1/2)電車でイカされた痴漢の高級マンションで性癖責めされたエッチ体験談

ぴゅあらば

電車でイカされた痴漢の高級マンションで性癖責めされたエッチ体験談。前編。

由香です。昨日ちかんされてしまいました。。。

朝、駅のホームでいつもみたいに並んでて。
後ろの人やけに息が荒いなあ、とか思いながらメールしてたの。

で、電車に乗ろうとした瞬間、その人にぴたっとくっつかれ、
人込みの波にまぎれてすごい勢いで押され、
車両の角に押し付けられてしまった。

私はいつも最後尾の車両で、車掌室との間の壁に
寄りかかるようにしてるんだけど、それを知ってたみたい。

電車が動き始める。かなり混んでいる。
その人は体の前に両手でカバンを持ってるみたい。
こぶしのごつごつしてるところが私のおしりにあたる。

いつもなら、咳払いをしたり、カラダをずらしたり
するんだけど、今日はなんか違う気分だったの・・・。

こぶしに対して私が無反応なのを見て、その人は
カバンを床に置きながら手の甲で
一瞬撫でるようにおしりを触ってきた。

そして何気ないふりをして、壁に片手をついた。
私は、車両の壁とその人の上半身でできた三角形の
中に完全に隠れた形になってしまった。

空いたほうの手の甲でおしりの片側をさわられる。
撫で回してはこない。

「混んでたからたまたま手が当たってただけ。」
と言い訳できるくらいのタッチ。

電車が揺れる。その人の手が動く。
でも電車の揺れとは明らかに関係のない動き方だった。

私は反応しない。怖くて何も言えない、
と思われてるのかもしれない。

その人は、手を裏返すと手のひらでゆっくりとおしりを撫でてきた。
(ん・・・・。)
すごくやらしい感じがしてくる。

(これから何をしてくるのだろう。おしりだけでおしまいかな・・。)
期待してる自分がいる。
でも、いけないような、もうやめてほしいような
変な感じ。

手がだんだんと前にずれていく。
腰骨を支えるように一旦手が止まる。

これ以上先に進んだ時に、
私が助けを呼んだりしないか確認しているようだ。

(あ・・・。)

心臓がドクンと鳴った。
自分のカラダが反応してる。この状況に興奮してきてる。

すすっと手が前に動いていった。
下腹部を覆うように大きな手が置かれる。

(はうっ。)

ぬくもりが伝わる。声を出せない分、快感が増幅する。
アソコの奥が湿ってきている。
(このままどんどん濡れてきちゃったらどうしよう。ちかんで感じるなんて・・・。)

さらに手が下に動いていく。
スカートの上から、私の三角形のところを撫で回す。

波が高まる。気持ちいい。アソコの奥が「じゅん」ってなる。
突然、その人は三角形をカバーするように四本の指で押さえつけてきた。

(・・・!)
カラダがぴく!ってなってしまった。

私が感じてるのが分かったのか、その人はさらにそのまま
4本の指を交互に大胆に動かしてきた。

私は、車両の角におでこを付け、声を出さないように 必死でガマンした。

あそこのあたりが湿ってくるのが分かる。
(あ、スカートが汚れちゃう・・・。)
私は少し体をずらした。

私の考えた分かったのかどうか、
その人はゆっくりとスカートをたくしあげていった。
周りの人にばれないために、その動きはとてもゆっくりしたものだった。

(あ、でも、どうしよう・・・。)

抵抗すればできるのに、大声を出せば助けてもらえるのに、
私のカラダは動かなかった。

その人は途中までスカートをたくしあげると、
太ももの内側を撫でてきた。湿り気のある熱い手。

そこから快感がゾクゾクと伝わってくる。
手が徐々に上に這っていく。

(どうしよう、濡れてるってわかっちゃう。。。)

突然、電車が耳障りな音とともに急停車した。
車内の人がどっとよろめく音がする。
私もその人に完全に寄りかかるような姿勢になってしまった。
手が太ももの内側に食い込む。

舌打ちやざわめきの中、車内放送が入った。

“ただ今、この先の駅で転落事故がありました関係で緊急停車いたしました。お急ぎのところまことに恐れ入ります。“

携帯メールやヘッドフォンステレオの音がやけに響く。

(このままやめちゃうかな・・・。)

ふと、手が上にずれ、太い指先がパンティの上から
ゆっくりと割れ目を撫で上げた。

(あ・・・っ。そんな・・・、声、出せないのに・・・。)

私は泣きそうになった。でもやめてほしくなかった。

電車はまだ動かない。
指はゆっくりと割れ目をなぞるように
前後に動いている。動きにあわせて下半身がゾクゾクする。

湿ったパンティがはりついていて直接触ってるよりやらしい感じがする。
私は声を出さないように唇を噛みしめた。
頭が痺れてきて、アソコの奥がじんじんとする。

ゆっくりと電車が動き始めた。
ガタン、ゴトン・・・
今度は電車の音に合わせて、割れ目の上の指がタップされる。
ガタン、ゴトン、ガタンゴトン・・・ だんだん早くなる。

(あぁ、ん・・・!)

