マックの死角の席で愛撫されて濡れ濡れ…スイッチ入っちゃった!

この前のめちゃめちゃよかったエッチ。デートの待ち合わせをマックでして彼が来るとすぐに死角にある席に連れてかれました。

すぐにマ〇コを触ってきてクリをパンツの上から擦られました。爪を噛みながら必死に声がでないようにしてたのですがキュッとクリを摘ままれて「…んっ」と声がもれてしまいました。彼が「今日はいっぱいいじめるから」と言ってパンツの中に手を入れてきました。

ゆなのとろとろした液をすくい臭いを嗅いでペロペロ舐めました。ゆなは余計興奮してさらにマ〇コはとろとろに。でも彼わそれから触ってくれなくて2人でマックを出ました。

そして彼のお家に行きました。やっとエッチとおもったら彼の弟とがいて…3人でゲームをする事に。ゆなは我慢できなくて2人にばれないようにクリを弄ってました。

しかし彼にばれてしまい「触るなよ」と言われてしまいました。ゆなはもう気が狂いそうでした。2時になり弟が遊びに行ってやっとエッチ…。

すでにベチョベチョになったパンツを脱がされクンニされました。「クチュクチュレロスズ‐ッレロクチュッ」「はうッンアァ…ンッン…はぅ‐ンンッたぁッアァくぅフッんン」

彼も興奮してきてアレが勃起してました。でもなかなか入れてくれなくてゆなのマ〇コわ今までにないくらいトロトロヒクヒク。やっと入れてくれたと思ったら半分くらいですぐ抜かれてしまいました。

だからゆなわ彼じゃくて彼のアレをにぎって「ゆなのマ〇コに入って下さい気持ち良くして下さい」とお願いしました。そしたら彼は入れてくれてグチュグチュ掻き回したり、ズコバコ腰ふったり「あぅっアァアァアッンはぁアンむッンりィ‐あぅ‐はぁはぁ」ゆなはイクとき無理‐って叫びます。そうすると「ジュポジュポパンパンパンパン」て激しくしてくれて。

「いやぁ‐アンアンあぅ‐むりッンッンむンりィィィ‐アンンッンアァ…はぁはぁ」ゆなは激しくイッちゃいました。彼もゆなが最後ペロペロクチュックチュクチュ‐となめなめしてあげるとお口の中で果てました。エッチがなかなかできず我慢したぶん本当に感じてめちゃめちゃ気持ち良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。