欲求不満同士の友情セックス

初めてだけど、つい先日あった話を書かせてもらう。
その日は地元の女友達に合コンをセッティングしてもらっていた。
俺は下戸なので、運転手。その女友達を車で拾っていった。

スペック
俺、23、自称フツメン、でも老け顔。

女友達、23、小柄ショート、元バスケ部、ちっぱい。

合コンは残念ながら大失敗。というか、可愛い子がいなかったw

女友達(以後、M)を睨み、恨みながらその日は解散になった。

地元が同じで、俺もMも実家暮らし。
もちろん帰りも俺の車で帰ることになった。
Mはかなりハイペースで飲んでいたし、前から酒に弱いのは知っていた。
でも、その日までは恋愛対象とはまったく思ってなかった。

Mを乗せ、車を走らせながら合コンの反省会を2人で行う。
俺「可愛い子を用意しなさいと言ったではないか!」

M「私という可愛い子がいたではないか!」
気心の知れた仲なので、こんな風に芝居がかった会話なども交わす。
顔は結構可愛いのだが、社会人にもなると地元の同級生には手が出しにくい。
しかも俺は実家の家業を継いでいるので、なおさら。
やらかしたら地元にいれない。

Mの家に無事到着。
ひとまず、一安心。
他人を横に乗せていると妙に肩がこるのは俺だけだろうか?w
俺「M、家着いたぞ。」

M「うん、ありがとー。」

俺「今度は絶対可愛い子をお願いします。」
そこでMは少し笑いながら
M「そんな彼女欲しいの?欲求?」
俺は半年ほど前に彼女と別れたばかりで、正直欲求不満だった。

少し期待して、股間が反応してしまう俺。
しかしシラフの俺は冷静さを失ってはいなかった。
俺「まぁね、彼女は超欲しいし欲求かもしらん。」

M「スッキリさせてあげよっか?」

俺「(・・・マジすか。)」
ニヤニヤしながら俺の太ももに手を置くM。
ゆっくりと上がってくる指。
前かがみになり、ちらちら覗く胸元。
貧乳のくせに胸元が開いた服。
軽くロリコン入ってる俺には破壊力ばつぐんだった。

時間的には日付が変わっていたので、家の前だといっても誰かが出てくることはなさそう。
しかし、地元の子は・・・と迷っている間にMの指は俺のズボンのジッパーを下ろす。
M「ほら、早く出しなよー。1回、どぴゅっと出させてあげるからw」

俺「いや、まずいって。」

M「でも、ちょっと硬くなってるじゃん。エローいw」

俺「俺のはこれが普通状態。」

M「ってか太っ!なかなかいいじゃんw」

終始、笑いながら自分の股間をまさぐっているMに俺も興奮し始めていた。
ビッチっぽさも行きずりのエロ行為だと、なかなか良いスパイスになっている。
早くも下着からも俺のチンコは出され、指先で弄られていた。

人差し指、中指、親指の指先で半勃起だった俺のチンコがしごかれている。
どんどん硬くなる自分のチンコをMは見つめながら、扱いている。
M「ほらほらー、おっきくなってきたwってか、結構デカチンだねw興奮するw」

俺「Mも上手いのな。よだれ垂らしてよ。音させながら手コキして。」

M「お、スイッチ入ったwいいよー。」
Mのよだれで手コキに、ぐちゅぐちゅという音の刺激もプラスされる。
車には街頭の光が入り込んでいて、俺の亀頭がかなりエロいことになっていた。

いつの間にか、指先だけでなく掌全体でかなり激しく扱かれていた。
ちらちらと俺の表情を伺うMが、かなりエロい目をしていた。
俺「M、めっちゃ気持ちいい・・・。」

M「出る?出る時は言ってよ?出るとこ、見るの好きだからw」

俺「まだ、かな・・・Mに舐めてほしいって言ったら怒る?」
正直、調子にのってるかなーとか思いながら、感覚が麻痺してんのも分かってた。
M「いいよw私、手より口の方が自信あるしw」
Mは頭をゆっくり股間にうずめてきた、チンコが温かく包まれてるのが分かった。

ちなみに俺の車は軽四、前の席はベンチシートだ。
体を俺の方に乗り出し、髪をかき上げながらMの頭が上下に動き始める。
M「じゅるっ、じゅっ・・ぱぁっ・・・じゅるっ、じゅるっ。」

俺「うわ、やっべ・・めっちゃ上手い。」

M「ん、んうっ・・・ぱぁっ・・はぁ・・・太すぎっw」
口から離し、まったく怒っているようには見えないがMが抗議してくる。


優しく頭を撫でながら、Mが上手だからだよ、と言ったら小さくアホと呟いて、また俺のを咥える。
俺が手コキの時に音をたてて、とリクエストしたからか、盛大なバキューム音をたてながら、俺のチンコをMがしゃぶる。
時折、口から離しては「めっちゃ溜まってるんじゃない?w」
「なんかしょっぱいの出てるんですけどーw」
「ぴくぴくしすぎwエロちんw」など、ビッチ全開で責めてくる。
口から出して、舌先でカリを舐めながら俺を見上げてきたりしてた。

