姉のオナニーを目撃し、相互オナニー見せから近親相姦初体験

中2の時、高2の姉貴のオナニーを見てしまった。その日は日曜で、朝起きると家の中の物音がしないため誰もいないのだろうとベランダでタバコを吸っていた。俺の隣の部屋は姉貴の部屋でいつもカーテンが閉まっているので中は見えない。

いつものようにたばこを吸っているとカーテンが10センチくらいあいているのに気づいた。覗くつもりではなかったが何気なくカーテンの隙間を覗くと全裸の姉が布団を抱いて股間をいじっていた。少しびっくりしてその様子を見ていると、姉はおれに気づきあわててカーテンを閉めた。

父は単身赴任で日曜でも家にはいないし母は父方の祖父の介護で平日問わず朝からいない。晩飯はいつも姉が作ってくれていたためどこか出かけるときは姉に一応伝える。部屋に戻りきまづくなった俺は友達の家に遊びに行くと鍵のかかった姉の部屋の扉の隙間からメモ書きを差し入れた。

空が暗くなり家に帰るとテーブルの上には晩飯が用意されていた。いつもは姉と二人で食べるのだがその日はそっけない晩飯を食べ風呂に入って自分の部屋でテレビを見ていた。「気まづいな」と思いながらため息をすると、部屋のドアを姉がノックした。

なぜだかドキドキしなが‚ら「なんだ?」というと「ちょっといい?」と言われドアを開けた。突然姉が「Hしたことある?」と聞いてきた。突然なんだ?と思ったが一つ年上の人としたことあるというと「したことあるんだ?ふーん…。昼間のことは黙っといてね」といい部屋にもどっていった。

そのことに触れぬまま一週間がたち日曜になった。いつものようにベランダでタバコを吸っているとやっぱりカーテンが10センチくらいあいていた。再び覗くと姉は全裸で股間をいじっていた。

「オナニーしてるのにカーテンなんか開けとくなよ」って思った瞬間。姉がこちらに気づき窓を開けた。「のぞいたらだめだよ」といわれ硬直した腕をつかまれ部屋に引きづり込まれた。

上下スエットのため引っ張ればすぐにズボンは脱げる。引きずられた衝撃でズボンは脱げトランクスも半分ずり落ち勃起したチンポが露出していた。「なんで立ってんの?覗くなんて最低だね」そのようなニュアンスで罵倒された。

頭が混乱して無言でいるとチンポをつかまれ「謝りなさい?」といってきた。「謝らないと煙草もバラすよ?」姉には煙草もばれていた。「ご、ごめん」というと「え?何?聞こえない」いつもの姉と違う。

こん‚な意地悪じゃなかった。「ごめんなさい」というと「オナニー見せ‚て。見せ‚スら許してあげる」「それはちょっと…」と思ったが、目の前の全裸の姉を見てチンポはギンギンに勃起していた。

姉の目の前でチンポをこすり始めた。姉はチンポを興味深々に覗き込む。そう時間はたたないうちに逝ってしまった。

何やら恥ずかしいやらやるせないやらで落ち込んでいると、姉がおれにキスをしてきた。そのままチンポをつかみ押し倒された。我に帰った俺は俺の上に乗りかけた姉をつかみ体を入れ替え上に乗るような形になった。

「いいかげんにしろよ。調子に乗ると姉貴でも犯すぞ」おとなしくなると思ってすごんでみたが「クスっ」と笑われ開き直られた。そう思っているとチンポは復活し勃起してきた。カーっとなった俺は一度だけ経験したことのあるHを思い出しながら姉の唇と胸をむさぼった。

姉の体は俺の初体験の相手より明らかに大人の体のように思えた。乳首をなめながらあそこに手を持っていこうとすると明らかに顔がこわばっている。クリトリスを探そうと股に手を入れようとするとさらに顔がこわばる。

なんか罪悪感でいっぱいになった。手を止め体を離すと「どうしたの?」「やっぱりものすげえ罪悪感がある…」一気に気分はさめ、その日はそ!のまま終わってしまった。翌日学校も終わり友達と遊んで夜7時ごろ家に帰った。

