Gカップ爆乳な友人の妹とのやっとエッチまでこぎつけた!

高校時代の話。俺とF君はパソコン同好会に入っていた。同好会はF君が作った。
一応、二人でも顧問さえいれば同好会にできるということだったので、F君が先生に頼み込んだという経緯だった。
 
俺は高校当時はそこまでパソコンに詳しくなかったけど、F君とは仲が良かったので、そこそこパソコン同好会というものを楽しんでいた。

高校2年になった時、高校1年生の新入部員でNという女の子がこの同好会に入ってきた。
彼女は爆乳と呼ぶに相応しいスタイルだった。
Nは女の子なのに、なぜ部員が二人しかいない、しかもパソコン同好会に来たのかといえば、F君の妹だったからだった。

Nの興味がある部活が特に無かったこともあり、F君が勧誘した形だった。
俺がNを初めて見た時は、とにかくおっぱい大きいが第一印象だった。
また、おっぱい以外の特徴として、肌がやたらと白いというものがあった。

おっぱいの大きさだが、Nは高校1年生の時はFカップだったが、俺が卒業する頃にはGカップまで成長していた。とはいえ、Nはただ形だけの部員であまり顔を出さなかった。
学校でも学年が違うためにそこまで見かける機会もなかった。だから、たまに同好会に来た時などは、それだけで嬉しかった。

Nはいつも、制服を第二ボタンまで外していて、真っ白な肌が見えていた。
鎖骨が妙に艶めかしかった。そして、たまにF君が操作しているパソコンの後ろから、覗き込むように体を屈める。Nが体を屈めると、ブラジャーがチラリとだけ見えた。

制服の場合は谷間までは見えなかったが、おっぱいが見えそうで見えないくらいに肌は見える。
そういった部分を覗けるというだけでも、高校生だった俺は興奮していた。
ある時には、俺の後ろに来て「いつも何してるの?」と言いながら両手で肩を持って話しかけてきたことがあった。その時には頭やら肩やらに、Fカップの柔らかい感触が伝わってきて、まさにむぎゅうという感じだった。

Nが入って来てからは、かなりおかずが増えた。その中でも、F君が普通に妹のおっぱいを冗談で触ったりする、そういう仲の良い関係だったことが、おかずが増えた最たる原因だったかもしれない。

F君とNは、仲の良い兄弟だった。F君は、ふざけてNのおっぱいを揉むことがよくあった。兄妹とはいえ、とても羨ましい光景だった。堂々と鷲掴みにするから、一瞬、Nのおっぱいの形が変わるのがわかった。
Nは「こら、セクハラ」と笑いながらF君を叩いたりするが、別に怒ったりはしなかった。
Nが居ないとき、なぜ妹のおっぱいを揉むのかと聞くと「気持ちが良いから」と答えていた。
「あぁ、でも巨乳は好きじゃない。○○は巨乳好きなのか?」
「まぁ、好きかな。というか、やっぱり揉んだら気持ち良いんだ」
「うん。Nのはでかいからな~。かなり柔らかいよ」
俺はそれを聞いて、羨ましさと興奮が入り交じった感情を覚えた。

「多分、○○なら頼んだら揉ましてくれるんじゃないかな」と笑いながら言うF君。
俺はそんなわけないだろと答えたが、もしかしたらという期待も、少し持った。
頼んで揉ませてもらえるなら、それはもう揉みまくりたいと思った。
それから何日か経った後、Nが同好会へ来た。

俺はもうNのおっぱいの話を、F君とはしていなかったが、F君はNに対して唐突に「N、○○におっぱい揉ましてあげて」と言い出した。「はぁ?」とN。俺もいきなりのF君の発言に「えっ」となった。

「いや、○○は巨乳好きだから」
「いやいや、別に揉みたいとかそういうの思ってないから」俺は恥ずかしくなって言い訳した。
「○○先輩おっぱい好きなんですか?」とN。
「いや、えーっと、好きか嫌いかで言ったら好きだけど」俺はしどろもどろになっていた。
「私のおっぱいはどうですか?」とN。
この言い方には、かなりドキッとした。
「いつもFにぃから、おっぱいはみんな意外と好きじゃない。おまえたぶん興味で見られてるだけでモテないよって言われるんですよ~」とNは言った。
F君は、自分が巨乳好きじゃないからそう思ってるだけだと思う、男は全員興味津々とは言えなかった。

