後輩と彼女と、俺の性癖

実はおれは包茎、しかもカントンで、勃起してもむけないのが悩みだった。
だけどちひろがそういう知識にうといのをいいことに(てか女ってみんなそんなもんなのかな)、
皮かぶったちんぽをいつも当たり前のようにしゃぶらせたりもした。
挿入は、俺が痛いからいつもゴムつきだが。

こんな感じで、大事な入試前の秋から冬にかけて俺はまったく勉強どころじゃなかった。
まじめなちひろは勉強もしっかりがんばっていて、その年に見事地元の国立の大学に合格。
一方俺はというと、ちひろとのセックスのせいにするわけじゃないが案の定全滅…。
悩んだ末、親に頼み込んでもう1年やらせてもらえることになった。
学年はひとつ下になるけど、来年こそは絶対にちひろと同じ大学に受かってみせると俺は心に誓った。
とは言っても、ちひろの大学は俺の家からも予備校からも割と近かったし、
ちひろは予備校の寮を出て一人暮らしを始めたので、
俺たちは変わらずちひろの家で会ってはセックスをしていた。
予備校では、俺の他にも数人2浪目突入のやつらはいたが、そうは言ってもだいぶ少数派だった。
1年間肩身の狭い思いをするのも嫌だったので、俺は積極的に後輩達に話しかけて行った。
そのうち後輩達ともだんだん打ち解けていったんだが、そのなかのひとりに、
ちひろの高校の後輩・学(まなぶ)がいた。
さっきも書いたが、ちひろは離島の出身で、小学校から高校までほとんど同じ顔ぶれらしく、
人数も少ないので学年に関わらずみんな仲がよいらしい。
大学が近いこともあって、ちひろはたまに予備校に顔を出しに来ていたのだが、
まなぶの姿を見つけると仲良さそうに会話したりしていた。
この時は、俺には特に嫉妬はなかった。実家を離れてひとり暮らしをしているちひろにとって、
まなぶは数少ない昔を語り合える友人なんだなあくらいに思っていた。

予備校の後輩達には、俺とちひろが付き合っていることは言っていなかった。
というのも、ちょくちょく予備校に顔を出すちひろの身体をみんなジロジロ見ては、
エロい体だの一発お願いしたいだのぬかすもんだから、言い出すタイミングを逃してしまっていたのだ。
そのうちに、まあ別に黙っててもいいかと思うようになった。
ちひろとは相変わらずセックスばかりしていたのだが、ゴールデンウイークを過ぎたあたりだろうか、
だんだんと誘いを断られることが増えてきた。
ちひろはサークル活動なんかもしてたので、大学生なんだから仕方ないかとがまんしていた。
ここでまなぶについて詳しく書いておく。
こいつは、はっきり言って非の打ち所のない男だ(浪人してること以外)。
色黒で、顔は普通にかっこいいし、長身で体格も良い。
中高とバスケをしていたらしく、東京の有名私立大学からバスケで特待をもらっていたらしいが、
医者になるためにそれを蹴って浪人を選んだらしい。
高三の12月まで部活があったらしく、それがなければ現役で国立の医学部医学科に入っていたと思う。
それくらい頭もよくて、予備校ではひとりだけ頭ひとつ抜けた存在だった。
俺が勝てることと言ったら年齢くらいだと思う。
ちひろの後輩というのもあり、そんなまなぶとおれはだんだん仲良くなっていき、
そのうち下系の話もするようになった。
話によるとこいつはけっこう遊んでたようで、初体験は中学で済ませ、
高校でも校内のいろんな女とヤリまくっていたらしい。
それを聞いたときは、離島の小さな高校だからまさかちひろも‥と思ったが、
「ちひろさんともやっとけばよかったなぁ~あんないい女になるなんて思わなかったっすよ」
という言葉を聞いてホッとした。
同時に、こんな非の打ち所のないイケメンがやりたがる女と俺は付き合っていて、
セックスしてるんだと誇らしくも思えてきた。

