女子大卒業したてのツンな女教師が弱ってデレたので、たまらずセックスしちゃった!

あれは、俺が高2の夏休み。俺と友達4人は1学期の期末テストで赤点を取りまくり、夏休みの最初の1週間はすべて補習授業に明け暮れていた。。。

そんな補習の最後の日に、当時英語の女の先生が担当になった。その先生は顔は「矢田亜希子」風でスタイルもよく結構可愛かったが、性格がめちゃめちゃきつく、俺が一番苦手としていた先生の一人だった。

最初の2時間くらいは、まじめに補習を受けていたが、休み時間が終わって俺がトイレを済まし教室に帰ってくると、先生1人だけ教卓の椅子にポツンと座っていた。

俺は、その時(あぁ~。。。その他バカ4人帰りやがった。しかも俺一人置いて)と思い、かなり憂鬱だった。

さすがに、その場でUターンして帰ることも出来ず、自分が座っていた席につき、しばらくの沈黙の後、クスンという泣き声が俺の耳に入ってきた。俺は、何で!と思い、顔を上げると、先生が教卓の上で泣いていた。

俺は意味が解らず、「えぇ~~!?」とか「どないしてーん!?」とおどけながら、先生に声を掛けると、先生は鼻をすすりながら、
「遠藤君(俺の名前)まで帰ってこなかったらどうしようって思ってたところに遠藤君が帰って来てくれて、ホッとしたら泣いちゃった。。。」との事。

その笑顔交じりの泣き顔に、俺はズッキューンと来てしまった。
俺は、「他の子達はどうしたの!?」とか「皆どこにいるの!?」とか絶対問い詰められるんだろうなと思っていたから、先生の意外な言葉に、一番苦手な先生から、可愛い女子大卒業したての女の子に見えてしまった。

前々から、顔はタイプだったものの、性格がきつかったので俺は、あまりその先生と話したことが無かった。しかし、俺の気持ちの中で可愛いと思ってしまった以上、なんとか先生を励まさなければ、という俺の勝手な正義感が働き、

「帰るわけねーじゃん!他のやつらは知んねーけど、俺、先生の授業とか教え方とか、結構好きだよ」
と今まで思ってもいないことを口走り、何とか泣き止んで欲しいと思い、先生の目を見ながら、出来るだけやさしい口調で言ってみた。

すると先生は、涙を浮かべながら
「ありがと。。。でも遠藤君は絶対先生の事、嫌いなんだろうなって思ってたよ」と、俺の心の中を知っていたような口ぶり。

俺は焦って、「んな事ねーよ。先生結構可愛いし、他のクラスの奴で、先生に憧れてる奴も結構いるよ」と返した。実際、顔は可愛かったので、俺の友達は「あぁ安達(先生の名字)とやりてぇ」などと
ほざいてる奴はいっぱいいた。

そんなやり取りをして、補習が再開した。俺一人しかいなかったので、先生は俺の隣の席に座って、勉強を教えてくれた。しかし、なんとなく距離が近いなぁと感じたが、その時は、まぁ、意外な一面見ちゃったし、良い匂いするしと、ちょっと得した気分だった。

そして、あと1時間すれば補習も終わりという時に、俺は、明らかに2人の距離が近いことに気付いた。先生は、時間を掛けながら少しずつ俺に近づいていた。しまいには、俺に寄り添うような形になっていて、少し肘を動かせば先生の胸に肘が当たる距離にいた。

当時俺は、童貞ではなかったが、先生と生徒がこんなに寄り添っちゃて、いいのでしょうか!?と、
なぜか真面目ぶりながらも、2人のイケナイ距離にちょっと期待していた。 すると、先生は、
「あのね、先生前から思ってた事やってみていい?」と思いっきり期待してしまう発言。

俺が「何、何、?」と聞き返すと、先生は恥ずかしそうに、
「髪の毛触っていい?」と聞いてきた。

当時俺は、ロン毛で、髪が肩に着きそうなくらい長く、少し脱色をしていたがキューティクル満タンで、よく女の子たちにも「遠藤君、髪触らしてぇ」とか「遠藤君の髪、綺麗でいいよねぇー!」などと言われた事もあった。

先生もそんな事したいんだぁ。と思いながらも「いいよ」と返事をし、触りやすいように、先生の方を向き直した。触られてる最中は、やられ慣れてるせいか、何も感じなかったが、触っている先生の表情が、口を半開きにしながら触っているもんだから、ものすごくイヤラシイ表情に思えてきて、その顔を見た俺の、もっこり馬鹿一代はその名の通り、急成長を遂げていた。

