隣人の若い人妻をレイプする計画をたて実行した

ぴゅあらば

私はある住宅街に住む40代の家庭持ちの普通の会社員です。隣に30代前後の夫婦が約1年程前に引っ越して来ました。小学校に通う娘さんが1人いて3人家族のごく普通の家庭です。

ご主人と奥さんとは、いつも挨拶を交わしていて私の妻はその奥さんとは時々一緒に買い物にいく程の付き合いでした。
そこの奥さんはスタイルもいいし、そこそこ美貌の持ち主です。

私はその奥さんを何とか自分の言いなりにできないかと、いつも思っていました。休日の時なんか朝2階のベランダで洗濯ものを干している奥さんを私はカーテン越しに見ていました。ミニスカートを穿いて干し物をしている姿をみるたびに、あのスカートを剥いでパンティー越しに割れ目を触ってみたいと思っていました。

レイプして陵辱してビデオか写真に撮れば自分の言いなりになるのでは、と思いは募るばかりでした。

私はロープやローター、猿轡など揃えてバッグに入れ機会を待ちました。

いよいよ決行することに決め平日に私は会社を休み妻がパートに出かけた後、隣を観察すると奥さんが掃除をしている様子だった。ご主人と子供の出かけるのは確認していたので1人というのは確実だった。

私はこっそり隣へ行き玄関のノブを廻してみた、するとドアには鍵が掛ってなく掃除機の音が鳴り響いていた。私はドアを開け入って内側より施錠して奥さんがすぐに逃げられないようにして中の様子をみた。

奥さんはミニスカートにセーター姿で居間の掃除をしていた。私は背後から近づき奥さんの頭から袋をかぶせ口を塞ぎガムテープで巻いた。そのまま押し倒しうつ伏せにして後ろ手にロープで縛り上げ抵抗できないようにした。

そのままの状態で仰向けにしたが奥さんは足をバタつかせ必死で逃れようとしていた。その抵抗が益々私の欲望をかきたてた。

私は押さえつけてセーターを捲り上げブラジャーを取り乳房を思いっきり吸った。奥さんは逃れようと必死で体を動かしていたが私の手は乳房をやさしく揉みつづけ片方の乳房は舌で転がし舐めつづけた。

奥さんの息づかいがだんだん荒くなって力が抜けていくのがわかった。耳元で 「奥さん大きな声を出さなければガムテープと袋を取ってやるがどうする?」と尋ねると首を立てにふって答えてきた掃除機はまだ動いていて音をたてていた。

袋を取って奥さんの顔をみると驚いて 「隣のご主人じゃないの何をなさるんで」といってキッと睨み付けてきたが大声を出すわけにはいかなかった。

上半身裸に近い状態で、ましてや後ろ手に縛られているからこのような姿を他の人に見られたらと思うと声も出せないようだった。

私はこの時奥さんを自由にできると確信した。

「そうです隣の○○です、奥さんを以前からレイプしたかったが今日思いが叶うようだ」

というとビックリした様子だった。

私は彼女の乳房を揉み唇を奪い声が出せないようにして片方の手でスカートを捲りあげ下着の上から割れ目を撫でてやった。彼女はしっかりと脚を閉じ私の指が割れ目に入ってこないようにしていたが、 私は膝を彼女の股に強引にいれ脚をひらいて何度も撫でているうち彼女の力がだんだん抜けて、 パンティーが少しづつ濡れていくのが私の指先に感じられてきた。

唇を離すと彼女は小さく吐息をつき小声で 「ムムぅーン・ヤメテぇーお願いィー・・」と言ったが声にならなかった。

私は彼女のクリトリスをパンティーの上から見つけそこを執拗にいじってやった。だんだんクリトリスが勃起していくのがわかった。彼女は感じて体をのけぞりながらも私の手から逃れようとしていた。

私は真っ白なパンティーがふっくらと盛り上がり濡れている割れ目を見るだけでぞくぞくした。私はパンティーの中に手をスベリこまし指を割れ目の中に入れてみた、そこはもうグチュグチュになっていた。

「奥さんこんなに濡らして・・そろそろパンティーを脱がして貴女のおまんこをみたいなー」

というと彼女は首を横に振り 「イャ、ダメーやめてぇー」と いったが私はパンティーを脱がして股を押し広げた。

そこにはピンク色にひかりヌルヌルとしたおま0こがあった。少しうえには真珠色のようなクリトリスが勃起して私を誘っていた。しかし私はまだ入れることはしなかった。

唇を押し付け舌で割れ目とクリトリスを思う存分舐めまわした。
彼女はもう何も言わなくなり 「ああァァーン・・・フムムゥー・・イヤーンだめー」

と言いながら腰をふり、 おまんこを私に押し付けてきた。

「奥さんそろそろ入れて貰いたいんだろー」

というと彼女は 「・・・・・・」何も言わなかった。

私はズボンとブリーフを脱ぎ捨て逸物を彼女の中に入れてみた。 「ぐちゅ・ぐちゅ・」といやらしい音をたて私を根元まで飲み込んでしまった。くちゅ・くちゅ・とピストンをして出し入れすると彼女も私に合わせて腰を動かし感じていた。

私はもうたまらず彼女の中へ放出してしまった。

彼女はこれで終わったと思い安心した様子だったが、私はこれからが楽しみだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。