憧れの女教師

ぴゅあらば

中学の時に、英語の先生が転任して来た。
唇が厚い巨乳の先生。でも俺のクラスの担当じゃなくて、いつも遠巻きに見ては妄想を膨らませてたのよ。

で、3年生の時の学園祭。なんか、学年の壁を越えて演劇をやりましょうって事になって、うちのクラスからは俺が代表として参加する事になりました。

そん時に、担当になったのが例の先生。(以後K先生)
いつも遠巻きに見てたり、すれ違ったときに香る石鹸の匂いがどんどん漏れの妄想を膨らませていったのは言うまでもなく。

ただ、如何せん小心者の俺。行動に出るだなんて思いもよらないし、どうアプローチしていいかもわかんない。わかったのは、K先生が社宅に住んでいる事と、彼氏がいない事。んで、強がりだけれど、たまにこっそり泣いてる事。

最初は、ただ単にオナニーの道具だったK先生をちょっとだけ愛しく思いはじめた。つっても、中学3年生が年上の女を愛しい思うだなんて変な話ではあるが(笑)

学園祭が終わり、直接的なK先生との関わりもなくなって少し寂しいなって感じてた。廊下ですれ違う時に交わす挨拶ぐらい。恥ずかしながら、その時に見せてくれる笑顔が、何よりも心強く俺を支えてくれた。

俺の所属する部活も引退し、放課後が暇になった。空き教室があり、そこから後輩達が必死こいて練習する様をぼけーっと見るのが日課になった。

ガラガラ・・・
不意に教室のドアを開ける音がして、振り返ってみるとK先生が立っていた。K先生「こらーっ。この教室に入っちゃダメでしょー!」怒ってるんだけど、K先生の顔は少し笑ってる。

俺「だってさ、暇なんだもん」平気そうに答えた漏れだが、心臓バクバク。誰も来ない可能性は無いけれど、K先生と突然二人っきり。

なんか、どんな話をしてそうなったかよく覚えてないんだけど、俺の家庭の事情の話になった。その時、結構家庭がゴタゴタしてて、家にあんまり帰りたくない感じだったわけよ。そんな家庭の事情をはじめて人に話してしまったもんだから、俺、泣いてしまって・・・。ガン泣きですよ。

そしたら、K先生、俺をギュッとしてくれた。何が起きたかよくわからない。グラウンドから運動部の声がやたら大きく聞こえた。いつも残り香だった、あの石鹸の匂いが充満する。両頬には、何度も頭の中で揉みしだいたK先生の胸。

でも、こんなとこ、誰かに見られたら?!そう思って、先生の腕を振り解いた俺。「恥ずかしいから、いいです。誰か来るかもしれないし」ちょっと強く振りほどいた事を後悔しながら、K先生に言い訳する俺。

K先生「じゃぁ、こっちにおいで」
少し微笑んだK先生は、廊下から死角になる壁側に俺の手を引き腰を下ろした。
K先生「先生は、○○君が頑張っている事を知っています。そんな○○君を先生は大好きだし、誇りに思います」そう言って、またK先生は微笑んだ。

またガン泣きしてしまう俺。抱きしめてくれるK先生。
一通り泣いて、スッキリしたけれど、K先生の胸の感触が心地よくて、しばらく顔を上げなかった。でも、やっぱりどんどん恥ずかしくなってくるわけよ。男の子が、何泣きすがってんのよ、と(笑)で、漏れは顔を上げた。

K先生のYシャツが俺の涙と鼻水でびしょびしょ・・・。
K先生「○○君、よく泣いたね~」
なんて、笑うK先生。俺のソレで、白のYシャツから、ピンクのブラが透けてるのよ・・・。目線を下に逸らす俺。そしたら今度はK先生の白いパンティ・・・。
どこに目をやればいいんだよ・・・