俺はこんな話をしているものだから、ついついNの顔からおっぱいへと目線を下げた。
胸の部分だけに何かボールが入っていそうなほどボリュームがある。
おまけに、ブラジャーの柄が透けていた。
「あ、胸見てる」とNに言われて、ごめんと謝りながら、慌てて視線を逸らす。
「まあ、なんか見られるのは嫌だけど、慣れてる部分もありますね」
「そうなの?」
「おっさんとか普通にじーっと見てくるから」
「大変だね」今まさに俺がしていたことだったが、おっさんの気持ちもわかるというものだ。
「あ、肩こってるから、マッサージしてくれたらおっぱい触ってもいいですよ」とNは無邪気に言った。
「え?」と俺はびっくりして、なぜかF君の方を見た。
F君は、すでにこの話に興味が無いらしく、特に気にもせずパソコンをいじっていた。

とりあえず、俺は座っているNの後ろに回り込んだ。
大体、おっぱいを触らせてくれるって、いや、触らせてくれるんだから何も考えずにとりあえず肩を揉めばいい、いや、そんなのはただの変態だろうとか、頭の中で色々な考えがぐるぐるした。
「こってるからねぇ。強めにね」とのんきに言っているN。
Nにさらに近付いた。
髪の毛の匂いなのか、女の子の匂いなのかよくわからないが、とにかく良い匂いがして、頭がふわっとする感覚になる。
親父の肩なら揉んだことがあるが、女の子の肩なんて母親のすら揉んだことは無かった。
だから、やたらと緊張して、手に汗をかいている感覚があった。

Nの肩を揉み始めた。
Nの顔が見えないことが逆に緊張した。
こってると言っているが、親父より全然柔らかい感触だった。
「あぁ、気持ちいいな~」とN。
黙って揉み続ける俺。Nのいい匂いと、髪の毛の隙間から見える白い肌をじっと見ていた。
細かく場所を変えながらしばらく肩を揉んでいたら少しだけ慣れてきたので、周りが見えてきた。
少し背筋を伸ばして前を覗き込む。
服が一部分だけパンっと張り出していて、とにかく大きい。
揉んでいいと言われたことを思い出して、少し勃起した。

もう肩をマッサージする部分が無かったので、ぱっと手を放した。
「終わり?あ~ありがと」と首を回しながら、こちらを向いた。
何か緊張が高まっていた。
「じゃあ、おっぱい触ってもいいよ」と再び俺に対して背を向けた。
さらに緊張した。しかも触ってもないのに結構勃起度も高い。
そこから、しばらくNの後ろ姿を眺めていた。
「どうしたの?」とN。
「や、やっぱりいいや」と俺は答えてしまった。
なんでこう答えのかはよくわからないが、多分単純にびびったんだろうと思う。

「なーんだ、やっぱり興味ないのか」とN。
「あ、いや、興味とかそういうのではなくて、なんかダメかなって。そういうことするのは」
と、俺はよくわからない言い訳をした。
結局その日は特に何も無かった。

次にNのおっぱいに接近?したのは夏休みになってからだった。
俺はF君の家に、高校2年になって初めて行くことになった。
その時に初めて、私服のNを見る事ができた。
F君の家に行くと、Nが出迎えてくれた。
ぴっちりしたタンクトップに、生足丸出しのデニムのショートパンツ。
制服しか見た事がなかったので、妙に興奮した。

高2の夏休みからは結構F君の家に遊びに行くようになった。
特にその年の夏休みは、かなり入り浸っていた感じだった。
Nが遊びに行ってて居ない時とかも結構あったけど、居る時はF君の部屋で3人で話したりした。
Nは、俺が遊びに来てても、家に居てリラックスしているのか、結構年季が入ってそうなよれたシャツとかを着てる時があった。
お茶とか持ってきてくれた時に屈むと、シャツの緩くなった胸元がぱっくり開いて、おっぱいの谷間がはっきり見えたりした。

生地も古いせいかやたら薄くなってて、ブラジャーどころか肌さえはっきり透けて、目のやり場に困るくらいだった。
俺は、座椅子とかに座ってもたれてるNを横から見るのが好きだった。
おっぱいが盛り上がってるラインがよくわかるから。
Nが体を動かすと、おっぱいも一緒に小刻みに揺れるのも良かった。

ノーブラの時は、本当にドキドキした。
胸元に小さなロゴがあるだけの白いTシャツ着ていた時だった。
その日、俺はF君の部屋で、F君と話しながら漫画を読んでいた。
そこにNが来て、座椅子に座っていた俺の正面に立った。
「何読んでるの?」と言いながら、立った状態からぐっと覗き込むようにして屈んだ。
「ん?」と俺は無意識で顔を上げた。
見えたのは、いつも以上に真っ白な谷間だった。

