近くの公園で主人の青姦を目撃!オナニーしてそのまま3P

主人はお酒を飲むと変態になります。私の主人は普段真面目だけどお酒を飲むとまるで別人のように変態になります。

エリート企業に勤めている主人は会社でも色々な役所をしているみたいで、沢山の部下を抱え、日々大変な毎日を送っていました。会社でのストレス発散がお酒と女でした。毎晩の様に会社の付き合いといい飲みに行き酔っぱらって、酒と女の匂いをぷんぷんさせて帰ってくる主人に私は嫌気がさしていました。

ある日、私も仕事が遅くなり帰りが12時をまわった頃帰宅しました。案の定主人はまだ帰ってきてませんでした。私はなにかいつもよりむしゃくしゃし、イライラしたので一人で散歩に出かけました。

家から10分程歩いた所に昼は小さい子供ずれの家族が来ている小さな公園があります。夜に来たのは初めてで昼間とは違い少し薄気味悪かったです。少し休憩しようと思い公園に入ろうとした瞬間奥の方から何か嫌らし声が聞こえてきました。

「あっ、いやっ…気持ちっ…」えっっっっっ!!!!???なんと、主人と若い女がセックスをしていました。「だっ…だめっ….」「あんっ」

女は体中をなめ回され、胸を揉まれ、体が仰け反るくらい感じていました。そして、主人は女のマンコを舐め始め私が見ているとは知らず女は絶頂を味わっていました。「いくっ、いくっ、いくうううう〜〜〜」

腰を主人の顔に押し付けクネクネと嫌らしく動かしていました。(なんてきもちよさそうなのかしら…)主人はもう2年程私を抱いてくれてません。気づいたら私の指は自分のマンコをこねこねしていて止める事は出来ませんでした。

その間も主人と女の淫らなセックスは行われておりそれを見ながら私も一人で絶頂を味わっていました。「んんんっ….」思わず声を出してしまい主人達に気づかれてしまいました。

その後は、酔っぱらっていつもの主人ではない主人と女と3Pをし、私も久々にセックスの快楽を味わいました。分かっていた事ではあるがいざ、主人の浮気現場を見ると怒りと悲しみが沸き上がってきました。翌日何も覚えていない主人は私を置いてまた、快楽の世界へと出かけて行きました。

それからというもの私はよくその公園に主人の浮気現場を見に行って一人エッチを楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。