今までで一番興奮したのは、幼馴染とのセックスだった

ぴゅあらば

高校一年の頃のクラスメイトです。名前は杏菜(仮名)ってことにしときます。

この女ノリも良くて話しやすいんですけど、俺ははじめ少し敬遠気味につきあってたんです。「あー杏菜痛ぇなぁこいつ」とか思ってました。痛い、ってのはなんていうかな。。ストレートすぎる部分があるんですよね。

真面目なこととか歯が浮くようなこととかをタイミング考えずに平気で言っちゃうようなとこある子で。で、空気読んでんのか?みたいな。いますよね、そういう奴って。女の子って、いや男もそうなんだけど、やっぱ空気うまく読む子とか、相手の出方をうまく考えられる奴が強いっていうかうまくグループに溶け込んだりするわけじゃないですか。

そういった意味では杏菜はそういうの苦手な子だった。つい言っちゃう。曲がったこと嫌い。でもそれは凄く素直なだけで、本当にいい子だってのをみんなわかってたから嫌い、とかそういうのは全くなかったです。俺ももちろん友達としては凄く好きでした。痛かったけどw一回、なんだったか忘れたけど、なんかの出し物で男女混合3人1組を作らなきゃならなくてそれの話し合いをしてたときに、俺は別のKちゃんと同じグループになりたくて実際約束もしてあったんですけど、結局くじ引きかなんかになっちゃって。

それで文句言ったりもっともらしい正論でクラスの意見をまとめようとしたら、杏菜がいきなり俺のやり口を大激怒で抗議してきてすげー大口論になったことがあったんですよ。クラス全員の前で。他のクラスからも見物人がwそれからクラス内では、「杏菜と孝(俺)のケンカは伝説だよなー」とか、「おまえらもっと仲良くしろよー」とか言われるようになったりしてました。でも、俺と杏菜は普通に仲は良くて。

そういうことがあったんで尚更仲良くなれたのかもしれません。元気の良いクラスだったんで飲み会とか打ち上げとかしょっちゅうあったんですけど。といっても工房だったんで誰かの家とか公園でしたが。そのたびにけっこう語ったりしてて。

お互いの恋愛のことや部活や学校での悩みとか、まぁ色々。その時のケンカのことは今でも話題になるんですけど、「いやーあれはアタシがバカだったわ」って杏菜言ってます。そんな感じで高校一年はふつうに過ぎていって、クラスも二年からは別になって。

それでもたまに電話で話したりして。
俺「最近どうよ?」
杏「それが例の好きな先輩がね・・・」
俺「またその先輩かよー」・・
杏「孝はどうなのよ、~ちゃんとは」
俺「いやぁ俺もうダメだわ。」とかってふうに。

なんでも相談できる関係だったなー。杏菜の痛い部分ももうすっかり慣れちゃってて、それもまた杏菜の魅力だとまで思ってましたし。俺も杏菜のことを友達として信頼してたし、杏菜も俺のこと頼りにしてくれてました。

くだらんことから下ネタまで話すけど、恋愛感情なんて抱いたこともない。お互い恋人いましたし、むしろそのお互いの恋愛の相談なんかに親身にのり合ってました。誤解のないように言っておくと、恋愛に発展するような「友達以上」みたいな恋心的なものとかまったくなかったです。

親身な相談できる女友達は他にもいたし、杏菜だって俺以外にもたくさん仲のいい男友達はいたわけであって、まぁ、ホントにいい友人のひとり、ってくらいの関係。本題に入ります。卒業して3ヶ月くらいたったときのことです。俺は進学してなかったんですけど、杏菜は大学に進んでました。「久しぶりに電話しない?」ってメールがきたんで、こりゃ何かあったな、と思いました。

当時杏菜は高校からつきあってた男にふられたばっかで、相当病んでましたから。それで聞いてみると、大学のクラス飲みで、クラスメイトに迫られてキスをしてしまったとのこと。まっすぐな子なんでそのことを凄く後悔してて、杏「ねぇ孝どうしよう」って泣いてました。

