ドMな熟女を責め続けてますw

ぴゅあらば

郊外の大型スーパーの駐車場で待ち合わせ。

目がブライトさんの大空真弓といったとこでしょうか(以下、ミライさん)。

ミライさんの方が周辺に詳しいので彼女の車に乗り込み、
「どうします?ラブホ?」と切り出したら、

「そんな爽やかな顔して、いきなり『ラブホ行きますか?』はないでしょーwww」

と爆笑されたものの、オッケーを頂いたので向かうことに。

結論から言うと、セックス自体は普通でした。

責め続けると「許してぇぇ」「ごめんなさいぃぃ」って言うのに萌え。

あと潮吹くときに「でちゃうぅぅぅ」ってのも新鮮でした。エロゲみたいな人だ。

ミライさんは結構気に入ってくれたようで、そのあといろいろおしゃべりしました。

「別れた旦那のと比べると全然大きいねー」
「それはその人が小さすぎるのでは…」

とかミライさんの過去の男性遍歴とか、過去に会ったメル友の話とか。

さらに、お互い同じ出版社の雑誌(マニア倶楽部とタブー)のファンだということが判明。

その話で一通り盛り上がる。

「でもSMの経験ないんですか?」
「実はないのよー」

「じゃあ次回は道具持ってきますねー」で解散しました。

後日談としては、縛って叩いてみたり、アナル開発したり、×字枷に拘束+電マ固定で放置してみたり、イラマチオを仕込んでみたり、

ローター入れて散歩に行ってみたり(ミライさんが振動に弱すぎて10歩も歩けなかったため直ぐに終わりましたが)、

野外セックスやカーセックスしたり、と色々やりました。

クリトリスに振動系アイテムをあてると一緒に振動するのが面白かったです。

ローターあてたままフェラさせると舌が震えて便利ですね。

と、まあちょこちょこ楽しんできたわけですが、最近は都合がつかず全然会っていません。

そろそろ縁も切れるかも、といった感じです。

マンネリになってきたのも原因のひとつかもしれません。

小学生の娘さんにスタイルで負けたという話を俺にされても困ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。