久しぶりのフェラに興奮しすぎたのか、10分ほどで俺に限界がくる。
俺「やばい、M、俺出そう。」

M「じゅる・・・いいほぉ、おふちにはひへぇ・・・じゅるっ・・。」
チンコを口に含んだまま、出していいと言い、またバキュームが強くなる。
Mの指先が脇腹をツーっと撫でたとき、一気に俺の限界になってしまった。

俺「M、出るっ!出すぞっ。」
頭を両手で押さえ、ドクドクと溜めていた精液をMの口の中に思い切り発射する。
あまりの気持ちよさに、いつもよりも多くチンコが跳ねているのが分かるくらい。
出ている間もMは舌をチンコに絡ませるように、舐めあげていた。

いつもより長い射精、いつもより強い快感に呆然としてしまっていた。
もちろんMの頭を押さえたまま。
1分くらい余韻に浸っていた気がする。「まずい。」と思って手を離すと、Mは最後に敏感なチンコを1回すすり上げて口を離した。

俺「悪い、気持ちよすぎてぼーっとしてたわ。」

M「(コクコク。)」
口に俺の精液がたっぷり入っているのだろう、頷くだけのM。
何故かスッキリしたからか、俺は強気になっていた。
俺「M、全部飲んで。ちょうだいって言ったのMだろ?」
Mは少し驚いた顔をしたあと、頷いて、ゆっくり喉を動かしながら飲んでいるようだった。

喉の動きが止まるのを見計らって俺はMに声をかける。
俺「M、全部飲んだ?口開けて見せて。」
Mは無言で口を開いた。
かなり大量に射精したはずだが、きれいに飲み干していた。
かなりの征服感。
苦しそうだった顔も俺のツボにはまっていた。
俺「美味しかった?」
M「んなわけないじゃん!出しすぎ!w」
「あれー?こういうのって最後はデレるもんじゃないのー?」
とか思いながら、頭を撫でてやった。
少し嬉しそうだった。

Mとメールをしていたらサシで飲むことになった。
地元よりも少し大きな街の飲み屋で会うことに。
俺は仕事の都合で遅れる為、現地で待ち合わせをした。
俺「お待たせ。」

M「うん、じゃあ早速いこっか。」
あんなことの後なのに、思っていたよりも普通の反応に少し驚いた。

予約した店は、小さな個室で区切られた隠れ家的な飲み屋。
Mとは何度か来たことがある店で、料理を頼み、飲み始める。
他愛ない話、仕事での愚痴などを肴に2時間ほど飲んだころ。
俺は聞きたかったことをついに聞いてみた。

俺「でさ、なんであんなこと(フェラ)してくれたわけ?」

M「ノリ?wあんただったら別にいいかなーってw」

俺「俺のこと、好きってこと?」

M「あーw好きだけど付き合う、とかとは違うかなw」
俺には意味が分かりません。

ここでMの言っていた事をまとめると
・好きだけどいまさらだし、付き合って!とかそんな気持ちはない。
・Mもちょっとムラムラしてたので、ちょうどよかった。

・俺もムラムラしてたし、別に問題ないでしょ?
ここまで話したあと、テーブルの下からMの足が股間に伸びてきた。
テーブルの下は掘りごたつのようになっており、すりすりと股間を刺激してくる。

俺「ちょっ・・・。」

M「期待して来てたでしょ?いこっか?w」
Mの酒に酔った目に逆らう理由などなく、会計を済ませホテルに向かうことにした。

正直、期待はしてたので股間を膨らませながらラブホテルへ。
運転中にMに提示された約束事。
・どちらかに恋人ができれば、すぐに関係解消。

・他にこういう関係の人を作らない。
たった2つの条件だけ。
俺はもちろん承諾した。

ホテルに着き、部屋に入るなりMはベッドに腰掛け服を脱ぎ始める。
M「暑ーいw私酔ってる?顔赤い?w」

俺「酒で火照ってるんじゃない?」
M「じゃあシャワー浴びてくるねーw」
笑いながら浴室に向かうMの裸を見ながら、俺は痛いくらいに勃起してた。

Mが体にバスタオルを巻いて、シャワーから出てきた。
少し濡れた髪、裾から見える細い足、くっきりとした鎖骨・・・。
勃起がバレないよう隠すようにしながら、シャワーを浴びに行く俺。
シャワーを浴び終わると、Mは布団に潜り込んでいた。

