同級生女を自宅で襲おうとしたら処女だったので69の体制で手コキして貰ったエッチな体験談

同窓会で再開した同級生女を自宅で襲おうとしたら処女だったので69の体制で手コキして貰ったエッチな体験談

二十歳の夏に、東京に出てきてる中学の同級生だけで、
プチ同窓会をやった。
男女合わせて15人くらいだし、学年が同じってゆうだけで、
しゃべったこともない奴もいたから、
盛り上がりには欠けてた。
店を出た後、2次会をどうするかみんなで話していたが、
2次会も盛り上がらないと思った俺は、密かにみんなから
離れて駅に向かった。


切符を買って振り返ると、ゆかり(仮名)がとなりの
券売機に並んでた。ゆかりとは2年の時に同じクラスだったが、
あまり仲良くなかったこともあって、同窓会でも全然会話はしなかったのだが、
一応声をかけた。
「帰るの?」
「うん。明日予定があるから」
「何処で降りるの?」
「〇〇〇〇駅」
「へー、結構近いね。俺、〇〇〇〇駅」
「そうなんだーでも私、駅から結構遠くて大変なんだ」
「駅からどうやって帰るの?」
「今の時間だと、バスがあるかも。無かったらタクシーだけど。」
「えっ、マジで?車で送ってあげようか?駅に車止めてあるから」
「ほんと?それだと助かるけど・・。」
「別にいいよ、近いし。」
「じゃあ、お願いします」
そんなことでゆかりを送ることになったが、
そのときは特に下心もなく、普通に家まで送り
電話番号を交換して別れた。
俺が自分のアパートに着くと、タイミングよくゆかりから
電話がかかってきた。ずいぶんタイミングいいなーと
思いながら電話に出ると、なんと財布を落としたとゆうのだ。
すぐに助手席を調べると、ちょうど座席とドアのすきまに
財布が落ちてるのを発見した。
財布があったことを伝えると、送ってもらったのと財布のお礼に
ご飯をおごってくれるとゆうので、次の日の夕方会う約束をした。
俺のアパートの近くで待ち合わせをして
近くの居酒屋で食事をしながら、
最近誰と連絡とってる?とか、あいつ今何をやってる?みたいな
話をしてたら意外なほど盛り上がって、
俺のアパートで飲み直すことになった。
もちろん俺が車で送ることが条件だったが・・。
アパートに帰り、さらに酒を飲みながら話をしてたら、
いつのまにか結構酔っぱらってしまい、
酒が抜けてから送ることになった。
(このときは結構下心があったので、俺の作戦だけど)
「酒が抜けるまで、ちょっと寝るかな。
そこのソファーベッドで寝て。ちょっとトイレ行ってくる」
「うん。」
先にゆかりをベッドにいかせるのも俺の作戦。
トイレから出て、当たり前のようにゆかりの隣に寝る。
ちょっとビックリしたみたいだけど、ゆかりが何も言わないので、
今度は胸を触る。ゆかりが無言で俺の手を押さえる。
今度はおしりを触る。また無言で手を押さえられる。
少し強引に胸やおしり、あそこを触る。
かなり一生懸命俺の手を押さえる。
・・・・・・・・・・・・・・。
「ごめん・・、なんかHな気分になっちゃった。」
「私、まだ経験がないから・・・。」
ズ・ガーーーーーーーーーーーン・・・処女ってことだよな・・・
さすがにまずいか・・でも、勃起してるし、
酔ってるし・・・。とりあえず続行してみるか・・、
やっぱ抵抗される。どうしようかなー、やめようかなー、
とか考えながらもなんとか触ってると、
ゆかりが「やっぱり胸くらいは我慢しなきゃダメかな?」と言ってきた。
「う・うん・・、ここまできたらちょっとおさまらないかも・・」
「そうだよね・・、家まできたら普通はそう思うよね。
ごめんね。私こうゆうこと経験なかったから、
何も考えてなかった。ごめんね。胸だけでいい?」
あー、俺って悪い奴だなー、
こんな子をだますようなことして・・・。
めちゃくちゃ自己嫌悪。
・・・・・・・でも、ちんこビンビンなんです。
ごめんなさい。
「あの・・、男って出さないと収まりつかないから、
胸触るだけじゃダメかも・・。
できればいかせてくれないかな?」
「え・・・・、でも・・、私したことないから・・」
「お願い。手で触ってくれればいいから。」
「じゃあ、触るだけなら・・」
そういって観念したゆかりの手を俺の股間に持っていき、
ズボンの上から勃起したちんぽを触らせる。
ぎこちない感じになんか興奮して、
もどかしくなったので、ズボンを脱いで直接触らせながら、
ゆかりの服を脱がし生乳を触りまくる。
ハァハァとゆうゆかりの息づかいが聞こえるが、
それが感じてる息づかいじゃないことはわかる。
ただ、緊張して息づかいが荒くなってるだけだ。
ちょっとショック。
どれくらいたっただろうか?
少しずつ要領をつかんできたゆかりの手こきが
どんどん気持ちよくなってくる。
このままいくのもなんかもったいないと思ったので、
「ほんのちょっとだけでいいから、69の体勢になってくれない?
そしたらすぐいくから、パンツは脱がなくていいし、
ちょっと触らせてくれるだけでいいから。ダメ?」と聞くと、
「うん。それでいけるんだったらいいよ」と意外なほど
あっさりオーケーしてもらえた。
ゆかりのスカートをまくりあげ、
パンツの上からおしりやまんこを触って、
ちんぽに意識を集中させると一気に射精が近づいてきた。
どうせ最後だからちょっとくらいならと思って、
「あー、いきそう、そのまま止めないで。
止めたらまた時間かかっちゃうから、
そのままこすって」と言って、
ゆかりが「わかった」とゆうのと同時くらいに
「あーいく、いくから止めないで」と言いながら
ゆかりのパンツをめくり、まんこを舐めまくった。
ゆかりはビクッとしたが、我慢してちんぽをこすり続け、
結局、俺にまんこを舐められながらも射精させてくれた。
「ごめんね。なんか我慢できなくなっちゃって・・」
「何も考えないでついてきた私も悪いし。
舐められたのはショックだけど・・。」
「ごめんね。ビックリした?」
「うん。かなり・・。もうふたりっきりでは会わないようにしなきゃね。」
「また遊んでくれるの?」
「ふたりっきりじゃなければいいよ。同級生なんだし。」
「わかった。じゃあ、もう少ししたら送るよ。」
「うん。」
                  糸冬