姉はいつものように何事もなかったように晩飯を作り一緒に飯を食べた。母から電話があり祖父をほっとけないので今日は帰れないという電話があった。ほんとに祖父のところにいるかはわからないが時々そんな日があったため別に気にせず風呂に入りあがった。

リビングでテレビを見ながら横になっていると姉も風呂からあがってきた。バスタオルを体に巻いてリビングをうろうろしている姿を見るとチンポが勃起しているのがわかった。もうどうしようもなくやりたくなった俺は姉に向かって「昨日の続きしない?」と恐る恐る聞いてみた。

姉は少し考えるふりをし「いいよ」といいこっちに来た。ソファの上に座り昨日より自然に昨日よりすんなりことに及んだ。ソファに座ったおれの膝の上にこっち向きで座ってきた。

風呂から上がった姉の体はまだ完全には乾いていなくて髪はいいにおいがする。姉の唇にキスをしようとすると上から目線ですこしニコッとしながらキスをしてきた。口の中に舌を入れると少しびっくりしたように体をビクッとさせたがすぐに慣れ俺の口の中にも舌を入れてきた。

限界に!達した俺のチンポを右手でさすりながら左手を首の後ろに巻いてきた!。おれも姉の背中や首に手を回すと巻いていたタオルが落ち全裸になった。すっかりその気になった姉は恥ずかしそうなそぶりもなく俺のパンツに手を入れチンポをさらにさすった。

たったそれだけなのにいってしまった。パンツが精液でベチャベチャになると「あ~あ。きたないなあ」とパンツをずらし始めた。いってビクビクなっている俺のチンポをパクっとくわえ頭を上下させた。

敏感になりすぎたチンポが立ったまま萎えない。フェラ状態のチンポがしんどいので無理やり頭をどけ姉を片足立ちで立たせあそこをさすった。すでにあそこはねっとりとした液状のものでいっぱいだった。

中指で探し当てた突起物を液状のものを絡めた指でさすると声を出しながらもだえ始めた。すぐに立てなくなり俺の肩に手を置いた。その手を外し「ほら、しっかり立ってないとあぶないよ?」仕返しをしてやった。

姉の耐えている表情でチンポは再び限界の状態になった。そろそろいいかなと手を止め姉をチンポの上に座らせた。相当濡れているがなかなか入らない。

それどころかとても痛そうだ。まだたりないのかなと手をまたに持っていき再びさすろうとしたら姉はその手をはじき「大丈夫。入るから」と–!ウ理やり入れ始めた。苦悶の表情をした姉のあそこにチンポがを上下左右から締め付けられるように入って行った。

何やら表情がつらそうだ。入ったまま止まっていると、「動かして…」姉がいった。言われたとおり動かす。

姉は気持ちよさそうというより激痛を我慢しているようだ。動きをやめると「とめないで…」というので何やら罪悪感でいっぱいになりながらもこちらは気持ちがいいので続けた。間もなく姉の中で果ててしまった。

姉はおれのからだにもたれぐったりしている。抜こうとすると「抜かないで」とおれを強く抱きしめた。数分間何もしない時間が過ぎた。

萎えたチンポの隙間から精液のような液体が下腹部に流れているのがわかった。ふと「中で出してしまった…」という思いが頭をよぎった。「やばい」とおもうと姉をどかせたれた精液を拭こうとする。

……。精液が赤い。「姉ちゃん処女だったの?」姉はうなずく。

「まずいだろ?それは…」「○○(俺の名前)にならまあいいかなっておもったんだよ。○○が童貞じゃなかったのはむかついたけど」「ええ!!」って思ったが「これでいつでもできるね」という言葉に、「まあいいか」と思ってその日は!Iわった。それから一週間くらいは何もしなかったけどその後は日曜‚の昼間や•母がいないときはむさぼるようにやった。

姉が高校を卒業し大学に行っても休みの日には姉の一人暮らししているアパートに泊まりに行ってはヤっていた。そのあと付き合いだした男と妊娠して結婚したけどあれはおれの子かもしれない。だって、やってた時期と生まれた日があうからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。