屈むことで、シャツの生地と体が離れて、中身が丸見え状態だった。
これは何度か見させてもらっている。
でも、いつもと違ったのは、おっぱいも離れていたことだった。
Nはブラをつけていなかった。先っぽまでは見えないが、大きな山が二つぶら下がっているのは、はっきりと目に焼き付いた。

一瞬頭が真っ白になった後、緊張感と興奮が入り交じる感じになった。
「それ面白い?」とNが聞いてきた間、俺は何か適当なことを言いながらおっぱいを見ていた。
Nの呼吸に合わせて、先以外がほとんど見えているおっぱいが少し動いていた。
Nは、その後もう一つの座椅子に座って違う漫画を読み始めたけど、俺の勃起は収まらなかった。

俺から見て、Nは真横になって座っている形だった。
Nは、あぐらに近い体勢で、足下に漫画を置いていた。
脇をやや締めているものだから、おっぱいが絞り出されたように前に出ていた。
しかもノーブラだ。
じっくりは見れないけど、突き出たおっぱいの先の方に集中すると、少しだけ小さな膨らみがある、ように見える。
ノーブラは間違いないから、チラチラと何度も見てしまうが、ずっとは見れないため、少し確信が薄れてしまう。

俺が読んでいた漫画は、ほとんどページが進んでいなかった。
10分かそこらで、Nは1冊読み終わってしまって、座椅子から立った。
俺は見ているのがばれたのかと一瞬思って、目を逸らした。
Nは、漫画を下に置いて、俺の方を向いた。
う~ん、と唸りながら、両手を天井に伸ばす。胸も張っているためか、より前に突き出ていた。
やっぱりおっぱいが大きいから、肩がすぐ凝るんだろうか、と思った。

俺はNを見ていたことがなんとなく気まずくなってしまい、同じように立って、伸びをした。
Nは「そうそう、体動かしておかないと、なまるよ~」と言って笑う。
Nは、伸びを終え、肩幅に足を広げた。
そして、後ろに大きく体を反らした。
正面からだと顔は見えないが、おっぱいだけはこんもりと盛り上がっているのが見えた。
ぐっぐっという感じで腰に当てていた手を、今度は床に降ろす。体も前に傾いた。
俺はまだ腕を真上に伸ばしたり、回したりしながらNを見ていた。

Nは、前屈みになって両腕を何度も床につけようと、勢いをつける。
その度に、胸元が丸見えで、反動もつけるものだから、前屈みになる度にぶるんぶるん揺れていた。
俺はそれが見たくて、ずっと腕を回したりしたままだった。
Nがその体操も終えると、今度は俺と同じように腕を回しはじめた。
今度は両腕を真横に伸ばしていた。
俺はNの顔に視線を合わせていたものの、おっぱいが間近突き出ていることがなんとなく感じ取れた。
その時、パソコンをいじっていたF君がいつの間にか、Nの後ろに来ていた。

なぜか忍び足のような感じのF君。
多分、Nをくすぐるか、驚かすかする気なんだろうと思って、俺は黙っていた。
もしかしたら、胸を鷲掴みにするかもしれない、という期待もあった。
F君がNのほぼ真後ろに来ると、腰の辺りにそっと両手を伸ばす。
次の瞬間、F君は、Nのシャツを首元まで一気に捲り上げた。
Nのおっぱいが、跳ねるように俺の目の前に飛び出した。

シャツを勢いよく捲るものだから、おっぱいが引っ掛かってしまい、シャツに乗るような形になって上を向いた。
そして、首元まで上げると、今度は弾けるようにシャツから離れた。
まさにぶるるんっといわんばかりの一連の動作だった。
Nの両手は、真横に伸ばしている状態だった為、完全にさらけ出してしまった形だった。
もう俺は、Nのことは全く気にせずにおっぱいを直視していた。
肌よりもう1段階白くて、めちゃくちゃ柔らかそうで、そして、やっぱりノーブラだったんだと冷静に考えた部分もあった。

そんなこともほんの1、2秒で、Nはすぐに「うわっちょっ」とかなり焦りながらシャツを戻す。
すぐに後ろを向いて「ちょっ、Fにい何するの!」とさすがにちょっと怒っている。
「いや、○○が喜ぶかなと思って」と、俺を見て笑うF君。
喜びというか興奮だったけど、嬉しいことは確かだった。
「どうせ、いつも風呂上がりはおっぱい丸出しだし」とF君は付け加える。
それは初耳だった。Nは風呂から上がると、おっぱい丸出しで歩いているのか・・・
F君はなんと羨ましい家に住んでいるのだろうかと、この時ほど他人を羨ましがった瞬間は無いような気がする。

