かわいい保母さんを必死に口説いてしたエッチが最高

大体5年前ぐらいまで遡る事になるのかな?某保育園の保母さんとの出来事。そこで二日に一度ぐらい顔を合わせる子が居た。(以後Jちゃんね)Jちゃんは童顔でぱっちり二重の可愛い顔で、声も声優のように可愛く活発で、初めから好印象やったのを覚えてる。

その時Jちゃんは20歳ぐらいかな?送迎に来るお父さん方のアイドル的存在でした。毎日朝か晩に僅か2,3分程度Jちゃんと他愛のない話をするだけやったけど、それが何となく楽しみで、以後数年間は通勤前か帰宅前のちょっとした楽しみになっていた。何年か通ったある日からJちゃんを見かけなくなり、別の人に「Jちゃんどこ行ったん??」って聞いたら「隣の棟に居ますよ」と言われ、帰りにちょっと見に行ったら確かに居た。

けど、少し離れてしまったので喋る事もままならない状態になってしまい、寂しかった記憶があります。でも、窓から俺の事に気が付いてくれると両手で手を大きく振って可愛い笑顔を見せてくれて、それだけでめっちゃ萌えてました(笑)しばらくそんな状態が続いて地味に通うだけの月日が続きました。ある日こっち側に帰ってきてたのかJちゃんが居た時があり、その時は結構喋っていつもの萌えを味わってる俺やったけど、『前は近かったからええけど、もしまた今度どっか飛ばされよったら二度と顔見れんようになるんちゃうか!?』という考えがよぎり、何を血迷ったのか俺はいきなりメアドを聞いてしまうという暴挙に出てしまいました。

(ちょっといきなりすぎてJちゃん引いたかな!?)と心の中で瞬時にそういう気持ちが電気信号のように走ったけど、Jちゃんは「あ、いいですよ」とあっさりメアドを教えてくれた。しかしメアドが結構長かったので覚えられず、「Jちゃん●●●のブログやってない?」と聞いたら「あまりやってないけど、アカウントはありますよ」と言って、キーワードを教えてもらい、ウキウキ気分で家に帰って早速ブログを調べたら有りました。すぐさま恐ろしい早さのブラインドタッチで俺のメアドを送信しました。

Jちゃんはまだ仕事中やったので、そんなにすぐには返事かえってこんやろと思い、ドキドキしながら待っていたら、送信して約2時間ぐらいしてからメールが入りました♪(おお!!Jちゃんからホンマにメール来たーーーーーーーーー!!!)そこで寝ころんでいた状態から足の反動で三点倒立になり、さらに足の反動で倒立からジョーダンに持っていくという異常というか、いかにもブレイクダンスをやっている人のような喜び方を体で表現できた記憶がある(笑)

メアドを得てからというもの、俺は粗相のないように言葉を選びながら他愛のないメールを送るというハッピーな日が3日ぐらい続いてた。メールが待ち遠しく、Jちゃんが友達とアイスを食べているというプライベートな写メも届き(その写メはまだ残ってる)始め、萌えは加速し、いけないと分かっていても好意を持つようになり、こうなると今度はプライベートでも一度会ってみたくなるのが男の心理ですよね?いつもの場所で会うのはもちろん楽しいけど、職場ゆえ上司等の障害物が多い為、やはりプライベードで会ってみたいし私服も見てみたいという欲望が後押しし、『Jちゃんの家の近くのセブンイレブンで会いたい!!』とメールで告げると『いいですよ』と割とすんなり会っていただける事になった。俺の気分は最高潮で、もしドラゴンボールの世界観なら間違いなく俺の全身から金のオーラが出ている状態になっていたのが分かってもらえるであろうか。

早朝歯を丁寧に磨き、ほんのり微かにいつものニコスを吹き、ドキドキしながら待ち合わせ場所に行く・・・・。まだ来ていないようで、ちょっとコンビニにバラの香りのガムを買いに行く。少しすると小走りで走ってくるJちゃんの姿が見えた!!プライベートで会うのは初めてだったが、今日は化粧を少ししているようでめっちゃ可愛くって私服もセンス良く、俺のオーラが激しさを増しているのが分かった。

プライベートで会ったからといっても、いつもの話を車の陰で喋っているだけやけど、それでもいつものシチュエーションと全然違うので心臓はハーレーダビッドソンの鼓動のようにドッドッドッとパンチが強く、他愛のない会話の最中でもJちゃんをマジマジと見ている俺・・・・・。細い体のラインに幼い顔、奇麗な二重、カラーをしたのか髪の毛は綺麗で髪型も可愛く、自然に髪の毛をさわさわと触っていました。大好きなJちゃんの髪にさわさわと触っていると愛おしくなってきます。

