女子大の水泳を教える派遣が最高!プールサイドでエッチ!

そうそう、あれは俺が女子大の体育の授業で、派遣として、水泳を教えていたときだった。選択の授業なので、人数は少なかったが、一人その中で、ひときわ際だつ美少女がいた。

それが相武紗季にそっくりな娘である。当時、こんな娘をジャニーズのような軟派な男には、渡すまい!と肝に銘じていた俺は、授業の最終日に、意を決して彼女に伝えた。俺「おい紗季、このタイムでは、単位はあげられないな。」

紗季「えっ!そんな!一生懸命頑張ったのに…..じゃ、そうすればいいんですか?」俺「俺がマンツーマンで、個人的に指導してやろう。今晩、プールサイドに来い!」身長180cm体重100キロだった体育会系的な俺に対しては、160cmそこそこのスレンダーな紗季もさすがに従順だった。

そして俺はその晩、紗季を呼んだ。俺「おい、紗季!まず、その水着のサイズがおかしい。体にきつすぎるんじゃないか!」紗季はたじろいだ。そこで、俺はお尻をまさぐった。

紗季「えっ!、そんなとこ触らないでっ!」俺「こんなに窮屈だから、キックが出来ないんだよっ!(怒)」どさくさまみれに、割れ目にも手を入れ、クリを強く擦った。紗季「お願いしますぅ、そんなに擦らな!いでぇ…..」だんだん紗季の声も小さくなっていく。

俺「ほらほら、何か濡れてきたぞ。おかしいなあ」紗季の力が弱くなったところで、いっきに水着を胸まで、おろした。そこには、綺麗なピンク色の乳房が。俺「乳首がこんなに立って。よし、俺が吸ってやろう。」ジュルジュル~ジュルジュル~プール中に音が響くよう、吸いまくった。

ふと、時計を見ると、夜の9時30分。やばい、10時になると、全館鍵が掛けられる。ここは、一気に頂かないと!自分の息子は、爆発寸前だったので、水着をずらし、紗季のあそこにあてがう。プールサイドなので、立ちバックの体勢だ。紗季も若いからか、既にあそこは十分に濡れていた。

俺「よしっ、いれるぞ。」紗季もさすがに観念したか、俺のを素直に受け入れた。パーン!パーン!パーン!と激しく突く!紗季「あっ、あっ!あっ!」腰の動きと連動して、紗季も思わず声が出る。俺「くそっ、お前のは、きつきつで、早く逝きそうだよ!」

そんなに早漏ではないと自負していた自分だが、スポーツ好きな彼女の締まりは最高で、全然持たなかった。俺「うぅー、もう駄目だ、中で出すぞ!いくぞー!!いくぞー!!」3日我慢した俺の射精が、ドバッーと紗季の中でぶちまけた。俺「ふうー、これで単位をあげよう!でも、また呼び出されたら、つきあえよ。」

その後、卒業までの2年間は関係が続いた。また派遣の話があれば、出向くつもりだ。派遣もなかなかいいもんだと思った…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。