中学時代の友人と久々の飲み会で衝撃…下に見てた奴のハメ撮りコレクションの中に俺の彼女が…しかも…

ぴゅあらば

今年の年末に実家に帰った時に、中学校の仲間から連絡があって、男同士だけど飲み会をする事になった。全部で9人集まって居酒屋に行きました。

その中にはヒロシもいたんですけど、ヒロシの変わり様にビックリでした。すげーオシャレになった感じで、昔の面影がありません。その中に、ヒロシと同じ高校に行った奴もいて、そいつの話だと、「俺らは、小さい時からヒロシを見てるから、ちょっと頭がおかしい奴みたいなイメージあるだろ?でも、高校で初めて会う奴にしてみたら、底抜けに明るくて、芸人みたいに見えるらしくて、すげー人気物だったんだよ!」って話です!ビックリでした。

僕らのグループは、僕も含めてヒロシを正直「下に見てた」ところがあります。イジって遊ぶ楽しい奴でしたから・・・でも今は全然違う奴になっていました。そして飲み会も終盤になってきて、帰る奴も出てきて、最後は5人になったから「ヒロシ家で麻雀でもやるか?」って事になりました。

僕は麻雀が出来ないから、飲みながら見てるだけでって事で行きました。ヒロシの家に着いて、さっそく麻雀をしながら飲みはじめていました。最初は話をしながらで退屈しなかったんですけど、だんだん皆のテンションも落着いてきて、僕も退屈してきたから、ヒロシの部屋を見ていました。

すると、大量のビデオテープがあるのを発見しました。ヒロシに「おお!エロビデオ?」と聞くと「ちげーよ!俺の秘蔵コレクション!」とニヤニヤしてると、ヒロシと同じ高校に行ってた奴が「こいつの高校時代はハンパねーから!つーかマジ毎日女とヤってただろ?」と言い出しました!僕らはビックリです!ヒロシは「いやー女って、マジでしつこく頼むとヤラしてくれるぜ!皆ガンガン行けば簡単に出来るぜ!」なんて言っていました。そして同じ高校に行った奴の話だと、ヒロシはマックスで8又かけてて、さらに、高校でヤッた女は100人を超えてるらしい!それだけではなくて、友達の家で離れの部屋を持っている奴がいて、その部屋を改造して「盗撮」部屋にしたらしい。

その部屋の持ち主は、全然モテない奴だったから、喜んで協力したらしい。その時に撮ったコレクションがこのビデオテープの山だった。僕らは唖然として、その後すぐにビデオに群がった。

ビデオのラベルには「○○高校のユウコ」とか「○○駅前ナンパ、サユリ」とかが雑に書かれていて、友達の中には「おい!こいつ知ってるよ!お前こいつとヤッたの?マジで?すげーかわいい娘なのに!」みたいなリアクションの奴もいました。そして僕も漁っていると、一瞬時間が止まりました・・・「4組、アイコ」と書かれてるビデオが出てきました。僕は心臓がドッキドキしていました。

若干手が震えていて、顔面蒼白だったと思います。たしかにアイコとヒロシは同じ高校だ・・・でも、あのアイコ?そんなはずはありません・・・アイコはナンパや一晩限りのエッチなんか絶対にしない女です・・・僕は震える声を押さえながら、ヒロシに「この・・4組ってなに?」と聞くと「ああ、これ?同じ高校の奴だよ、アイコって・・・えーーーと、ああ、あのおっぱいおっきい女だ!まだ3本位あるぜ、知ってる奴か?借りてっていいぜ!」と軽々しく言っていました。

僕は半信半疑で、3本のビデオテープを持帰りました。僕の彼女のアイコでは無い事を祈って、もの凄いスピードで車を飛ばして帰りました。家に着いて即行でビデオデッキにビデオを突っ込みました。

ナンバーが書いてあったので、1番から入れました。僕はすでにハァハァ言ってました。ビデオが再生すると、しばらく部屋の中のベッドに向かって固定されたカメラの映像が流れて、ヒロシが現れました。

ヒロシはカメラに近付くと、「最近、4組のアイコとよく喋るようになったから、取り敢えずヤッちゃおうと思います!」と簡単な実況を入れてきた。そして一旦どこかに消えて、すぐに戻ってきた。ヒロシ:「入って入って、ベッドに座って!」