思わず息を飲んだ。電車の動きとともに快感が高まる。

(こんな、やらしい、こと・・・・。)

このまま絶頂を迎えてしまいたかった。
でも、パンティの上からのタップは絶妙で、
イかないぎりぎりのところに私はいた。

“大変お待たせいたしました。まもなく○○駅~、○○駅です。お降りのお客様は・・・。”
アナウンスが入った。

指の動きは止まらない。私の降りる駅はまだ先だ。

(どうしよう、この人降りるのかな。)

イク前にやめられちゃったら・・・。
でも、電車の中でイクなんて・・・。

電車は駅に近づいて減速していく。
それに反比例するように指の動きが早くなった。

今度は指先で揉むようにいじってくる。
クリが確実に刺激されている。パンティの中がぐっしょりになっている。

(うそ、だめ、そんな、あ、あ・・・。)

絶頂に近づく。声がでちゃいそうだった。
電車がホームに入っていく。

(いや、おねがい、このまま、いかせて・・・。)

指の動きがいっそう激しくなる。
電車がゆっくりと止まる。

(もうだめ・・・・っ。)

ドアが開く。 私の中のヒューズが飛んだ。
「んん、あぁっ・・・・。」
私は叫び声をあげ、膝から崩れるように倒れていった。

「女の子が倒れたみたい。」
「あら、大丈夫かしら。」
遠くのほうで声がする。

「あ、私の連れですので。大丈夫です。」
近くではっきりとした男性の声が聞こえ、抱き上げられた。
頭がぼんやりとして、ゆらゆらといい気持ちがする。

いっちゃっただけだったら倒れたりはしない。
声を出さないようにと、あんまり息を詰めたから、酸欠になったみたいだった。

(どこに運ばれていくんだろう。)

私はぼんやりとした頭で考えた。

「大丈夫かい?」耳元で声がする。
「はい・・・。」私は答えた。声がかすれている。

その駅は降りたホームの目の前が改札だった。
その人は改札の脇で私をゆっくりと腕からおろした。

しっかり立とうとしたけど、膝がぐにゃぐにゃになってて足元がふらつく。

「おっと。」
その人は私の両肩をつかんで支えてくれた。暖かい手。
初めて顔を正面から見た。40代くらいだろうか。

上背があるがスマートで、クールな実業家という感じだ。
銀ぶちの眼鏡が良く似合って、とても賢そうな男性。

(この人がさっきのちかん?)

胸がドキドキした。

私は自分から言っていた。
「どこか、横になれるところに・・・。」

この人に抱かれたい。
すべて見せてぐちゃぐちゃにされてしまいたい。

その人は私の目を見つめた。驚きと好奇心の混ざったまなざし。
私は見つめ返す。上眼使いに、挑戦的だけど媚びた視線。

彼はそっと私の肩を抱いた。
うながされるように改札から出た。

タクシーで着いたところは目立たないけれど高級そうなマンションだった。

最上階の角部屋に案内される。
さすがに入り口から足を踏み入れるのを躊躇していると
「私が仕事でたまに泊まりにくる部屋だ。心配しなくていいよ。」
とその人は少し微笑んだ。私は靴を脱いで部屋にあがった。

清潔な匂いがして私は安心した。
リビングの向こうのドアが開いていて奥の部屋に大きなベッドが見える。
私の視線に気がついたのかその人は言った。

「好きなように探検していなさい。私は電話を2-3本かける。」

私はためらわず寝室に入った。
大きなベッドがある。キングサイズくらいかな?

そして、息を飲んだ。枕側の壁が一面鏡になっている。
でも高級感があってラブホテルみたいなやらしさがない。

(ここであの人に・・・。)

想像しただけでカラダの芯が熱くなった。

次に洗面所を抜けてお風呂場をのぞいた。広い。ここも清潔だ。
浴槽はジャグジーになるみたい。

ふと気配を感じて振り返ると、
その人が腕を組んで面白そうに私を眺めていた。

「めずらしいかい?」私は素直にうなずいた。
「私には君のほうがめずらしいよ。」

その人は私の手をとると、
私を洗面台の三面鏡の前に立たせ自分は後ろに立った。

電車の中のように、私にぴったりと体をくっつけて。
正面と左右に姿が映る。

ふと、その人の手が前に回ってきて、
私のおっぱいを服の上から揉み始めた。

「あ・・・。」
「そう、声を出していいんだよ。」
耳を舐められ吸われる。

「んん・・・。」
気持ちいい。思わず目を閉じる。

「目を開けて。そう。自分の感じてる顔を見てごらん。」

服を着たまま、後ろから見知らぬ男性になすがままにされている自分は、
淫らですごくイケナイ感じで、私は今までにない興奮を感じた。

続き 2/2)電車でイカされた痴漢の高級マンションで性癖責めされたエッチ体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。