話をちひろとのことに戻そう。
ゴールデンウイーク過ぎたあたりからだんだんと疎遠になり、
4月には毎週末はちひろの家に泊まり込んでヤリまくっていたのが2、3週間に一回くらいになり、
泊まった日も生理だの疲れてるだので断られることが多くなった。
怪しいとも思ったが、大学の授業にサークルにバイトにと、
まじめなちひろのことだからがんばりすぎて疲れてるんだろうなと思った。
それに、付き合いが長くなれば多少のまんねりは仕方ない、
これも仲良くなった証だとプラスに解釈していた。
しかし、俺のそんな思いはあっという間に崩れ去った。
「しんさん、俺ついにちひろさん食っちゃいましたよ」
にやけた顔で、俺とちひろとの関係など知らないまなぶが誇らしそうに言った。
初めて、頭の中が真っ白になるというのを感じた。
しばらく放心状態だったと思う。長いこと意識を失っていたような感覚だったが、
実際にはわずかな時間だったのかもしれない。
気づいたときには、まだまなぶがべらべらとちひろとのセックスのことをしゃべっていた。
「まじエロいっすよ~あの女。ずっとおれのちんぽでイキまくりwあげくにはには潮噴いて失神ですよ。」
…おれとのセックスでは、ちひろは失神なんてもちろんしたことないし、
潮ふきどころかイカせたこともない…
「俺がゴールデンウイーク帰省したときに、たまたまちひろさんも帰省してたんすよ。
ちょっと誘ったら楽勝でしたw」
「彼氏のセックスじゃ全然満足できないらしいっすよ。テクなしだし何よりちんぽが小さいってw
彼氏しか経験なかったから今まではそれが普通と思ってたらしいけど
、俺のちんぽ入れてからは彼氏の小さいのじゃダメだって。かわいそうっすよね~彼氏さんw」
「イッたこともなかったらしいから、指で軽く何回かイカせて、潮もふかせてやりましたよ。
けどまさかちんぽでもふくとは思わなかったっすよw」

…信じられない…ちひろが…
しかし、たしかにつじつまは合う。
ちひろと疎遠になりだしたのはちょうどゴールデンウイークを過ぎたあたりからだ…。
その日、俺はすぐにちひろに連絡をとってみた。
今週末ひさしぶりに会えないかと‥。
予想外に返事はオーケーだった。
彼女にオーケーされるのが予想外というのも変な話だが、
このときは、まなぶの話にショックを受けながらも、
心のどこかでなにかの間違いかもしれないと希望を持っていた。
約束の週末、土曜日。俺のテンションは最高潮だった。
ひさしぶりに会えるということで浮かれて、まなぶの話は嘘にちがいないと、
なんの根拠もなく思い込んでいた。
予備校は土曜も授業があるので、ちひろとは授業が終わった夕方に会う約束だった。
はっきり言ってもう授業どころではなかった。
うかれた心と、膨れたちんぽをなんとか抑えながら、ようやく授業がすべて終わった。
小走りで駐輪場までチャリをとりに行き、いざちひろのもとへ向かおうとチャリをこぎだしたときだった。ケータイのメール着信音が鳴った。ちひろからだ。
なにか嫌な予感がした。そして、その予感は当たっていた。
『しんごめん、今日急に実家から両親がくることになって、会えなくなっちゃった…ホントにごめん><』
なんだよそれ…ちょうど今から会おうって時に…おれは一気に落胆した。
しばらく落ち込んでいたが、どうせ他に用事もないし、
せっかくだから少し自習して帰ろうと思い、予備校に戻ることにした。