突然俺は「キスしたい」と言ったが、「ダメです」と即お断り。プライベートで初めて会った日やから至極当然ですね(^^;)その日は仕事なんで名残惜しく帰る事に・・・・・んで次の日も会い、ちょっと話して帰り際、「キスしたい」「ダメです」もちろん断られます(愚)んで、次の日は確か夕方に仕事帰りのJちゃんと本屋で待ち合わせ、本屋の駐車場で今日の出来事を聞きながらJちゃんの可愛い顔をマジマジと見ていると、やはり「ちゅー」したくなる愚か者の俺でして「キスしたい」「ダメです!!」と当たり前のように断られる・・・・・が、俺はJちゃんの後頭部を両手でガッシリ押さえて大好きなJちゃんと初めてのチュー・・・・・5秒ぐらいやったかな?特に抵抗はされませんでしたが、俺は何故か胸も揉んでいたような記憶があります。夕日に照らされたJちゃんは顔がほんのり赤くなって「恥ずかしい・・・・」と一言・・・・。

(か・・・可愛すぎるぜ!!)堪らなく抱き締めましたが、夕方用事があったので泣く泣く帰る事に・・・次の日はJちゃん早番やったので俺の店の近くのセブンイレブンで、出勤前にちょっとだけ会い、帰り際「キスしたい」「ダメです!!」でも抱き寄せてちゅーしてしまいます。夕方も会い、だんだんキスもディープになってきていたような記憶が有ります。そうなってくると、やはり大好きなJちゃんとキスだけでは抑えが利かなくなってくるのは明白です。

キスしている最中、俺の両足の付け根に付いている物体は普段の姿とは全くの別物に豹変し、攻撃態勢に入ってる訳です。しかし、さすがにまだキスして3回目ぐらいです。この気分を味わっておきたいのもありまして、その場は何も言わずに帰宅。

そんな日々が続くも、Jちゃんとはなかなか休みが合わないので一緒に遊びにも行けず、1人悶々と過ごしてました。しかしある日、奇跡的にJちゃんと休みが重なり、俺はJちゃんにメールして昼からちょっとドライブって事になって気分は高揚しまくり。でもハッキリ言ってもう俺の理性の限界でもありまして・・・・ねぇ・・・・。

んで、Jちゃんを迎えに近所のセブンイレブンで待ち合わせてJちゃんを車に乗せ、宛てもなく出発。Jちゃんの家から琵琶湖方面に向かうとエッチなホテルが有りまして、「ここ入ろっか♪」「ダメです!!」当然ですよね・・・・んでエッチなホテル街を進むと湖岸道路に出れまして、右折すると琵琶湖大橋方面に向かう事ができます。初めて訪れたなら綺麗な琵琶湖の絶景ですけど、近所なんでお互いこんな景色は見慣れてます。

琵琶湖大橋方面に進むとまたもエッチなホテル街が有りまして、俺はそこで右折します。Jちゃんは「あれ?あれ!?」「こんなとこ行きません!!」と言われますが、某ラブホの駐車場に車を止めてJちゃんに「行こっ」と言いますが「ダメです」と車から降りてもらえません・・・・これを何分も繰り返しました・・・・俺は「何もしないから」と言うと、「ホントにこんなとこに入るの??」と言いましたが、渋々付いてきてくれました。ラブホの入口を入ると空いてる部屋を選ぶスイッチを適当に押し、ランプの点いた方向へ向かいます。

大好きなJちゃんとこんなとこに来ている興奮で、もうこの時点で俺のちんぽはカチカチで、先っぽからは透明な液体でドロドロです。エレベーターで部屋を目指してる時も、Jちゃんは無言です。(ドライブにいけると思ってたのにラブホに連れてこられて何だか可哀相やったと思ったりもしましたが・・・)部屋に入ってみると、赤が主体の部屋に造花のツルがジャングルのようになってる部屋。

まぁどこにでもあるような派手なラブホって感じかな?取りあえず俺は興奮で喉が渇いてたので、Jちゃんと一緒にドリンクを頼みました。Jちゃんは俺とちょっと距離を取っていましたが、そんなとこも可愛くって仕方なかったなぁ・・・・。テレビを点けたら何故かサザンオールスターズのライブが延々と流れてましたが、そんなもん見てる訳ありません。

俺はベッドに寝転がり、有線放送とか弄くってたらドリンクが届いたので、Jちゃんの横でドリンク飲み干してJちゃんにキスしました。Jちゃんは「ホントに・・・するの?」と聞いてた記憶がありますが、この言葉で俺は異常に興奮し、Jちゃんをお姫様抱っこでベッドに運んでディープなキス。ベッドの布団を捲り、Jちゃんと布団に入って俺はズボンを脱ぎ始めます。

パンツはちんぽの激しい勃起でテントを張ってまして、Jちゃんは「え!?え!?」と慌ててますが、もう俺は抑えはききません。Jちゃんと再びディープキスしてオッパイを触ります。本当に綺麗な顔と体で、堪らん俺はJちゃんのジーンズを脱がし始めます。

