3つ上の兄のエッチなイタズラがエスカレートしてレイプされた

ぴゅあらば

JS時代、三つ上の兄貴にいたずらされてた。ま。JS時代だけじゃなかったけど。低学年の頃は一緒に毛布くるまってたら、胸触られたりパンツの中に 手入れてきたりとか。最初は子供同士くすぐりあって遊んでいる延長線みたいな感じ。結構ひょうきんな兄貴だったし、私も男の子に混じって遊ぶの好きな子 で、兄ちゃんっ子だったから全然変なことされてるって気はなくて。むしろ遊んでもらってるって感じだった。

それがだんだんエスカレートしていった感じで、しばらくすると夜とか布団の中で裸にされていろいろ弄られるようになった。それがだんだんエスカレー トしていった感じで、しばらくすると夜とか布団の中で裸にされていろいろ弄られるようになった。エッチなことしてるというかイケナイことしてる、って雰囲 気は子供心にも何となくわかってたけど、相変わらず兄貴はひょうきんで優しかったから、その当時はあんまり罪悪感ってのはなかった。

どっちかっていうと、親の化粧品使ってメイクごっこしたり、テレビのラブシーン見ちゃったりしてたから、逆に兄貴とのそういう行為は仲良しの女友達 より一歩オトナの女に近づいてるって、ちょっとズレた優越感に浸ってた。書いてて思い返すとイタイ子だったなあと思うwそれに物心ついた頃から、うつぶせ になってアソコを揉んでたりしてた子だった。それがオナニーだって知ったのはずっと後だったけど、弄ると気持ちよくなるって感覚は知ってたんで抵抗が全く なかったわけじゃないけど、それほど嫌じゃなかった。

おじいちゃんの家で親戚の子たちと隠れんぼをしていた時。納戸に隠れてたら兄貴が、お前もいたんだ?みたいに知ってか知らずか入ってきて。他に行ってと拒否ったんだけど結局狭くて真っ暗な納戸に二人して隠れてると兄貴が体をまさぐってきた。

真っ暗なら恥ずかしくないでしょ、って強引に服を脱がせてきて、さすがに鬼に見つかったときにやばいと躊躇したけど、その時は兄貴も服を脱いで体を 押し付けてきて。真っ暗なせいもあって、私もするする受け入れちゃったんだけどね。兄貴の生暖かい感触に感じちゃって、すり合わせると凄く気持ちよくて、 暗闇の中二人でそうやって抱き合ってると、ドラマのラブシーンみたく興奮しちゃって。

私もいつもと違って、ドラマみたいな喘ぎ声を出したり、お兄ちゃん…って言っちゃったりした。別に兄貴としたいって思ったんじゃなくただのごっこ遊びの感覚だったんだけどね…。それ以降、兄貴に押し入れに連れ込まれることが多くなって、兄貴の変態度も増してきた。

懐中電灯でアソコの中を広げられたり、水鉄砲でお湯を入れられたり、電気コードやガムテープで手首縛られたり…。今までは常に優しくてやる前に聞いてくれたんだけど、だんだん強引になってきてた。一番嫌だったのは全身にマヨネーズを塗りたくられたとき。

多分兄貴はローションかなんかのつもりだったんだけど、洗ってもベタベタ感なかなか拭えないし、臭いも消えないから最低だった。それでも兄貴なりに 勉強したのかわからないけど、だんだんといたずらもセックスみたいになってきて。キスをしてきたり、乳首やクンニをしてきたりして、私を感じさせてやろう みたいなもんもわかってきてて。

特にちんちんの先をアソコにすりつけられると私も凄く気持ちよくて、拒否っても最後はなんかうやむやに受け入れちゃってた。兄貴とのそういうのが続 いて、そろそろヤバイと思ったのが、四年生になって受けた保健の授業。今更ながら兄貴との行為がどういうものかわかったときは正直、軽く鬱になったよ。

それからははっきりと拒否ることにしたんだけど、今までが今までたがら、兄貴も引き下がらなくて。押し入れに連れ込まれることはなくなったけど、そ れでも夜寝ていると、布団に入ってきては、パジャマの隙間から手を入れてきて胸を揉んだりアソコを舐めたりしてきた。必死に寝たフリしてるんだけど、兄貴 は気づいていて、拒否るくせに受け入れてんじゃん、みたいに嘲笑ってた。

私は、お願いだから(ちんちんは)突っ込まないで、って泣きそうな声で言うのが精一杯。でも五年になって生理が始まったら、さすがにもう無理と思っ て完璧に拒否るようにした。それでも強引に入ってくると、お母さんに言うから、と引き下がらせた。そういうのが何度か続いたけど、しばらくすると寝込みを 襲われることもなくなって、ようやく終わったと安心してた。

そうして兄貴との行為の日々も半分忘れかけた六年の三月の冬、兄貴に犯された。部屋で机にむかいながら友達に手紙かなんか書いていた。兄貴が突然入ってきて後ろから抱きついてきて。

最後だから、一回だけだから、って囁いてきた。必死に抵抗したけど引きずられるように私のベッドに連れ込まれて、服を脱がされた。あ、レイプされるんだ、と思ったら涙がぽろぽろ出てきた。

。後はもうされるがまま。私も生理で敏感になってたせいか指でアソコを掻き回されながらようやく出てきた胸を吸われているうちに、何度か意識が吹っ飛んだ。

そうしてるうちに最後は挿入までされて中にまで出されて。なんかもう、いいや。って自棄みたいな気持ちで、はあはあいってる兄貴を感じてたら、私の名前呼びながらごめんね、ごめんね、って半泣きで言ってて。

泣きたいのこっちだよ、って思ったけど、地方の高校に合格して春から一人暮らしすることになってたから、色々と不安だったんだろうな、って。兄貴が かわいそうになって、大丈夫だよ、誰にも言わないからね、って慰めてたwほんとイタい子だわ私。だけど。冬休みやら夏休みで帰省してくると兄貴はまた襲っ てきてた。呆れながらも拒否ったけど、結局私が高校に入ってしばらくした頃に、兄貴にまた犯された。

それからは何度かあったけど、ま。JS時代じゃないので今は割愛。酷い兄貴なわけだけど、普段は私からみたら優しくて、宿題を手伝ってくれたり、親に怒らたらかばってくれたり慰めてくれたりして、友達からも慕われてるいい兄貴だった。

今でもそう。前に私がバカな男にひっかかって借金こさえたとき、親にも言えず途方にくれてたんだけど、何も言わずに解決してくれたり、困った時はいつも頼りになる。私にしたことを思い返すと複雑な気持ちもあるし、ただの罪滅ぼしかもしれない。それは今でも許せない。

だけど、それでも完璧な人間なんていないし、正直、兄貴のことは憎みきれないのが辛い。こんなイタイ子の話を長々とすみませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。