チャットで知り合ったお姉さんで童貞喪失できた!

ぴゅあらば

あれは中学を卒業して、アルバイターとして働いてた時の話。おれはPCを買ってて、インターネットに嵌ってた。

そのころのプロバイダーはinfowebというところでの[email protected][email protected][email protected][email protected]事中なのに暇してる中年のオッサン(不倫したがり)とか暇そうな主婦とかが多かった。

そんななかで俺は最年少の特別浮いた存在だった。HNは厨臭いがリオンと名乗っていた。当初、高校にも行かず、アルバイトしながらふらふらしてたもんで自分で中卒というのが恥ずかしかった俺は自己紹介とかあまりしようとしなかった(今は大学生)。

年齢、性別、学歴、仕事なんてのも全部黙っていた。一人称も「私」なんて使っていたから20代くらいの女性なんじゃないの?という感じで見られていた。そんなわけで、チャットにはlionという不思議な存在が主婦やオッサンにマジって存在していた。

その中でlionと親しい存在だったのがマミという主婦だった。チャットの中ではみんなから人気がありメル友も10人くらいいるようだった。俺もその中のメルともの一人であった。

3,4ヶ月くらいメール交換は続いただろうか。メール交換してるなかで、マミの画像が添付されていたときがあった。マミはダイアナ妃に似てる様な、いかにもマダムッて感じの女性であった。

当然サカっていたお年頃の俺だから恋愛に興味ないよってな雰囲気を出しつつもマミともっともっと仲良くなろうとしてた。俺が実は男だということをカミングアウトしてでもマミはそれを受け入れてくれておれたちは結構仲が良かった。いつか会いたいね、なんていう友達以上、恋人未満の仲だった。

マミは兵庫に住んでいるらしかった。俺は新潟に住んでいた。距離は遠かった。

マミと同年代の主婦のメルともに玲子がいた。俺とはチャットでも仲が良く、よくマミとの話題でメールもしていた。どちらかというと俺はマミに興味があったので玲子とは愚痴とかがあっても「まあがんばれよ」的なそっけない対応をしていた。

俺とマミの感情が盛り上がってきたあるとき、マミは自分が病気に掛かっている、と唐突に言ってきた。肺の病気で、もうすぐ死んでしまうというのだ。だからメールを止めたいと言ってきた。

俺は何を馬鹿な、と思った。なんだそりゃ。うそ臭い冗談のようにもみえた。

唐突過ぎるし、肺の病気で一年だなんてTVドラマみたいで全然信じられなかった。だけど、その日は何故か一日中涙が止まらなかった。チャットからマミが消え、マミとのメールもふっと途絶えてしまい俺は無気力な毎日を送っていた。

ガキだから、死ぬとかそういう問題もはじめてだったしこんな恋愛事の苦痛、辛さも初めての経験だった。反抗期で親とあまり喋りもしない俺。友達も学校に行ってるし何より恋愛したことのないやつばっかりで相談も何もできない。

唯一そういうことを打ち明けられたのが玲子だった。毎日毎日自分のつらさとかを相手の迷惑も考えないで愚痴愚痴と俺は送信した。彼女はそんな俺を迷惑とも言わず丁寧に返信し、励まし続けてくれた。

一年が過ぎ、俺は高校生になっていた。彼女とはずっとメールをしていた。その間に年齢は30、旦那とは仲が悪いこと、ラルクのファンだということ容姿が茶髪のロングで、気の強い姉さんトラッカーみたいなそんな感じだということそんなことを知った。

俺は彼女を恋愛対象としてみるようになっていた。我ながら情けないと思うが、その頃の俺は自分の好意を受け入れてくれるひとに惚れてしまう単純な男だった。彼女は東京に住んでいた。

いつか会おうね、そんな約束をしていた。高校2年の秋、修学旅行で東京へ行くことになった。うちの高校の修学旅行はけっこう奔放なもので生徒各自が企画したものを旅行先で調べるというようなものだった。