アイコ:「へー、これがたまり場なんだ、いいねー、あっ、ダーツもあるしー」と女の子が部屋に入って来ました。やっぱり・・・あのアイコでした・・・

僕は力が抜けて、涙で歪んだビデオをボーっと見ていました。しかも僕が知らない、ロングヘアーで制服姿の十代のアイコです。二人は楽しそうに話をしていました。

ヒロシは相変わらずですが、「アイコおっぱいでけーな」とか「アイコ処女?」とかそんな話ばっかりです。でも、アイコも楽しそうに受け答えしていました。まさか・・・ヒロシの事好きなの?たしかにアイコは高校時代に好きだった人にバージンをあげたって言ってた・・・カッコ良くはないけど面白い人って・・・まさかヒロシ???全部の謎が解けた感じでした・・・

そしてヒロシは、我慢出来ずにアイコの後ろから抱きつきました!「うわー、アイコの体たまんねーよ、マジいい匂いするしー」とか言いながら勝手におっぱいを揉んでいました。アイコは「もうやだ!やめてよ!彼氏でも無い人はダメ!」って抵抗してるんですけど、そんなに強い抵抗では無いみたいです。ヒロシは「じゃあ、彼氏になるよ!今から俺はアイコの彼氏だ!いいか!」と言うと「やだ!ウソでしょ!ミキと付合ってるじゃん!」と言い合いがはじまった。

ヒロシ:「ミキとは明日別れる!お前の方が好きになった!」アイコ:「うそ?だってヒロシ君モテるじゃん!ナンパとかしてるし!」ヒロシ:「もうしねーよ、今からアイコだけしか女じゃねー」

アイコ:「うそー、なんであたしなの?絶対うそー!」ヒロシ:「前から好きだったから、マジで、本気で好きだぜ!一生好き、マジで結婚したい!」アイコ:「あはは!うそっぽいよー!」

するとヒロシがいきなりキスをした!アイコは嫌がって逃げるのかと思ったら、少し顔を離して、真剣な甘える顔で「ホントに付合ってくれる?ミキと別れる?」なんて聞いていた!!!バカヤロー!あっさり騙されるなあああああ!!!ヒロシは「あたりーめーだろ!お前は俺の女だ!お前だけだ!」なんて言って、激しいキスをして、アイコが目を閉じてるのをいい事に、カメラに向かって「ピース」しやがった!!!そのあとゼスチャーで『そんなわけねーだろ』みたいな事をしやがった!アイコは真剣なのにー!!!ヒロシのキスはホントにひどい!ベロで口の周りをビッチャビチャにしながら舐めていて、アイコもビチョビチョになっていた。僕らの間ではヒロシの口は臭い!って有名なのに、アイコは平気みたいで、信じられなかった!本気で好きみたいだ!ヒロシはアイコに「おっぱい見せてよ、デカいっしょ?皆の噂だぜ!アイコ巨乳だって?」と適当な感じで、ムードもなにもない感じでアイコを脱がせていた。アイコも仕方なく制服を脱いでいた。

アイコのおっぱいが飛び出すと、「おおおお、すげーでけー、やわらけー」とヒロシは興奮して飛びついていた!アイコは必死で「恥ずかしいよ、カーテン閉めてよ、恥ずかしい、あたし初めてなんだからー」と言っているのに、ヒロシは「うわージュブッ、パイオツうめー、ジュルルルッ、最高にうめー」と全然聞いて無い!アイコが「ハァハァ、もうやだ、あん、あん、あああ、ヒロシ君聞いてる?あんっ、あたし、あんっ、初めてだから、優しくしてよ」と超可愛い事を言ってるのに、ヒロシは「おお、だいじょぶだいじょぶ!俺処女といっぱいヤってるから!まかせろ!」と軽々しく言ってました。アイコは「なんかやだ!それ!」と言っても「心配すんな!お前とやる為に練習してきた実験台みたいな女だから!」なんて言ってました。アイコはこいつの何処が好きなんでしょうか?でも、結局アイコは納得して、おっぱい攻めに感じていました。

アイコはヒロシにおっぱいを舐められて感じていました。初めてにしては、大きめの声を出していました。ヒロシはおっぱいを舐めながら、制服のスカートからパンツだけを抜き取りました。