キスくらいいいじゃねぇかと思いましたが、杏菜は前の男の影をけっこう引きずってたんでまぁ久しぶりに会って飲みながら話そうか、ってことになりました。待ち合わせの日、仕事終わって待ち合わせの場所で待ってると杏菜が現れました。ひさしぶりに見た杏菜は、大学生っぽくというか、ちょっと大人っぽくなってました。

背は150ちょいしかなくて、顔も幼い感じなんですけど、ミュールとか履いちゃって。ラメのついたノースリーブなんか着ておしゃれになっちゃって。髪も軽くウェーブかかってて。

なんだこいつ急に大人ぶろうとしやがって、って思いました。それを言ったら怒ってましたけど。で、そこらへんの居酒屋入って飲みながら色々近況報告を。

俺は仕事で精一杯だったんでたいした話もなかったんですけど、大学生の杏菜は色々と話すことがあったみたいで、完全に俺が聞き役になってました。違う世界だなぁと思いましたが、杏菜も勉強やバイトや色々がんばってるみたいで、なんだかホッとしました。学校でのサークル?で児童のボランティアみたいなことやってるみたいでその話を色々聞いたんですが、その、なんていうかバカな俺は知らなかったんですけど、結構本格的にやるんですねー。

子供の施設に行ったり、学生なのに相当しっかりやるんだと思ったのを覚えています。バイトも家庭教師と、飲食店の接客をはじめたらしく相当忙しそうでした。でもなんだか充実してるみたいでよかった。そんな中、話は恋愛方面へ行き、例のクラスメイトとのキスの話になりました。

つきあったりする気はないらしく「なんとも思ってないのに何でキスしちゃったんだろ」という杏菜に、俺がもっともらしい講釈を延々としているうちに、はじめは自己嫌悪に陥っていた杏菜も最後の方はなんとなく自分を納得させるようになり、杏「うん、もう気にしないことにする。しっかり~のことはふるし」となったとこで話は落ち着きました。で、お互いけっこう飲んでたこともあったのか知らんですけど、杏「孝は女友達とかとキスはできる?」みたいな話をふってきたんですよ。酔った目で上目遣いで。

その瞬間なんか、今まで高一から普通に友達以外何者でもなかった杏菜が、ものすごく色っぽく見えたんです。その唇を奪いてぇぇ!とかってわけじゃないんですけど、その一言で勃起してしましたし、なんか「無理だよばかやろー」とか言って話の流れを変えちゃうと、何だかものすんごく勿体無いような気がして。いや、多分いきなり杏菜を女として意識しちゃったんでしょうね。興奮してましたし。

俺「まーできるよ。多分」て言っちゃいました。
すると、杏「(からかうように)私とでもできる??」って聞いてきたのです。
杏菜相当酔ってるなぁ、と思いましたが、俺自身も酔ってましたし、「いっちまえ」と思って、俺「(冗談っぽく)おー、杏菜となら出来るかもな。

ま、誰でもいいってわけじゃないんだけどな」って言いました。そしたら杏菜は少しだけうれしそうにして、杏「へー、そっかぁ。私とならできちゃうんだ・・・」で、俺は少し勝負に出ました。

俺「(内心びびりながら)杏菜は俺とならキスできる?」
杏「・・・うーん、うん・・・できる、と思う。」
マジか!!じゃあ俺が誘えばキスするってのか?と興奮しましたが、努めて冷静を装い、
俺「ははは、そっかー。んじゃそのうちしてみるか」

みたいにそらしました。でも、この会話をした瞬間、高一からずっと友人としてやってきたもんがなんか変わった感じがしたのも事実です。悪い意味ではなく。そんなこんなでその後もくだらない話をしてお開きとなり、俺は杏菜を送るため駅への道を時間かけて二人で歩いてます。

何故か自然と腕を組んでました。いつもと変わらずくだらない話をしてるんですけど何故か腕組んでるんです。もちろん初めてです、杏奈と腕組むなんて。で、道が人通りのないとこに曲がった瞬間、杏菜と俺はキスしてました。どっちからってわけじゃなく、お互いに「こいつと今キスしたい」っていう気持ちが凄くあったんだと思います。店を出て駅に直行すればいいのに、腕組んじゃってふらふら道歩いて。その名残惜しさの中に、お互いの踏み込んでみたい気持ちを確認しあってたというか。

