はじめてのオナニーはヘアが生え始めたばかりの小学3年生ぐらい

ぴゅあらば

だから一番仲良しの千佳ちゃんに言った。
千佳ちゃんはやった事がないというので、家にきた時に一緒にやったら「何となく気持いいね」といってくれた。

二人で話した時は
「ここに男の子のお○○ちんが入って子供が出来るのよ」
と得意げに言った覚えがある。
でも、ただお○○ちんを入れることだけしか知らなかった。

千佳ちゃんと話をして、
「ここに男の子のお○○チンがはいるのだったら指ぐらい入るかな」と言って、
「じゃ入れてみる?」なんて言いながら指を入れかけたことはあるけれど、恐怖で実際は入れられなかった。

そんなことをしながら続けていくと、やはり少しずつ気持ち良さが良くなってきた。
キュッキュッと手のひらで下腹部を圧迫しながらヴァギナの周りに指を滑らせていた。

身体が反応したのが5年生の時。
季節がいつだったかは覚えていない。
フワア、トロンという感じが、ピクピク、っていう風になった。
わたしはびっくりして、手の動きを止めた。

わたしの身体は、あそこの揉みすぎで変になったのか、なんてマジで怖かった。
だけど、手を止めたのは一瞬。
さっきの、あの、感触はなに?
それが知りたくて、またやってしまう。
ピクピク、ピクピク。

いつもなら、フワア、トロンで満足して終わるんだけど、この日は1時間以上やっていた。
そのうち、必ずピクピクするようになって、ア、ア、ア、っていう具合になってくる。
そんなことを一週間ほど続けていて、わたしは突然不安に襲われた。
気がついたら、わたしはそれを毎日やっていたし、夢中になるうちに1時間ぐらいはたっていたから、何年もこんなことをしているうちにからだが変になったのではないだろうか、という不安。
ショーツは湿めっぽくなるし、指にはだんだん力が入っているし。
ああ、だめ、こんなことしていては。
やめようと思ったけれどやめれない。

「このままわたしはおかしくなって死んじゃうのかな?どうせ死ぬんなら、やりたいだけやったほうがいいや」
とかそんなことも考えたけれど、とりあえず回数と時間を減らさないと何かとんでもないことになるように思えて、
「毎日はしない、1時間以上しない」と決めた。

でも、毎日してた。
イクことをしらないから、いつでもやめることは出来たけれど、やりはじめると、1時間ならいいや、とか思った。
学校の授業で性教育もあったし、友達とも話題になるからそれがオナニーであるということは間もなくわかった。

最初、色々な噂、たとえば「汚らわしい女がすることだ」とか「頭が悪くなる」とかそんなことがささやかれたが、どうもそうではなく、私たちの間の結論としては、男の子はみんなやっていて女の子もやってもいい。
さらには「今のうちに覚えておくと、初めての時でも痛くない」とか「ものすごく気持ちいいらしい」とかそんな話になっていた。

そこまでの話になると、メンバーは必然的に絞られてしまった。
と言うよりも私と千佳の二人の会話だった。
千佳の話によると
「パンツの上からじゃダメ。ちゃんとさわらなきゃ」
なのだそうだ。
「それから、あそこに指とかいろんなものを入れて、出したり入れたりするとき持ちいいのよ」
「あ、でも、入れる前に、ラブジュースを出さないと、痛いんだって」
「オッパイとかも、揉むといいんだよ」

何だか千佳ってすごいなあとか思いながらよく聞くと、
「わたしはラブジュースの出し方って、わからないから」
ということで、大したことはやっていないみたいだった。
わたしは少なくとも、ラブジュースの存在を身をもって感じている。
だって、「今日は直に触ってみよう」とか密かに考えるだけで、あそこが湿ってくるのがわかるぐらいだもの。

その夜、指をそっと入れてみた。
痛くはなかったけれど、取り立てて気持ちいいと言うことでもなかった。
だからいつものようにあそこ全体を手のひらで包み込むようにして揉んだ。
それはショーツの上からのようなソフトさでなくて、少しだけ刺激が強かった。
最初その刺激の強さにとまどったけれど、一歩大人になったような気がしてだんだんと興奮してくる。
ショーツ越しだとジワッと濡れていただけだったのが、ジュルジュルとジュースが流れ出してきた。
お汁が手のひらや指先にまとわりついてきて、滑りがなめらかになる。
激しくこすったり、中に指を入れたりしても、ちっとも痛くない。

フンワリと気持ちいいのじゃあなくて、いわゆる快感、っていうのがわたしの身体の中で目覚めた。
クリトリスも穴のまわりも中も、どこを触っても気持ちいい。
息が苦しくなってきて、ハアハア言ってる自分に気づく。
片手では足りなくなって、お尻の方から左手も回して、両手で触りまくった。
頭の中が真っ白になって、何だかわからなくなって、
「そうだ、あそこに何か入れよう」
そう思った瞬間、身体がヒクヒクとなって、わたしは上り詰めてしまった。

オナニーでイっちゃった。

わたしはその後少しづつイク時の快感の度合いが増して行くんだけど、この時はそんなことわからなかった。
「好きな人と裸で抱き合って、わたしの中に大好きな男の子が入って、それでこんなに気持ちいいんだったら、はやく初体験していっぱいいっぱいセックスしたいなあ。」
ほとんど放心状態でベッドの上にへたりこみながら、そんなことを考えてた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。