「先生・・・パンツ見えてます・・・」
K先生は慌てて見えないように座り直す。
「それから・・・」
不思議そうな顔をして俺を見るK先生。

俺「やっぱ、いいです・・・」
K先生「よくないでしょー?なにー?」
怪訝そうな顔するK先生。俺は、ブラが透けてる事を言いたかったのだけれど、もっと見ていたかったし、ましてやそういうところばかりに目が行ってるなんて思われたら嫌だからモジモジしてた。でも、K先生の迫力というか、そんなのに押されて、「いや・・・その・・・ブラが透けて・・・」って言ってしまった。

あぁ、怒られると思った。そしたらK先生は、K先生「○○君がいっぱい泣くからだよ(笑)泣き虫(笑)」
とからかってきたので安心した。K先生「それに、先生の見てもしょうがないでしょう(笑)」少し、沈黙・・・。

「そんな事ないです・・・」
また、沈黙・・・。
「先生・・・触っていいですか?」
K先生「冗談を言っちゃダメです。」
俺「冗談じゃないです・・・」

K先生は、少し困った顔をして「少しだけですよ」と言った。柔らかい・・・。妄想してたのより、ずっと柔らかくて興奮する俺。K先生はジッと俺の手元を見てる。我慢できんくなった俺は、Yシャツのボタンを外す。先生は何も言わず、ジッと俺の手を見てる。

目の前に現れる先生の白い胸とピンクのブラ。教室には西日が入り、先生の身体が女神に見えた。
中身が見たい。俺はブラをずらす。夕日に滲んで色はあんまりわからないけれど、勃起した先生の乳首が現れた。

たまらず、先生の乳首を舐める俺。少ししょっぱい。
先生の顔を見ると、相変わらず胸を鷲掴みにしてる俺の手をジッと見てる。
K先生「もう、満足?」
先生がちょっと悲しい顔をしてた。

K先生は、ブラを直しボタンを閉めなおした。
K先生「はい、おしまい。帰りますよ」そう言って、教室を出て行った。

俺はものすごい自分のした行為に後悔したけれど、その晩何回もK先生を思い出してオナニーをした・・・。そんな事があっても、先生は相変わらず態度を変える事はなかった。ただ、あの事には一切触れることはなかった。

そして、俺は中学を卒業し、高校に入学した。高校に入学した俺。早々に初体験も済まして調子こいていたのだが、やっぱりK先生との思い出が忘れられない。いや、むしろ、中途半端なリアル材料を貰ったおかげで、どんどん妄想は膨らんでいる。

中学の時記念誌を引っ張り出し、K先生の連絡先を調べる。そして、電話。
K先生「はい、Kです」
俺「あ、もしもし。○○です。」
K先生「あらぁ!久しぶりですね!どうですか高校生活は?」
あんな事があったから、まともに話してくれないかなと思ったんだけれど、意外に受け入れてくれて、世間話をしばらく交わす。

K先生「で、どうしたの?電話をかけてきて・・・」
俺「相談があるんです・・・」
K先生「・・・聞ける相談と聞けない相談があります」
あぁ、やっぱりあの事が頭の中にあるんだなぁと思った。で、俺は幼稚ながらも考えてた事を話す。

「あのね、先生。英語を教えて欲しいの。中学の時にサボったから、今全然ついていけなくて・・・」実際、そうだった。俺の英語苦手は中学後半からで、それは先生も知ってた。

無論、最初は断られた。でも、何度もお願いをしたら「しかた無いわねぇ・・・」とか言って了解してくれた。場所は、先生の部屋。休みの日の昼間。

俺は、中学の時に使った教科書と筆記用具を持って先生のところに通う事になった。最初に先生の部屋を訪れたとき、先生はジーンズにトレーナ。明らかに完全防備(笑)

思ったより狭い先生の部屋。2Kくらい。茶の間と寝室を隔てる襖は取り外されてて、ベッドが見える。
茶の間のど真ん中にテーブルがあって、漏れと先生は差し向かい。そんな日がしばらく続いた。俺は、明らかに警戒している先生の警戒心が薄れるのを待ってた。