もう頭ん中真っ白で。もちろん酔ってたのがでかいんですけど、夢中で舌入れてかきまわして。杏菜も「ん・・んっ・・」って言いながら舌入れてきて、俺の口の中這い回ってました。しばらくキスしてて唇離して、杏「しちゃったね」って笑う杏菜。

俺「いいのかなー、友達だろ俺ら」というと、俺の耳に息吹きかけながら小声で、杏「よわむし・・・」。俺はそこでまた飛びかけて夢中で胸もみながら唇吸ってました。途中、何人か通ったんですけどあんま覚えてません。そんくらい興奮してました。唾液飲ませて、杏奈の喉がコクッて動くのに興奮しました。「杏菜が俺の唾飲んでる・・」って。

ずっとお互いの舌を絡ませて、俺は杏菜の胸を触っていましたし、杏菜も俺の股間をさすってました。杏「ん・・ん・フッ、ん。ん・・・」。止まりませんでした。とにかく興奮してた。

でも、この日は実はこれで終わりなんです。終電が近かったし明日も俺は仕事あったんで。唇離してふと冷静になって時計見ると相当時間がおしてて。

俺「杏菜、時間。大丈夫??」
杏「孝明日仕事でしょ?私も朝から授業なんだ。どうしよ・・・。」
多分ホテル行こうと思えば行けたと思います。しかし基本チキンな俺は、友達と一線を越えることの意味もひしと感じていましたし、仕事も杏菜の授業も省みずホテルに行ってしまえ!というだけのことをしていいものかと考え、「帰ろっか」って言いました。

すると杏菜はちょっと複雑そうに、でもホッとしたような表情を浮かべて「そうだね」って微笑みました。その顔にちょっとドキッとして。もちろんその日は帰って抜きまくりましたw帰っても少し呆然としてました。俺が杏菜と?みたいなのが信じられんくて。それまでまったくそういうのなかったですから。

それからしばらくは普通に俺は仕事してましたし杏菜も大学生活送ってたと思います。ちょこっとメールもやりとりしましたけど、それも普通な感じのメールで、キスのことにはとくに触れるものではなかったです。でもなんとなく杏菜が気になってるのはわかりました。当時誰ともつきあってなかった俺でしたが、杏菜が恋人候補として浮上、ってことはやっぱりなかったです。あくまで杏菜はよき友人なんです。それに変わりはありません。

ただ、あのキスはなんだったんだろうなぁー、っていう漠然とした感覚はありました。毎日あの興奮を思い出して抜いてたのは事実なんですがwで、ある日、なんとなしにメールをしてたら、杏「暇~、電話しよー??o(^-^)o」みたいなメールが入ってきました。まぁ暇だったんでいいかと思って電話かけて声聞くと、なんだかやっぱり興奮してきてしまいます。

はじめは普通に会話してたんですが、あの時の興奮がどうしても忘れられず、この前のネタをふってみることにしました。杏菜がどう、とかでなく、ただ興奮してる自分がいました。俺「しかしこの前の飲んだ後はなんだったんだろうな~、何かお互いめっちゃ興奮してたよな」

杏「ねー・・・。なんだったんだろねー」
俺「しかしお前あれだな、キスうまいな!」
杏「うるっさい!孝だってあたしの胸触ったりして激しすぎ!」
俺「胸なんて触ったっけ?」
杏「触ったよー、ひど!覚えてないの???」
完璧に覚えてましたが、確信犯的にノリで触ったと言うと怒り出しそうなんで、
俺「え・・どうだったかなぁ。とにかく興奮はしてたわー」と逃げました。
俺「杏菜だって触ってたくせに」
杏「何をよ??」
俺「俺のを、さー?」
杏「バカ!触ってなんかないよ!」この時点でも相当なもんですが、俺はもうちょい、なんか杏菜の口から興奮するような言葉を引き出せないかな~と必死でした。
俺「杏菜、あの時さ、時間なかったから行かなかったけど、時間あったら確実に行ってたよなホテル」
杏「うーーん、うーーん、うん。多分・・行っちゃってたね。あの流れは」
興奮のボルテージが高まってきます。

