泥酔して気づいたら女友達が漫喫でイラマチオしてるww

友達の子と飲んでたはずなのに、気がついたらマンキツのカップル席で泥酔して意識がないその子にイマラチオしてた。酔ってたし気にせず続けて、そのまま口に出したら案の定起きてらっしゃいましてね。二発程本気でビンタされ、精子を俺に吐きかけてきて『死ね!』って言われたわ

唾を吐き、暴言を吐いた口は続け様に汚物を吐き出しやがったよ
店員に謝罪をしつつ雑巾かりて、明け方から人のゲロの掃除してたのはいいおもいで

日も出てきたしマンキツを後にして雰囲気最悪なまま何故かマックでコーヒーを飲んでたんだよ。

ゲロのほのかな薫りでイカ臭いのは周囲にバレてなかったと思いたいね。
まぁそこからはスーパー謝罪タイム→デレ→セクロス

俺もその子(以後A)も酒抜けてなくてフラフラしてたけど、ソレはもう本気で謝罪してたよ
いろいろ言い訳も交えながら、俺も記憶が無くて我に返ったのは最後の瞬間だったとかね

A『・・・記憶無いの?』
えぇ、ありませんとも!記憶なんてないよ!気づいたら強制イマラしてたもんで

しかし俺も少し考えてみたら解るだろうに流石にそんな事されて
いくら泥酔しててもAが眠り続けていられる訳がないだろうと
などと、考えてたらAがウルウルしながら俺の事をみつめてるじゃないか

『最後まではエグッ…しない、出さないっエグッ…て約束したのにぃぃぃ・・エグッ…』
「!?」
「まてまてまて!!!!つまり合意の下のイマラだったのか!?」
(コクリとうなずくA)
「俺はなんて言って君にそれをお願いしたんだ!?」
『・・・・・・・・・・・ら・・・したの』
「『私からおねがい・・・したの』・・・だとっ!?」

そしてマンキツに入店と同時に俺はスーツが皺になると言い放ち
スーツのズボンを脱いだらしい、話を聞いてて自分の下心が見え見えなのがつらい
二人でソファに腰掛けながら話をしてたら俺が謎の勃起しだして
店で話題になってたイラマチオの事を思い出したらしい

そして、Aが俺に恥を忍んでお願いしたんだと
どれぐらい苦しいのか喉にゴリゴリ当たるのを味わって見たかったそうだ
決め事は二つ、射精まではしない、タップしたら終了
んで、いよいよイラマチオが始まった

Aはものの1分ほどで苦しさのあまりもどしそうになりギブアップのタップをしたが
そこはさすがに俺、コレがイラマだとばかりにガンガンつきまくってたらしい
時が経つにつれて苦しいはずなのに仮想レイプの様な背徳感が堪らなくなって
Aは興奮しちゃってされるがままにすることにしたんだと

5分程で俺の動きが止まってやっと終わったと思ったら
倍速で腰を振り始めた、そう俺が意識を取り戻したのはここから
後は上に書いたとおり
泣いてるAからココまで聞き出すのにおよそ1時間

その後約束を破った償いに2個Aの命令に従うことでなんとか関係を保つことに成功
すかさずAは一個目の命令を発動させる、ゲロ臭いのからシャワーを浴びたい
お前がホテル代を出せ。こんな命令でしたらお安い御用だぜ!

シャワーを浴びて酔いも醒めたのかすっきりした様子のAすこし頬を赤らめていう
『2個目の命令は・・・またさっきの・・・して///』
『でも今回は・・・最後までしていいよ・・・うん・・・最後まで・・・ねっ///』
ゴックンと本番ご馳走様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。