たまに、ブラが透ける服着てたり、胸元が開いた服を着てるときは、「先生、見えてます。集中できないので勘弁してください」って言って、着替えてもらった。俺も勉強自体頑張った。

よく出来たときは、「偉い!」とか言って頭を撫でててくれたし、たまに抱きついてくれた(女が感動して抱きついちゃうアレ。エロくない)

とある土曜日。先生は用事があるからと言って今日の勉強は無しって言った。「え~?!楽しみにしてたのに?!」と残念がると、先生は「だって、帰ってくるの夜になっちゃうよ」と。「先生が良いなら
僕はそれからでも構わないです」と言ったら、先生は少し考えて「じゃぁ、今から鍵を渡すから先生の部屋で勉強してて」と言った。

俺はすぐに先生の所へ行って鍵を貰う。先生は、「なるべく早く帰ってくるからね」と言って、課題を出してから出かけた。

なんか、すごいドキドキ。先生の部屋に独りでいる俺。一応、ちゃんと勉強する。しばらく勉強してると、トイレに行きたくなった。トイレの目の前に洗濯機があって、未洗いの洗濯物が籠に入ってる。中身を隠すようにバスタオルがかけられてる。

俺はそれを恐る恐るめくる。・・・先生のパンティがあった。いけないいけないと思いつつも、先生のパンティに手を伸ばし、広げてみる。あそこの部分には少し黄ばんだシミ。その部分の匂いを嗅ぐ俺。なんとも言えない匂いがしたが、俺の息子はパンパン。そのまま、先生のパンティを持ちトイレに入る。出そうと思ったおしっこは出ずに、替わりに先生のパンティに精子を出してしまった。

出した後、その行為のヤバさに気がついた。これ見つかったらヤバイ。とりあえず、ティッシュでふき取れるだけふき取って丸めて籠に戻す。

気を取り直して勉強・・・手につくわけないわな・・・。なんか、開き直った俺は先生のベッドの方に行く。机の引き出しを開けたりするのはさすがにまずいと思ったから、その上に置いてあるものとかを慎重に元の位置に戻しながら見てた。

何を思ったか、恐らく野生の勘が働いたんだろう(笑)漏れはベッドの下を覗き込み、そこに小箱があるのを見つけた。すげぇ気になる。引き出しには手をつけないくせに、その小箱の蓋を俺は取った。

中には、数枚の写真。なんだそれだけか・・・と思ったけれど、明らかに底が浅い。俺は底に何かがあると思って、底を外してみた。ピンクロータがあった。

それを何に使うかは知っていた。今まで、先生と性的な事柄はあまり結びつかなかった。胸を舐めた時も、ジッと俺の手を見ていただけだった。そんな先生のピンクロータを見つけて、一気に先生と性的な事柄が結びついて俺は妄想。そのロータを持ってまたトイレに駆け込む。とりあえずスイッチを入れてみた。

ヴィィィィン・・・。
すまん・・・。そのロータを妄想でまた大きくなったオチン○ンに当ててしまった・・・。今までに味わったことの無い快感。チ○コ丸出しにして、直接亀頭裏に当てると、すぐに逝ってしまった・・・。ロータを小箱に戻し、小箱をベッドの下に戻す。

夜の7時半くらいだったかな・・・。先生が帰ってきた。俺は、ロータを戻し少しだけ探索した後は一応真面目に勉強に戻ってた。先生は、ごめんね~遅くなってとか言いながらご飯はどうしたの?と聞いてきた。俺は「食べてないです」と言ったら、チャーハンを作ってくれた。俺の勉強具合を覗き込んで、「お、ちゃんとやってたんだね」と俺の隣に腰を下ろした。少し、酒の匂いが先生からした。