俺「おーい、M-。寝た?」

M「起きてる。なんか恥ずかしくなってきたw」
照れたように布団から顔だけを出すMに萌えてしまった。
同じように布団に入り、抱き寄せながらキスをした。何度か唇を重ね、Mの体に自分の勃起したチンコを押し付ける。

M「んっ・・・もう!何、ビンビンにしてるのかなー?w」

俺「そりゃ興奮するって・・・M、舐めて。」

M「んふふーwいいよw」
布団をめくり、俺の股の間に座り込むM
手で扱きながら俺のチンコにもキスをし始める。
M「やっぱり太いね・・・んっ・・ちゅっ。」
亀頭、カリ首、裏筋にキスをするたびに、Mが俺を見上げてくる。
まるで焦らすように小刻みにキスをするM。

M「ピクピクしてるねwもう溜まっちゃったのかな?ほんと太いw食べちゃうよーw」
口の中に含まれ、温かい感触が俺のチンコを包み込む。
M「んぷっ・・・じゅぷっ・・・じゅる、じゅぷっ・・・。」
前と違い、口の中によだれを溜めてうがいをするように舐めはじめる。

唇で扱くように頭を上下しながら、口の中では舌のざらつきが俺の亀頭を責める。
尿道を舌先でつつくようにされるたび、俺の腰が跳ねてしまった。

バキューム音とよだれのぐちゅぐちゅという音が部屋に響く。
手は玉袋を転がすように撫でていた。
このままではやばいと思った俺はMに声をかける。
俺「M、俺の上にのってお尻向けて?」

M「私のもしてくれるんだ?いいよw」
俺に跨り、69の体勢になるM。
毛は薄く、ヒダも小さめ。
少しだらしなく開いていて、中は充血してエロい色をしている。
俺は舌を尖らせて、ゆっくり穴の中を舐めた。

M「じゅるっ・・・ん、じゅ・・・ふぅ・・・んっ・・。」
喘ぎ声を微かに漏らしながら、Mは俺のチンコを愛撫しつづけていた。
Mのアソコは粘り気のある愛液が滲み出していた。
このままじゃ普通、と思った俺はベッドに備え付けてあったクッションを自分の腹に置き
俺「M、舐めながら自分でクリ弄って?体重かけていいから。」

M「んっ・・・じゅぱっ・・・うんっ・・・。」
Mはクッションに体を預け、チンコを舐めながらクリを弄り始めた。
俺は指をMの穴に入れ、愛液をかき出すように出し入れする。

M「ふぅっ・・・んっ・・・じゅるっ・・・ん、んんっ!・・・」
喘ぎ声とバキューム音、チンコへの刺激で俺はかなり興奮していた。
Mのクリを弄る指も激しくなってきていた。
俺の指も時折、キュッと締め付けられる、Mはかなり感じている。
そのせいか、フェラが少し緩やかになっていた。
しかし、入れるならこのままだとすぐ出てしまう・・・俺は1回フェラでイクことにした。


俺は中をかき混ぜていた指を抜いて
俺「M、もっとして欲しかったら1回イかせてよ。精液飲んで。」
Mはチンコから口を離し、こちらを振り向いてイジワルと小さく呟いた後、また咥えた。
M「じゅぶっ・・じゅぶ、じゅるぅ・・・んぅ・・・。」
またMのいやらしいフェラの音が激しくなった。

Mのフェラは上下運動だけでなく、捻るような横の動きも追加された。
唇を窄め、カリ首を擦ってきたと思うと、また一気に根元まで・・・。
バリエーションの多いフェラに、我慢ができなくなりはじめていた。

俺「M、俺出そう・・・ちゃんと飲めよ?」

M「んっ・・じゅぷっ・・ふん、らひへぇ・・・じゅるっ・・・。」
Mの唇がカリを何度も扱き、指先は根元を扱いてくる。
俺は何も言わずに思い切り口の中に1週間ぶりの精液を出した。
尿道からドクドクと音が出ていそうなほど、長い射精をしてしまった。

M「んっ!んんっ・・・じゅるっ・・・ちゅぅ・・・。」
射精している間もMは精液を吸い上げるようにバキュームしてくる。
腰が抜けそうな快感に襲われながら、Mの口の中を汚していく。
Mは残り汁まで吸いきってチンコから口を離した。
俺「M、残さずに飲めよ。そしたら弄ってやるから。」
Mはこちらを向き、コクンと頷くと喉を何度も動かし始めた。

