当然、アドレスは元のままなんで色んな男からのメッセージがありました。
僕はまた文句を言いながら心に悪心が生まれました。
「コイツらにお前の振りしてメールしていいか?」
「・・・うん、いいよ」
僕がカマかけで送ったのは、多分3~4人でしょう。内容は↓
「ごめん!メモリ消えて誰だかわからないんだ」
「え?誰?わかんないんだ。何した人だっけ?」
ま、こんな感じです・・・。思い出すとバカっぽい内容で悲しいです。
返事が来たのは2人でした。
すでにメールは全部削除しました。返信のウル覚えの内容は。。。
「え?まじ?」
「酷くない?返事来なくてかなり心配だったんだけど」
「そっちから俺の名前○○って呼んでたじゃん!」
「○○と援で知り合って色々買ってあげた○○だよ!忘れたの??」
「はぁ?」
「マジ言ってんの?」
「○○に住んでて○○で会ったじゃん!」
「公園で舐めてもらったよ!」
その夜、またテンパって責めました。
酒が入りすぎて意識がなくなり僕は早く彼女が謝らないか、と考えてましたが
その後の記憶はありません。
寝付いたのは朝方のようですが、7時に目が覚めると彼女はいません。
僕は寝ぼけて頭が冴えないまま彼女に電話しました。
彼女は出ませんでした。
深酒で早く寝たいと思いながら彼女を責めてた記憶はありますが、
何を話したかは今でも覚えてません。
隣に彼女がいない、けど荷物は残ってます。
タバコを吸いました。その時、倒れそうな立ち眩みがあったのを覚えてます。
ヤバイな、、、僕は食事もロクにとってません。その時、携帯の振動が聞こえました。
彼女からのメールでした。
「いつか別れを告げられると考えてましたが実際に言われショックです。
普通ならその場でフラれる事なのに傍にいさせてくれてありがとう」
見て、すぐ電話をしました。
何があったのかわからない僕は、何でうちにいないのか聞きました。
「別れるって言われて、嫌だって言ったけど追い出されたんだよ」
僕はその記憶がありません。ただ受け入れるだけです。
彼女はその日の午前中に私用があったので、寝ないでそこに行く、
終わったら連絡する。
頭がボーっとして連絡を待ってたのを覚えてます。
ずっと彼女を責める、けど彼女は仕事でも個人的にも僕を支えてくれた人です。
気を使う、とゆうより脳は常に活発に動き疲労により絶望感、悲壮感だけが
働く状態の中、久しぶりにネットをしてました。
誰にも相談できない出来事を、ここを見てる方たちのご意見を欲しく書き込ませていただいたのです。
僕の感想は、率直に返答してくださった方のご意見と、その方たちへのお礼のメッセージです。
皆様の賛否両論の意はとても参考にさせていただきました。
ただ、ぼくの考えは皆さんの意に反します、今後も付き合うということでした。
様々な考え、憶測を繰り返し、彼女とこの日の夜に会いました。
書き込みを一時中断した時です。
たぶん11時過ぎに駅前のファーストフードで会い、閉店の12じまで話しました。
その後、外で話してました。
その時の会話内容は、
・今までの恩もあるし、今後も付き合うようにしたい
・その義理として今回の事を受け入れてあげるのも僕の役目だと思った
かなり情けない心、だと思われるでしょう。
追い込みかけられた僕は一人ぼっちになり、彼女が支えてくれた義理が働きました。
ここで彼女の携帯が鳴りました。
元カレです。
この元カレは寝取ったような形なんでずっと引け目を感じてました。
キッパリ別れたと聞いてたのに何故、電話が来るのかな?
「彼氏と一緒だって言って切れよ」
「わかった」
僕は耳を近づけ会話を聞いてみようと思いましたが、
彼女はボリュームを下げたり、駅前の外なのに電波が悪いフリして携帯を耳から話して振ったり
して、頭に来たんで彼女が頷いた瞬間に取り上げました。
「だったらなんで俺んとこ頼ってくんだよ!」
コイツの気持ちにかなり同情しましたが、僕は電話を切りました。
後で聞くと、僕に追い出された後、明け方にも関わらずその元カレに電話してたそうです。
寝取った引け目から、本当に縁切ったのか数回確認して、縁切ったと聞いてたのに
貸した金を返してもらうため連絡取ってたそうです。
その後、1時間ほど話した後、うちに来ました。
僕は別れたくない気持ち、母親に初めて気に入られた彼女、
エンコーしてた事を受け入れる、僕が窮地になった時支えてくれた感謝、
そうゆう気持ちで話しました。
前にも書きましたが、僕は酒乱でメチャクチャです。バックレて今は彼女以外の
知り合いと会うとすると2時間以上かかるとこに引越してます。
正直、好きとか愛情だけでなく、頼りにしてる、みたいな依存心があります。
そして、また付き合うようにしました。