俺「杏菜はあれで行っちゃってても良かったと思う??」
杏「なんかつきあってない人と行くところなのかなーって思うけど、でもあれはなんだかあのまま流れで行っちゃっても問題ない感じだったよー。って、あぁダメダメ!孝。ほんとスケベなんだから!」って言いました。

はじめにも書きましたけど、杏菜は真面目でまっすぐな子なんで、友達とホテルに行く、ってことを認めたくないようなタイプです。ましてやヤルなんて。

でもその杏菜が、「俺とホテルに行ってヤッちゃってたかもしれない」と言っているんです。俺は携帯握り締めながら頭がクラクラしてました。でももう一段階さらに上の興奮を。

俺「んじゃ、さ。杏菜は俺とならセックスとかできる?てこと」
杏「・・・。」
俺「なんつか、この前凄く興奮したんだ俺。俺は今まで友達とそういうのするとか全然思ったこともないしありえないと思ってるけど(嘘)、この前の流れで杏菜とだったら、好きな人とかじゃなく友達とかでもできるなぁ、って思ったよ??」
けっこう必死です。
杏「うーん・・・。そうなんだけどねー・・・」
俺「杏菜となら、だけどね」

この一言は重要なんです。杏菜は誰とでもやっちゃうみたいのを嫌悪するんで、自分が恋人じゃない人とセックスするってのは何かイヤなんです。でも、今回、俺も杏菜もお互いに対して興奮してる。そのために、この一言で「特別感」を煽るのは杏菜にとって重要なんです。

杏「そうだよ。私も孝じゃなかったらこんなの絶対ありえないし・・・。ね・・・して・・みる??」
は?何を??セックス?
俺「ん?え、と・・。それは俺を誘ってると考えていいのか?」
杏「うん。そう・・・。して、みない??」
録音をしておけば良かったと思うほど興奮した。この会話で何度でも抜けただろうにw友達ですからね。あくまで。

お互いにそれでつきあおうみたいな流れは持ち出さない。でも興奮はしてて互いを求めちゃってる。それがお互いにわかってる。でも言わない。

その後の会話は、完全に言い訳モードだった。二人ともwヤッてしまうことにより、高校一年生から築いてきた友情を崩さないように。でも体の関係を持つ約束をしたことに対する言い訳w電話切った後、猛烈な勢いで抜いたのは言うまでも無いよな?約束時間は翌日俺の仕事終わった後。抜いた後もなんか妙に興奮してしまい、卒業アルバムなんて見ちゃいました。

それで気持ちが揺らいだらまずいなぁとか思いつつも、杏菜の写真をなんとなく見たくなった。それは信じてもらえるかわからないけど、決して恋愛心から来るものではなく、なんか改めてそうやって杏菜を目に焼き付けることで、「やっちまうんだぞ」って自分に問うようなイメージでした。それで迷うようだったらやめようとも思いましたが迷いは全くなかったw写真の中の杏菜は、俺に誰とでも仲良く、それでいてちょっと痛いまっすぐな杏菜を思い出させました。

そしてこの間会った、その性格はそのまま、少し大人びた杏菜、俺とキスをした杏菜を思い出しました。そして翌日の夜、待ち合わせ場所に現れた杏菜はやっぱりおしゃれで大人っぽくなっててかわいかった。白のタンクトップにぴったりしたジーンズ。ラフな感じだったけど綺麗。

今日はこの前と違って酒は飲んでない。もう夏も間近なんでまだ暗くなりかける頃。酒の勢いは借りることが出来ないわけです。俺「よ、よう。暑いな~」と緊張気味の俺。

杏「う、うん、じゃー・・いこっか??」とやっぱり緊張気味の杏菜。そんなこんなでホテルも入るまでが時間かかった。なんとなく散歩してる感じで「いいんかな」と自問。基本的にやはりチキンです。

