姉の同級生と不倫

姉と優子さんの約束の日のお昼に姉からドタキャンの連絡が入ったそうで少し沈んでいる様子でした。
姉に怒りを覚え私が謝ると「いいの、お互い家庭があるし仕方ないわ」と言ってくれました。
「時間空いちゃった…」と優子さんは呟きました。「あのー、俺で良かったら付き合うけど…」
少しの間考えて「そうね、たまにはいいわよね」とOKしてくれました。

仕事が終わり私たちは居酒屋へ行きました。
ビールで乾杯した後、優子さんはワインを飲み仕事の事から学生時代の事、
そして家庭の事を色々と話してくれました。
「旦那さんてどんな感じの人?」「んー、ごくごく普通の男」
「まだラブラブなんでしょう?」「もうそんな事ないわよ。何で?」
「だって優子さんって綺麗だから、そうなのかなと思って」「やだぁ、全くぅ。からかわないで」
ワインで赤くなっていた顔を一層赤くし少し照れていました。
「嘘じゃないよ!」
「ありがとう。お世辞でも嬉しいわ。でもね、本当はあまり上手くいってないのよ」
そう言うと優子さんは寂しげな顔をし俯いてしまいました。
私もどう話していいか黙っていました。
「あっ、ごめんごめん。暗くなっちゃうね。もう一度乾杯しよう」
私たちはまたグラスをあわせて乾杯し飲み続けました。
世間話をしながら盛り上がり大笑いしてグラスを空け…
「久しぶりだなあ、こんな楽しいお酒」と言ってくれた優子さんも2時間位経つと酔いが回ったらしく
ろれつが回らなくなってきました。私も結構飲んで頭がふらふらしてきました。

そろそろ帰ろうと会計を済まし店を出ました。
優子さんは足元がフラフラで並んで歩いてると頻繁に私の体にぶつかって来ました。
「優子さん」「…」「ゆーこねーさ〜ん」「なぁ、何?」「酔い過ぎ!」
「アハハハッ、君だってちゃんと歩けてな〜いぞお」完全に出来上がっていました。
そんな事を言い合いながら歩き気がつけばラブホテルの前にいました。
私も酔った勢いで「このままだと危ないからさ、少し休んで行こうよ」と言ってみました。
「ええっ?ここで?」「酔い覚まさないと…」「マズイよ」「このままじゃ帰れないって」
「だめだよ、マズイよ」こんな押し問答を暫らくしていました。

通行人の視線が気になります。「大丈夫だからさぁ。ホント休むだけだし」
「…絶対だよ。ぜーったいだからね」私はその言葉を待って優子さんの手を引っ張りホテルに入りました。
部屋に入ると「あ〜もうー」と少し怒ってるように言いながら優子さんは風呂にお湯を入れに向いました。
戻ってきた優子さんに「風呂入るの?」と聞くと「せっかくだから。全く、もう」
とまだご機嫌斜めのようでした。
冷蔵庫のビールを差し出すと一気にごくごくと飲み干し大きく息をつきました。
ソファーに座って他愛もない話をしていると少し落ち着いたようでした。
「あっ、お風呂…」と優子さんが見に行くので私も後を追いました。お湯が溢れていました。
「私先にはいるから」「一緒に入っちゃう?」「ダメダメ、無理。さあ、早く出てってよ」

仕方なく部屋に戻りましたが暫らくすると浴槽から湯が溢れる音が聞こえると、
私はもう反射的に服を脱いで全裸になっていました。そしてバスルームの戸を開けました。
一瞬ポカンとした優子さんは次の瞬間「キャー、ちょっとお、ダメェ!」
と悲鳴を上げて背中をこちらに向けました。
軽く湯で体を流しバスタブに入ろうとすると、優子さんは大きくため息をついて
「マズイんだけどなあ」と言いながら体をずらし背後をあけてくれました。
バスタブに浸かると後ろから抱きかかえる格好になりました。
「あー何やってるんだろう私」と呟いていました。
肩から背中、くびれた腰、張りのあるお尻と割れ目、もう私のペニスは完全に勃起していました。
「いい湯だね」等と言いながら偶然を装って時々ペニスでお尻をツンツンしました。

「アァ〜ン、ちょっとぉ、何か当たるんですけど」
優子さんはそれまでと違って甘い声を出すと私の方に寄り掛かって来ました。
私の手は自然とお腹の辺りに伸び抱くような格好になりました。
優子さんは上半身をねじり私の方を向きました。たまらずにそのムチッとした唇にキスしました。
暫らく唇の感触を堪能していると優子さんから舌を差し入れて私の舌と絡め合わせてきました。
私もそれに応えながら両手で形のよい乳房を優しく揉み、指で硬くなった乳首を愛撫しました。
更に左手は乳房のままで右手を徐々に下へ下ろしヘアを掻き分けてクリを撫でました。
優子さんの体がピクッと反応し重なり合う唇の端から「はぁ」と吐息が漏れました。
正面を向かせようとすると口を離し「ち、ちょっと待って」と私の手を掴み
「先に体洗おうよ、お願い」とバスタブから出てしまいました。
そして自分で体を洗うと部屋に戻って行きました。