予備校の方に折り返すと、1台のチャリがこっちのほうに向かってきていた。まなぶだ。
ひとりで自習するのも何だから、俺はまなぶを誘うことにした。
「おーまなぶ。いっしょに少し自習して帰んないか?」
「え!あ、…すんません、今日ちょっと体調わるいんで早く帰って寝ようかなあとか思って。すんません」
どこか慌てた様子で、そそくさと帰っていった…
……帰った?まなぶは帰った?…いや、おかしい。
ちひろの家と、まなぶが入ってる予備校の寮とはちょうど反対の方向なのだ。
まなぶは確かに、俺が行こうとした道、つまりちひろの家の方へとチャリをこいでいった。
体調がわるいから早く帰る、というのは明らかに嘘だ…なぜ…。
とても嫌な汗をかいていたが、気づくと俺はちひろの家の方へと急いでいた。
めいっぱいたちこぎして、やっとまなぶに追いついてきたところで、
そのままある程度の距離を保ってまなぶのあとをつけた。
見覚えのある道…まなぶが止まったのはちひろのアパートの駐輪場だった。
なにかの間違いだ…確かにまなぶはちひろの家に入ったが、きっとなにか用事があるだけなんだ!!
……混乱した頭ではこんなことしか考えられなかった。
ちひろの家に乗りこもうかとも思ったが、そんな気力は残っていなかった。
放心状態で10分ほどいたようだった。我にかえった俺はちひろにメールしてみることにした。
いちるの望みを託して…
「やっぱ今日は会えないよね?…なんか、ちひろの顔すげえ見たくなってきちゃったよ」
ものの1、2分で返信はきた。
「ごめん、もうお母さんたちうちにきちゃったんだ…また今度ね!!ホントごめん><」
なんでだよ…なんでうそつくんだよ…お前のうちにきたのは…
お前が今いっしょにいるのは……まなぶじゃないか…ちひろ…
まなぶの言葉がおれの脳裏をよぎる…
…ちひろを頂いた…ちひろをいかせまくった………ちひろはおれのセックスじゃ、俺のちんぽじゃ不満…

こんな状況で、俺は自分の体の変化に気がついた……そう、勃起していたのだ。
俺がこんなとこでどうしようもなくちんぽ勃起させてるときに、まなぶは…
そして俺の彼女のはずのちひろは………。
俺は混乱しながら、ふらふらとアパートの裏にまわった。ちひろの寝室の窓があるところだ。
この場所は、塀と隣のビルで、道路やまわりのビルからは完全に死角になっている。
俺は危ないから閉めるように言っているが、だからちひろは寝室の窓は常に開けたままにしているのだ。
寝るときも、アノときも………。
窓のすぐそばまできた。中から特に物音は聞こえない。
聞こえるのは尋常じゃなく脈打つ俺の鼓動だけだった。
そっと、カーテンの脇から中をのぞいてみる。
バレないように、そっと、そっと…
頭をハンマーで殴られたような衝撃 とはまさにこのことだと俺は思った。
そんな光景がいきなり俺の目に飛び込んできた…
ベッドの上に仁王立ちしているまなぶ。
そして、その前にひざまずき、一生懸命に顔を動かしているのが、ちひろだった。
しかもまなぶは手を自分の腰にあてた状態で立っていた。
ちひろのほうが、まなぶの尻に手を回し自分から必死にしゃぶっていたのだ…
さらに驚いたのが、まなぶのモノだ。
ちひろの口は、いっぱいにほおばると、ちょうど俺のちんぽをきれいに咥えこむくらいだ。
今目の前でちひろは、目一杯ほおばっている。しかしそれでもほとんど咥えこめていない。
ちひろの口に入りきらずに見えている部分だけでも、俺と同じか、もっと大きいかもしれない…。