俺は一人で調べる企画を立案し、東京ではずっと一人で行動することになった。俺は彼女とメールで相談したりして現地でデートすることになっていた。そして東京へ行く数日前、俺は唐突に彼女に好きだと告白した。

会うだけじゃ嫌だった。ずっと俺のそばにいてほしかった。高校2年でも童貞だった俺。

しかも初デート、めちゃくちゃ緊張した。メールでは「Hしようよ」なんて大胆なことを送った。十数年生きてきて、人生で一世一代の賭けだった。

これだけでふられることも覚悟したが、そう何度も会えない相手なのだから、深い関係までなりたかった。……すると彼女は「いいよ」と言ってくれた。修学旅行。

東京へ行き、ホテルで解散。各自自由行動っつーことで数時間の猶予が与えられた。俺は電車に乗り、新小岩駅を目指した。

もうだいぶ前のことなので○○線、とかルートは覚えていないがとにかく路線図を頼りにそこまでたどり着いた。果たしてそこに現れたのは姉さんって感じの人だった。ロングで茶髪。

なのに髪は全然痛んでいなくてさらさら。綺麗な髪でドキドキしてしまった。告白したとき、彼女は俺のことを弟のような存在だから恋愛対象に見れないと言った。

でも俺は無理を通して、童貞なりに頑張ってくどいた。もう今考えても思い出せないが恥ずかしいようなセリフを一杯いったと思う。彼女と会った時、やっぱり彼女は俺のことを弟のような感じで接してきた。

歩く時はさあ行くわよと俺の手をギュッと握り、さながら姉弟関係。今俺がM人間なのもどちらかといえばこのせいなんじゃないかと思える。一緒にデートしたのは浅草だった。

まあ浅草寺に学校の用事があったので行ったわけだが。煙と戯れ、お守りを買い、本日の課題は終了。俺は期待のまじった目で彼女を見つめる。

「本当にするの?」彼女はきいてきた。「したい。もっと深い関係になりたい」とにかくあとは無言でラブホへと向かった。

初ラブホ、初エッチ。初めて入ったラブホテル。入りたい部屋のボタンを押すと自動的に鍵が出てくるなんてそこで初めて知った。

とにかく部屋へ入る。すごいドキドキした。二人とも無言でベッドへ寝っ転がる。

彼女は俺に背を向けて寝ていて黙ったまま。そのまま抱きしめたらいいのかこっちを向くまでまったらいいのかとにかく俺緊張する。「本当にするの?」また彼女はきいてきた。

俺は「したい」と答えた。先に彼女がシャワーを浴びた。浴びてる時も俺は緊張しっぱなしでベッドの上でこっちにごろごろあっちにごろごろ。

コンドームの名前は知ってたが付け方も知らない。そうしているうちに彼女が浴衣をきて出てきて今度は俺がシャワーを浴びる。浴場で、もう脇とナニとケツをボディーシャンプーで入念に洗う。

いよいよHか、なんてドキドキワクワク。あまり女にもてない親友のことを思い浮かべながらすまん俺が先に童貞卒業してしまって、などと思った。ラブホ備え付けの浴衣を着用。

俺、浴場から出てくる。部屋は暗くなってて、彼女はシーツをかぶったままだ。まるで夫のようにそーっと俺もシーツに入り込む。

そのまま抱きつきたいけど怒られやしないかと思ってもじもじしてる。背中を向けたままだった彼女はこっちを向いた。「本当に童貞なの?」「うん……」「じゃ、リードしてあげる」「電気明るくしよっか?」と俺がいうと「恥ずかしい、暗い方がいいのっ」と言われる。