でも杏菜はもうけっこう腹据わってて、
杏「え、と。孝、そこのホテルに入ろ?」って言ってきました。
やっとホテルに入り、しばらくソファー座って会話してたんですけど、
杏「孝、シャワー浴びる??」って聞いてきたんで、
俺「あー、そうだな。浴びるわー」と言って浴室に入りました。

すげーホントにホテルに入っちゃったよ、って。この前のキスからの流れがまだ続いていることに驚きを感じながら。これから始まるであろう友人とのセックスに思いを馳せてました。

続いて杏菜がシャワーを浴びてる間、俺と杏菜の高校の頃の思い出がなんとなく浮かび上がっては消えてきました。別にこれで何かが変わるわけではねぇだろうに、なんか特別な感じがしちゃう自分が嫌でした。3年間まったくそういう感情は抱いていなく、今でも勿論恋愛感情は抱いていない。

セックスして仮に杏菜に告られたとしても俺は間違いなく、「恋人としては考えられない」と言ってふる。逆もまた間違いないと思います。俺も仮に間違い起こして告ったところで絶対ふられるが、しかし。現に存在するこの状況には痛いほど興奮してました。

前回のキス事件から、そういう感情を抑えられないほどお互いに興奮してしまっていること。あの真面目な杏菜がそんな自分を抑えられず「あくまで友達」の俺を求めてしまっていること。俺が今まで性対象にしたことのない杏菜とこれからやってしまうってこと。

杏菜が浴室から出てきて、電気消してベッドにすべりこんできました。女の子特有のいい匂いがしました。そうだよなぁ、こいつだって女だよなー、と妙に感心したのを覚えてます。

当たり前なんですけど、なんか妙に。そのまま軽くキス。何度か。フッて息がもれる程度に。

で、一回見つめ合ったらそのままディープ。一線は確実に越えました。杏菜の舌が俺の口の中をかきまぜてきます。俺もたまらず杏菜の口の中を嘗め回して。クチュクチュ音がして。

杏「ん・・ンッ。・・フゥ・・ん」って息をもらすんです。
なんか可愛い感じがして、髪なでながら
俺「杏菜、またキスしちゃったなー」
杏「うん・・・。もう後はするしかないよー・・。」って言ってまたキスしてきます。

杏菜はだんだん目がトローンとしてきて、杏「脱がしちゃお」と言って俺の着てた服を脱がしてきます。俺もたまらず脱がして。高校の頃はぜんっぜん胸ないなーって言ってバカにしてたんですけど、少し成長してましたwBからCくらいはあったと思います。

唇から首からいろんなとこキスして、耳舐めたらビクッてして、杏「孝ぃ・・」ってかわいく名前呼んできます。耳が杏菜は弱いみたいで、舐める度にギュッとしてきます。
杏「あっ、あっ、んー、やだ耳っいいよ。あっ、あ」
俺「もっとしてほしい?」
杏「うんんー。もっと・・・」って言って喘いでる杏菜にむっちゃ興奮。それから胸を今度は直にもみまくって乳首にむしゃぶりついてました。

獣のようだったかもしれんです。興奮しまくりでしたから。
杏「孝、孝ぃ、あっ、ああ、あん、あ、あっ胸いいよ孝ぃ」
俺「好きなだけしてあげる」
杏「うんうん、うんあっ、あー、気持ち、ぃい」
杏「あ、あ、あ・・・いいよ孝」乳首吸ったり優しく噛んだりしていると、
杏「んっ、ダメだよ・・・あ、ああっ、あっんっ、きもちぃ・・」
って声漏らしてました。俺は胸を吸いながら手マン開始。そしたら途端に今まで抑え気味だった声をあげて
杏「あぁぁっ!ダメェっ、やばいから、やばいから。やばいからっっ!!」って。

俺もうホント興奮して夢中で手動かしてました。めっちゃ濡れてて、グチャグチャいってました。
俺「杏菜濡れてる」
杏「や、だ!やだーっ、あ、あ、あ、ん、んっ!んー」

杏「あん・・あっ、ん、ん、、あ!ああ!気持ちいいよ!孝、あっっあっあっ!!ダメだってそんなしたら、あぁっ、あ!あ、ん・・・あ!!あぁっ!」
もうあの杏菜がビクビクしながら喘ぎ声あげてるってんで頭が炸裂しそうでした。当たり前ですけど高校一年からずっと仲良くしてきて、こんな杏菜は見たことも聞いたこともなかったですから。

