友人夫婦からの申し出…好きだった元同僚女とのスワッピングが最高に興奮した

ぴゅあらば

友人夫婦からスワッピングを申し込まれたんです。奥さんの陽子は、もともと僕の会社での後輩で、男女関係ぬきですごくいい友人でした。

彼女は珍しいことにベルギー人とのクオーターで、170cmほどのすばらしい体格をしており、バストもヒップもゴージャスで、それこそ日本人離れしています。顔つきは、わずかに外国人を思わせる程度ですが、茶色の瞳と髪、そしてどこか透明感のあるような肌は、人目につくし、誰が見ても美人といえる女性です。頭も良くて、僕は彼女が入社した途端好きになってしまいましたが、彼女には彼氏がいて、その彼氏となにかの機会に会って断念しました。

ハンサムではないのですが、竹を割ったようなカラッとした性格で、僕でも、「男心にほれる」というようなイイ人だったんです。そのうち僕の方にも恋人が出来て、恋愛感情で彼女に接することはなくなりました。なぜか、彼の方でも僕がすごく気に入ったみたいで、一目置いて接してくれるようなところがあり、カップルで仲良くするようにもなりました。

結婚は彼らの方が早かったのですが、僕も程なく結婚し、夫婦ぐるみの付き合いということになりました。その後、彼女は結婚退社しました。僕の嫁さんも、彼のことを、いい人だいい人だと常々言っています。そうして、2年ほどたち、僕にとっては急なスワッピングの申し込みです。

奥さんの陽子は、猥談もサッパリこなす人でしたが、こんな申し出があるとはびっくりしました。それより驚いたのが、僕の嫁さんが、それを拒否しなかったことです。陽子とウチの嫁さんは、僕以上に連絡を取り合っているので、なにか示し合わせていたのかもしれません。

でも、嫁さんが向こうの旦那さんに気があるのではないかと、ちょっと複雑な気分でした。陽子が「でも、○○○(僕の名前、彼女は僕を名前で呼んでいます)先輩いやじゃない?」と言ったり、ウチの嫁さんが「それないよ、でも○○○くん、陽子ちゃんファンだからなあ、マズイかなあ」

「大丈夫、あたし、○○○先輩タイプじゃないもん!振っちゃう」とか、なにかやんわりといった感じで話をすすめていくのに言葉も無く流されてしまいました。Hして振るも無いだろう…とか思いましたけど。

そうこうして、結局、その日がやってきました。とはいいながら、僕は積極的には賛成しなかったものの、陽子と一度は体を合わせてみたいという下心は満々でした。ウチの嫁さんは小柄でボーイッシュなタイプで、Hのノリも明るくて不満はないんですが、陽子みたいな百点満点のグラマーの体を自由にメチャクチャにできるとおもうと、やっぱりたまりません。

あんまり親しくて、ヘンな気分もあるのですが、確かに好きな女性でもあるし、僕の股間はもう3日も前からビンビンという感じでした。当日は翌日休みの日を選び、2つのペアが別々に外で待ち合わせて、ホテルも別々でした。ウチの嫁さん組は、遅めにいいホテルで待ち合わせでしたが、僕・陽子組は僕の退社時間に待ち合わせて、ゆっくりデートを楽しんだ後、ラブホテルに繰り込みました。

デート中はいまいちわけがわからないままで緊張している僕を、陽子はリラックスさせようと努めているようでした。食事の後、公園を散歩して、ベンチでキスをせがんだり、体をこすりつけるようにしてスキンシップをはかってくるのです。舌が長いのか、ウチの嫁さんのキスと違って、ねっとりと口の中をかき回すようなキスです。

スキンシップもボリュームたっぷりの柔らかい肉で、僕の全身を包んで愛撫するような感触で、それだけで射精してしまいような気持ちよさです。ホテルでは、僕に服を脱がすように頼み、時代劇で手ごめにされる町娘を気取って、「アーレー」とかふざけたりして、緊張をほぐしてくれました。「お風呂いっしょに入ろ」と誘ってきて、頭から背中まで洗ってくれて、僕にも同じように洗うようにせがみ、なんだか兄妹みたいな具合でした。

もちろんはじめて見る彼女のヌードはすばらしく、目の前で鮮やかなピンクに上気して揺れる乳房は生つばものです。はずかしながら、オチンチンを洗ってもらっているとき、早くも射精しそうになりました。でもそのとき陽子は、すごく驚く行動に出たのです。

