単身赴任の課長の誕生パーティーがエッチすぎます

単身赴任の課長の誕生パーティーがエッチすぎます

単身赴任で寂しい思いをしている課長の誕生パーティーをしました。場所は課長のマンションで、同じ課の男性3人、女性は私を含めて2人の計5人。アルコールがまわって、全員酔っていました。中でもすっかり酔ってしまった友子は、スカートが乱れてパンティーが丸見え。男性陣の目が友子の股間に釘づけになってしまいました。
 横に座っていた鈴木さんが「友ちゃん、パンツ丸見えだよ~」とからかうと「もっと見たい~」と言いながら、自らスカートを大きく捲ってしまいました。隣に座っていた西田さんが「どれどれ、濡れてるかな?」と言って、パンティーの上からあそこをグリグリしました。すると友子は「ああ~ん。気持ちいい~。」と言いながら悶え始めました。

 鈴木さんは友子の後ろに回って、服の上から胸を揉み始めました。西田さんにパンティーの中に手を入れられ、あそこをグリグリされると「ああ~っ!」とのけ反って声をあげました。鈴木さんは友子の服とブラを脱がせ、寝かせました。そして友子の胸を揉みながら、乳首を舐め始めました。

 西田さんは友子のパンティーを脱がせました。そして友子の足をMの字に大きく広げ「ゆいちゃん。友ちゃんのあそこ、凄~く濡れてるよ。」と言いながら、私に見せてくれました。その後も私に見えるように、友子のあそこに指を入れ、シュポシュポ出し入れしました。まじかに見せられた私も興奮しましたが、2人に責めらている友子の喘ぐ声も次第に大きくなってきました。

 すると、ふいに課長が私を抱きしめ、キスをしてきました。そしてキスしたまま押し倒し、スカートの中に手を入れてきました。私は慌てて拒みましたが、本当はあそこが疼いていました。強引にパンティーの上からグリグリされ、全身から力が抜けてしまいました。課長は私を全裸にし、私の足を広げると「ゆいちゃんのあそこ、もうこんなに濡れてるよ。」っと言って、あそこを舐め始めました。

 その頃友子は四つん這いの格好で、西田さんのおちんちんをしゃぶりながら、鈴木さんにバックからあそこを舐めまくられて悶えていました。課長は私の花びらを指で広げて穴の奥まで舌を突きいれたり、包皮を剥いてクリトリスを舐めたり吸ったり・・・私も感じて、たくさんの愛液を溢れさせてしまいました。友子を見ると、鈴木さんにバックから犯られ、西田さんにも頭を押さえられながら口を犯され、声にならないような喘ぎ声をあげていました。

 それを見た私も興奮して、欲しくなってしまいました。「課長のおちんちん入れてぇ~!」て、おねだりしてしまいました。課長も全裸になって、私に重なってきました。おちんちんを突き入れられた瞬間、私はのけ反り、大きな声を上げてしまいました。友子は鈴木さんに激しく突かれ、西田さんのおちんちんを握りしめて、いってしまいました。

 課長は私の乳首をチュパチュパ吸いながら、グリングリン腰をこねては突き入れてきました。「あ~、ダメ~。もういっちゃう!」と言うと課長も「私もいきそ~。」と言って、おちんちんを抜きました。課長は自分でしごいて私のお腹の上に、ドピュピュッ。

 勢いよく射精しました。私も課長の熱い精液を感じながら、いってしまいました。その後はメチャクチャで、私と友子は3人にハメまくられました。私も何回いったか覚えがありませんでした。

エッチ体験談,エロ体験談,セックス体験談, パンティ, 射精

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。