「Fにいのせいで見られたじゃん!」とまたもF君を叩くN。
「いいじゃん、まぁ、なんだ、アイスでも買ってやるから」
「子供じゃないんだから・・・あ、でも買ってきて」
「暑いしな・・・まぁお詫びに俺が行ってやろう。○○は何が良い?」
Nを見ると、もう別にそこまで怒っていないようだった。
俺は任せると答えて、Nはチョコレート系と言った。
F君はすぐに帰ってくる、と言って一旦部屋を出て行った。

F君の家の近くにはコンビニがあって、アイスを買っても3分くらいで戻ってこれる距離だった。
F君が扉を閉めた後、一瞬静かになってしまったので、さっきのこともあって俺は少し気まずくなってしまった。

Nも気まずかったのか、トイレに行ってくると言って部屋から出て行った。
俺は少し安心して、読んでいるフリをしていた漫画を読んで待っていた。
1,2分後、F君が帰ってきたようで、玄関の扉が開く音がした。
Nもトイレから戻ってきて、二人で部屋に入ってきた。
F君はアイスとジュース、お菓子が入ったコンビニの袋を持っていた。
Nは、部屋の扉近くにあった座椅子に座った。
Nの後ろに居たF君が、袋をガサガサしてジャイアントコーンとサクレレモンを取り出した。

次の瞬間、F君は「ほら、アイス」と言って、素早くNの胸元にサクレレモンを入れた。
Nは冷たっ!!と言いながらびっくりしていた。
「もう!」と言いながらも、暑いからそこまでは気にしていない様子のN。
サクレレモンをシャツの中から取りだした。
「ってか、これレモンじゃん。ジャイアントコーンがいい」
「あぁ、じゃあそれ○○に渡して」
「はい」と言ってさっきまでNの中に入っていたそれを受け取った。
その時は、別にドキドキしなかった。

その後は、3人で三角の形でアイスを食べながら雑談していた。
いつも話す、学校でのことなど、どうでも良い話。
ふと、Nのおっぱいをちらりと見た。
乳首が、浮き出ていた。というか、シャツが濡れてしまっていて、肌がスケている状態になっていた。
多分、さっきF君が入れたサクレが濡れていたから、シャツも濡れてしまったんだろう。
しかし、その時はそんなこと関係が無かった。
おっぱいの先端部分が透けていて、乳輪と乳首がうっすらとシャツに張り付き、色も視認できるくらいには透けている。思わず、じっと見てしまった。

だが、さすがに言わないわけにはいかなかった。
「あ-、あの、服、濡れてるよ」と天井を見ながら俺は言った。
「え?」とシャツをお腹の辺りから両手で前に引っ張るN。
「あ、」と言って、透けていることに気付いたようだ。
「ごめん、着替えてくるね」と言って、Nは部屋から出ようとした。
「そのままでいいじゃん」とF君。
「ばか」とすぐに答えて自分の部屋へと向かった。

帰ってきたNが着ていたのは、体操服だった。
「なんで体操服なの?」と俺が聞いた。しかも、高校のやつじゃない。
「え?家で着ない?これ中学のやつだよ」
「ああ、そう・・・」と言うしかなかった。
体操服は、Nの成長したおっぱいには少し小さいのか、妙にピチピチしていて、胸の形がこんもりと浮き上がっていた。
突起部分も確認できた。どうやら、ノーブラは継続中のようだった。

その後は雑談したりゲームをしたり。
その内、Nが眠いと言い出して、自分の部屋に戻った。
その後も1時間くらいF君と話をして、そろそろ夜も遅いので、帰ろうかなと考えていた。
だが、F君が「今日、泊っていくか?」と聞いてきた。
俺の家は特に泊りなどに厳しい家庭では無かったので、連絡だけ入れて遠慮無く泊ることにした。
なんせ風呂上がりのNが(ry
まぁ、さすがに俺の前で丸出しは無いだろうが、妙な期待はしてしまう。

家に連絡を入れた後、F君が「なぁ、Nにドッキリしようぜ」と言い出した。
「え?ドッキリ?」
「寝起きだよ」
「あぁ、でも何するの」
「まぁ、とりあえず部屋いこう」
F君って、本当に妹をおもちゃとして見ているというかなんというか。
しかしNはそんなに兄を嫌っていない。
俺の兄にF君がやってきた事と同じ事をしたら、多分ぼこられて終了だろう。