「もうちょっと残ってるね。じゃぁ先生はその間にお洗濯をしちゃうね」ヤバイ!先生、頼むから気づかないでくれ!祈った。祈りに祈った。後ろでゴトゴトと音がする。洗濯物をより分けている音もする・・・。一瞬、先生の動きが止まったように感じたけれど俺は先生に背中を向けているから、それが気のせいだって事を祈った。

何事もなく、先生は戻ってきた。俺もほっとし、勉強を続ける。先生は、冷蔵庫から缶ビールを出して飲んだ。洗濯機が仕事終了しましたと言う。俺の課題も全て終了。先生は、先に洗濯物を干しちゃうねと言った。「手伝いましょうか?」と聞いたら先生は「うん」と言った。

俺は、例のパンティを気づかれないように探した。・・・が、無い。ふと風呂のほうを見ると、風呂桶に数枚のパンティうが浸かってある。「先生、あれは?」そう聞くと、「あぁ、あれはいいの、別だから」と恥ずかしそうに先生は笑った。

黙々と洗濯物を干す先生と俺。干す為に腕を伸ばすたびに、先生の胸がどーんと・・・ん?先生・・・ノーブラだ・・・。帰ってきた時はブラをしてた。だって、透けるの見えたもん。て事は、帰ってきてから・・・。

で、洗濯物を干し終え、俺の課題を見てもらう事に。酔っ払ってるせいか、先生が漏れにぴったりくっついてる。ノーブラの感触が漏れの腕に心地良い。チラッとみると、先生の乳首が立ってるのがわかる(先生は白いTシャツを着てた)

先生は、「偉いね。ちゃんとやってたんだね。別の事してたと思った(笑)」と言った。俺は、「ちゃんとやりますよ。その為にここに来たし、先生も用事があるのに付き合ってくれてるんですもん」と答えた。

「いい子ぶって~。中学の時先生のおっぱい舐めたくせに(笑)」先生は俺をいじめた。俺は言葉に詰まって「いや、あれわ・・・」ぐらいしか言えなかった。

「高校に入ってからは特に多感だからね~危ない危ない」と、先生は更に俺をいじめる。「そんな事ないです!」俺は言った。

「ふ~ん・・・いいもの見せてあげよっか?」先生はそう言って立ち上がった。洗濯機の方に行き、ニヤニヤしながら戻ってきた。「これ、なぁに?」先生は手に持ってきたものを俺の前に広げた。

精子でカピカピになった先生のパンティだった。
K先生「これで何をしてたの?」
俺「・・・」
K先生「黙ってちゃダメでしょう?」
俺「独りで・・・しました・・・」
K先生「どうやって?変態さんですか?○○君は」
俺「ごめんなさい・・・」
K先生「別に怒ってないよ。これでどうやって独りでしたの?」

俺はそのシミの匂いを嗅いだ事と、ちょっと舐めた事を話した。
K先生「そっかぁ・・・。で、この部分は○○君のでこんなになっちゃったんだ?
先生のシミの部分より大きいね(笑)」

俺はなんて言っていいかわからなかった。すると先生は、「どんな匂いと味がした?」って聞いてきた。
俺はとっさに「良い匂いがしておいしかったです!」と答えてしまった。そしたら先生は、「そんなわけがないでしょう(笑)」と笑った。

「先生も同じ事します」思いがけない言葉が先生から出た。そして先生はパンティについた俺の精子の匂いを嗅ぎ、舐めた。

「臭くて、まずいです(笑)」評価はどうあれ、俺の精子を舐める先生。勃起する俺。勃起しながらも、俺は「先生、本当にごめんなさい」と謝る。でも先生は、「どうして謝るの?今同じ事したから帳消しです」と言う。

「これがこんなに臭いんだから、おおもとはもっと臭いんでしょうね(笑)」先生はそう言って更にいじめてくる。俺は、ごめんなさいとしか言えなかった。

「そんなに謝るなら、ズボン脱いでちゃんと洗ってきなさい」今考えればなんの脈絡もない先生の命令だったけれど言う事を聞こうと立ち上がる俺。移動しようとすると、「ここで脱ぎなさい」と先生はニコニコしてる。ちょっと悪魔の笑顔だなと思った。でも、いう事をきく。