そしてアイコを両足をがっちり掴むと、いきなりマングリ返しをしていました!「はい!まんぐり返しー、初まんぐりー、あははっ」とふざけながら笑っていました。アイコは恥ずかしそうに「ちょっ、やだやだ、止めて、恥ずかしい、恥ずかしいから、本気で!」と暴れていましたけど、ヒロシは全然止めないで、それどころかアイコの両足を持って、踊らせるみたいに足を上下させて、「はいっ!まんぐりまんぐりまんぐりよ!」なんて歌いはじめました!こいつは本物のバカです!!!アイコが可哀想です!アイコは一生懸命ヒロシのテンションに合わせてるみたいでした。惚れた弱味ってやつでしょうか?今のアイコはからは想像出来ない恥ずかしい姿でした!ヒロシは「アイコのマ○コビッチャビチャですけど?処女さんじゃありませんでしたっけ?え?」とふざけながらアイコの顔にマイクを向けるようなマネをしていました。

アイコは「ちょっと!やだ恥ずかしいから!ほんとに普通にしてよ!」と辛そうでした。そうするとヒロシはいきなりマ○コを舐めはじめました。「ブチュウブッチュッ、ジュルウウウウウウ」すごい音が出ています。

アイコは「ああああん、やだ、恥ずかしい、あああん、ああっ、変な感じ、ああああああ、あっ、あっ」と思いっきり感じています。あんな変態な男に舐められて感じていました・・・しばらくするとアイコの感じ方がおかしくなってきて「あっ、はっ、はっ、やだっ、あっ、ひっ、ひいいいい、ナニ?やだあああああ、ひいいいいい」と腰を思いっきり持ち上げて、ガクガクと震わせて静かになりました。

アイコはぐったりしていました。ヒロシが、「俺の舐め舐め気持ちイイだろ?アイコエロいな!すぐイッちゃったな!」と自慢げに言っていました。アイコは小さな声で「・・・ハァハァ、うん、気持ちいい・・・」って言っていました。

ちなみに僕はアイコをイカせた事はありません・・・ヒロシは「俺のもしゃぶれよ!」とアイコに言うと、パンツを脱ぎ出した!トランクスがパンパンに膨らんでいて、トランクスを下ろすと「バチンッ」とお腹に跳ね返る勢いの巨根が飛び出して来た!恐ろしい形をしたナニで、正しく女を喰い物にしてるような巨根だった。アイコは初めてみるから大きいとは思わなかったんだろうけど、たぶん僕のを見た時に『ちっちゃ!』って思ったんでしょう!アイコは「どうしたらいいの?」って言い終わらないうちに、ヒロシはアイコの頭を掴んで口にぶち込みました。

そしてアイコの頭を道具みたいに前後に動かして、一人で「ああああ、気持ちいい、フェラ最高」と言っていました。アイコはすっごい苦しそうな顔をして、必死で我慢しています。我慢出来なくて「ぶはっ」て口を離すと、「ゲホッ、ウゲッ」て可哀相な声を出して、咳き込んでいました。

「ヒロシ君苦しいよ・・・もう、ハァハァ、初めてなんだから優しくっていったのに!」って言うと「ごめんな!アイコの口が気持ちイイからさー、マジで一番気持ちいいよ!」とヒロシに言われて嬉しそうに喜んでいました。僕はアイコが本気でヒロシを好きなのが分りました。ヒロシは「もう我慢できねー、入れちゃっていい?」と言っていて、アイコも「うん、今度はホントに優しくしてよね!」とニッコリしていました。

僕は今更ながら、「こいつにやられちゃうのかー」ってショックでした。でも一番辛いのは、アイコのキスしてる顔でした。本気で興奮して、ヒロシをすっごい愛してるって感じの濃厚なキスをしてるんです!でもヒロシはただヤリたいだけなんです・・・

ヒロシがアイコのマ○コに巨根を当てました。アイコは「コンドームしないの?大丈夫?」と聞いていますが「そんなのしてる奴いねーよ!心配すんな!」と言われて納得してました。そしてヒロシはゆっくりアイコに入れはじめました。

すぐにアイコは「痛い痛い、やだホント痛いよ、ダメ、無理かも、痛い」と叫んでいました。ヒロシは「我慢我慢!しょうがねーから、今だけだから、もうちょっと」と優しさの欠片も無い感じで無理矢理入れていました。アイコは凄い痛がっていて、足を必死で閉じようとしていました。

