義父に犯されて感じまくったエッチ体験談

奈津美さんから投稿頂いた「義父に犯されて感じまくったエッチ体験談」。

夫は出張の多い仕事をしています。

1年半前に義母が癌で亡くなり、半年くらい前から、夫の出張中に義父の私を見る目つきが変なのに気づいていたのですが・・・・・・・・。

2か月前の、夫が出張でいない夜、眠っていた私は、胸苦しさを感じて目を覚ましました。

掛け布団もタオルケットも捲られていて、男が私の上に覆いかぶさっていたのです。

真っ暗な中でも、荒い息使いですぐに義父だとわかって、私はびっくりして、

「お義父さん、何するんですか、やめてください」と叫び、起き上がろうとしました。

けれども、義父は私の両腕をつかんで強い力で押さえつけて、私の股の中に腰を嵌め込んでしまいました。

「奈津美、オレは奈津美が大好きなんだ。もう我慢できないんだ」

義父はそう言って、わたしのパジャマを捲くり上げました。

「お義父さん、イヤ、やめて、ダメです」

私はそう言って、義父の手を振りほどこうとしたけど、両手で乳房を激しく揉まれて、体から力が抜けていきました。

私は、下のパジャマとパンティもずり下ろされてしまいました。それで、義父が裸なのがわかりました。

乳房を揉まれながら乳首を舐められ、吸われて、こんな恐ろしいことはやめてと思っているのに、いい気持ちが乳首からおマ○コへ走って、喘ぎ声が出てしまいました。

義父の舌がお臍から繁みの横を這って、太腿の内側を舐め回されると、お尻が震えて、おマ○コから乳液が溢れ出ているのがわかりました。

太腿を大きく広げられていて、割れ目を開かれ、クリトリスを舐め上げられ、おマ○コの中に指を入れられて撫で回されて、私は大きな喘ぎ声を出して体をよじりました。

あぁ、こんなことされてはいけないわ。だめ、やめてと思いながら、こらえきれない気持ち良さのために、早くおチ○チ○をと願っているのでした。

そしておマ○コに義父のおチ○チ○が入ってきて激しく出し入れされると、私は一気に絶頂へと達してしまい、大声を出して義父の両腕を握り締め、両脚で義父の背中を挟みつけました。

義父は私がオルガスムスにいったのを知ると、おチ○チ○の出し入れを止めて、「奈津美のおマ○コすごく締まるぞ。オレのチ○ポが気にいったようだな。もっともっと気持ち良くしてやるからな」と言いました。

その時初めて、私のおマンコの中に納まっている義父のおチ○チ○が夫のものより太くて長いと感じました。

そしてまた太くて長いおチ○チ○を激しく出し入れされ、こね回され、おチ○チ○の先を子宮口にねじ込まれたりして、絶頂の間際まで何度もいかされました。

最後におマ○コの奥深くまでおチ○チ○を突き刺されてこね回されると、それまで感じたことがないほどいい気持ちに全身が突き上げられて、悲鳴を上げてお尻を浮かせました。

それと同時に義父が「あぁっ、チ○ポが吸い込まれる」と言って呻き、射精しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。