処女のふりしてた彼女が校内で寝取られているのを目撃した寝取られ体験

高2の夏休みに入るちょっと前に、アサミという1つ下の女の子と付き合っていた。1年の中では目立った存在の1人だったアサミは、確かに整った顔をしていたのだが、この子が目立っていたのは顔立ちよりも、水泳部特有の引き締まった体のラインと、何となくヤレそうな匂いのする、色気のある雰囲気のせいだった。今思えば、これが間違いだった。

「ヤレそうな女」というのは、一歩間違えば「すぐにヤッてしまう女」なのだから。処女だと言っていたアサミだが、どうも嘘くさかった。アソコは明らかに開通済みだったし、その他にも細かい部分で「慣れ」を感じた。

本人はわざと下手な振りをしているようだったが、隠しきれていない感じだった。何度もセックスするうちに、アサミはどんどん本性をあらわしていった。本人は「あたし先輩に開発されちゃったね」と言っていたが、どう考えても開発したのは俺以前の男たちだった。

だいたい、「開発する」なんて言葉を使う女子高生なんて滅多にいない。うちの学校には合宿所があって、夏は運動部がよく使っていた。アサミの水泳部も例外ではなく、俺はある夜、そこを訪ねた。

いつもはアサミが迎えてくれるのだが、その日はだいぶ早く着いてしまい、まだ夕暮れ時だった。部室に行ったが、アサミはいなかった。時間をつぶすために、広い合宿所をぶらぶらと歩いた。

すると、その日は使われていない部屋の方から、物音と人の声が聞こえた。静かに近寄って、部屋の中の様子を窺った…やっている。女は激しく突かれているようで、それに合わせて「あっ!あっ!あっ!あっ!」と声を上げている。

やがて男が「ううっ!」とうめき、静かになった。誰だか知らないけど頑張ってるなあ…などと思っていた俺だったが、次の瞬間に凍り付いた。「はぁ…やっぱヒロくんのおちんちん、すごく気持ちいいね」アサミの声だった。

「やっぱ」って何だよ?「ヒロくん」って誰だよ?あまりのショックに俺は立ちつくした。この中にいるのは…アサミ?違う…違う…違う…そんな風に呆然としていると、「うるせえよマンコマシーン」という男の声がした。聞き覚えはない。

「ひどーい!なにそれー!もうしてあげない…あっ!」ちょっと怒ったその声も、感じたときに上げるその声も、やはりアサミの声だった。「何だよやっぱりマンコ触られると気持ちいいんじゃねえかよ」と、男の責める声。「いやっ…あっ…」と言いながら、アサミは身をよじっているのだろうか。

グチャグチャという音が聞こえてくる。アサミのマンコがかき回される音だ。「またイッちゃうんだろ〜?彼氏じゃない俺にイカされるんだろ〜?」「いや、いや、いや、あっ、あっ!あああっ!……ああっ…」男の指でアサミは簡単に達してしまった。

俺は勃起が止まらない。たまらず、自分のものをしごき始めた。「くわえてくれよ」と男が言うと、ピチャピチャと音がした。

「なあ、俺と付き合えよ。いいだろ?いつもヤッてるんだしさ」いつも?いつもなのか?アサミはこいつにいつも体を許してるのか?「ダメー。だって先輩が好きだもん」アサミ…えらいぞ…でもフェラしながらそういうこと言うなよ…「んーだよー。いいじゃんかよー。俺のチンコくわえてるだろお前」

「んー、ヒロくんのは気持ちいいからねー。ほーら、気持ちいいですね〜」アサミはチンコに語りかけている。俺は、アサミが自分のチンコに語りかけながら口と手でしごいてくれているところを想像していた。

「俺の方が気持ちいいんだろ?だったら俺と付き合えよ」男は食い下がる。「んー、先輩との気持ちよさは別なの。好きな人とのエッチは別。特別なの」他の状況で聞いたら、こんなに嬉しい言葉はない。でも、今聞いても…何だよ!俺はセックスだけかよ!何でなんだよ!」男はアサミに詰め寄り、「マンコ開けよ!」と命令した。