ヒロシは「足広げろよ!入らねーよ!おらぁ!」と若干ムカついてる感じで怒鳴ると、アイコは泣きそうな声で「ごめんね、でも痛いよホントに、ホント痛いんだもん」と言っていました。僕が初めての相手だったら、もっと優しく、キスとかしながらゆっくりヤルのに、ヒロシは最低です。結局半ば強引にぶち込んで、「うわああ、やっと奥まで入ったよ、やっぱ処女は疲れるなー」と最低のセリフを吐いていました。

アイコは痛くて聞いていないようでした。するとヒロシはやっと落着いたにも関わらず、腰を振り出しました。しかも結構激しく振っていました。

アイコは「いったい、やだまって、もう少しまって、ゆっくり、痛い、痛い、痛いよおおお」と完全に泣き出していました。ヒロシは完全に無視して「ああああ、気持ちいい、処女マ○コ最高」と呻いていました。それをしばらく繰り替えしてると、少しづづアイコは声が小さくなっていって、あまり声を出さなくなりました。

ヒロシが「もう痛くねーだろ?」と聞くと「違うの、ハァハァ、もう痛過ぎて麻痺して感覚がないよ、ハァハァ、アソコに唐辛子塗ったみたいだよ、ハァハァ、大丈夫かな・・・ハァハァ」と言っていました。でも、しばらくすると、アイコは「あっ、はっ、はっ、ハァハァ、うっ、はっ」と声を出し始めました。ヒロシが「どうだ?気持ちイイか?」と聞くと「分んない、ちょっと馴れてきたみたい、あっ、あっ、あっ、ハァハァ」と峠を超えた感じになっていた。

二人は今度体位を変えて、アイコが足を閉じてうつ伏せに寝て、ヒロシが重なる様に覆いかぶさって、後ろから挿す体位になりました。アイコは「これだと少し楽かも!」と嬉しそうでした。ヒロシはまた激しく腰を振り出した。

アイコは少し声が大きくなって、「あっ、ああああ、あんっ、あああ、はぁあああ、ひっ、ぐっ、ううう」とイイ声が出始めた。ヒロシは「どうだ!いいか?」と聞くと「ああん、あああ、はぁああ、ちょっと気持ちいい、ああ、ああああああ」と感じていた。ヒロシは我慢出来なくなって、「おおお、もう出すぞ、イクぞ、アイコ、結婚するから中に出すぞ、いいか?」と適当な事を言い出した!アイコは「えっ、うそ、やだ、うそでしょ、ダメ、中はダメ」と言うが、「アイコおおおおお、俺の事好きじゃねーのか?俺の精子がいらねーのか?結婚したくねーのか?」とヒロシは興奮しながら質問していました。

アイコは「違うよ、好きだよ、好きだけど、あんっ、あああん、でも、ああ、妊娠したら困るよ、ああっ」と言っていました。ヒロシはもうイク寸前です、「あああ、もうダメ、出る、イクぞ、中にイクぞおおお、ああああ、イク、出る、ああああああ」と叫んだと思ったら、腰を思いっきりアイコに押し付けて、ブルブル震えながら射精していました。そしてしばらく二人は動かないまま、ぐったりしていました。

しばらくしてアイコが「ホントに出しちゃったの?」と聞くと「あたりめーだよ、お前は俺の女だ!」と面倒臭そうにヒロシは言っていました。アイコは諦めたのか嬉しいのか分らないが「ちゃんと責任とってよ!(笑)」と言うと「あたりめーだよ、お前は一生俺のもんだ!」なんて言われて二人でキスをしていました。そしてアイコがトイレに行った時に、ビデオは止められました。

でも、ビデオはまだまだあります・・・これをパンドラの箱です・・・僕は息を切らせながら、続きを見ていました。アイコの処女喪失の日からしばらくたった映像みたいでした。

二人が部屋に入って来ました。ヒロシがすぐにアイコに抱きついていましたが、アイコは「ちょっとやだ!話があるの!」と怒っているみたいでした。ヒロシは関係なくアイコの制服に手を突っ込んでおっぱいを揉んでいました。

アイコ:「ミキと別れて無いって聞いたんだけど!ホントなの?」ヒロシ:「ああ?別れたって言ったじゃん!しつけーな!」アイコ:「だって、ユカ達に聞いたけど、3年のトイレでエッチな事してたって噂だもん・・・」