「ヤバイよ、陽子、ちょっと出そうだって」というと、「え、出るのっ?あ、ちょっと我慢して!」と言うなり、僕の股間を流し、飛びつくように膝に乗ってきて、すっぽり僕を飲み込んでしまったんです。そのままコアラのように僕にしがみつき、クイクイと腰を振るので、僕はアッ言うまもなく陽子の中に出してしまいました。締まりは嫁さんほどキツくないのですが、全体で軽く吸い付くような陽子の膣はなにか子供の頃、温泉の中で思い切りオシッコを解放した時のような、あったかいような気持ちよさがあって、僕は思わず、「あああ~」と情けない声を上げてしまいました。

ホントに射精の最中は、身をヨジりたくなるような初体験の気持ちよさでした。しばらく陽子を膝に乗せて、密着して動けなかったのですが、なにしろよその陽子の体内に、タップリと精子を注ぎ込んでしまったんです。恐る恐る、「…そのまま出しちゃったよ」と言うと、陽子はしばらく、僕の方にあごをのせたまま無言でしたが、パッと僕と顔を突き合わせて、クチャっと笑顔を作って、そのまま何事もなかったかのように再び僕の体を洗い始めたのです。

ベッドでも陽子は絶品でした。なにかと嫁さんと比べてしまうのですが、嫁さんがサッパリしたザルそばだとしたら、陽子は極上の大トロです。はじめて合わせる素肌は、ほんとうに吸い付いてくるのです。

全身がわずかにミルクくさいのは、彼女のセクシーな外見からはちょっと意外でした。普段そういう香りの石鹸でもつかってるのかもしれません。一度射精した僕を、彼女は丁寧にフェラチオしてくれました。

「美紀ちゃん(嫁さんの呼び名です)はどうしてくれるの」と聞くから、「その、玉、カポッてしたり、あと、アレだけどアナルとかも…」というと、「お尻はしてあげたことないなあ」といいながら、きんたまを含むんで転がすのはもちろん、アナルもしつこいくらいになめてくれました。舌も張り付くような感じで、長いだけに焦らすように一舐めのストロークが長く、僕はうめき声を上げずにいられません。

僕の方でも、お尻をこちらに向けるように促して、股間から尻の谷間の奥まで、女の急所を必死で舐めまわしました。陽子は僕の股間から口を放そうとはせず、ノドの奥で甘えたような声を上げつづけます。割れ目からはドンドン潤滑液が湧いてきました。

彼女の匂いは全然くさいとは思いませんでしたが、嫁さんが無臭なだけに、割と僕には刺激があって、興奮は高まる一方でした。陽子ってこんな匂いがしたんだ、と思うと感動を覚えたぐらいです。僕の方が盛り上がってきたので、陽子の全身を責めることにしました。

責めがいのある体っていうのは、こういうのを言うんですね。大きな乳房から、スパッと平らなおなかから、運動選手のように格好よく肉のついた両足、芸術品みたいなお尻まで、もう犬にでもなったように舐めまくりました。彼女は全身にじっとり汗をかき、絶え間ない長いため息のような深い呼吸をときおり乱し、また時々体をピクピク震わせて、僕の奉仕に応えてくれます。汗の味を、ほんとうにおいしいと思いました。

じっくりと愛撫した後はもう、ひたすらハメてハメて、ハメまくりです。奥深くて、軽く吸い付くような陽子の膣はまるで麻薬みたいなもので、もどかしさに僕はもっともっとと、腰を振るたびにその感触を求め貪り、突いて突いて突きまくりました。中出ししてもいいのは風呂場でわかっていました。その理由を聞くな、と暗に陽子が言っていることも。

あらゆる体位で出しまくりました。正上位で一発、陽子を横にして、長い片足にしがみついた姿勢で一発、僕がヘトヘトになって動きが鈍くなると、陽子が僕を押し倒し狂ったような騎乗位で一発。僕が果てるたびに、陽子は激しいフェラチオでモノを固くしてくれます。その夜のラストの一発は、背面座位から高々と尻を上げたバックの姿勢になって、陽子のお腹の奥深くに思い切り、僕の体内の最後の汁を流し込みました。

文字通り精も根も尽き果てた二人は、そのまま崩れて重なって、気を失うように眠り込んでしまいました。眠ったのが何時か分かりませんが、およそ一晩中、二人は汗だくの体をくんずほぐれつ絡まりっぱなし、陽子は鼻にかかった甘い声をあげっぱなしでした。陽子の声は、獣のような外人の喘ぎ声とはちがい、甘えたような可愛い声でした。

翌日、目がさめると、二人ともひどい寝相でした。10時を過ぎて電話で起きたのですが、二人とも動けそうもないので、そのホテルはそのまま延長できたので抱き合って二度寝しました。しばらく眠ってから、半分まどろみながら、僕は今回のいきさつを聞いてみました。

