自暴自棄になりホームレスとのセックスにハマってしまった私

某都銀に勤める25歳の女です。私には誰にも言えない秘密があります。それは私が銀行に入行した22歳の時の事です。当時私は仕事のプレッシャーから自暴自棄になってました。

そして仕事のストレスを発散するため、毎日見ず知らずの男とセックスしていました。当時は遠距離恋愛の彼氏がいたにも関わらず、出会い系サイトで知り合った男とホテルで仕事の事を忘れるために激しいセックスに狂っていました。それでも飽きたらず、都内の某公園に行き、ホームレスに声を掛けセックスしました。当時関係を持った男は40人以上で、その内ホームレスとは2人とセックスしました。

男の年齢は16歳の高校生から71歳のおじいさんまで様々でした。その中でも特に52歳のホームレスとのセックスは凄過ぎでした。とにかく異常な絶倫で、一晩中セックスされてもペニスはずっと硬いままでした。公衆トイレや草むら、ベンチ、テントと場所を代えながらセックスされたのですが、ペニスがずっと硬く勃起したままだったのです。

毎週金曜は仕事が終わると必ずそのホームレスと会い、朝まで変態セックスしてもらってました。何十回イカされたか思い出せない程やられました。そして土曜の始発電車で異臭のする服のままワンルームのアパートに帰宅してました。ウチに帰ると山のように男から「セックスしたい」メールが届いていました。

その日は夕方まで寝て、夜になるとセックスを求めて街に出掛けました。セックスをしてイカない時は再び例のホームレスの所へ行きました。そして周囲にわからないようにテントに入り、激しく抱かれてました。ホームレスの「お姉ちゃん何か大変そうだね。好きなだけ気持ち良くなりな!」の言葉だけで私は気持ちを維持していました。ホームレスとのセックスは私が23歳になるまで続きました。その間にアナルセックスを覚え、一度だけ二人のホームレスと二穴責めを経験しました。

その後、職場に彼氏が出来てホームレスとは少しずつ会わなくなりました。それからは月に1度位しかホームレスとセックスしなくなりました。でも最近私は彼氏のマンネリセックスに飽きてしまい、再びホームレスとのセックスを求め始めました。昨日は彼氏に嘘をつき会う約束を断り、ホームレスのテントに行き終電までセックスしました。声が出せないテントの中で気絶寸前までイカされました。

今まで一度も中で出させなかった射精も昨日は自分から中出しを求めました。彼氏のヒロ君はこんな本当の私を知りません。ヒロ君ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。