先生の部屋で2回も出した俺。パンツまで脱いだ瞬間に、モワっと、精子の匂いが・・・。しかも勃起してるし・・・。俺のチ○コの前には先生の顔。この匂い嗅がれたら嫌だなと思った瞬間、先生は俺の腰に手を当てた。

「さっきのは嘘です。臭いなんて思わないですよ、○○君の」と言って、亀頭から出てるカウパーを舌先で舐めとってくれた。

先生は「先生の方がごめんなさいです」と言った。俺は「なんで?」と聞いた。「だって、普通に考えて高校生の男の子が、女性と二人っきりで・・・ね(笑)それなのに襲わず、ずっと我慢してくれてたんだよね」って言った。

そして、今度はその口の中に俺のチンコを入れた。咥えながら舌を上手に動かしてるのか、やたら気持ちいい。俺、速射。先生は、ちょっと、いやかなり頑張って俺の精子を飲んだ。

それでもすっきりしない俺。とうとう先生を押し倒してしまった。よっぽど慌ててたのか、先生は笑って、
「今度はちゃんと覚悟してるから逃げません(笑)だからベッドに行こう」と言って起き上がった。

ベッドで改めて先生に覆いかぶさる。キスをする。中学の頃ちょろっとしか戯れられなかった先生の胸と、今は思う存分戯れることが出来る。Tシャツをめくって先生の乳首をコリっとすると、先生は「あ・・・」と声を漏らした。

俺は、「先生、あの時はまるで何でもなかったのに・・・」と言うと、先生は「当たり前です、あれはちゃんと耐えなければいけないでしょ?あの行為をした時点で教師として失格だけれど(笑)」

俺は「じゃぁ、今は厳密に言うと先生と生徒じゃないからなんですね」と返した。気がついたら、先生の手が俺のチンコに伸びてた。

漏れも先生のアソコに触りたくなってきた。ズボンを脱がす。パンティの上から触るとすでに湿ってた。湿ってたと言うより、パンツから愛液がにじみ出てた。だって、ぬるぬるしてたもん。

先生の息が荒くなってくるのがわかる。パンティを脱がせ、先生のアソコに顔を埋めようとした。
K先生「それは、ダメです。お風呂に入ってないから・・・」
俺「先生もさっき僕のを舐めてくれたじゃないですか。てか、舐めたいです」
「ん~」とか半泣き声を出して太ももの筋肉を緩める先生。

それまで、数人の女のクンニをしてきたけれど、初めておいしいと思った。夢中でむしゃぶりついてると、先生は簡単に逝ってしまった。それでも止めない俺。

「ちょっとちょっとタンマ!一回休憩!!」先生が漏れの頭をのける。で、先生はまた俺のチンコを咥える。「先生、オナニーするの?」と聞いてみる。「しないよ、そんなの~」と先生。「先生、僕先生にひとつ謝らないといけないんだ・・・」

K先生「?なぁに?」
「ピンクロータ、見つけちゃった(笑)」
K先生「え?どこで?!どっかに出しっぱなしだった??!」
「いや、ベッドの下の小箱に入ってたよ」
その瞬間、バチィーーン!って平手が飛んできた。

俺はそんなにピンクロータが見つかったことが恥ずかしいとは思わなかった。でも、先生が怒ったのはそこじゃなくて、人が隠してるものを興味本位で覗いたりする漏れの感覚に腹が立ったらしい。「それは、本当にごめんなさいです!」先生はそう言って起き上がって正座をした。俺も正座をした。