キスをしようとしたら「キスは駄目」と言われた。もぞもぞとシーツの中に入っていく彼女。俺の浴衣の前をはだき、勃起しつつも緊張して半立ち状態のナニを掴んだ。

ふいに亀頭が温かい感触に包まれたかと思うとくちゅくちゅという音がしはじめた。フェラされていた。シーツの中の出来事で、その行為は見ることができない。

けれどこの音とシチュエーションにめちゃくちゃ興奮した。「口の中には出さないでよ」彼女はいった。一週間も出してないので感度は敏感で今にも射精しそうだった。

唇でピストンしながらしごかれる。それが疲れてくると、チンコを口の中に入れ舌でころころと転がされる。そのまま裏筋をちろちろと舐めてぱくっと大きく咥えてしゃぶりだす。

旦那とキスとかしちゃう彼女の口を自分のモノで汚してる背徳感があった。「そろそろ入れたい」「コンドーム使うわね」「生じゃやっぱ駄目?」「子供できちゃうでしょ」備え付けてあるコンドームを出し、それを彼女につけてもらう。こうやって空気を出すの、なんて彼女は先端の部分を捻ってみせた。

暗いけれどもうっすらと見える彼女の体。すらっとした体。胸は少し大きめで、長すぎる髪はゴムで後ろにしばっている。

若い女にはない肉付きというか、すごいえろい体。最初は正常位だった。にゅるっという感じがして、想像するよりも温かかった。

既に濡れていて、抵抗はそれほどなかった。俺は彼女のうえに覆いかぶさってぎゅっと抱きしめる。彼女もぎゅっと抱きしめ返した。

腰をふりはじめる。パンッと肌と肌がぶつかって音がなるほど激しく突く。締め付けは少し悪くて、あまり圧迫感あなかった。

でもすごく気持ち良い。騎乗位になる。彼女がベッドに手をついて、腰を上下させる。

あいかわらず中はゆるいが気持ち良い。ちらちらと結わえきれなかった彼女の長い髪が俺の体にあたってくすぐったい彼女はすごい勢いで腰をふる。ベッドがぎしぎし揺れて、ふぅふぅふぅと彼女の吐く息が俺にあたる。

めちゃえろい。すぐにイきそうになったのでバックでしようといって四つんばいになってもらった。むっちりとしたでかいケツがあってそれが俺のまえにデンッとさしだされる。

後ろから勢い良くチンコを挿入する。なんだか締りもよくなってきて快感が何倍にも高まる。前の方で彼女が感じてて高い声をあげてる。

ガキの俺でも感じさせることができるんだ、なんて自信がついた。バックで突きまくり、すぐにも出してしまいそうになる。「ごめん、いってもいい?」「出していいよ」彼女は息も絶え絶えに言った。

俺は腰をぎゅっと掴んで自分に引き寄せる。「いく……」下腹の奥から快感こみあげてきて、背筋がしびれる感覚。「あ……」彼女の中で俺のナニは大きく痙攣した。

びくんびくんとふるえる。大きく柔らかい彼女の尻にぎゅっと密着する。ナニは何度も痙攣して、精液を大量に吐き出した。

びくっとそのたびに彼女の尻は揺れる。そのまま抱きしめてベッドに倒れこんだ。終わったあとは一緒にシャワーを浴びラブラブしながら駅で別れた。

それからホテルでみんなと合流、ビールを持ち合い夜は酒盛り。充実した修学旅行だった。今は上京し、離婚した彼女と一緒に同棲しながら大学へ通ってる。

将来、俺が就職したら結婚するつもりだ。未だに子供扱いされているが、結婚したら一家の大黒柱としてきちんと彼女を守って支えていきたい。両親に彼女を紹介したときは年の差に驚かれたが関係を応援してくれた。

母親とは気が合うらしく、まるで友達感覚。歳が近いからすぐに仲良くなってしまったようだった。まあ、推敲もせずただ記憶にあることをそのまま書いたのでこうなっちまいました。

文と文の繋がりがなってないとか前置きが長すぎるというのはご愛嬌。家に帰ってからさっそく2chの童貞スレで「童貞卒業しますた」とか書き込みますた。以上、長々とお付き合いいただきありがとうございますた。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。