俺に手マンされて喘ぎまくっている友達の杏菜。杏菜ってこんなふうに喘ぐんだー、けっこう声出すんだなぁ~って思いました。興奮しまくってました。

杏「あっ、あ・・んー、ね。孝ダメだよう・・・あっ!あっ!あぁっ」
杏「ね、ね孝、あっ。私も、私もしてあげるから!んっ」と言うので態勢を杏菜にまかせました。

杏菜は俺を仰向けにさせると、俺のを触りながら、杏「お返し」って言って口に含みました。下の方から舐め上げてきたり、つばたくさんつけて音たてながら吸い上げてきたり、今思ってもけっこうテクニシャンだったんじゃないかなぁ。
俺「やばっ、気持ちよすぎだよ杏菜。うますぎない?」と言うと、
杏「(上目遣いで咥えながら)ひほひいい??ふふっ」って笑います。

ふと思ったんですけど、エロいんです杏菜。俺が思ってたよりもはるかに。基本的に真面目な子ですからけっこうマグロな感じかなぁーって思ってたんですけど、けっこう積極的なんです。声もかなり出すし。フェラもすげぇ気持ちいい。チュパチュパ音たてながら強めに吸ったり弱く舐めたり。

俺が前につきあってた子の方が見た目はよっぽど遊んでる感じしたのに、全然杏菜の方が上手い。そのギャップにまた興奮しました。あの杏菜が俺の咥えてるよー、しかも上手い・・・。杏「気持ちいい??孝。」しごきながら聞いてくる杏菜。

俺「やばいって。何でこんなうまいんだよお前」ってきつめの俺。
杏「へへ、なんかうれしいな。やっぱり気持ちよくしてもらうとうれしいよね」
お前、神だな・・・。

俺「なー、杏菜。入れたい、んだけど・・。」
杏「うん・・・いいよ。あたし、も」で、杏菜がゴムをつけてくれました。手馴れたもんでした。前の男にはけっこう教え込まれたんだな~と思いました。女の子からゴムつけられたのはその時はじめてだったんで。

いつも自分でしてたんで。
俺「いい?入れるよ?」
杏「いいよ・・・。していいよ」

もう俺はいつでも準備オッケイ。入り口んとこにあそこ何度も何度もすりつけてたら、杏菜はだんだん息遣いが荒くなってきて
杏「ん・・ん、孝。お願い。」って言ってきます。
孝「何が??」
杏「ん~!やだぁ、お願いー!!」それで我慢できずに挿入。
「いれて!」って言わせたかったが俺の理性がもたなかったです。正常位で一気に。

杏「ん・・ん、んー。あっ、あ、入っ・・・た」
俺「うん・・・入った」ちょっと軽く前後に腰動かしただけで
杏「あ!あん。うん、んっ、ん、んっ、んっ。はー」

杏「あんっ、ん~。んー、んっ。」って反応良し。
杏「孝、なんか、しちゃったねぇ・・あっ!」
俺「うん。ね」

杏菜の中はちょっと狭いんだけど、むっちゃ気持ちよかった。てか、何が気持ちいいとかどうとか考えてる余裕なかったです。俺自身とんでもない興奮のさなかにいたわけで、とにかくチンコ擦り付けて腰ふってキスして胸もんで、ってなんだか必死でした。うまいセックスなんかではなかったと思います。完全に自己満でした、己の欲望にまかせて腰ふってる感じで。

ただ、杏菜もそうでした。それまでした子はけっこう奥手な子が多かったので、杏菜が積極的に腰ふってきたり喘いだりしてるのには興奮しました。その後に、俺「杏菜、上乗って」って、騎上位させた時に、杏「恥ずかしいよ、やだ・・あっ、やだよっ」って言ったくせに、杏「やっ、や、あ!あ!ああっいい!気持ちいい!孝!孝!あぁっ!!ん、ん、ん、あっあああっあっ、んんっ!!気持ちいいよ!孝、や、ばいっ!あぁっ、っく!やだ、いっちゃうかも、あんっ、あっあ、あ、あ、んー!!!」って顔真っ赤にして腰ふってるんです。

