女性とのセックスでは味わえない気持ち良さ…ニューハーフとのセックス

ぴゅあらば

以前、ニューハーフとの禁断な関係を持った投稿を書きましたが、ついに昨日、また逢ってしまいました。名前はナナ。顔、スタイル、色気、どれをとってもイイ女です。ただチンポがついているだけの・・・

ナナも俺を覚えていてくれ、早速ホテルに行こうとすると
「ねぇYさん、近くに友達が居るの。せっかくだからその娘も混ぜて楽しまない?」とナナ。
「その娘って・・・男の娘?」
「すっごい可愛いよ、絶対Yさんも気に入ると思うよ。」
さっそく電話し、二人で待ち合わせの場所に向かった。

そこで一人立っている超アイドル級の女の子を見て、
「まさか・・あの娘じゃないよね?」と聞くと、ナナはにっこり笑い
「ユメちゃんって言うの。あの娘よ。」と言った。
ナナも綺麗だがユメは負けず劣らず可愛い。俺の心は躍った。

3人でホテルに入ると、エレベータの中で既に俺は勃起状態。
「もう勃っちゃったよ。」と俺が言うと、二人は笑いながら
「もぉ~凄い~!」と喜んだ。
部屋にはいると早速服を脱いで準備していると
「せっかちはダメよ~、まず一服させて。」と二人はタバコに火をつけた。
タバコを吸う二人の間に入ると俺はまずナナの乳房を揉んでちょっかいを出し、次いでユメの乳房も確かめた。

「Yさんって私達がニューハーフって知ってるの?」とユメ。
「知ってるよ、でね、凄いエッチな人で、私なんか何度もお潮噴かされちゃったんだよ。」とナナ。
一服が終わると3人でシャワーへ。
二人のアソコは綺麗に処理されていて、やはり上半身とのアンバランスに興奮した。
二人に泡立てられると、早速我慢汁が垂れ始め、
「エッチぃね・・もうイッちゃうんじゃない?」とユメが言った。
「気持ち良すぎて・・」と俺。

ベッドに戻ると三人で絡まってキスをしながらそれぞれを手コキ。
俺の隣で二人が可愛い声で悶え、俺の手コキで早くもナナが暴発。
「ナナちゃん早い~!」とユメがフェラでお掃除をしていると、
「ヒャッ、ダメッ・・」と悶えるナナ。
「ユメちゃん、噴かしちゃえ。」と俺が言うと、ユメはエロい表情でナナの亀頭を責めた。
「ヒャ~~ンッ!だめぇ~~!」ナナは悶絶し、ピューピューと噴いた。
俺はナナを責めるユメのアソコを咥えて舐め、指でアナルを刺激した。

「やぁん・・・気持ちイイ・・ねぇローション付けてぇ。」とユメ。
指にローションを付けアナルへ。
俺の手コキとアナルの刺激でユメはナナから離れ喘ぎ始めた。
しばらく楽しんでいるとナナが起き上がり、俺のモノを咥えてナナも俺のアナルを刺激し始めた。
「アァツ・・ヤバィ・・」俺も思わず声を上げた。
ただユメも絶頂寸前で
「ナナちゃん待って、待って・・・私もうイキそう・・」と言った。

ナナは一旦俺から離れユメにキスをしたり乳首を吸ったり。
俺は下半身を責め、俺の手の中で熱く怒張したチンポが脈打った。
ドピュドピュと噴火のように精液が飛んだ。
イッた瞬間のぐったりした表情がとても可愛かった。
「お返しよ~」ナナがユメの亀頭を責めた。
「ダメッ、や芽てっ、くすぐったいっ!!」暴れるユメを俺ががっちり押さえナナの凄テクが発揮。
ブシャーッっと何度も大量にユメが撒き散らした。
凄かったのがその後、出るものが無くなってもナナは手を休めない。

「苦しいっ、苦しいっ!!」ユメが悶絶し、体を大きく仰け反らせ3秒位そのまま止まり崩れ落ちた。
痙攣し半分失神したような感じになり、ナナは
「いつもこうなのよ・・」と笑った。
俺はその間にコンドームを装着し、ローションを塗ってナナのアナルを頂いた。
後ろから突きながら手コキをしてあげると、ナナのチンポはまた大きくなり、仰向けにして挿入し手コキしてやると
「またイっちゃう~!」と絶叫し、少量ながらはっきり射精をした。

それを見届け、まだぐったりしているユメのアナルも頂いた。
ユメは勃起はしなかったが可愛い声で喘ぎ、俺はゴムを外して二人の顔にフィニッシュし、疲れて寝転んだ。
二人は俺の精液を舐め、余韻を楽しんでいたが、
「ナナちゃん・・」とユメがアイコンタクトをすると、ナナは今度は俺の敏感な亀頭を責め始めた。
「ちょっと、ダメだって!!」俺は焦って逃れようとしたが遅かった。
がっちりユメに押さえられ
「Yさんも噴かしてあげる」と微笑んだ。
その顔はドSそのもの。

俺は身動きがとれないまま、さっき見たナナの凄テクの餌食に。
「くすぐったいっ!!だめっ!!」俺は絶叫し、恥ずかしながらブッシャーと噴いてしまった。
「Yさ~ん、恥ずかしいねぇ・・そんなに噴いっちゃって・・」嬉しそうに俺を責める二人。
「ユメ見て・・Yさんのまだすっごい硬いよ・・」とナナ。
「またイかしちゃおうか?」と二人は俺のチンポにローションを塗りたくった。

ナナの細い指が俺のアナルを責め始め、ユメは手コキで俺を責めた。
「ァア・・アァ・・」俺は半分意識が遠くに行きながら喘いだ。
しばらく部屋にぐちゃぐちゃと音が響いたのを覚えている。
俺は大きくM字に体を開き、二人の快楽責めに身を委ねた。
「ァァ凄い・・凄いかったぁい・・・」ユメが俺の耳元で囁いた。
「だめ・・だめ・・もう・・だめ・・・」俺は絶叫も出来ないぐらい消耗していた。

「お尻がすごい締まってる・・ユメちゃん、イかしてあげてっ!とナナ。
絶妙なコンビネーションでユメの手の動きが早くなり、そのまま俺は発射して痙攣した。
俺はこれまでいろんな女性とSEXをしたが、正直こんなに気持ち良かったことはない。
放心状態の俺を二人は優しく介抱してくれた・・・

ビジネスマンさんからの投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。