ヒロシ:「知らねーよそんなの!お前は俺とユカどっち信じんだよ!」アイコ:「それは・・・ヒロシだけど・・・ユカ達が嘘言うなんておかしいじゃん!」どうやらヒロシの浮気の事で喧嘩してるようですが、当たり前です、ヒロシはこの時に何人とも付合っていたんですから・・・

アイコが可哀相でした。でも、ヒロシはそんな怒っているアイコを無視するみたいに、ズボンを脱いで、勃起した巨根をアイコの顔に押し付けました。アイコは「ちょっと!話し終わって無いよ!もうやだ!いっつもエッチばっかじゃん!あたしのこと好きなの?」と怒っています。

ヒロシは完全に体だけで付合ってるんでしょうけど「好きにきまってんだろ?だからこんなビンビンになってんじゃん!いいからしゃぶれよ!」と強要しています。アイコは無理矢理しゃぶらされて、ヒロシがアイコの頭を動かしています。でも、すぐに手を離すと、アイコは自分で頭を振って、ヒロシのをしゃぶっていました。

ヒロシに教え込まれたんでしょうか?勝手に玉や裏スジも舐めていました。そしてヒロシはしゃぶらせながら、アイコのパンツだけをスカートから抜き取ると、乱暴にアイコを四つん這いにして、バックから入れようとしています。アイコ:「ああ、やだ、今日はゴムしてよ!いつも中出しじゃん、恐いよ!お願っ、あああ、いやあああああ、ダメあああ」

ヒロシ:「あああ、生気持ちいい、ゴムなんかしねーよ、お前もなんだかんだでビッチョビチョじゃん!」アイコ:「ああん、あああ、ヤダ、お願い、ゴムしてよ、できちゃうよ、ああん、あああああああ」ヒロシ:「ゴムするならお前とセックスはしねーぞ、他の女とやるぞ?いいか?」

アイコ:「ああん、そんなのヤダよ、ダメ、ああっ、あっ、ああああ、ひどいよ、あああん、あん、あっ」ヒロシ:「じゃあ文句言うなよ、俺の事好きだろ?もっといっぱいエッチしたいだろ?」アイコ:「うん、好き、凄い好き、あああああん、ああん、あん、あっ、あっ、もっとしたい、いっぱいしたいよ」

ヒロシ:「あああ、ミキよりアイコのマ○コの方が気持ちいいわマジで、ああああすっげヌルヌル」アイコ:「ああああん、あっ、あっ、ホント?ああん、あっ、うれしい、あああああ、ミキとはなにもないよね?」ヒロシ:「うるせーな、俺はお前と結婚するって言ってんだろ!」

アイコ:「ホントに?嬉しい、あああん、超嬉しい、あっ、はぁああああ、じゃあ中に出してもいいよ、好きにしてえええええ、もうアイコ、イッちゃう、イク、あああああ、イク、ううううはぁああああああ、うっ、ひっ、ひっいいい」アイコは凄い嬉しそうな顔でイッてしまいました。でも、ヒロシは『うそうそ!』みたいなゼスチャーをカメラに見せていました。

そして正常位に体位を変えると、「アイコおおおお、出すぞ、イクぞおお、妊娠させてやるからなあああああ、イクぞおおお、ああああああ」とヒロシが叫ぶと、アイコも「あああああ、すっごいああああ、出して、妊娠させてええええええ、あああああ、いいあああ」と叫んでいました。そして二人は抱き合ったまま、エロいキスをしていました。ヒロシはチ○コを抜くと、大の字に寝転がって、「おい、綺麗にしろよ」と言うと、アイコはヒロシのモノを嬉しそうにしゃぶっていました。

そして場面が変わって、違う日の映像が流れました。アイコは最初からバックの体勢で裸になっていて、目隠しをされて、手を後ろで縛られていました。そしてヒロシはバイブを突っ込んで、アイコで遊んでいるようでした。

アイコもかなり感じているようでした。僕がアイコに「大人のおもちゃ使った事ある?」って聞いたら「そんなの無い!」って言ってたのに・・・ヒロシは「お前バイブ好きだろ?何回イッたんだよ!言ってみろ!」と言うとアイコは「ハァハァ、分んない、ハァハァ、いっぱいイッちゃった、ハァハァ、気持ちいい、ハァハァ」と放心状態でした。