先生の顔があまりにイヤラシかったので、俺は、我慢できずに
「はいっ!おしまい!」と先生との距離を遠ざけた。

すると先生は「やだぁ!もっと!!」とあの、性格キツキツ女からは、想像できないくらい、甘えたような口調でそばによって来た。

これ以上続けたら、完全に急成長を遂げたあいつは、我慢できなくなると思い、俺は、イジワルく先生に、「じゃぁ、俺も先生のどこか触っていい?」と聞いてみた。

すると意外にも、「変なとこ以外だったらいいよ。」と、少し困った様子で先生はそう言った。(いいのかよっ!!)と心の中で先生に突っ込みを入れつつ、これは、俺の年上女との初キスのチャンスではと思い、まだ俺の髪を触っている先生の空いている左手を握り、俺の右手は、先生の腰を引き寄せ、先生の目をジッと見た。

すると、俺の熱い眼差しに気付いた先生は、「えっ!」と小さな声で言ったが、だんだんと顔を近づけてく俺を理解したのか、そのままキスを受け入れた。

ずいぶん長い事ディープをして、ようやく離れたと思ったら、意外にも先生の方から、またキスをしてきた。さすがに俺の、馬鹿一代も我慢の限界が来たらしく、カティンコティンになっていて、その硬い馬鹿一代に、先生の膝が当たった。

(気付かれたら相当恥ずかしいな)と思いながらもキスを続け、(よかった、気付いてねーな)と思った瞬間、先生の今まで俺の髪を触っていた手がいつの間にか、完全体になっている馬鹿一代をやさしく撫でてきた。

俺は、びっくりしてキスを途中でやめてしまった。すると、先生は、「離れちゃダメでしょう!」と少し怒りながらも、抱きついてきた。キス止まりだと思っていた俺は、抱きついてきた先生の耳元で
「でも先生、俺我慢できなくなるよ・・・」と小声で言った。

先生は俺の、Yシャツのボタンを1つずつ外してきた。ボタンを外している最中も先生は、キスをしてきて、俺は先生のなすがままになっていた。

(学校の教室で真っ裸はまずいでしょう!!!)と思いながらも、すでに先生はズボンのベルトを外し、トランクス越しに俺のお馬鹿さんを、丁寧に撫でてくれた。

ここまで来たら、やるっきゃねーと俺は覚悟を決め、キスをしながらナデナデしてる先生の胸を触ってみた。するとどうでしょう!!!
今までは、「安達って、顔はいいけど、胸なくねぇー!?」と友達と話してたくらい、小さいはずの先生のオッパイは、思いのほか弾力があり、生で触ろうとブラジャー越しに触ってみると、先生のオッパイは、窮屈そうにブラジャーに締め付けられていた。

オッパイの星から来た俺にとってはこんなにうれしいことは無い、と思うくらい先生の胸は、大きかった。メチャメチャ気になった俺は、先生の胸を生で触りながら、
「先生って何カップ?」と、ちょっと照れながら聞いてみた。

すると「えーっと・・・Dカップだよ」との、嬉しい回答。
「じゃぁ、先生結構着やせするんだね。胸小さいのかと思ってた。」とアホ回答の俺。
「違うんだ、最初赴任したときに、ある男子生徒に、(先生、胸大きいね!ちょっと触らして)って言われて、いきなり胸触られたんだよね。それから、気にして、わざと小さめのブラしてたんだ」との事。

また、後から先生に聞いた話によると、その、『いきなりオッパイ触らして事件』以降、男子生徒に変な目で見られないように、わざと男子にはきつく接していたらしく、本当は何気に甘えん坊ということが後日判明した。

俺は、そんな経緯があったとは全然知らず。
「じゃぁ、先生の胸苦しそうだから外に出してあげよっか!!」
とかいいながら、ブラウスのボタンを速攻で外し、Dカップの先生の胸をブラジャーから開放させた。

そして、再度キスの嵐。もう、覚悟を決めた俺と、先生は今までに無いくらい、激しいキスをした。俺は、はやる気持ちを抑えつつ、ゆっくりと、先生の首筋から、鎖骨に唇を移し、「あっ・・・」という先生の小さな声を聞き、感度は良好だ!!と、今、思えばアホなガキだな~と思うような確認をして、乳首にキスをした。

