どうしても寝取られたい!!妻を説得してついに実現、俺はカメラマンとして…

ぴゅあらば

前から妻を友達に抱かせたいという願望があり、その気持ちは友達のほうには話してありました。もちろん、友達のほうはOKで、後は、妻をどう口説くかが問題でした。

結局、その友達とは2度一緒に旅行へ行き、その際、僕たちの性生活を少しずつ暴露するなどして、妻に抵抗感を与えないようにして、その男が妻の体をほめたり、また、性癖について質問したりしながら、2人の溝を埋めていく作戦にしました。そして、いよいよ3度目の旅行の帰り、3人でホテルに入ることにしました。まず最初は、僕と妻が絡み、それを見せる行為を行いました。

緊張感からか、最初はなかなかうまく勃たなかったのですが、「リラックスして。」という友達の一言と、すでに脱いでしまっている下半身がビンビンに勃起していた様子を見て、(アイツ、この状況を見て興奮しているんだ・・・・)と思うといてもたってもいられず、いつもの数倍の興奮で最後まで遣り通すことができました。友達も、僕らの行為を見ながら、自分で果てていました。

3人とも、自分の恥ずかしい姿を晒しあったことで照れ笑いしていました。その後、友達と妻を何とかして行為させたいという欲求に駆られました。友達も妻を抱きたいと思っていました。

そして、妻にそれを言うと、もう、ほとんどを見せてしまった妻は、抵抗を持たず、「いいの・・・?」と悩ましげな目で見てきました。僕がうなずくと、ベッドの上では、2人がセックスを始めました。友達のほうが、「こんなことは二度とないと思うから、ビデオにとってほしい。」

と頼むのを、2人で承諾し、僕はカメラマンになることになりました。もちろん、セックスを映すのは始めての経験です。最初は恥ずかしがって、簡単なキスさえ照れている2人でした。

だけど、カメラを意識しだしたのか、それとも腹をくくったのか、だんだん、キスの時間が長くなり、舌を絡め合い、妻のバスタオルがこぼれ、妻は生まれたままの姿になってしまいました。友達の手が妻の豊満な乳房に触れ、次第に強く揉みほぐしていきます。「あっ・・・ハア・・・」妻が目を閉じ、だんだん本気の声が出てきます。

とうとう、2人のセックスが始まりました。妻の手が友達の股間に伸び、ペニスをこすります。誘われるがままに、股間に顔を近づけ、ペニスをほおばりました。

皮を根元に引き寄せ、亀頭の括れを目や舌で確認しながらやさしく口に含んで舐めます。完全に硬さを取り戻したペニスは、太い血管が浮き出た両型で、太くたくましくそそり立っています。他人の勃起をまじまじと見たのは初めてでした。

グチュグチュと唾液と空気の混じる音を立てながらペニスをほおばり、裏筋に舌を這わせ、垂れ下がった大玉の金玉を口いっぱいにほおばる妻のフェラチオがとてもいやらしく見えました。そのまま、今度は友達が妻の股間に顔をうずめていきます。股をM字に広げて太ももを大きく広げ、妻のマンコに舌を這わしていきます。

妻がアエギを高めました。そうとう気持ちがいいようです。見ていて、僕は嫉妬の塊になりながら、カメラを回すことに夢中になっていました。

そのまま、カラダをスライドさせ、キスでお互いのタイミングを計りながら正上位で挿入しました。友達は妻の顔を抱き抱え、のしかかるようにして腰をグライドさせます。妻も、友達の腰に腕を回し、ゆっくりとタイミングを合わせます。

妻のアエグ顔、揺れる胸、そして、こすれあう股間と絡み合う陰毛・・・。どれを見てもどれを撮影しても、興奮が耐えません。2人の結合部分が卑猥に見えます。

一度深く刺さりあったまま、長いキスをした後、妻を四つんばいの姿勢にしました。フラフラしながら体勢を整える妻の豊満な尻が小気味よくゆれます。友達は突き出された尻を割るようにして顔を埋め、執拗なクンニを行います。