F君がNの部屋を慎重に開けて中に入ると、部屋の真ん中に布団を敷いて寝ていた。
仰向けに寝ていたNは、タオルケットを蹴ったのか、ぐちゃぐちゃの状態で足下にあった。
F君が指でNの頭側にという指示を出したので、俺はそーっとNの頭側に回り込んだ。
F君はNの横にしゃがみこむように待機。
頭側から見ると、Nは寝息をすーすーと立てていて、起きる様子はとりあえずない。
おっぱいはと言えば、山のように盛り上がっている状態で、呼吸の度に大きく膨らんでいた。
俺はかなり緊張していたが、そんな中でF君は、ゆっくりとNの体操服を捲り始めた。

ゆっくりと、起きないように服を上げていく。
白いお腹が見えた。
俺は異常にドキドキしていて、思わず手で口を押さえた。
F君はそのまま、おっぱいの部分も難なく捲り上げた。
大きな山の姿が露わになる。
さっき一瞬だけ見た、肌よりさらに白い、大きな生おっぱい。乳首。乳輪。
今度は時間に余裕があった。
Nの頭側から、じっくりと観察した。これだけの時間と、近い距離で、女の子のおっぱいを見たのは初めてだった。
Nは寝ているが、おっぱいは丸出しという状況にも興奮した。
俺は完全に勃起状態だった。

俺は、これからどうするの?という感じでF君を見た。
俺は何となく、もう止めようぜ、という感じで見たつもりだった。
が、F君はそう思わなかったようだ。
Nのおっぱいに手を伸ばし、両手を使って、ゆっくりとした動作で持ち上げた。
2つの白い山が大きく崩れた。
俺は今すぐに抜きたいくらいに興奮した。頭じゃなくて股間に血が行っていると思うが、頭が熱くなる感覚があった。
F君が持っている山は、あまりにも柔らかそうに見えた。

しかし、当然といえば当然のことで、Nの目がぱちっと開いた。
「ちょっと!何してんの!」
ばっと起き上がるN。
F君はおっぱいを触ったままだった。
Nはシャツを元に戻して、F君の手からおっぱいを引き剥がすように、俺の方を向いた。
だが、F君は再び腰から手を入れて、おっぱいを揉もうとする。
「ちょっ、犯罪者」と言いながら後ろに居るF君を叩くN。
「N、○○今日泊るから」
「え?」と言って俺を見るN。
その間も、F君の手は、Nのおっぱいを揉み揉みしている状態だった。

「泊るの?」
「う、うん」と頷くだけの俺。
「んもう!Fにい」と、少し艶めかしい声でF君を制御しようとするN。
しかし、F君はいつものイタズラしている時の楽しそうな顔のまま、揉むのをやめない。

「それで、泊る記念に寝起きドッキリでもしようかなって」とF君。
「わ、わかったから」と息が少し上がりながら、なぜかNは俺を見る。
止めて欲しいのだろうか、だが、表情というか、目が少しだけいつもと違って見えた。
F君は揉むのを止めない。
既にシャツを着ていておっぱいは見えないが、F君はNのおっぱいを豪快に揉みしだいているのが、シャツ越しでもわかる。

「あっ・・・」Nが、聞こえないくらい小さな声を上げた。
感じてるのかな、とすぐに思った。
だが「ダメっ」と大きな声で言ってF君の手を叩き、F君は手を離した。
「もー!怒るよ!」とF君を叱るN。いや、よく切れないなと、ある意味感心した出来事だった。

スペックは、身長は156くらい。
顔は少しつり目で、普段はギャル一歩手前な感じの化粧してた。
胸の大きさは会った時はFで、高校卒業時にはGになったと言っていた。
おっぱいの形はお椀でぷっくりしている感じ。
乳輪は薄い茶色とピンクの間くらい。
見た時は、乳首がツンと上を向いてた。
このくらいかな・・

スタイルは、背が小さいからあまりよくないかな。
おっぱいだけ大きくて、後は全体的に小柄。

寝ているNのおっぱいを見てから1年くらい先まで時間を進める。
それまでに何かあったかと言えばあったけど、それは胸チラとか谷間見えた!とかであって、あそこまで心臓が高鳴った覚えは無いから話は省く。

俺とF君は高3、Nは高2。またしても夏。
受験を控えているが、この時期になっても勉強はまだガッツリしてなかった。
相変わらずパソコン同好会は続いていて、俺もF君には及ばないが結構詳しくなった。
今はあまり見ることのないブラクラも体験した。

F君の家には、2~3ヶ月に1回は泊っていた。
夏休みに泊った時だった。
Nは自分の部屋で勉強か何かしているらしく、F君の部屋には居ない。
居ないのをいいことに、エロサイトを二人で見ていた。
だが、当時はあまり動画はなくて、あってもダウンロードに時間がかかったため、もっぱら画像が主流だった。
しかし、画像だけでは物足りない。動く物もみたい。
俺とF君の考えは一致して、二人でエロビデオを借りに行くことになった。