Jちゃんは俺にジーンズを脱がされてパンツにTシャツ一枚の姿になり、布団を被ってしまいました。俺はもうパンツなんか穿いてられないのでパンツを脱ぎ捨てると、Jちゃんが「ホント・・に・・しちゃうの?」とまたも上目遣いしてくる姿がエロかったです。俺は大きく頷きJちゃんのオ●ンコをパンツの上から触りました。

Jちゃんのオ●ンコを触ってみてビックリ!!オ●ンコが物凄く濡れていてパンツがボトボト、俺はもう堪らずパンツの横から指で入口を触ってみました。潤滑が凄くってニュルンと指がすんなり入り、ニュポニュポ指を動かす度にJちゃんが物凄くエッチな声を出します。「ア・・・!!はぁ・・あぁぁ!!」こんな声を出されたら堪ったもんじゃないです。

俺はベッドの上にあるゴムをキスしながら取り、右手でゴムの先をひねって片手でちんぽにゴム装着。左手でオ●ンコをクチュクチュと弄りながら装着完了し、いよいよです。Jちゃんは再びというか、三度「ホントに入れちゃうの・・?」と聞いてきましたが、無視して俺はちんぽでJちゃんのオ●ンコの入口をクチャクチャ掻き回し腰を入れていきます。

俺のちんぽがJちゃんのオ●ンコにニュルニュルと吸い込まれていくと同時に、Jちゃんから凄いエッチな悲鳴が上がります。「あッ!!あああぁッ!!」俺のちんぽがJちゃんの奥まで入って行って気がつきましたが、Jちゃんのオ●ンコはちんぽ全体を満遍なく刺激出来る稀な名器だったようで、俺はあまりの快楽に一瞬で果てそうになりましたが、腰を振らずにほんの数秒だけ耐える事に・・・。ひと突きの差で男は射精してしまうので、この数秒のストップでなんとか難を逃れました。

しかし、Jちゃんの色っぽさを見ていると突きたくなる衝動でいっぱいになり、ズンズンゆっくり加速していきます。大好きなJちゃんが俺のちんぽで凄く喘いでいる・・・堪らなく愛おしくって、ディープキスをしながらも俺のちんぽでJちゃんのオ●ンコをえぐりまくります。思い返せば、こんな理想の子とここまでの事になるとは思ってなかったので物凄く幸せで、無我夢中でJちゃんとセックスしました。

(想像ではよくお世話になってましたが)Jちゃんの喘ぎ声とオ●ンコの潤滑で、15分ぐらいで射精感が襲ってきて我慢できずに俺は射精を開始しました。ビューー!ビューーーー!!ビュー!ビュ!!ビュ!!ビュ!!・・・・と物凄い量の精液を放出。あまりの快楽にしばらく動く事も出来ず、ちんぽをJちゃんのオ●ンコから抜く事すらできませんでした。

何とか抜いてゴムを外すと、ゴムの精溜まりにはやはり凄い量の精子が出たようでタプタプしていました。ホントはこの精液をJちゃんのオ●ンコに全部出したかったけど、そういう無責任な事はできませんからね(^^;)セックスが終わると、Jちゃんは万遍の笑みで何百回もキスしてくれました。これは凄く嬉しかった。

何度キスをして抱き合ったか覚えてませんが、何度もキスをしていると、またちんぽがムクムクとセックスを求める形へと豹変してきまして、Jちゃんの太ももに俺のちんぽが当たった時、Jちゃんが俺のちんぽを握ってシコシコとしごいてくれました(^^)これにはまたまた堪らなくなり、2度目のセックスに突入で、俺のちんぽがJちゃんのオ●ンコにまたまた進入!!一度目で大量に射精しているので、ニ度目はだいたい長丁場になります。俺は大好きな相手の顔が見えないと絶対に嫌なので、正常位が一番好きでしてセックスしている最中ず~っとJちゃんの顔を見ていました。ホントになんて可愛い子なんやろ・・・・声は声優みたいにエロくって(表現が下手で書けない)突く度にイヤラしい声が上がるので2度目と言えども気を抜くと瞬殺されかねず、あまり早く腰を振らないように調節しながらJちゃんとのセックスを味わってました。

しかし2度目もJちゃんの顔をずっと見ながら突いていたら30分ぐらいで射精感が襲ってきて、そのままJちゃんのお●んこからちんぽを抜き、Jちゃんのオ●ンコにぶっかけました。俺のちんぽとJちゃんのオ●ンコにイヤラシイ糸が引いてました。2度目のセックスが終わってからも抱き合ってキスしてましたが、そろそろ時間だったので渋々帰る事に・・・・・。

車に乗るまでの間は手を繋ぎ、車の中でもキスしながら帰路につきましたが、Jちゃんの家に近づくにつれてまた勃起してきて、3度目を求めていたのにはJちゃんもビックリしてました。後日談もありますけど、また気が向いたら書いてみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。