アサミが動く音がして、しばらくすると「ああっ…」という声が聞こえた。ゴムを付けた男が、アサミに挿入したのだろうか。男はさらに、アサミをなじる。

「チンコ入れてるじゃねえかよ!」「キスもされてるじゃねえかよ!」「お前のマンコの中で俺が精子出してるじゃねえかよ!ゴム付けてっけど!」「いっつも俺にイカされてるじゃねえかよ!」

「セックスしたいんだろ?したいんだろ?俺としたいんだろ?」この男、ガキだ…っていうか何だよその「ゴム付けてっけど!」ってのは。ちょっと男がかわいそうかも、などと思ったり、アサミはずいぶんひどい女だ…とも思った。そして何より、「見たい!」と思った。

俺は静かに扉を開けた。アサミは屈曲位で貫かれていた。アサミの尻と男の尻が、重なっては離れていく。

しかし、その中心には杭のように太い棒が、しっかりとアサミを捕らえている。アサミの穴からは白濁した汁が流れていた。精子?かと思ったが、ゴムは付いている。

…ということはあれはアサミの本気汁だ。アサミは本当にこの男の体に感じ入っているのだ。そう思うと、いっそう激しく勃起して、そのまま射精した。

アサミはすでに軽くイカされているようだったが、男の腰は止まらない。しばらくして、体位を変えようとした男がチンコをアサミから抜き去った。…でかい。

長くて太く、とにかくカリが大きい。「横に広がりまくってみました」的なカリ高チンコが、再びアサミを貫いていく。俺はすぐさま勃起した。

「あんなのにアサミはやられてるのか…」貫かれ、突き動かされ、喘ぐアサミはやはり綺麗だった。セックスってすごい。少なくともヤッている最中は、その女はヤッている男のものだ。

男は自らの性器で女を征服し、所有しているのだ。今、アサミの持ち主は、巨大なチンコでアサミを下から突き上げて倒しているこの男であって、その様子を扉の隙間から覗きながら、2度目の精子を噴き出している俺ではないのだ。アサミはガクガクと体を震わせている。

正確には、そうさせられている。快感と突き上げの激しさとで、アサミはおもちゃのように揺れていた。男はアサミを四つん這いにした。

アサミの顔が、こっちを向いた。男はなかなか入れず、入り口をかき回している。「もう…早く入れてよう…」とアサミが振り返る。

男はニヤッと笑うと、「俺のこと好きって言え」と言った。アサミはためらわずに、「…ヒロくん大好き」と言った。男は満足そうに突き入れる。

振り返ったアサミの顔は、嬉々としてそれを受け入れていた。心まで奪われたのか?と俺はショックだったが、れでも再びの勃起は収まらなかった。男のストロークは長く、速い。

一突きごとに、アサミが征服されていく気がした。もうすっかり体を奪われているのだが、さらにそう思わせるような腰の動きだった。アサミはがっくりと上体を突っ伏し、尻だけを突き上げていた。

もう何度も達してしまったのだろう、アサミの反応は鈍くなっていた。すると男が「イキそうだイキそうだイキそうだ!」と言った。その瞬間、アサミはガバッと起きあがると、体を反転させて男のチンコに食らいついた。

男は、ゴムを投げ捨てた。「んなあっ!」と言いながら男は口内に出した…と思いきや、途中でチンコが引き抜かれ、アサミの顔に精子が降りかかった。後ろからなのでよく見えないが、おそらくそうなのだろう。

「ああ…口内&顔射達成ってか…」と男は満足そうにアサミの顔を眺めている。アサミは、出されたばかりのチンコをフェラして綺麗にしているようだ。男は綺麗になったチンコを引き抜き、アサミの顔にかかった精子をチンコでなすりつけている。