俺は当然巨乳ものを借りた。F君は、確か綺麗な女優のやつを借りていた。
俺達は帰って、鑑賞会を始めた。
見始めていると、画像より何倍ももんもんとしてきた。そして気付いたんだ。どこで抜くのかということに。
当然、人の家で抜くほどの勇気は持ち合わせてない。最悪だった。
F君も、自分の家とはいえ、俺が居る手前抜くのは無理だろう。なんとなく何も言わずにお互いのことを悟った。

そういうわけで、俺が借りた巨乳ものを適当に早送りしながら見て、鑑賞会は終わった。
それでも、おっぱいに挟んだり、バックで揺れるAV女優のそれを見て、もんもんとしていた。
そこで、俺達はスマブラをやることにした。忘れるためだ。
何時間もスマブラをプレイした。F君は強いのでかなりぼこされた。
その後、俺達は疲れ果てて眠った。確か、夜の10時くらいだったと思う。
F君はベッドに、俺は床にブランケットを借りて寝た。

そんで、夜の12時くらいだったと思う。俺は起きた。
トイレに行きたくて、下の階へと降りた。
F君の家のトイレは、手前側に風呂場もある。その風呂場の電気がついていた。
一瞬ドキリとした。F君の親か、と思った。
ただ、洗濯かごに置いてある服を見て、すぐにNだとわかった。あのシャツが置いてあったのだ。薄青のパンツも置いてあった。
何気なく風呂の扉を見ると、薄いガラス越しに誰かが居るのが見える。
俺は妙な気持ちになってきた。

トイレをもやもやした気持ちで済ませて、さっさと部屋に戻ろうとした。
すると、風呂から声が聞こえてきた。
「あ、Fにい?シャンプー取ってくれない?いつものやつ切れたから」
Nはそう言った。
俺をF君と思っているようだった。
「ちょっと待って」と俺は言った。
洗面台の横にある台を探すも、なかなか見つからなかった。
ごそごそしていて、二番目の引き出しにあるシャンプーを見つけた時だった。

後ろでがらりと言う音が聞こえた。
俺は、音に反応して後ろを向いた。
「まだ?」というNの声。
振り返ると、扉から半分ほど顔を出したNが見えた。
そして、体も半分出していた。
おっぱいの左半分が扉に半分くっついた状態になっていて、潰されているのがガラス越しにもわかった。
右半分のおっぱいは、飛び出して丸見えだった。
石鹸の泡がたくさんついていたが、乳首もばっちりと見えていた。
前に見た時よりも、かなり大きくなっていて、丸みが増しているように思えた。
下も半分見えていて、毛が見えていた。
しかし、俺はやはりおっぱいを凝視していた。

Nは驚いた様子だが、大声上げるとか、特に何も言わなかった。
そして、素早くシャンプーを取って扉を閉めた。
俺は終わったと思った。
だが、次に風呂からNの声が聞こえた。
「ごめん、Fにいだと思って」
「いや、ごめん、俺も」
気まずかったので、俺は二階に逃げた。

F君の部屋へ入ったが、F君はまだ寝ていた。
俺はNの裸が目に焼き付いて離れなかった。
気を落ち着けようとマンガでも読もうとした時、部屋の扉が少し開く。
Nが顔だけ出してきた。
「アイス、食べる?」とNが言った。
「あ、うん。でも、F寝てるけど」
「じゃあ、二つだけ持ってくるね。私の部屋で食べる?」
「え?」と俺は聞き直す。
「私の部屋で食べよ」

Nの部屋に入るのは久しぶりだった。
何か良いにおいがする。
F君の部屋にはベッドがあるが、Nの部屋には無い。
部屋の真ん中に布団が敷きっぱなしだった。
きょろきょろしていると、Nがアイスを二つ持って戻ってきた。
Nを見ると、服は黄色と白が混ざったような色のシャツを着ていて、大分よれている。
下はホットパンツで、生足だった。

Nは机の前に置かれている木製の椅子に座り、俺は地べただった。
渡されたアイスを二人で食べ始めたが、無言だった。
俺はさっき逃げたばかりだったし、正直気まずかった。
「ね」とNから話しかけてきた。
「さっき、どれくらい見えた?」
「え?」と俺はごまかした。
「見たでしょ?」
「ちょっとだけ。ほとんど見えてなかったよ」
「ちょっと見えたんだ」
「うん・・・ごめん」
「まあ、良いけど」
また無言になった。