すると、先生は「ハァ、ハァ」とすこしずつ息が荒くなってきて、俺が、手で先生の胸を揉んで、口で先生の右乳首をここぞとばかりに舐めまくった。もうその時にはすでに先生は、「あぁぁ、ダメ」と、ものすごいイヤラシい声を洩らし体は、ビクン、ビクンと感じていた。

そして、俺の、いたずらっ子な右手は、先生のスカートを捲くり上げ、先生のパンツ越しに縦筋に沿うように触った。その時すでに先生のパンツはすごい濡れていて、女ってこんなに濡れるもんなのか!?
と思うくらいだった。

俺はスカートをそのままにして、パンツだけ脱がせた。先生を机に腹ばいにさせ、ちょうど、バックのような体勢にした。先生のそれは、毛は多めだったが、ピンク色で綺麗だった。

「あんまり見ないでー!!」と言う先生を、クンニで黙らせ、勢い良く舐め回した。
「あぁー、ダメ、おかしくなっちゃう!」「ダメーー!」
と言った先生は、そのまま、逝ったようで、舐めるのを休めると、激しくビクンビクンと腰が動いていた。

少しの、静寂の後、先生は「ごめんね、先生先に逝っちゃったね」と言うと、トランクス一丁の俺のお馬鹿さんを、優しく撫でて、トランクスを上からずらし、血管が浮き出ている俺のを、口に含み、最初はゆっくりと、途中から右手で握りながら、口で激しくフェラをしてくれた。

俺はあまり、フェラの経験が無く、やってもらっても気持ちよくなかったので、それほど好きではなかったが、先生にしてもらったフェラは、これが口すか!?という位気持ちよかった。

しかし、気持ち良すぎて、逝きそうになったので、俺は、
「先生の中で逝きたい!」とお願いしたが、「ダメ!先生も逝ったんだから、遠藤君も1回は逝かなくちゃダメ!!」と訳の解らない理屈を、裏筋を舐めながら、フェラを止めようとせず。結局先生の口の中に、大量噴出してしまった。

俺が出した精子君達を、ゴックンと飲みながら、「もう、飲んじゃった」と言いながら笑顔を浮かべてる先生を見て、「汚いよ、まずかったら出しちゃえば良かったのに」と、俺が言うと、先生は「遠藤君のだから汚くないよっ!」と嬉しい一言。

そんなことを笑顔で言うのだから、こっちは、たまったもんじゃない(イイ意味で)
そして、俺は先生の唇に「ありがと」と言いながらキスをした。そんなことをしている間に、やっぱり馬鹿なのか、すでに完全体に戻っている俺の馬鹿チンを見た先生は、「もう大っきくなっちゃったの?」と
少し驚きの様子。

俺は「やっぱり先生の中で逝きたいってさ!!」とまたもや馬鹿発言。そして、先生は、さっきクンニした体勢をして、「最初はゆっくりね」と、勃起モンの発言をして、俺のほうにお尻を向けた。

マラソンランナーも思うらしいが、ゴールが見えると人間は急に足が早くなるらしい。俺は、その時まさしくマラソンランナーだった。「ゆっくりね」という先生の言葉も無視していきなりスタートダッシュを試みた。先生は「あっ!ダメ、ゆっくりって言ったのに」と驚いたようだった。

最初はスタートダッシュをしたが、我に返り、スピードを緩め、逝くまで先生とのセックスを楽しもうとした。基本的には、場所の環境上(教室だったもので)バックしか出来なかったが、腰から手を回して、クリをいじったりしてみたりした。

俺が突くたびに「アン、アン、」とか、激しく突いた時は、「壊れちゃう」とよがっていた、先生は2回くらい逝ったらしく、とうとう俺も絶頂を迎えることに・・・

「先生、どこに出せばいい?」と聞いてみると、「中に出して」
とお願いされ、「それは、やばいんじゃ」と言いかけた俺に、「いいから、中に出して」と言われてしまっては、(中に出すしかないっしょ)と、俺と馬鹿一代は意思の確認をして、先生の中に思いっきり出した。

俺も先生も、入れたまましばらく動けたくなっていた。ようやく、抜いたとき、またもやビクンと先生は反応し、今まで俺が入っていた入り口付近には、俺の分身たちが、白くどろどろと光っていた。俺は、教卓の机の中にティッシュが入っているのを知ってたので、そのティッシュで先生のお尻を綺麗に拭いてあげた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。