壊れた幼馴染みの関係…彼氏の弟とエッチしちゃった…

ぴゅあらば

懺悔なんだけど、今まで誰にも話せなかったので書きます。あたしとK(同い年・男)とM(Kの弟)は幼なじみで、家族ぐるみの付き合いがあった。

今でも母親同士はランチやカラオケに行ったりしてるくらい。そんなだから、あたしがその兄弟の隣の通りに引越して来た幼稚園の頃から3人でよく遊んだり、お互いの家に泊まったりしてた。

あたしは身長が低くてKにはいじめられたりもしたけど、Mは小さいながらにそれをかばってくれたりして(笑)。中学くらいからは照れもあって、あまり話す事も無くなってたけれど。

高3になってKと同じクラスになってからは急に親しくなって、そのうちに付き合うように。それからはまた、お互いの家に泊まるようになった。←親がかなりアバウトな人なのでそれぞれの部屋にw

未成年のくせにKの部屋で、Mも交えて3人で酒盛りしたりもしてた。KとMは声がとにかくそっくりで、背も少しKが高いくらい。

Kは昔から社交的で、Mはその頃にはフワフワした感じの不思議ちゃんになっていた。ジャニ系の可愛い顔をして居るので女子にはモテてたみたいだけど、勝手に学校休んで制服のまま近所ウロついてたり(怒られても空見てたとか言って動じなかったらしい)、何かイマイチ掴めないタイプ。

Kとあたしが高校を卒業した春、Kの両親が温泉旅行に行ったっていうので、M(当時高校2年生)と3人で飲んでたんだけど、何故かその日は飲み過ぎちゃって、あたしはベロベロに酔っちゃってたと思う。

気付いたらKのベッドで二人で寝てた。起き上がろうとしたらまだ頭がグラグラする。とりあえず洗面所に行こうと思ってフラフラ歩いて行って戻って来たんだけど、距離感もちょっと狂ってる。

そんな感じで部屋に入ったら、何かちょっと物の配置が違うし、怖がりのあたしの為の豆球が付いていない。あれ?おかしいぞとか思いつつも、眠かったしベッドまで歩いて行ったら、いつものように手を広げてあたしを待っている。

眠いし、何だ思い違いかぁと思いながら、抱き着いてベッドに入った。「愛してる」なんて恥ずかしがってなかなか言ってくれない言葉を言って、ぎゅっと抱きしめられた。

胸のあたりを触られて、気持ち良かったから目を閉じて、そのまま身を任せる。Eカップのブラを上にずらされ、優しく揉まれて、キスされ、なめられる。酔いも手伝ってか敏感になってて、声を出してた。

普段は隣の部屋のMやご両親を気にしていたはずなのに、それも気にならなかった。胸からお腹へとキスが移っていって、下の敏感な所もなめられた。

普段はそんな事されないから、凄く濡れちゃって。しかも愛撫が、そっと撫でられたりといつもより優しい。クリを舌先で弄ばれて我慢出来なくなって、「早く入れて」なんて言ってたと思う。

シーツまでびちゃびちゃになって、冷たくなってた。さんざん焦らされて、ようやく覆いかぶさって、一気に挿れられた。その時気づいた・・・。Kと思ってたらMとやってたんです…。

「M君、もうやめて!」あたしがそういうと、「ごめん」って言いながら、バックで挿れられて、激しく動かれた。

その時「〇〇(あたしの名前)~?」とあたしを探す声がした。あたしが凍りついて居ると、ドアを開けてKが入ってきた…その後の事はあまり覚えていない。

Kが何やら叫んで、腫れ上がる程Mの顔を殴りつけていたと思う。その間Mが少しも抵抗しなかった事だけは、はっきり覚えてる。

「お前、とりあえず帰れ。」そう言い残すとKは自分の部屋に戻って行った。あたしはMの顔を見ないようにして服を直し、フラつく足で玄関から飛び出した。

とぼとぼ歩いて居ると、Mが追い掛けて来た。
「夜中だし、危ないよ」

アンタのせいだと思いながら無視して歩いていると、Mが前に回り込んで「ごめんね」と一言。叩いてやりたかったけど、その謝る姿があまりに可哀相に見えて、ただじっと見ているしかなかった。

「もし兄貴と別れる事になっても、俺が責任取るから。兄貴より絶対大事にするから。」

その時、あたしは小さい頃のやりとりを思い出していた。Mがあたしの事を「お嫁さんにして大事にする」と言っていた事、Kは「こんな奴絶対やだ」とか言っていた事。。

もう3人で仲良くなんて、出来ないんだろうな…あたしは「無理だよ」とだけ言って、Mをその場に残して家に帰った。

数日後、Kから『話しあって、やり直そう』というメールがあったけど、あたしの方が気まずくなってしまって別れた。道で会う事があっても、もう目も合わせない。

Mからはこの前久々にメールが来た。アドレスはうちの母に聴いたらしい。だけど返す気になんてならなくて、今もメールボックスに入ったままだったりする・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。