Mが飲み終わったのか、見えるように口を開く。
大量に出した精液、またMは飲んだと思うと出したばかりなのに興奮してしまった。
俺「美味しかった?」

M「だから美味しくないってwまた出しすぎだしw」

俺「でも全部飲んでるよね?」
M「約束だから。」
ころんと転がり、俺をちらりと見て視線を外すM。


俺はMに覆いかぶさり、頭を撫でながら
俺「気持ちよくして、って言ってみてよw」

M「いいから早く!w」
怒られてしまいました。

Mの耳たぶに舌を這わせながらゆっくり降りていく。
首筋、鎖骨、脇・・・。
かなり控えめな胸にたどりつくと乳首を口に含む。
M「んっ!ん・・あっ!」
硬くなった乳首を尖らせた舌先でくすぐるように舐めるとMの可愛い声。
片手を舐めてない胸へ持っていき、持ち上げるように丸く揉む。

M「胸、ちっちゃいから楽しくないでしょ・・んっ、あんっ。」

俺「俺ロリコンなんで。」

M「変態ーwあ、んっ!んー!」
敏感な乳首を舐めながら、指はアソコへと移動していく。
Mのアソコはフェラしながらのオナニーでまだ湿っていた。
ゆっくり揉むようにアソコ全体を触るとMの体が跳ねる。

俺「M、クリと中どっち弄って欲しい?」
M「・・クリ・・・んっ、あんっ・・・。」
Mが話している間も乳首を舐めているので、声が途切れ途切れになる。
その声を聞きながら、指先にMの愛液をつけてクリを擦ってやる。

M「んっ、はぁっ、あ、あっ!ダメ、クリ、ダメっ!んっ!」

俺「すっげー感じてるじゃん。今のM、めっちゃエロい。」

M「やっ、ダメ!あ、あぁっ!ダメ、あんっ!」
普段のギャップと予想以上の感度に俺のチンコもいつもより早く復活し始めた。

出してから15分くらいで復活の様子を見せる俺のチンコ。
Mの柔らかい太ももに擦り付けると、すぐにMが気がついた。
M「もう出来そう?すごっwまだ出し足りないんだ?w」

俺「まだMのアソコ味わってないし。」

M「まだ全然太いねーwいいよ、入れて・・・。」
ホテルの備え付けのゴムをつけようとしたが、小さい。

人より少しだけ大きいらしい俺は普段Lを使う、メーカーによるけどLもたまにきつい。


ホテルによるがフロントに電話したら持ってきてくれたりするし、財布にもLサイズが入ってるが、俺は少し調子にのってMに「生じゃダメ?」と、言ってみた。
M「外で出してくれるんだったら・・・生でもいいよ。」
久しぶりの生マンコに内心、かなり興奮していた。

Mの足を開かせ、股の間に入りチンコをMのアソコに擦り付ける。
カリがクリの辺りを撫でるたびに、Mから悩ましげな声が漏れる。
Mの入り口はかなり濡れていて、すんなり入りそうだった。
ぐっと力を入れて、ついにMのマンコに挿入・・・きつい。

M「んっ!んんーっ!あ、ダメ、太いっ!」

俺「まだ半分だから。全部入れるよ?」

M「うん、来て、来てっ!全部入れてっ!」
Mのアソコは入り口と奥の深くがきつく、挿入するだけでかなりの快感だった。
それに熱い。
愛液も多い方で、生のおかげもあるのかめちゃくちゃ気持ちいい。

M「ねぇ・・・動いて、かき混ぜて・・・。」
熱にうなされるような感じでMが誘ってきていた。
Mの腰を掴むとゆっくりと腰を動かしていく。
奥に進むたびに、Mは腰を反らし、いやらしい声をあげた。
少しずつピストンのスピードを上げ、根元まで突き刺す。

M「あぁっ!ん、んっ!いいっ!あ、あんっ!」
俺「気持ちいい?」

M「気持ち、いい、っ!あ、ひゃぁっ!」
小柄なMを思い切りピストンするのは、かなりそそるものがある。
小さな胸が揺れ、顔がゆがむのがたまらず、腰を打ちつける。
Mが手を上げ、抱きつきたいと意思表示するので少し体を倒して突き続けた。Mをベッドに叩きつけるように、腰を振る俺。
初めて聞くいやらしいMの声にかなり興奮してしまっていた。

俺「すげえいいよ、止まんない。」

M「いいのぉ!止めちゃ、ヤダっ!」

俺「やばいって。すぐ出ちゃうから。」

M「出して、出して!あ、あああっ!」

俺「イク、出るっ!」

Mからチンコを引き抜き、お腹に出すはずが勢いよく胸の辺りまで思い切り射精した。
2回目のはずだが、かなり濃いのが大量に・・・。
お互い息を切らしながら、ベッドに倒れこんだ。
少し間を置いて、冷蔵庫から飲み物を取ってMに渡す。
Mは乱れた自分が恥ずかしいのか、口数が少なかった。

俺「あー、そのー。」

M「気持ちよかった・・・w」
俺「それはなにより。」

M「シャワー浴びるね。一緒に浴びる?w」

俺「もう1回したくなるからいいw」
それで少しだけキスしたりして、寝てから朝帰り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。