私も後を追うように体を洗って部屋に行きベッドに並んで腰掛けました。
「あー、こうなるとは思ってなかったのになぁ」
と言う優子さんの肩を抱き寄せてキスをし、体を倒しました。
着ていたガウンを脱がし自分も脱いで舌を強く吸いながら乳房を包むように揉みました。
乳首を軽く噛み舌で転がすと「ああん」と喘ぎが始まりました。
下半身に手を這わせクリやビラビラを撫でくり回しているとそれまで閉じていた足が開いていき、
腰を淫らに動かせ自ら浮き上がらせて催促してるかのようです。
顔を埋めて溢れる愛液をすくいクリに擦り付けながら剥き出しにして舌で舐め上げました。

「いやぁー、キャー」と叫び腰が大きく跳ね上がりました。
構わず腰を押さえながら暫らく舐め続けました。
喘ぎながら「ねえ、もう駄目…お願い、来て…」
と言われ私ももう我慢できずペニスを一気に奥まで突き入れました。
「ああああっ!」
優子さんは息を飲み顔をしかめましたが私は構わずに最初からバンバン腰を奥まで打ちつけました。
一際甲高い声を上げた優子さんがぐったりと動きを止めたので、
私はまだイッて無かったのですが体を離すと横に寝ました。

乳房を軽く撫でているとやがて優子さんは意識が戻ったようで、
私に抱きつき「良かったわ」と耳元で囁きました。
「あの…」「なあに?」「実は俺まだなんだけど…」「えっ?」
優子さんは上半身を起こし私の下半身に目をやりました。
相変わらずいきり立ったペニスを見て「嘘?やだ、ごめんね。私だけ」
と言うとペニスを優しく握り上下に動かしながらキスしてきました。
そして絡めていた舌を胸からお腹へと移動させていきました。
ペニスまで到着すると口に含み裏スジから袋を何度か往復してまた亀頭を含み、
ぴちゃぴちゃと音をたてて吸い上げました。舌がくびれを這う度に猛烈な快感に襲われました。
「気持ちいい?」優子さんが聞いてきます。
「良すぎて出ちゃいそうだよ」「いいよ、出しても」
優子さんは再びフェラを始め顔を上下に動かし手でもしごきました。
段々そのスピードが増し私の限界も訪れたのです。思い切り口の中に放出して果てました。

少し間を置いて一緒に浴室に行き汗を流しました。
向かい合って座ると石鹸を泡立てて優子さんの体を洗い始めました。
そっと肌を滑らすだけで体がピクンと反応します。乳房は洗っているというより愛撫している感じに
揉んだり撫でたり乳首を指で弾いたり…体をくねらせながら「はぁっ」「ああん」と声が漏れました。
更に内腿の辺りからゆっくり手を進めヘアを泡立てながら微妙なタッチで中心を撫でると、
体全体をびくつかせながら私にもたれかかってきました。
「次は私があらってあげる」
自分で泡を洗い流してからスポンジを泡立て背中、肩、胸と洗ってくれました。
そして最後のペニスは直接手で優しく洗ってくれます。泡のぬめりと巧みな動きでまた勃起していました。

「はあ」気持ち良くて声が出ました。「気持ちいいの?」「出ちゃうかも」
優子さんはくすっと笑い手を離して私を立ち上がらせるとシャワーで綺麗に流し私に抱きついてきました。
そして優子さんのお尻に手を回して撫でながら唇を貪るよう激しく舌を吸いました。
左手はそのままで右手を前に持っていきクリを愛撫しました。
「駄目っ」と私の手を押さえますが構わずにこねくり回しながら、
ビラビラを開いて指を奥まで入れてかき回しました。
「あっ、あっ」喘ぐ優子さんを眺めながら指を少し曲げて出し入れしました。
優子さんは立っていられないようで私にもたれかかり「ベッドで…ね、お願い」と訴えました。

ベッドに横たわると優子さんはペニスを丹念に舐め回してから上に乗ってきました。
そしてペニスを手に位置を定めるとゆっくり腰を下ろしました。
奥まですっぽり納まると前後に動きだし盛んに喘ぎ声をあげます。
私もぷるぷる揺れる乳房を揉みまくり下から腰を突き上げました。
優子さんの声が段々大きくなりました。
座位に移行し体を支えてあげると上下に動きが激しくなりました。
「いいわあー、気持ちいいよぉ。ああ、あんっ」正常位に戻してペニスをガンガン打ち付けました。
「優子さん、イキそうだよ」「わ、私もよ。あああん!いいよ、イッて!」
私は更に腰を早めると悶える優子さんの中に放出したのでした。

その後は再び浴室に行きバスタブにつかりながらイチャイチャしていました。
「私ね、1年振りかな、したの」「えっ、ホント?」「セックスレスみたい…」
「俺なら優子さんみたいな人放っておかないけどなぁ」「ありがとう、嬉しい…」
優子さんが抱きつき唇を求めてきました。
結局そのまま浴室で交わり部屋に戻ってもう一度してその日は終わりました。
その日以来私たちは月2、3回のペースでセックスする関係になりました。
会うと激しくて濃厚なセックスを思う存分堪能し、人妻の熟れた体を味わったのでした。

コメントを残す