Nは、椅子の上で体育座りになる。
下からだと、太股の裏側が見えて妙にエロイ。
ちょっと長く見過ぎていた。
「何、欲しいの?」といって、Nが勘違いしてアイスをこちらに渡そうとする。
「いや、別にいいよ」と俺は言った。
「そっちちょうだい」とNは俺を無視して言った。
「あ、はい」と俺はすぐに渡した。
「じゃあこれ」とNもアイスを渡してきたので俺は受け取った。

アイスを食べ終わって、やることも特にない。
会話も何も無かった。いつもなら、割とF君がしゃべってくれるが、肝心のF君が居ない。
どうしようかという感じで、俺はNを見た。Nも、俺を見ていた。
俺はどきっとした。Nが、じとーっと俺を見ていたからだ。
「どうしたの?」と俺が言った時だった。
Nが、椅子から降りて俺に近付いてきた。

無言のまま近付いてくる。両手をカーペットにつけて、四つん這いで。
無表情で、Nがどんどん近付いてきて、50センチくらいまで体を近づけてきた。
めちゃめちゃ良いにおいがした。
また「どうしたの?」と聞いても、何も答えない。でも、今度は近付いてこない。
よくわからないので、俺もNをじっと見つめる。変な対抗心だった。
Nの目をじっと見る。
Nの目には、俺が写っている。
次に口を見た。

Nの口が近い。Nの唇は少し厚い。
俺は、その時に我慢出来ずに、自分の口をNの口へとつけた。
つけた瞬間にハッとして、俺はすぐに離す。
そして、Nを見ると、笑っていた。
「勝った」とNが言った。
「え?」
「もっと」Nが、今度は口を前に出して目を瞑った。
俺はNを押し倒しながらキスをした。

俺は初めてのキスに興奮していた。
Nの口は柔らかかった。俺はAVを思い出して舌を入れた。
Nが一瞬「んっ」と声を出したが、俺に合わせるようにNも舌を絡ませてきて、余計に気持ち良くなった。
俺は、キスをした嬉しさに興奮しながらも、一方では冷静にAVを思い出して、おっぱいを触らないとと思って、手を近づけた。
服の上から、Nのおっぱいを揉む。
触ったことの無い柔らかい感触だった。大きくて掴みきれない。
だが、キスをしながらなんて技術が俺にあるはずもなく、ただただ揉んでいるだけという感じだった。

そして、俺はおっぱいを生で触りたいと思い初めて、シャツの下から手を入れて、おっぱいを揉もうとした。
するとNが手で背中を叩いてきたので、俺はNから口を離した。
「待って」と言って、Nが起き上がる。
下手だったのかな・・・と俺が一瞬でどん底まで落ちるくらい暗くなっていると、Nがシャツを脱いだ。
肌が白くて綺麗だった。全部が柔らかそうに見えた。
その中でも、おっぱいはブラジャーにこれ以上収まらないという感じで主張している。
パンパンに膨れているという感じだった。

Nは、ブラジャーのフロントホックを外そうとする。
俺がブラジャーって前から外せるんだと初めて知った時だ。
ぱちっという音と共に、Nのおっぱいが左右にぶるんと少しだけ離れる。
Nは、ブラジャーを外しながら、片腕で乳首を隠している。
おっぱいが、Nの腕でぎゅっと潰れた。それでも、腕の上下からおっぱいがはみ出している。
それを見た時、AV女優もその仕草をしていたことを思い出して、俺は興奮してまたNを押し倒した。

Nの手をどけると、そこには今まで何度かしか見た事がなかった生おっぱいがあった。
寝ていても、全く重力に負けていない。こんもりとなった山が二つ、そして山頂にはやや大きめの乳輪と乳首。それをじっと見ていると、俺の勃起はさらに加速していった。
おっぱいを揉もうとする。が、Nのおっぱいを見ているだけで俺は逝きそうになってしまい、揉もうとする手を止めた。

中途半端な場所で手を止めたので、Nがきょとんとした顔をする。
俺はごまかすようにNに覆い被さって、またキスをした。しかし、キスをしても舌が入ってしまうと逝きそうになる。俺はそれをごまかすようにNの耳や首筋を攻めた。

Nは、んっとくすぐったいのか感じているのかよくわからないくらい小さな声で息を吐いた。
俺はとにかく逝かないようにすることと、Nが痛くないようにすること、さらにはおっぱいを揉みたいということで頭の中がいっぱいだった。
高校生の、しかも童貞のデビュー戦にこの三種類は厳しいと今でも思う。
しかし、意を決して首筋から胸元へと下を徐々に移動させる。
完全にAVで覚えただけの順番だった。
おっぱいの上辺りで一旦舐めるのをやめて、俺は少し顔を上げた。

