14歳のときから父に内緒で母と近親相姦しています

自分が14で母親が37の時からsexしてます。始まりはありきたりな話ですが、受験勉強に集中できるように母が性処理をしてくれてました。

昔から母は性格が軽いと言うか、バカ?と言うべきか、取りあえず性に対してオープンです。風呂上がりに裸でいたり、トイレでもドアを開けたままでします。父が注意しても「母親なんだから」って気にしません。

特に風呂上がりに爪を切っていたりすると、マ○コが丸見えです。気になってチラ見したりすると「自分が産まれてきた所が気になるの?」って、軽く広げてくれたりします。さすがに父は呆れて、「そんなオバサンのなんか見たくないよな」って言いますが、母は性教育と言って笑ってました。

まぁ、初めて母とsexした時も性教育の延長みたいな感じでした。父には内緒にしてます。母は身長が168もあり、スラッとしていますが、お尻がとても大きいです。高校に入るまでは自分の方が背が低くかったです(笑)胸も巨乳では無いですが、大きい方だと思います。実の母親なので美人かと聞かれれば、返事に困りますが友人には綺麗だと言われます。そんな母との関係も何度か父にバレそうになった事があります。

自分が、中3の合宿の時に一週間ぐらいsexが出来ない時がありました。家に帰ると父がリビングのソファーでテレビを見ていて、母が晩飯の準備をしていました。取りあえず母の尻を触ろうとキッチンに行きました。

家は対面キッチンで父はこちらに背を向けてテレビを見ています。万が一、振り向かれてもキッチンが邪魔して、父からは下半身は見えません!キッチンに行くと、母はタイトスカートに白のブラウス姿でした。でもなぜか、ノーブラ…聞いてみると、「久し振りにお父さんとしちゃった」て恥ずかしそうに(笑)父が休みだったので久しぶりに二人でデートしてたみたいですね。

別に母に恋愛感情もないし、夫婦なんで仲が良いなぐらいにしか思ってません。そんな事よりも大きなお尻とノーブラの母にムラムラ!取りあえず、イタズラ開始です。スカートをまくってパンティを丸出しに。

いつもは質素な下着なのに、今日のは水色のレース。デートしてたんで勝負下着なのかな?お尻を揉んだり、服の上から乳を触っていると母が「ちょっとぉ、マ○コ洗ってないしお父さんに見つかるから後でね」だって…「じゃあ、触るだけ!」って母に言い、今度は服の中に手を入れて、生乳をモミモミ。そうこうしてるうちに興奮は絶頂!だんだん止まらなくなってきます。

胸ばかり触ってると父に見つかりそうなので、今度はお尻に。大きいお尻を揉みながら、だんだん中心の方に手を動かして行きました。その間、母は無反応。鼻歌を歌いながら晩飯の準備をしています。

クロッチ部分を横にずらし生マンにタッチ。すでにヌルヌル状態!そのまま母穴に指を挿入!この暖く締め付ける感じがたまりません。二本目の指も突入!初めは膣のツブツブ感を楽しみながら、徐々に激しく手マンをしていきました。

その頃になると母も鼻歌を歌わなくなり、唇を噛み締めて眉間にシワを寄せてます。クチュクチュとイヤラシい音を誤魔化す為に、ひたすら野菜を洗う母(笑)その時、父親が急に話しかけてきて「健二はそっちでなにしてるんだ?」とっさに母が「晩御飯の手伝いをしてもらってるのよ、ねぇ健ちゃん」

「あっ!うん、たまにはね」で、父が「おっ!、えらいじゃないか」いや~、ビックリした!思わず指を抜いてました。

抜いた指を見ると、母の愛液で光る指。この手マンした後の指の匂いも好きなんですよね(笑)酸っぱいようなエロい匂い。母は嫌がりますが、いつもの癖で匂いを嗅ぐと…なんか生臭い…てか、精子臭い?父に中出しでもされたの?なんか複雑な気分(=_=;)頭にきたんで母の後ろに回り、腰を押して尻を突き出す姿勢に。

勃起した物を母穴にあてがいますが、自分の方が背が低いのでちょっとしか入りません。母が「駄目だってぇ…健ちゃん…気づかれちゃうってぇ」「ちょっとだけ、ちょっと入れるだけ。母さんの方が背が高いから、父さんの方からは見えないよ」

「うん…でも…」って言いながら、膝を曲げて入れやすいようにしてくれました。その隙に母穴に一気に挿入!!!「んっっっ!…」「んっ!んっ!うっ!くっ!」

キッチンで服を着たままスカートを捲り、パンティの隙間から息子のチ○コを挿入されてる母。母のくびれたウエストに大きなお尻。バックですると余計にお尻が大きく見えるんですよね。

このシチュエーションにいつも以上に興奮してしまいました。10秒も立たないうちに限界が…(笑)「ビュッ!ビュッ!ビュル!…ドクッ…ドクッ…ドクッ…ドクッ」射精のタイミングに合わせながら母が「うっ…うっ…うんン…ンン…」

自分でも驚く程に、大量に膣中に。しばらく挿入したまま射精の余韻を楽しんでました。母穴からチ○コを抜くとポッカリとマ○コが開いてます。

肩で息をしながら尻を突き出したまま、マ○コから精子を垂れ流す母。その光景にまた興奮する俺(笑)しばらくすると母が急にこちらを睨み付けて、アソコを押さえながら父の後ろを通ってトイレへ。テレビに夢中の父はまったく気付いてませんでした。

床に落ちた自分の精子を拭いてから母の様子を見に行くと、便所に座りながら恥骨の上の方を押してました。そしたら、出てくる出てくる(笑)ドロッと精子達が。母が精子を出しながら自分に「ちょっと、アンタはどんだけ出すのよ。母親を妊娠させるつもり!?」

「いつも中出しするなって言ってるじゃない!!」てっ、マジギレの母…その後はしばらくはヤラせてくれませんでした(T_T)高2になった今でも母とは時々します。何だかんだで母も好き者なんでしょうね。

その後も寝起きエッチや、父の寝てる隣でしたり、何度か危ないsexをして楽しんでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。