そしてまたアサミの口にチンコを運び、アサミはそれを綺麗にする。こいつらは何回セックスしたんだろう?よっぽど回数を重ねていなければ、こんなことはしないだろう。いったいいつから?何回?どうして俺と付き合っている?俺と付き合う前からなのか?後なのか?昨日は?一昨日は?そんな思いに取り憑かれながら、俺は3回目の精を放った。

そして、静かにその場を去った。外に出ると、今見た物がまるで嘘のように静かだった。夜の闇が全てを覆って、全てのものが「何も見ていない」と言っているようだった。

でも、確かにアサミは他の男に抱かれて、しかも俺とのセックスよりも満足しているのだった。離れたところから見ていると、アサミが先に出てきてシャワー室の方に向かった。ヒロという男もしばらくしてから出てきて、シャワー室に向かった。

シャワーを浴びたアサミが、水泳部の部屋に戻ったのは、いつも俺がアサミを訪ねる時間の5分前だった。俺はしばらく迷ったが、意を決してアサミのところへ行った。俺を見たアサミは、かわいらしく微笑んで「えへへ、先輩、今日も来てくれたんだ。嬉しいな」と言って出てきた。

…女って怖い。まだたった16なのに。それともアサミが特別なのか。

今思うと、きっと特別だったんだろう。アサミとヒロという男のセックスも、今見ればもっと稚拙だったのだろう。でも、そのときはとんでもないものに見えていた。

さっきのアサミと今のアサミ、そのギャップに俺は打ちのめされていた。「どうしたの先輩?疲れてます?」と尋ねるアサミの言葉を、頭の中で「疲れる→突かれる→突かれるアサミ」と連想してしまい、慌てて頭を現実に引き戻そうとした。コンビニまで行ってジュースを買い、夜の道を歩いて笑うアサミ。

やっぱり魅力的な子だと思う。でも、俺は笑えなかった。顔は笑おうとしていたかもしれないが、引きつっていただろう。

アサミはそれを見逃さなかった。「先輩、今日は変ですよ?ずっと黙ってるし、何か緊張してるみたいだし」「そんなことないよ…」「そんなことありますー。じゃあさっき私、何て言いましたか?」「え…あ…ジュースうまいね、って…?」「ちがいますー!ほらやっぱり聞いてないじゃん!あー愛されてない、愛されてないなぁー!」こっちの気を引こうとするアサミの態度はかわいい。

色っぽい見た目の子が、そういうかわいいことをするのだから余計にかわいい。でも、どうしろと?お前さっきまで抱かれてたじゃん!精子かけられてたじゃん!俺は何も言えなかった。「ふっふーん。私、わかっちゃったかなー。先輩の考えてること」アサミが得意気な顔でそう言った。

「じゃ、あっち行きましょう」と言って、俺の手を引いて公園に連れ込んだ。明かりの届かない隅に行くと、アサミは俺の腕の中に割り込んできた。いい匂いがする。

「先輩ってばエッチですねー。さっきっからそういうことばっかり考えてたんでしょー?」そう言って上目遣いで俺を見上げるアサミは、とても綺麗に見えた。その推測は確かに正解だし、お前のことを考えていたわけだけど、相手が俺じゃないんだよ…そんなことを言えるはずもなく、俺はそのままアサミにキスされていた。歯磨き粉だかマウスウォッシュだかの味がする。

さっきのジュースの味もする。でも、この口はさっきまで男に好き放題されていて、精子まで吐き出されてしまっていたのだ。そう思うと、キスなんかしたくないような気もしたが、「汚されたアサミ」という変な快感が沸き上がり、俺はアサミの唇を貪った。

「んんん…先輩…私やっぱり正解でしたね?今日は激しいんですね…」と、アサミが恥ずかしそうにしている。「先輩がすごいんで、ちょっとびっくりしちゃいました…」という目は潤んでいるような気がした。「やりてえ」その目を見ていると、俺はもう我慢できなかった。

「え?」アサミは目が点になっている。「アサミの中にチンコ入れてえ」もうかまわない。いつもと違う言葉を使った。

「え?え?せ、先輩どうしたの?」突然の俺の変化に、アサミは焦りだした。「いいから来いよ。俺もう我慢できねえ」そう言って、今度は俺がアサミの手を引いた。公園のトイレにアサミを連れ込むと、一気にジャージとパンツを引き下ろした。

