バイト仲間のブス女子大生に欲情して処女をいただいたら愛情と勘違いされ…

ぴゅあらば

学生の時にバイトしてたコンビニのバイト仲間のちょいブス女子大生を抱いた事がある。テキパキ仕事する店長からも信頼の厚いブス、さすがに女性ということもあって、夜中勤務は、無かったんだが、急に夜中勤務の奴が風邪でこれなくなって、急遽ブスと勤務になった。

俺が昼間勤務の時に何度か一緒に勤務をした事はあったんだが、夜中は初めてだった。その日は、雨と言う事もあって暇な勤務だった。暇ななかでも、ブス子は品出し、掃除と動き回ってた。

トイレ掃除をしている後姿、形のいいお尻を突上げ掃除する姿に、品出ししながらチムポが硬くなっていた。一通り片付けを終え色々話をすると、案の定?今まで男性と付き合ったことがないらしかった。今は、アパートに一人暮らしらしい実家は、信州の田舎で農家、化粧ッ気がないのはそのせいか?しばらくすると、次の勤務の人が来て交代を告げてきた。

二人して勤務を終え裏で帰る準備、晩御飯を食べていなかったのでブス子に一緒に晩御飯を食べないか誘ったら乗ってきた。雨は上がっていたが、ブス子を車に乗せ24時間ファミレスへ行った。車のシートが低く沈み込むタイプなので、座った時に下着が見えそうなった。

色々話をして、食事も終わり会計を俺が払い終わり「うちでお茶飲まない?」と誘うと、「今度私が奢ります」とブス子の部屋に誘われた。今まで男性を部屋に入れたことが無いらしく、初めてとのことで部屋は、1LDKで綺麗に掃除されて女性の部屋らしく可愛いカーテンや小物が飾られてた。「どうぞ、寛いでください。コーヒーでいいですか?」

「あっぁなんでも、ちょっとトイレ借りていい?」「えぇどうぞ」ユニットバスなのでドアを開けていざ入るとお風呂に残る縮れ毛、妙に興奮した。

ブス子は床に座っていたので、「そんな所座らなくてもここ座れば?」と横に座るように言った。「えっ大丈夫です。」「そこに座ってたら俺が気を使っちゃうよ、いいからほら」と勢いよく手を引っ張って隣に座らせた。

顔は別にして、綺麗な足が俺の足の隣に並んで見えた。おもわず「綺麗な足だねぇ」「えっ?」「いやいやあまりに綺麗でゴメンゴメン」

「そんな事言われたの初めて」「えっ本当?綺麗だよ本当に自信持っていいよ」とりあえずスペック緒川ブス子20歳身長160前後多分・・・俺の肩ぐらい体重50前後期待を裏切って悪いがデブではない。

胸はB、ホワイトデーの時に下着を買ってあげたので、86Bなのはわかった。綺麗な足に欲情してブス子にもたれ掛かりながら、「綺麗だよ、好きだ」押し倒しながら言うと「ダメ、ダメですよ、そんなつもりじゃ」

そんな言葉も無視して、「いいじゃん、ずっと好きだったんだよ」心にも無かったけど、とりあえずできるなら何でもいいやと思い言えるだけのセリフを並べまくってると、抵抗する力が抜け、両手で顔を塞いでた。OKと踏んだ俺は、ゆっくりと服のボタンを外し、スタートを脱がせお腹の辺りから上へと舐め胸の辺りでブラに手をかけると「ダメ」とブラ手をかけるブス子その手を強引に退け、ブラを外し乳房を頬張るように舐め乳首を舌で転がすと悶え声を上げ感じ、俺の頭を両手で抱きしめてきた。

「初めてなの・・・」あっそうだった、今までの話で想像はしてたんだがその言葉に続く色々な意味を考えると若干引いた。それよりなにより、このカーペット汚すとやばいかなぁゴム持って来てないし、初物生っていきなり出来たらマジ悪夢まぁ据え膳喰わぬは男の恥、とりあえず喰うだけ喰っちゃえ喰った後に考えればいいやと一気に下着を脱がし胸からマムコへと移動、陰毛の茂みを鼻に感じながら舌でクリを転がし徐々にマムコへ移動すると、両足を閉じ頭を挟み「ダメ、汚いよぉ、お願い」

そんな言葉も無視して、しゃぶり続けるとマムコからは言葉と裏腹に蜜が溢れ迎え入れる準備万端両足を抱え硬直した息子をゆっくりとマムコへと膣口に当て徐々に膣中へと亀頭が入ろうとすると体をビクッとさせ体を硬直させるブス子「力抜いて、怖く無いから」両手でお尻を揉み解すようにマッサージしながら徐々に息子を膣中へ押し込むと、押し出そうとするかのように絞め付けるマムコ「イッ痛い、ダメ、痛いよぉお願い」それでも強引にブス子の体を押さえ一気にチムポを押し込み子宮口へ突き当てピストン運動チムポに生温かい感覚を感じながらを一気にフィニッシュへチムポを抜き土手出し陰毛に大量のザー汁ブス子の目には涙「ゴメン、でも好きだから」適当に言葉並べると抱きついてきて「うぅん初めてだったから、私こそごめんなさい」

時間も起ち少し落ち着きブス子を見ると顔を歪め痛そうな顔をしてた。「大丈夫?」「うん、ちょっと痛いの」

見るとカーペットに鮮血が・・・俺の服をブス子にかけ「ちょっとじっとしてて」といい、ティッシュを取りに行こう立ち上がると自分のチムポにも血が付いていた。チムポを拭き、ブス子の元へ行きマムコを拭いてやると「ご、ごめんなさい」

「大丈夫、大丈夫じっとしてていいから」ブス子が急に体を起こし抱きついてきて、「好き」内心、う~んこれからどうしたものかなぁと思いつつも、今日は無事終われたと思った。

それから二人には狭いが一緒に風呂に入り、2回戦をブス子のベットでその日はそのままブス子の部屋に泊まり昼間からブス子は学校へと向かったが、部屋に居て良いからとニコニコしながら大股広げて出かける姿に笑えた。マムコにまだ何か挟まっている感覚があるらしく、何人か初めての女としたが、大体の女がその翌日何か挟まった感覚とよく言う大股広げて歩いた女はブス子だけだったけどそれからブス子の部屋に遊びに行っては泊まって帰る日が続き、そのたび色々な経験をさせMっ子に育てていった。学生の時の性欲満タンで何でもやりたかった頃の話でした。

その後些細なことで別れたのだが、今は子供を産み俺の嫁に納まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。