もうすでに潤いまくっているマンコの汁を舐め取り、クリトリスを吸いたて、尻の穴に鼻を押し付けてそのニオイを嗅ぎます。十分に妻の羞恥心を仰いでおいて、ゆっくりと後ろから挿入しました。妻は胸をシーツに押し付けたままうなだれ、後ろからの挿入に耐えます。

激しく打ち付けられた腰が妻の尻をぶつけ、パチーンパチーンという音とともに、尻肉が大きく震えます。声も高まってきます。そのまま、うつぶせた妻に覆いかぶさるようにして、2人の密着度が高まります。

その後、キスをし、横から上、そして、駅弁など、約1時間近くのセックスが続きました。その間に、一体妻は何度イッタのでしょうか。最後は、口元でしごくペニスから大量の精液が放出され、妻の口の中はもちろん、鼻の穴、右目にまで飛び散り、精液まみれのまま放心状態の妻がうなだれるペニスに必死で舌を這わせようとしていました。

「もういいよ・・・」と友達に言われ、そのまま、足をM字のままにした妻がまるで、芸術作品のように白いシーツの上に投げ出された格好でした。一度、足を抱えてアソコを露出し、ほんの少しクリトリスに触れただけで、ピクピク痙攣してエクスタシーの領域に達していました。マンコは白濁した自分の愛液で黒々とした陰毛までぬらし、豊満な尻肉の奥にある裏の蕾、つまり、肛門の具合は、ヒクヒクとシワを震えさせる痙攣がとめられないようなまでに卑猥になり、濡れそぼった尻毛までが糸を引いてたれてしまうくらいの卑猥さがこのセックスの奥深さを物語っているようでした。

僕は夢中になってすべてをカメラに収めていました。その後、友達とはまだなにもありません。友達のほうは、ちゃんとカノジョもいて、実は、やってしまったことを微妙に後悔しているようなんですよ(やるだけやって、ヒドイですね)。

ビデオのほうは、しっかりと撮れていました。妻には、終わったあとに、ビデオに付属の小さな液晶でしか見せていません。友達の家に、DVDレコーダーがあって、そこでDVDにしました。

もう何度も見ましたが、見れば見るほど、嫉妬感が湧き上がってきます。声はもちろん入っています。挿入された瞬間の、「うっ・・ハ・アッ・・はふう・・」というアエギ、激しく突かれ、肉通しがぶつかり合う卑猥な音とともに響く2人の本気声、最後に男がイク寸前では、正上位で高速でピストンを繰り返し、妻の乳房は千切れそうなくらいに円を描いて揺れ、首を伸ばすようにして喉の血管を浮き立たせ、髪をバサっと舞い上がらせたまま、「アンアンアンアンンン・・・・・はあああああああああああ・・・いくっつ・・いくいくいくウウウウウウウ・・・ウウウウがア・・・アア嗚呼嗚呼嗚・・・・」って・・・。

そのままジュポッと言う音でペニスが抜けて、スペルマが口や鼻、目に飛び散ってしまう・・・。映像では、接写も多く、ナマ挿入のお互いの秘部の皮膚通しがこすれあう所も血管が見えるくらいにまでくっきりと撮れています。胸を吸われ、プルンと飛び出した瞬間の勃起した乳首、開帳されたアソコの接写では、毛深いマンコの中まで一応は分かります。

また、自分の出した愛液はこれでもかというくらいに収まっています。肉感の多い尻は数粒のあせもの姿も確認できてしまい、「美しい」とはいえないのですが、そのままのナマの姿を捉えています。挿入後にバックにされ、一度後ろからクンニされるシーンを多く接写しました。

友達の舌がマンコを這いずり回り、「あふん」というアエギと同時に肛門がひくっと収縮を見せるシーンの大写しも収めてあります。マンコから尻穴までしっかりとていねいに何度も舐め、最後は妻のケツの穴周辺をぐるりとほじくった後、友達の唾液なのか、妻の愛液なのか、友達の舌先と妻の肛門をたっぷりとしたねっとりとした透明な液が糸を引いてつながっては落ちる、非常にいやらしいシーンさえあります。そのすべてが感動であり嫉妬です。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。