ちひろが…自分の彼女が、目の前で自分の倍以上もあるデカチンをしゃぶらされている…。
いや、みずから好んで咥えこんでいるのだ…
こんな屈辱的な状況で、まなぶの半分以下の俺のモノははちきれそうなほど勃起していた。
同じ勃起でも、まなぶはちひろの口の中で、俺は汚いパンツの中。
こんな状況が、まなぶと俺のちんぽの違い、男としての能力の違いを見事にあらわしているように思えた。
ちひろは俺の彼女だ。だが、優秀なオスの前ではそんなことはなんの意味もなさない。
たとえ俺の彼女であっても、より優れたオスの前ではみずから喜んでひざまずき奉仕をするのだ。
劣ったオスは、ただそれを見ていることしかできないのだ…。
そんなことを考えながら、俺のモノはパンツの中で皮をかぶったまま射精してしまっていたのだった。
その後もちひろのけなげなフェラは続いた。
俺にはしたことのないねっとり濃厚な激しいフェラ――と言っても、
それは俺がそんなことされる前にいつもあっという間にイッてしまう早漏だからだが――
射精後の放心状態のまま俺は見つめていた。
「そろそろ入れてやろっか。じゃあいつものやってよ(笑)」
と言いながらちひろの小さな口からちんぽを引き抜くまなぶ。その声で俺は我にかえった。
やっと全貌が明らかになったまなぶのちんぽは、短くみてもゆうに長さ20センチ以上はあり、
逞しく反り返っていて、まるでテニスボールのような巨大な亀頭がへその上まできていた。
皮をかぶってしわしわにしぼんでいる自分のちんぽと見比べると、とても同じ器官とは思えなかった。
「いつもの」とはなんだろうかと思いながら見ていると、
まなぶのちんぽをとろんとした目で見つめながらちひろがおもむろに四つん這いになった。
初めて見るちひろの顔だった。そしてこう言った。

「まなぶくんのおっきいちんぽ、ちひろのおまんこにぶち込んでください。
もうちひろのおまんこはまなぶくんのデカちんじゃないとだめなんです…」
「女の子がよくそんな言葉言えるね(笑)ちんぽだまんこだデカちんだって(笑)」
「だってまなぶくんが言えって…」
「え?なに嘘なの?じゃあいらないんだ~」
と言いながら、巨大なちんぽでちひろの尻をぺしぺし叩く。
俺のちひろ…むっちりしたでかめのお尻は、ちひろの体の中で俺がもっとも好きな部分のひとつだ。
ちひろ自身も気に入っているようで、以前興味本位で叩いてみたときには軽くきれられた。
ましてやそのお尻をちんぽで叩くなんて…俺にはとてもできない。
と言うより、ちひろがそれを望まないはずなのだ。
ところが… 「あん…ごめんなさい、欲しいの、ちひろおっきいの欲しいの、ごめんなさい…」
自分の体の中で好きな部分と言っていたお尻をちんぽで叩かれたちひろは、
まなぶにきれるどころか、謝罪の弁を述べながら、なおもその巨大ちんぽをおねだりしたのだ。
「しょうがないなあ。じゃあ他にもやることあるでしょ。
…ははは、そうそう、お尻ゆらゆら揺らして……エッロ(笑)お前ホントえろいのな(笑)」
まなぶのデカちんの下でゆらゆら揺れるちひろのデカ尻…
ちひろのデカ尻には、まなぶのデカちんがもっともふさわしかった。
「…おれも我慢できねーや、入れるぞ…」
ちひろのデカ尻を両手で鷲掴みにし、巨大な亀頭の照準をあそこに合わせた。
ゆっくり…ゆっくりとまなぶが腰を突き出していく…ちひろの声は絶えることなく響いていた。
俺が聞いたことのない声。よくAVであるようなかわいらしい声ではなく、
体の芯から快感を感じているような声。
まだ半分も入っていないところで、ビクビクけいれんしながら更に大きな声をあげるちひろ。
これも初めて見る姿だ。

「お、一回目~」当たり前のように挿入を続けるまなぶ。
いつもデカちんぽでイカせまくっていることがよくわかる。
「あ、あ、あ~あ、だめ、あ~」
普段から考えられない情けない声をあげるちひろ。本当に感じているとこういうものなのか…。
「また今日も入れ終わる前にイきやがった…今日は許してやんねえぞ」
と言うと、まなぶはまだ10センチ以上残っている部分を一気にちひろの中に突っ込んだ!
「ああ゛ああ゛あ゛ーーー!!!」
悲鳴に近い声をあげ、体をのけぞらせて再びけいれんするちひろ。
そんなちひろに構わず、まなぶはデカ尻を握りしめて激しくピストン運動を始めた。
ちひろは断続的にけいれんし続けていた。しかしその表情は彷彿としていた。
「ああ~奥ーおくーー!!」徐々に慣れてきたのか、だんだんとこんな言葉をあげ始めた。
「ちひろさん奥がいいんだもんねー。彼氏の短小ちんぽじゃバックしててもすぐ抜けちゃうんでしょ(笑)」
…思い当たる節はあった。以前一度バックに挑戦したが、
指摘どおりすぐに抜けてしまい、それ以来していない。
「ほらほら!!彼氏のちんぽとどっちがいいの?」
「こっちぃ!こっちぃ!まなぶくんのおっきいちんぽがいいのぉ!!!…ああ!!」
「へっ、えろ女め…しんさんと俺とどっちのちんぽがデカい?どっちのちんぽがいいんだ!?」
「ああ!まなぶくんのぉ!しんのちっちゃいちんぽよりまなぶくんのデカちん!あああああ!!!」
「っははははは!…だってよ?しんさん(笑)」