ヒロシが「そろそろチ○コ欲しいか?」と聞くと、即答で「入れて下さい・・・」と言っていました。でも今日はヒロシの様子がおかしいです。ヒロシは一旦画面から消えると、すぐに戻ってきて、誰かを手招きしていました。

すると画面の端から、裸のキモいデブ男が静かに登場した!!!僕は心臓が更にドッキンドッキンしてきた。そして男はヒロシに1万円を渡すと、ヒロシが嬉しそうにカメラに見せていた。キモ男はアイコのマ○コにチ○コを当てがうと、ゆっくり生で入れていった!アイコは気付かないで「あああ、入ってきたああ、あああああ、気持ちいい、あああ」と嬉しそうな声を出していた。

キモ男のすぐ近くでヒロシが「どうだ?気持ちいいか?」とニヤニヤしながら聞くと「うんっ、あああ、はぁああああ、気持ちイイ、あああ」とアイコも喜んでいた。アイコは「何かいつもと違うみたい」と言っていたが、疑っている感じじゃ無くて、ただの感想みたいだったので、全然気付いていないみたいだった。キモ男すぐにイキそうになって、ヒロシが合わせて「ごめんもうイクは、今日は早いわ、イクぞ、中に出すぞ」と言うと、アイコも「いいよ、なんか早いと嬉しいかも、いっぱい出して、ああん、ああああ、いいよ、イッて」と言っていた。

キモ男は声も出さずにあっと言う間にイッてしまい、見事に中出しをしていた。終わるとすぐに画面から消えていった。でも、これは一回だけじゃなかったんです。

その後も、違う日だと思うんですけど、目隠しのシチュエーションの日は必ず最後に一人男が登場して、アイコに中出しをして行きました。ビデオに出てるだけで12人はいました。アイコは勝手に中出しの便所にされていたんです・・・

そんな事とは知らないで、アイコは終わった後に、嬉しそうに濃厚なキスをして「すごい好き!」なんて言っていました。ビデオも最後の一本になりました。取り敢えず再生すると、今までとはちょっと部屋の感じが違いました。

そしてまたアイコが部屋に入って来ました。制服やへアースタイルや雰囲気からして、最初のビデオよりは時間が経っているようです。アイコは少し暗い感じの顔をしていました。

そしてヒロシが缶コーヒーを持って登場して、「久しぶりだな、アイコ!ちょっと部屋イメチェンしたろ?」と話し掛けると「うん・・・ちょっと変わったね・・・」とアイコは元気が無い。ヒロシは相変わらず自分のペースで「何だよ!久しぶりに元カレにあったのに元気ねーじゃん!」と言い出しました。どうやら別れた後のビデオみたいです。

僕はどっちにしても変わらない過去なのに、若干ほっとしていました。ヒロシはアイコの肩に手を回したり、手を握ろうとしたりしていますが、アイコはヒロシの顔を見ないようにして、手を振り解いていました。僕は『いいぞいいぞ!』って感じでした。

アイコ:「今日は何?もう別れたんだから・・・会わない方がいいでしょ!あたしも彼氏いるし!」ヒロシ:「知ってるよ!タケシだろ?もうエッチした?」アイコ:「は?いいでしょそんな事!話ってなに?」

ヒロシ:「怒るなよ!お前に謝りたくてさ、ごめんな、俺が浮気したのがいけないからな!」アイコ:「・・・もういいから、昔の事だから・・・」ヒロシ:「俺も今思うと、お前が一番いい女だったよ、マジで、すげー後悔してるよ・・・」

アイコ:「そんなの・・・遅いよ、言うのが・・・」ヒロシ:「アイコ、最後にキスだけさせてくれよ」アイコ:「ダメだよ!もう彼氏いるんだから!」

ヒロシ:「いいだろ?昔は死ぬ程しただろ?中出しだって何百回もした仲だろ?」アイコ:「そうだけど、昔でしょ!今はダメだよ・・・」ヒロシ:「もう無理だよ、マジで、キスだけだから・・・」

ヒロシは喋りながらゆっくり顔をアイコに近付けていきました。アイコは「ダメだから・・・」と言いつつも逃げようとしません。ヒロシの口がアイコの唇にちょっと触れた瞬間、昔に戻ったみたいな濃厚なキスがはじまりました。

アイコは「ダメだよ・・・んっ、んぐっ」と言っていますが、自分から舌を出してるのが見えています。ヒロシは当然のように制服に手を突っ込んで、アイコの生おっぱいを揉んでいるようです。アイコは「あっ、やだ、キスだけでしょ、あっ、あっ」と感じはじめていました。

