ひろみ

 大学を卒業したひろみは、田舎に帰り、地元の工場で働いていた。
 ぼくとの関係は基本的に卒業とともに清算され、同じ工場で働く新しい彼氏ができたことは知っていた。
 でも、ぼくは、ひろみを忘れられず、車で10時間もかけて、ひろみに会いにいった。ひろみは、突然現れたぼくに驚いたが、昔のように、こころよく逢ってくれた。

 僕たちはドライブをし、ご飯を食べ、昔話に花をさかせた。日が暮れるころ、ぼくは、がまんできなくなっていた。ひろみの田舎は何度か来たことがあり、良く知っている。以前のように郊外のホテルに車を乗り入れようとしたが、さすがにひろみは抵抗した。
「今、別の人とつきあっているから・・・」
 ぼくは近くの農道に車を止めた。
「ちよっとだけ?ね?」
 ぼくは、ひろみにキスをした。はじめ、少しだけひろみはぼくと舌をからませたが、すぐにぼくを突き放そうとした。
「やっぱりまずいよ〜」

 ぼくは、それにはかまわず、ひろみのブラウスのボタンをはずしてき、ブラジャーをずらして、現れたひろみの乳首を口に含み、舌でころがした。
「あっ! ずるい・・・」
 ぼくの手はスカートの中にはいり、湿っているパンティの中心をなでる。
「おねがい・・・場所をかえて・・・」

 ぼくたちは、来た道を戻り、近くのホテルに入った。
 ソファーに腰掛けたひろみにキスをして、ひろみのすでに濡れているパンティをおろし、茂みの中に舌をいれ、割れ目の中の蜜をすくうと、ひろみはあっというまにあえぎだした。
 ひろみのアヌスから割れ目まで、丹念に舐めたあと、ぼくがひろみの中にペニスを入れると、ひろみはしがみついてきた。
 水泳をしているせいか、ひろみはあいかわらず締りがいい。

 ぼくはペニスを入れたままひろみをだきあげ、ベッドに連れて行き、服を全て脱がした。
 ひろみをよつんばいにさせて、後ろからペニスを入れ、手をまわしてクリトリスを刺激すると、ひろみは自分から腰を動かす。
 もう一度、ひろみを仰向けにさせてから、ペニスを入れ、ひろみをしっかりと抱きしめた。

「中はダメだよ。ね? お願い。」
 でも、ぼくはとてもがまんできる状態ではなかった。激しく腰を動かしていくと、ひろみはぼくの背中につめをたてる。
 ぼくはひろみをしっかりと抱いたまま、舌をからませ、のぼりつめた。

「中は、まずいよ〜」
 ひろみは、体の中でぼくの熱い精液を感じ、訴えたが、抵抗はせず、私のペニスを入れたまましばらく抱き合い、もう一度、私の精液を受け入れた。
 その後、結婚したそうだけど、今、どうしているかな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。