「本当はそんな人とは口も利きたくないし、今すぐ出て行ってもらいたいところですが、
今からじゃ帰れないでしょう?仕方ないから、朝になったら帰ってください」

そう言って先生は、ベッドに潜り込んだ。何度か先生と呼びかけたけれど無視。しかたなく服を着てベッドの下に横たわった。普通に後悔した。人として。その時の先生の平手があったからこそ、今でも他人の携帯やら手帳やらは絶対に見ない俺。どう償ったら良いだろうと考えてたら眠れるわけもなく。

俺は、先生に手紙を書いた。ごめんなさいと。きっと同じ空間にいるのが嫌だろうから出て行くと。男の子だから大丈夫だと。そして、そっと先生の部屋を出た。さて、交通機関が動き出すまで時間を潰さなきゃ。ジュースを買って先生の家からさほど離れてない公園へ。

公園で独り反省会。お詫びしたいけれど、それすらきっと嫌なんだろうなと思いつつ。「こんなところで何してるの?勝手に出て行くのも迷惑って気づかないの?」後ろから、先生の声がした。「戻りますよ」。だまって先生の後について行く。

部屋に着くと、先生はそそくさと服を脱ぎ、またベッドへ。俺もベッドの下に横たわる。「外、寒かったでしょう?ベッドに入って寝ましょう」先生が言った。「でも・・・」と漏れが言うと先生は「いいから入りなさい」と。

「失礼します」とベッドに入る漏れ。先生は、「服を着たままベッドに入られるのは嫌です。ちゃんと脱いで。」服を脱いでTシャツとパンツになってベッドに入りなおす。

すると先生は俺の手を握りながら頬を触って、「冷たい。ごめんね。先生、やりすぎちゃったね」と謝った。俺は「先生が謝ることは一個も無いです。僕が悪いです、全部」と言った。「じゃぁ、ちゅうしよっか」と先生が言って目を閉じた。改めて先生の唇に重ねる。多分俺が出て行った後に歯を磨いたんだな。歯磨き粉の味がした。

俺のチンコが先生の太ももに当たると先生は優しく触ってくれた。俺も先生のアソコを触った。まだ、ぬるぬるしてた。ぬるぬるしてる先生のアソコ。漏れは指を中に入れようとした。すると先生は、「もう十分だから入ってきて」と言った。先生の目、うるうるしてた。

俺の首に手を回してる先生。漏れはゴムをつけようと思ったので、「先生、ゴ(ム)・・・」と言いかけた所で引き寄せられキスをされた。先生の下半身に滑り込んでいく俺の下半身。先生の陰毛にチンコを
こすりながら更に下へ移動していく。

ぬるっと、まるで抵抗感がない位に先生の中に入った。ゆっくり出し入れすると、その度に締りがきつくなっていく先生のマムコ。比例して荒くなっていく先生の吐息。

多分、20秒も経ってない。俺は早くゴムを着けなきゃと思った。上体を起こし、「先生、俺逝きそうだから・・・」と言ったところでまた引き寄せられキスをされる。

俺は、先生にキスをしながら、先生の中に出した。出したのにまだ興奮してる俺。腰を動かし続ける。先生の眉間にどんどんしわがよって、鼻息が荒くなって来る。俺、また発射。人生初の抜かずの2発。

先生から抜けると、先生はティッシュで漏れのチンコを拭いてくれた。「あ~あ、子供出来ちゃうかもね~」って先生は笑った。

数日後、俺は先生に「付き合ってください」と言った。先生からの返事はごめんなさい。そして、英語の勉強ももう終わりです、と。俺はショックだった。だって、先生の事がすごく好きだったから。電話しても忙しいからとすぐ切られた。家には絶対に来るなと言われた。そして、いつの間にか、先生は転勤をした。

噂好きの知り合いから、俺が出入りしてる事を他の教師から指摘されたらしく、さらに部屋から喘ぎ声が聞こえてきたとまで指摘されたらしい。転勤する時には、子供が出来てたとかいう確認のしようが無い噂まで立ってたらしい。俺は、とことん、ダメな男だと思った。正直、もう一回先生に会いたい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。