ヒロシ:「うるせーよ、お前どうせマ○コヌルヌルだろ?お前の体はもう知りつくしてるからな!」アイコ:「そんな事ないから・・・あっ、ダメ、もうダメ、終わり、タケシ君に怒られるから!」ヒロシ:「タケシとはもうヤッた?教えろよ!」

アイコ:「何でよ、教えないよ、関係ないでしょ」ヒロシ:「じゃあ今日の事タケシに言っちゃおうかなー、どうする?」アイコ:「ひどい・・・分かった・・・もうエッチしたよ・・・」

ヒロシ:「俺とどっちが気持ちイイ?」アイコ:「知らない!そんなの!比べるものじゃないでしょ!バカ!」ヒロシ:「うわー、やっぱヌルヌルじゃん、すっげー、お前相変わらずスケベだな!」

アイコ:「あんっ、あっ、ヤダだめ、ああん、あっ、指抜いてよ、あああ、あん、あっ、ああっ」ヒロシ:「アイコ!これだろ?これがイイだろ?ほら!うわーすげー音!もう出ちゃうんじゃねーの?」アイコ:「やだやだ、ああああああん、ああああ、ダメ、やだ、出ちゃうから、ああああああ、ダメ、もうダメ、いやあああああああ、ダメダメ、やだあああああああ」

明らかにアイコがイキそうになると、ヒロシは動きを止めました。アイコはハァハァ言いながらヒロシに抱きついています。一旦落着くと、またアイコのアソコを指でかき混ぜます。

すぐにアソコから、「ブチュブチュ」と大きな音が出ていて、潮を噴く直前です。もうアイコはあまり抵抗して無くて、どちらかと言うと、ヒロシがイカせてくれるのを待ってるみたいでした。でも、ヒロシは絶対にイカせないように、直前で動きを止めます。

5回も繰り返すと、アイコはヒロシの目を見て、何かを訴えているようでした。ヒロシは「じゃあ後は彼氏にしてもらえよ!」と言って、終わらせようとしていました。アイコはビックリして、「えっ、あっ」と何も言い返せません。

ヒロシは「タケシはいっぱいイカせてくれるだろ?」と聞くと、アイコは下を向きながら首を横に振りました。ヒロシは大袈裟に「マジで?じゃあいつも何回イクの?」と聞くと、「ない・・・」と答えました。ヒロシは更に大袈裟に、「アイコなんかすぐに潮噴いてイキまくる女なのに?一回もイカないの?それ楽しいの?大丈夫?お前俺とやってる時は軽く10回はイッてんじゃん!」と言っていました。

これには僕もショックです・・・アイコは「タケシ君あたしが初めてみたいだから・・・分らないみたい・・・」とアイコは小さい声で言っていました。ヒロシは「じゃあ、アイコ溜まってんだろ?いっぱいイキたいだろ?」と聞くとアイコは無反応で下を向いていましたが、ヒロシは気が付かなかったけど、僕はアイコが小さく頷いたのを見逃しませんでした!ヒロシはそんなアイコの返事に気付かないで、ズボンを脱ぎ出して、「しゃぶって!」と言ってトランクスを下ろしました。

相変わらず棍棒のような巨根が、弓矢の弦を弾くような勢いで、「バチンッ」と腹に打ちつけて登場しました。アイコはその音で、目が釘付けになっていました。もうアイコはダメです・・・

ヒロシは大の字に寝ようとして、ベッドの上のカバンをどかそうと動いた時、丁度アイコの顔の前にナニが近付いたら、アイコは何も言わずにしゃぶり付いていました。ヒロシは逆にビックリして、「まぁいいか?」位な感じでしゃぶらせていました。ヒロシは完全に勝ち誇った顔をしていました。

アイコは最初とは違って、一生懸命にフェラしていました。たぶんまだヒロシの事が好きなんだと思います。前のビデオでヒロシに教わっていたフェラを忠実にやっている所が健気でした。

ヒロシはベッドに寝ると、アイコのお尻を自分に向けさせながらしゃぶらせていました。「じゃあ約束通りイカせてやるか!」とヒロシが言うと、アイコのマ○コに指を突っ込んで、グチャグチャとかき混ぜはじめました。すぐにアイコはフェラが出来ないぐらい大きな声で感じはじめました。