!!!??………え…こいつちひろの彼氏が俺って知ってたのか?いつから?…ていうか……
「いるんでしょ?しんさん。」
ばれてる。やばい。どうしよう。どうする、どうする、どうする、どうしよう、どうしよう…
混乱した頭では同じ言葉がぐるぐるとただめぐっていた。
時間にしてほんの1、2秒だったのだろうが、とても長い時間に感じられた。
「その窓から入れるでしょ?とりあえず入んなよ」
俺は名前を呼ばれた瞬間にとっさに身を隠していた。
逃げようと思えば、このまま逃げることもできたわけだ。
まなぶには確実にばれてはいるようだが、ここで逃げればまだしらを切ることも可能だったはずだ。
だが、俺の足はまったく動かなかった。
はっきりした理由はわからないが、後々考えて思ったことは、
このときに俺の中の寝取られマゾ属性が目覚めていて、目の前の光景に興奮し、
それを最後まで見届けたいという思いが無意識にあったのではないか、ということだ。
どうしていいかまったくわからず、俺はまなぶの指示通りに窓から中に入ることにした。
中をのぞきこむと、なんとまなぶとちひろはまだバックでつながっている状態であった。
俺のちひろに…そんなもの突き刺したまま、とりあえず入れとかこいつは言っていたのだ。
というか、そもそもここはちひろの家だろうが。何様だこいつは。
などと、一瞬怒りに似た感情も覚えたが、そんなやつの言葉に従って、
狭い窓からなんとか彼女の家の中に入ろうとしている自分の情けなさにすぐに打ち消された。
直視はできなかったが、チラッとだけちひろに目をむけてみると、その表情は明らかに動揺していて、
視点が定まらずにきょろきょろと目を動かしていた。
しかし、けっしてまなぶのちんぽを抜こうとはしなかった。

「しんさん、のぞきとかまじたちわるいっすよ(笑)」
「ご、ごめん…」
彼氏の目の前で彼女にちんぽをぶち込んでいるというこの状況にも関わらず、まなぶは平然としていた。
俺へ謝罪する気などまったくないといった態度だ。
それに対し、目の前で彼女を犯されてるのにどもりながらなぜか謝る俺…。
「まあ別にいいけど。とりあえず一発終わらせますね、今こんな状態なんで(笑)待っててください。
あ、見ながらオナニーでもなんでもご自由にどうぞ(笑)」
と言い終わらぬうちに、まなぶは再びピストン運動をはじめた。
「ああん!!」 最初の突き上げと同時に、ちひろが再び大きくのけぞり悲鳴をあげた。
「ちひろさん彼氏来ちゃったよ~やめよっか?」 まなぶがペースを緩める。
「あ…だ、だめ…」 「なにがだめ…な……の!?」 まなぶが再び激しく突き上げた。
「あああー!や、やめないでー!!」
「はははは(笑)だってよ?しんさん(笑)じゃ彼女さん公認てことで遠慮なく続けさせてもらいますね(笑)」
「彼氏さんとどっちが気持ちいんだっけ?」 「あん、あん!…い、言えない…よぉ…」
「言わなきゃやめるよ?」 冷たく言い放ち、腰を止めるまなぶ。
「…え…無理だよぉ…」 「どっ・ち・が・い・い・の!!!?」 まなぶが激しく腰を打ちつける。
「あああぁぁ~おっきい~!!おっきいの気持ちい、デカちん、デカちん~!」
「だれの!?だれのデカちんがいいの!?」
「まなぶくん、まなぶくん、まなぶくんのデカちん!……あぁ!!」
ちひろの髪の毛をつかんで後ろをむかせ、強引に唇を奪うまなぶ。
俺には真似できないなんともサディスティックなキス。
驚いたのは、ちひろがそれを受け入れるどころか喜んで応じているように見えたことだ。