そして、両手でNのおっぱいを下から持ち上げるように揉んだ。
柔らかいなんてものじゃない。
ぷるんぷるんのおっぱいは、今まで味わったことのないものだった。
予想外の柔らかさに、また逝きそうになるが、なんとか意識してそれを止める。
逝きたくないが、揉むのを辞めるのも嫌だった。柔らかすぎて、指が少し力を入れるだけでむにゅっとめりこむ。
たまらなくなってきて、俺はNのおっぱいに吸い付いた。

「あっ」とNがはっきりと声を上げた。
Nに気を使いながら、という意識が若干途絶えてしまいそうなほど、おっぱいはたまらなかった。
口で吸いながら、反対の手でまさぐるように揉む。
たまに、乳首を少しだけつまむと、Nの体が一瞬だけびくっとなるのがわかった。
そうやってしばらく堪能した後、俺はついに未開の地に踏み込んだ。
ホットパンツを脱がして、一気にパンツも脱がそうとする。
「待って、電気」とNが言った。
俺はもの凄い速度で立ち上がり、部屋の電気を消した。

一気に部屋が暗くなり、おっぱいも見えなくなった。
パンツをなんとか脱がすも、肝心の細部はほとんどわからない。
とりあえず、慎重に秘部の周りを触る。
ぴちゃ、という感じで、何か液体が出ているのはわかった。
俺は、この時が一番安心したかもしれない。
もしかしたら濡れていないかもしれないと不安だったからだ。

濡れていたことに安堵した俺は、そのまま何度か周辺をなぞると、中に指を入れた。
「んっ」とやや強めに声を出すN。
俺は、中で何をすれば良いのかもわからないので、バイブのように指を震わせた。
すると、Nが「あっ、んっ」と今までとはまた違った反応で声を出した。
俺はこれが気持ち良いのかな、と思って何度か継続した。
その度にNは声を出して、そして秘部の中もどんどん液体で溢れてくるのがわかった。
まだそんなに時間も経っていなかったと思うが、俺は膨張状態のパンツを脱いだ。

「入れて良い?」と俺は聞いた。
「うん」と小声で答えるN。
Nの正面に膝を立てて、Nの足をゆっくりと広げた。
片手で勃起したものを持ちながら、Nの秘部に狙いを定める。
段々、部屋の暗さにも目が慣れてきた。
しかし、なかなか入れることができない。
何度かNの秘部の入り口に、ぐにゅぐにゅぶつかった。
戸惑っていると、Nが両手で「ここ」と言って、俺のものを両手で掴んだ。
危うく、それだけで逝きそうだった。

Nに誘導されながら入れた瞬間、逝きそうだった。
全神経を集中させて、逝かないことだけ考えた。
ずぶずぶと奥に入っていく。気持ち良すぎる。
「痛くない?」と俺はがんばって聞いた。
「うん、ちょっと痛いけど、想像してたよりは大丈夫」Nが答える。
「は、初めてだよね?」俺は声が震えた。
「うん。初めて」
会話しながらだと、集中が途切れそうだった。
Nの中があまりにぬるぬるしていて、あまりに気持ち良くて、しかも目が慣れてNの顔が見える。
少し潤んだような、困ったような顔をしていて、さらにやばくなった。

何とか我慢しながら、ゆっくりと腰を動かす。
やばすぎた。頭のほとんどで逝かないことを考えていたはずだったが、もう飛んでいた。
俺は、Nの脇に両手をついて、少しだけ腰を早く動かした。
Nが「あっ、あっ」と声を出している。さらに、俺が腰を動かす度に、Nのおっぱいがぶるぶる上下に揺れた。
腰の動きから僅かに遅れて揺れるおっぱいがたまらなかった。
俺は片手でそれを揉みながら、Nに口を近づけた。

それがダメだった。
俺はすぐにものを抜いて、Nのお腹辺りに出してしまった。
「ごめん、逝っちゃって」俺は謝った。
「え? どうして? 気持ち良かったんだよね?」Nが聞いた。
「うん、すごい」
「私も気持ち良かった」Nは笑った。
部屋の電気をつけると、布団の端っこに僅かに血が付いていた。
俺が想像していたよりは出血が少なかった。
「痛くない?」
「うん、大丈夫」Nが血と俺の精子をティッシュで拭きながら答えた。
俺もティッシュを取って、Nのお腹の辺りを拭いた。
その後、しばらくいちゃついて、俺はF君の部屋へ戻って寝た。
F君が俺のことに気付いたかどうかはわからないが、翌日も何も言われなかった。
とりあえずこんな感じで終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。