腹違いの妹と二人暮らし…近親相姦で妊娠させてしまった…

ぴゅあらば

父の実家には、叔父夫婦と従兄弟が3人、そして1人の女子○生が居た。

葬式は普通に終わったのだが、その後が本題だった。
そこにいた女子○生は、父と愛人の子供であり、俺にとっては腹違いの妹という事になるらしい。
さらに、その女子○生の母親である父の愛人は、数年前に交通事故で亡くなっているらしい。

つまりは、父の実家では俺の腹違いの妹が邪魔であり、俺に引き取って貰いたいらしい。
さすがに、話し合いはもめにもめたが、その場にいた女子○生も自分が厄介者と自覚しているらしく
悲痛な表情のまま、黙って下を向いたままその場に座っていた。

結局、俺も仕事で忙しく家には寝る為に帰ってるような状況で、
貯金だけが貯まっていくだけでお金の問題も無いのと、その女子○生の表情があまりにも悲痛で
見ていられなかったので、大学卒業するまで、学費や生活費などの面倒を見て、
働いたら少しずつ返して貰うという条件で、俺が引き取る事になり、妹の学校の編入などの手続きもして
一緒に暮らす事になった。

俺の仕事は相変わらず忙しく、妹が掃除や洗濯してくれるだけで結構楽になった。
また、俺の帰りが遅くて夕食のおかずは電子レンジで温め直す必要もあるが、
それでもコンビニ弁当よりはマシで、結構こういう生活も良いかもと思い始めた。

妹ともなんとか打ち解けていき、最初はずっと悲痛な表情をしていたのが、だんだんと笑顔も出てきた。
俺が仕事の休みのとき、偶に映画とか行ったりもした。
また、世話になってる遠慮からか、なかなか自分から洋服とかを買おうとしないので、
そういったときに、洋服とかを一緒に見て買ってあげるようにもした。

そこから、俺が妹を女と見るまでに時間は掛からず。
モヤモヤとした日々を過ごしていたんだけど、ついに半年前ぐらいに肉体関係を持ってしまった。

それ以来、殆ど毎日、避妊なども気にせずにエッチするようになり、
つい先日、妹から言われたのが、『妊娠2ヶ月』というものだった。

妹は産みたいと言う。
俺も、産んで欲しいとは思うが、最初に書いたように奇形の問題があるのでは?との考えもある。
また、俺たちは結婚できるのか?
出来ないなら出来ないでも、一緒に居れば良いだけだが、
仮に子供に奇形の可能性が低いとして、産んだと仮定すると、
この子供の籍とかはどうなるのだろうか?とか色々と疑問がある。

この辺の事、詳しい奴が居たら教えてくれ・・・

まず、最初に一緒に暮らし始めた時は、やっぱりお互いぎこちない関係だった。
掃除・洗濯・炊事などは、世話になるからと妹の方が自主的に申し出てくれた。
また、自分のお小遣いぐらいは自分で稼ぐとバイトなどもしていた。

一応、生活費などもあるから、俺の預金を下ろせるように銀行のカードももう1枚作ったのだけど、数ヶ月経った時に確認してみると、どう見ても2人が生活してるような金額が下ろされていない。

聞いてみれば、自分がバイトしたお金を先に俺の分も含めて生活費に当てて、それでも足りない分を下ろして使っていたらしい。

髪の毛とかも、自分で切ってたみたいだし、新しい洋服を買った形跡も無い。
雑誌やCDなども買った形跡もない。
土日でも、ずっと家にいて家事とかしていて友達と遊びに良く気配もないし、よく見れば携帯電話すらつかってるのを見た事が無い。

次の休日、俺は妹を連れてまず美容院へ行き、
美容師に『可愛くしてあげて。全部任せます。』と言った。

その後は、洋服を買いに行った。
最初は『要らない』と言っていたが、俺が『なら、俺が勝手に選ぶ』と言って、
電車の中かで女子○生とか女子大生が着てたものを思い出しながら、
店員とも相談しながら勝手に選び、ほぼ無理矢理試着させ大量に服を購入した。
(下着まで女性下着専門のショップに入って、俺が選んだ・・・正直恥ずかしかったよorz)

さらに、携帯電話も要らないという妹を尻目に、勝手に選び妹名義で支払いは俺の口座引き落としにして契約し、
『使うも使わないもお前の自由だ。』と言って妹に渡した。

それ以降、妹も徐々にだが笑うようになり、それなりに若者らしい言動が出てくるようになった。
もともと可愛いというものあったが、俺も最初は妹として『可愛いなぁ』と思うようになっていった。

妹が可愛くて一緒に居たくて、仕事が休みの日は毎回のように誘って、デート?を楽しむようになった。
ただ、当時俺は彼女と別れたばかりだったし、仕事も忙しくて毎日終電に近い時間に帰っていて、
新しい彼女を作る余裕も無く、そんな中、妹を引き取った。

妹も一緒に住んでるしロクにオナニーも出来ない。
妹も打ち解けてくると、風呂上りにはバスタオルだけ巻いた状態で家の中を歩くようになったりするし、
只でさえ可愛いと思っているのに、俺のモヤモヤも限界に近づいてきた。

半年前の休日のある日、俺は仕事上のトラブルでちょっとイライラしていて、夕方から酒を飲んでいた。
妹にも偶には飲むか?と聞いたら飲むといったので一緒に深夜まで飲んでいた。

(うちの家系は大酒飲みの家系で、俺も親父に進められて小学1年で既に酒飲みだった。
父親が同じなら、同じ事してるだろうと思ったらやっぱりだった。)