俺には尻を叩かれただけで怒るのに、まなぶには、尻をちんぽではたかれ
、髪の毛をつかまれても喜んで応じているのだ。
まなぶと俺とのオスとしての格の違いを見せつけられた気がした。
その後もまなぶの圧倒的な攻めは続き、ちひろは何度となくイキ続けた。
その表情は、目はうつろで口は半開き、メスとしての喜びをかみしめているといった感じだった。
「あ~ちひろさんのまんこまじいいわ…ああそろそろ出すぞ。
どこがいい?今日はたしか安全日でもないし、さすがに生中出しはやめとくか(笑)」
生理の周期まで知っているのか…それにこの言い方は、いつもは生中出ししてるってことか…。
俺は中出しはもちろん、生挿入さえさせてもらったことがない。
それは俺が包茎ということも原因ではあるが…。
「じゃあ口に出してやるから飲めな。」 「あん、あぁん…はい…。」
フェラくらいなら、俺もしてもらっている。
だが、きたないからと言って、まんこに挿入したあとはけっしてなめてはくれなかった。
頼み込んで一度だけ飲んでもらったことはあるのだが、苦いと言ってそれ以来飲んでもらえないでいた…。
「じゃ合図したらいつも通りな………ほら!!」 パシンッ!!
ラストスパートの激しいピストン運動の後に、まなぶがちひろの尻を平手打ちしてちんぽを引き抜いた。
するとちひろが犬のように振り返り、今まで自分の中に入っていた巨根を思いっきり口にほおばった。
ちひろはまなぶのちんぽをいとおしそうにのどの奥まで必死にほおばった。
しかし、それでもまなぶのデカちんはまだ10センチ以上余っており、
まなぶはちひろの頭を両手で掴んで腰を打ちつける。

「あ~いくぞ!………ほら!!」
ビクッビクッと震えながら、まなぶはちひろの口の深くまで腰を打ちつけ射精しているようだ。
ちひろは、苦しそうな表情をしているが、そこに嫌悪感のようなものは感じられず
、現にその両手はまなぶの腰から尻のあたりにしっかりとまわっていた。
まなぶは、目を閉じて気持ちよさそうに腰を小刻みに動かしている。
最後の一滴まで残さず口に出すつもりなのだろう。
俺はこの光景を見ながら、さっき射精してぐちょぐちょのパンツの中で再びちんぽを勃起させていた。
後輩のまなぶが俺の彼女であるちひろの口に欲望を残さず好き勝手にぶつけている目の前で、
先輩でありちひろの彼氏である俺は、汚れたパンツの中で情けないちんぽを勃起させているだけなのだ。
そんな無言の時間が続いた。ほんの数秒だったのだろうけれど、なんとも言えない時間だった。
「あ~」 その沈黙を破るように、ため息のような気持ちよさそうな声を発しながら、
ついにまなぶがちひろの口からちんぽを引き抜いた。
射精して半分萎えているような状態だが、それでも俺の勃起の二倍程度あるんじゃないだろうか。
「どうすんの?」 ちひろの唾液でいやらしくテカっている巨根でちひろの頬を叩きながらまなぶが言った。
ちひろはうなずくと、目を閉じて一気に飲み込んだ。
俺の位置からちょうど喉の動きが見えて、ゴクンという音が聞こえてくるかに思えた。
それからの事はあまり覚えてない。
気がついたら体中が精液まみれになり失神した彼女に、俺は自分で扱いて発射していたのだった……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。