きっとなんかあると思ったので、やはり話してほしかったんです。陽子はあっさり話してくれました。旦那さんが無精子症なんだそうです。

それを、ウチの嫁さんに相談するとも無く相談していて、最初は冗談で、子供ほしいから「○○○先輩貸してよ」とかいってたのが、そのうち二人とも本気になってきたんだそうです。最初は妊娠の可能性半々ぐらいと思ってたのが、本当に絶対無理だとわかったのが大きかったそうです。だからといって、僕の子供を…と思うのですが、なぜか旦那さんも陽子も、僕ならいいと思ったんだとか。

きっと簡単な気持ちではなかったと思いますが。でも、お互いの心の引っかかりがフィフティ・フィフティでないと、後々気まずくなるかもしれないし、旦那さんのプライドとウチの嫁さんのプライドもある。僕と陽子が肉体関係を持つなら、旦那さん、そしてウチの嫁さんの心の痛みを慰めるにはこの二人が同じように体を合わせるしかないと結論が出たそうです。

「なんで僕になんにもいわなかったの?」と聞くと、「ぜったい先輩、説教するもの。子供できないからって、そこまですることないとか言って」と笑いました。陽子の言うとおり、もし相談されたら僕は格好をつけてそう言ったでしょう。陽子は僕のことわかってるな、と思うと悲しいようなうれしいようななんともいえない気持ちになってしまいました。

僕が変な顔をしているからか、陽子は、「でも、先輩こんなにスケベだと思わなかったなあ。ショックですよー。先輩の子供だと、きっとすごいバカでスケベになっちゃうなあ」などとおどけて見せます。僕は陽子がほんとに愛しくなって、でもしんみりしたりして後をひくのは本能的にいけない気がしたので、「スケベで悪かったな、もう一回犯してやる!」とか言いながら、もう一度、陽子の体をモミクチャにしました。

陽子はキャーキャーいって這って転がって逃げ回りましたが、風呂場に追い詰めてマットに押し倒して挿入すると、ウットリ目を閉じ、口を半開きにして、射精するまでおとなしく僕に犯され、突きを受け止めてくれました。突くたびに揺れる乳房のセクシーな光景を、このときは余裕をもって楽しむことが出来ました。その後は、二人で体を洗いっこして、ゆったり湯船に。

昨日さんざん中出ししたザーメンがあふれて、二人の体のいろんな所にこびりついています。「あたしたち今、すっごい汚いかも」とか言いながら、ゼリーみたいにかたまってペタペタ髪の毛にまでついたのを洗い落としましたが、風呂から出て部屋に入ると、鼻が麻痺してて気づかなかった二人の体液の匂いがものすごくて、ちょっと二人とも赤面してしまいました。部屋を出る頃には、もう2時を過ぎていて、ペコペコのお腹を喫茶店で膨らましました。

二人とももう腰が抜けそうな頼りない感じで、顔を見合わせて笑ってしまうくらいだったんですが、お互いの家に帰る前にちょっとフッ切りたくて、映画館に入りました。ほとんどもたれあって寝てたんですが、いい区切りになりました。サッパリと、いつものように分かれることができたんです。これはうれしかったです。

家に帰ると、とっくに嫁さんは帰っていて、僕を見るなり顔を真っ赤にしてしまいました。僕はなんだか微笑ましいくらいに思ったんですが、嫁さんは首謀者の一人のくせに、今になって緊張しているようでした。その夜は、セックスはしませんでしたが、嫁さんがぼくにしがみついてきて、朝までくっついて寝ました。

陽子のうちでも同じようにして、寝たんでしょうか。陽子がすでに僕の子供を宿していると思うと、それを陽子もろともに抱きしめてくれている旦那さんがとても有難い気がしてきます。陽子が僕の子供を身ごもっていること自体が、なぜか全身がふるえるほどの喜びを感じさせてくれます。

まだ結果はわからないんですが、嫁さんは一度連絡を取ったようです。もし妊娠してなかったら、もう一度やるのかな。僕はもう、この肉ごとつながったような関係から離れたくないような気がします。

陽子の旦那さんに抱かれて照れている嫁さんが、すごく可愛く思えるんです。後で聞いたら、嫁さんあまりの刺激に失神してしまったそうです。僕に抱かれて失神したことなんかないのに。ちょっと嫉妬してしまいました。

そして、また陽子と肌を合わせたいな、添い寝するだけでもいいから生まれたまんまの姿で抱き合いたいな、と思うんです。それでお互いの体が収まるかどうかは分かりませんけど、それがとても素敵なことのように思えるんです。これが今の正直な気持ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。