「え!先輩!ダメダメダメ!今日はダメだよう!」と言って抵抗するアサミを無視して、指を入れる。さっきのキスでまた濡れたアサミは、指の侵入をくい止められない。いつもよりさらに緩くなったマンコをかき回すと、すぐにグジュグジュという音がし始めた。

アサミに後ろを向かせると、そのまま立ちバックで生で突き入れた。緩い…あの大きなものに拡げられたアサミの膣は、締め付けが弱い感じがした。激しく突きながら、「しょうがねえよな…あんなの入れられちゃ」と思っていた。

このとき、無性にアサミのマンコを舐めたくなった。散々突きまくられたマンコを味わいたくなったのだ。アサミから引き抜くと、俺はしゃがんで股間に顔を埋めた。

中まできちんと洗ったのだろう。マンコは綺麗だった。それでも若干ゴムの匂いが残っているような気がした。

それを嗅ぎ取った俺はさらに興奮が高まり、いつもとは比べ物にならない勢いでアサミを舐め回し、初めて舌でイカせてしまうことになった。「先輩…今日どうしたんですか…おかしいですよ…」「お前のせいだ」俺はついに踏み込んでしまった。「私…がどうかしたんですか」アサミの顔色がちょっとだけ変わった気がした。

俺はアサミに挿入すると、耳元でこう囁いた。「お前がされるの、さっき見た」アサミはまさに愕然とした表情でこっちを見た。俺は無表情のまま、アサミの奥の奥まで腰を進めた。

アサミは何も言わない。俺も何も言わない。ただ、体だけがつながっている。

でも、心はもう離れている。沈黙を破ったのは俺だった。「口でしてくれ」アサミは、自分の愛液で濡れたチンコを、嫌がりもせずにくわえてくれた。

「出すから飲めよ」俺は無表情のままそう言った。激しくされなくても、すぐに出てしまった。アサミはそのまま飲み干した。

アサミの両頬を掴み、顔を上げさせた。「お前の顔とマンコは失いたくない」俺は何を言ってるのだろう?「でも俺は多分、お前のこと許せない」全くわけがわからない。「私が好きなのは先輩ですよ…」アサミは涙ぐんでいる。

だが、俺は冷たく言い放った。「でもさっきしてただろ」「…もうしません」アサミの言葉には感情がこもっていた。少なくともそう聞こえた。

だが、俺は自分でも不思議なほど冷たい男になっていた。「でも許せないよ」「…どうしたらいいですか」アサミはとにかく困っている。「俺はお前とセックスする。でもお前はもう他の男とはするな」理不尽すぎる。

自分で言っていてもそう思った。でも、抑えることはできなかった。心配そうにこっちを見ていたアサミが、「…じゃあ、まだ付き合ってくれるんですか」と尋ねるが、俺は身勝手な答えを繰り返した。

「もう彼女じゃない。でも体は俺のものだ」「…そんなの勝手です」「じゃあさっきセックスしてたの誰だよ。お前だろ。お前は俺を裏切ったんだろ。償えよ」「…わかりました。でも、でも!」「でも何だよ」「私は、先輩の彼女だって思ってます」「…好きにしろよ」変態のくせに傲慢。あのときの自分はどうかしていた。

何でアサミがあそこまで自分に固執したのかわからない。この後、アサミをたびたび呼びだしては抱いていた。求められるたびに嬉しそうにやって来るアサミを見ていると良心の呵責に耐えられなくなり、すぐに関係の終了を言い渡したが、その後に誘惑され、またあっさりと抱いてしまうことがしょっちゅうだった。

ヒロというあの男は、水泳部の3年生だった。あの後もアサミと関係があったかどうかは知らない。アサミは否定しているし、校内で俺を見ると常にガンを飛ばしまくりの男だったので、もしかしたら本当に何もなかったのかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。