ベッドの下に幼馴染が隠れていたのに、幼馴染の彼氏とのエッチしてしまった

ぴゅあらば

私の初エッチは14歳の夏。6歳年上のヤンキーっちくな優しいお兄さん(まさくん)。

親友のゆりとまさくんの友達と4人でよく遊んでいました。彼らは14歳の私達からすると当時は大の大人でした。(今思うとただのヤンキーでどこが良かったのかはわかりません。w田舎ではなぜかヤンキーがよくモテたのです。w)そんな、まさくんのと出会いはゆりからの紹介でした。

ゆりも当時はヤンキーで学校もろくに行かず、毎日毎日お兄さん達と遊びまくっていたのです。よくゆりからはまさくんの話を聞かされており、私はゆりがまさくんのことを好きなんだとひしひし感じていました。ある日いつもみたいに4人でBBQをしている時にゆりとまさくんが付き合っている報告をされました。

その時私は素直に喜ぶことが出来なかったのです。。。夏も終わりに近づいていた頃いつもみたいに4人で遊ぶことになりゆりの実家に行きゆりの部屋に入ったらそこには愛しのまさくんが一人でいました。「あれ、一人?ゆりは?」

「まだなんだよ~あいつおせーよ。」とたわいもない話をしていたのですが、まさくんがふと私の隣に座ってきました。もう、私の心臓はバクバクで、ゆりには申し訳ないがまさくんに襲われたいとドM感情が芽生えてしまったのです。

14歳の私にとってはエッチってなにかもわからないし、ゆりからよくきいたり、AVで見たことがあるくらいで無知の世界だったので、一人であんなことやこんなことを勝手に想像してました。ふときづくとまさくんの舌が口の中に入ってきていてそのままベッドに押し倒され、いつものまさくんではなくなっていました。私は初めてでしたのでされるがままでした。

胸を揉まれ、乳首を舐めまわされ、初めての感覚にもう理性などなくしていました。(ごめん、ゆり。。。)と、思いながら体はまさくんを欲するくらいマンコはグチュグチュでした。そのまま、ままさくんの前戯いってしまいました。

そして私達は身体を重ね合い続けました。まさくんのチンポはとても大きく、今となっては15人くらいの経験人数がある私にとっても、上位にはいるくらいの立派なものでした。お互いが絶頂を迎えた後、まだボーっとしている私達のところへ、まさくんの友人が青ざめた顔でたっていました。

しかし、目先は私達よりも下を向いています。えっ!!??っと思いながらその目先を見てみるとなんとベッドのしたにゆりの姿がありました。。。あの時は3人して顔が青ざめ硬直してしまいました。

私とまさくんのエッチをゆりはすべて見ていたのでした。音や声だけではなく鏡越しにすべて見えていたというのです。そのあとはまさくんとゆりは別れ、私もしばらくは口をきいてもらえませんでした。

あれから5年経った今ではあの時の話はネタかと思うくらい笑い話としてゆりと私はよく下ネタをするときに必ずと言っていいほど話をします。w幼稚園から一緒な私達はついに兄弟にもなっちゃったね。とww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。