妹は今18歳で、今年の3月に高校卒業して4月から大学に通ってる。

かなり酔っ払って、『お前彼氏とか居ないの?』とか『そういうお兄ちゃんは?』とか彼氏・彼女の話題になっていた。
俺は、仕事も忙しく、それで前の彼女とも上手くいかなくなって別れたとか話した記憶がある。
妹は付き合うとかそういった事は全く無かったと言っていた。

俺は酔ってる事もあり、『じゃあ俺が彼氏になるか』と言うと、
妹が『一緒に住んでるし、家事もしてるし、デートもしてるし、夫婦の間違いじゃないの?』と返してきた。
俺は『そうか、じゃあ夫婦だったらキスしてもいいよな?』と言い、妹の隣に行き、キスしようとした。(この時点で俺は冗談のつもり)
妹は目を閉じてキスされるのを待っている。
俺はもう少しでキスするかしないかの位置で、『なぁ、本当にしちゃうぞ?』と聞くと、妹からいきなりキスしてきた。

俺はもう、何がなんだかわからない状態になって、しばらくキスしたまま呆然としていた。
だんだんと冷静に(だけど興奮している)なっていき、普通のキスから舌を入れてディープキスをした。

ディープキスをしながら、妹の背中に手を回し、Tシャツの上からブラのホックを外し、
Tシャツの下から手を入れて、胸や乳首を直接愛撫した。

ディープキスしながらでも、妹の息遣いが荒くなっていくのが分かり、
息苦しさから、妹から顔を離したので、俺は首筋などをキスしながら胸を愛撫し続けた。
しばらく、愛撫した後、そのまま妹をお姫様抱っこでベットへ連れて行き、
上着だけ脱がしてベットへ寝かせ、舌で乳首を舐めまわし、手はスカートの中へ入れ、
下着の上からクリトリスを愛撫した。

次第に、下着が湿っていき、妹が『このままじゃ下着が染みに残っちゃうよ』と言うので、
スカートは履かせたまま、パンツだけ脱がし、クリトリスを直接愛撫した。
しばらく、キスしたり乳首を舐めながら、クリトリスを愛撫し続けると、
妹が一際大きな嬌声と共に体がビクッとなり、イってしまった。

しばらく、髪の毛を撫でたりして妹の意識が戻るのを待った。
妹が気が付くなり、行き成りキスしてきて、『初めてなのに気持ちよかった。』と言ったので、
俺は『お前、処女なの?』と聞くと『誰とも付き合ってないんだもん、処女に決まってるじゃん』と言った。

俺は、さすがにこれ以上はマズイと思っていたし、流石に妹の処女まで奪う訳には行かないと思い、
『じゃあ、シャワーでも入って綺麗にするか』と言うと、妹が『最後までしてくれないの?』と言い、
そこで俺の理性は完全に飛んだ。

俺は『後で後悔しても知らないぞ』と言いながら、妹を完全に全裸にして自分も全裸になった。
シックスナインの体勢になり、妹にフェラをさせながら、俺もクンニをしながら指でクリトリスを刺激し続けた。
流石に妹はフェラチオ自体始めてなので、クリトリスとかを刺激した時に
ビックリしたりしてちょっと歯が当たったが、特に噛まれるという事は無く、
しばらくした後、妹の口のなかで射精した。流石に最初は飲めるはずもなく吐き出した。
そして、その後、俺もクンニで妹を逝かせた。

ぐったりしている妹を仰向けに寝かせ、正上位の体制にしたあと、潤滑ローションをマンコとペニスに大量に塗った。
(ローションは前の彼女が濡れ難い体質だったので購入していたもの)

ぐったりとしている妹に『本当に入れるぞ?いいんだな?』と聞くと、
ろれつがおかしいながらも『いいよ』と言うので、そのまま一気に根元まで挿入。
ちょっと痛かったのか顔をしかめたが、2回逝かせたのとローションのおかげなのか、
思ったほど痛く無いという事なので、そのままゆっくりと動き始めた。

妹は処女だったので、単純に正上位で動いてるだけだったけど、
既に2回イっていて敏感になっていたのか、妹は短時間でイッてしまったが、
俺も既に理性が効かない状況なので、妹がイっていても関係無く動き続けた。

挿入してから妹が3回ほどイッた所で俺も下半身がぞわぞわとしてきて、
射精が我慢できなくなり、『俺も逝くぞ』と言うと妹が『いっぱい頂戴』と言うので、そのまま妹のマンコに中出しした。

2ヶ月程度は仕事の忙しさと妹との同居生活でオナニーしていなかったので、
溜まりに溜まった精子が大量に妹のマンコに出され、入りきらない精子がドロドロと溢れてきた。
しかも、1回の射精では欲求不満が収まらないのか、勃起したまま。

妹が精子を中出しされて、『なんか暖かくて変な感じだけど気持ちいいね』と言った。
俺がペニスを抜こうとすると、『まだ大きいままだし、満足してないんじゃないの?』
『1回したら2回も3回も一緒だよ。満足するまでしていいよ。』と言ったので、
ペニスを抜く事なく、休憩も取らずに2回戦目に突入した。

結局、翌日も日曜日でお互いに休みという事もあり、朝方の8時頃まで休憩を挟みながら、
4回以上もエッチをしていた。(4回目以降は数えてないです)
その後、2、3日は妹の下腹部の痛みが治るのを待ったが、それ以降は生理や体調不良以外は
ほぼ毎日のペースでエッチしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。