アイコ:「ああああ、ああああっ、気持ちイイ、すっごい気持ちイイ、ああああああ、すぐイッちゃう、もうイク」ヒロシ:「おらぁぁああ、ちゃんとタケシに謝ってイケよ!スケベ女!」アイコ:「あああああ、イク、タケシ君ごめんね、イク、イカされちゃう、ごめんねええええ、イクうううううううう」

アイコは凄い大声を出して、痙攣しながらイッていました。アイコのお尻から、おしっこみたいなのが垂れていたので、潮を噴いてしまったようでした。ヒロシは「潮噴いてんじゃねーよ!」と言いながらアイコのお尻を叩いていました。

ヒロシはうつ伏せで痙攣しているアイコに、重なる様にして後ろから巨根をぶち込んでいました!アイコ:「あっ、ダメダメ、やだやだ、ゴムは?ゴムしてお願い、タケシ君もゴムしてるから、あっ、やっ、ダメええええ」ヒロシ:「ふざけんなよ!俺とタケシ一緒にすんなよ!俺の方が好きだろ?俺のチ○コの方が気持ちイイだろ?」アイコ:「ああああっ、あん、あっ、ハァハァ、好きだけど、今は、あっ、あっ、彼氏じゃないもん、あっ、ダメ、あっ」

ヒロシ:「関係ねーよ、お前は俺の物だ!これからも好きな時に犯すからな!」アイコ:「いやああああ、やだよ、ひどいよ、あっ、ああああ、体だけじゃん、あああっ、あああああん、ああん」ヒロシ:「そうだよ、体だけだ!精子出したい時に来いよ!あとはタケシと適当に付合っとけよ!」

アイコ:「そんなのやだあああ、あああん、あっ、ハァハァ、物みたいじゃん、ああああん、ああっ、あああ」ヒロシ:「お前は物だろ?性処理の道具なんだかんな!つーかそんな事言ってる割にはビッチャビチャじゃねーかよ!」アイコ:「やだあ、そんな事ないよ、あああああん、あん、あん、あっ、うはぁぁあああ」

ヒロシ:「タケシより気持ちイイだろ?またして欲しいだろ?」アイコ:「ああん、あっ、あああ、して欲しいけど、ハァハァ、なんでヨリ戻そうって言わないの?冷たいよ、あっ、はっ」ヒロシ:「お前とはもう付合わねーよ!でもセックスはするけどな!だってヨリ戻したって、俺浮気はやめるつもりねーから!」

アイコ:「うそぉ、ひどいよ、あっ、あっ、はぁあああ、うっ、最低だよ、ああああん、あああ」ヒロシ:「お前もガタガタ言ってねーで、セックス楽しめよ!意地張るな!マ○コは正直にヌルヌルなんだからよ!」アイコ:「あんっ、あっ、そうだけど、あっ、ヒロシの事好きなんだもん、あっ、ああああ、やだあああ」

ヒロシ:「タケシのセックスよりいいか?」アイコ:「あああん、ああああ、イイ、ヒロシの方が全然イイ、ああああん、ああああ、だって、おっきいし、固いし、ああんっ、あああっ、ハァハァ、アイコのアソコ、もうヒロシの形になっちゃったもん、ハァハァ、ああんっ」ヒロシ:「じゃあタケシと別れたらセフレでキープしてやるよ!嫌ならこれで最後だな!」

アイコ:「あああん、ああああ、もう、酷いよホントに、どうしたらいいの?、やだ、これで最後はやだよ、ああん、あっ、ハァハァ、ああああん、あああああ、セフレでいいから、ああああ、ハァハァ、アイコと一緒にいてええええ、お願いいいい」ヒロシ:「しょうがねえな!じゃあたっぷり出してやるぞ!一緒にイクか?」アイコ:「うん、あっ、あっ、一緒にイク、お願い、あっ、あっ、中でいいよ、昔みたいにいっぱい中でいいよ、ああああああ、もうダメ、すっごい興奮する、あああああ、もうダメ、あああああ、イク、イク、イクよおおおおおお」

ヒロシ:「あああああああ、もう出る、ああああああイクうううううう」二人は大声で獣の様に叫びながらブルブル痙攣して中出しを楽しんでいました。そしていつもの様にフェラでチ○コを綺麗にして、アイコはヒロシのセフレになる事で合意したみたいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。