ベッド思いっきりぎしぎしいわせて。あのまっすぐな杏菜がこんな堕落したような感じ方するなんて、俺ももう限界でした。俺「杏菜っ気持ちいいよ!」

杏「あ、あ、あ、あっうん、孝ぃ気持ちいいよ?あっあっ!やっ、あ、あん、んっ!!」
腰の上では杏菜が激しくはずんでます。

俺「やべ、イキそう!」
杏「最後は顔・・あっ、見ながらが、んっいい!」
そのまま正常位。一回抜いた時の杏菜の「んあっ」って声が妙にエロかった。

改めて挿入。杏菜はもうドロドロかってくらい濡れてて、すんなりと入っていきます。
杏「ん・・んっ、あ、はーーっ・・・んっ!いいよ?いいよっ!あっ、あ!」
杏「あっ、ああっ!あ、あ、あ、あっ、あ!んっ、あ、んっんー!」
俺「いい?」
杏「うん、うん孝、いいよっ、やばいっ!」もう限界です。

最後スパートで猛烈に腰を叩きつけてました。
俺「やばい、杏菜!もういく、かもしれない!気持ちよすぎ!」
杏「んっんっん!あぁっ!あっ!うん、ああっ!!あ!あっ」
俺「いくよ?杏菜!」
杏「ああっ、うんっ!ん!!んっ!うん、孝、いいよっ!うん、あ、ん!んーっ、ん!あっ、いく、い、いく!あっ、やばい!!気持ちいい!孝、ぃくーあっっあっ!あ、あ、あ、ん、ん、あ、ん、あぁっ!やだっ!ぃくっ!いくー!!ヤダぁぁ!!!」
俺「いくよ!!」

ゴムに出すのやだったんで、急いでゴム取り去って胸らへんにぶちまけました。精子が杏菜にかかる度に、杏「あ、あっ」て杏菜ビクビクッてしてました。そりゃとんでもない量で、勢いも半端じゃなかったです。枕もとの方とか、あごのとこにまで勢いよく飛んで。もう二人とも全身でハァハァ息してました。

精子ふき取るとかそんなんどうでもよくて、ただ体横たえてて。最後の杏菜の「ヤダぁぁ!」が凄く興奮した、ってぼんやり考えて。その後、時間がまだ残ってたんで、そのまま世間話とか普通にしてました。

やっぱり「つきあおう」とかそういった類の話はまったく出ず、これで今後も関係が壊れないといいなぁーって思ってました。腕に杏菜の頭のせて、天上の安っぽいプラネタリウムをイメージした蛍光塗料見ながら「あぁしちゃったんだなー、良かったのかなー」って考えてました。そんな俺を見透かしたのか、杏「孝、気持ちよかった??して良かった?」って聞いてきました。

単純に興奮して最高に気持ちよかった俺は、俺「そりゃもう」。それを伝えて杏菜とキスをしました。それでもやっぱり俺たちは友達です。後日談ですが、それからも杏菜と俺は普通に友達の関係を続けてます。

無論、今も。ふつうに電話したり飯食い行ったりすることもあります。杏菜は相変わらず真面目で一本気な子で、恋愛にサークルに勉強にがんばっています。

時には泣いてくる杏菜を慰めたり、俺も仕事や恋愛でへこんだら杏菜に連絡とって話聞いてもらったりもします。ただ、あれからHは一度もしてません。そんな話になっても、杏「あれは孝、一回っきりだよ~」って笑いながら言ってます。

とんでもない興奮を得ることはできるかもしれないけど、俺もそれでいいと思います。友達なんですもん、そうそうやりまくってたらこの関係も揺らいじゃうかもしれません。お互いに恋人がいなく、とか酒の勢いもあって、とかなんかいろんなタイミングがあのHを生んだんだと思います。間違った行動とは思ってません。

俺もいろんな子とHしたし、彼女も何回かできたけど、いまだに一番興奮したHは杏菜とのHなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。