ヤンキー女子に呼び出されたのでレイプしてやったのが忘れられない

ぴゅあらば

中学3年の時に、クラスのヤンキーの女の子をレイプした。手に付けられない位、気の強い女の子。

今思い出しても興奮する。泣き叫び乱れ悶えていた姿。その女の子は、授業はサボる、邪魔する等はあたりまえで何かと問題を起こしており、先生たちも手を焼いてる位。ある日、クラスの女の子と言い争ってるのを注意した事があり、その事が気にいらなかったらしく放課後、その女の子から「話がある」と言って呼び出された。

指定された場所に行くと、女の子がすでに待っており「お前は。・・・」と言い争ってる内に何だか堪らなくなり、女の子を押し倒し覆いかぶさった。「何するんだ」と言う女の子に、往復ビンタ。強引に唇を重ねキス。

制服を破り胸を揉み、乳首も嘗め回した。女の子を見ると「やめろ」とないており「さっきまで、いきがってたやつが。・・」と言えば「やめろ。・・・」と叫ぶ姿に興奮。パンティーを見るとすでに濡れており「こんなに濡らして、感じたか」と言えば、「やめろ」と言い続ける。

舐め出すと喘ぎ声を出し悶え出す。指を入れると「入れるな。・・」と叫ぶも構わず指を入れ動かすと、潮を吹き昇天。濡れた指を女の子の顔に擦り付け。

髪の毛を掴み立たせチンポを咥え頭を抑え、フェラ。咽て口から唾液を垂らし咳き込む姿に興奮してしまい挿入。挿入したら、「あぁ~~~~~~。」と絶叫。

腰を動かす度に、暴れるのでビンタ。暫くすると喘ぎ声を出すので、「さっきまで、いきがってた勢いはどうした。」と言えば「やめろ、馬鹿。チンポ抜け」と言うのでますます興奮してしまい、行為を止める事は出来なくなった。体位を変え、強引にキスをしながら女の子を攻めていた。

女の子は泣き叫び、乱れ悶える。最後は、顔射。犯し終えた後、女の子の口に放出の終えたチンポを咥えさせた。

その後、暫く女の子を眺めていた。女の子は「こんな事しやがって」といきがってるがその姿を見てたら、堪らなくなり再び犯し始めた。犯した場所は体育館裏の倉庫。

誰もいないのでやりたい放題。とにかく犯し続け倉庫から立ち去った。女の子は暫く、学校には来なかった。

来た時は、呼び出し犯していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。