とあるヤリサーでの一…こんなのは日常茶飯事です。

ぴゅあらば

お初投稿です。

大学時代のサークルでの出来事。

女5人男3人のサークルで男は2人とも俺のツレ、当然女目当てで入会、女2人は後輩、3人先輩。

よく呑み会のあるサークルで月に2・3度安い行き付けの居酒屋へ行き、日付けが変わる位まで。

事の始まりは学園祭の打ち上げ、いつもの店で大宴会 皆呑み過ぎでフラフラベロベロ、トイレに立ち上がりに行くとトイレの前に後輩の美和がうずくまってた。

「大丈夫か?」

と声掛けるとピースサイン、そうかとトイレで用を足していると突然美和が入ってきて、

「先輩オシッコの最中?美和してるところ見たい、見せて」

と前を覗き込む。

呆気に取られてると

「美和、持ったげる」

と手を伸ばし指でチンコをつまむ。

ジッと見ながら終ると

「ティッシュは何処?拭くものないの?このまま仕舞うの?」

こちらも酔った勢いで

「口で拭くの、美和の」

と言うとまたじゃれ付きながら、

「先輩それは違うでしょ、口はアレの時でしょ。先輩なら呑み会終ったらしてあげる。皆に内緒で私の部屋に来て。いっぱいしてあげるから。」

「本当か?」

と聞くとピースサイン。ま・っ・て・る・ネ

2人宴会にもどり、終わるとツレを撒き美和の部屋に。

入ると

「先輩来てくれた」

と抱きついてきて、キスの嵐。

落ち着くと床に座り俺の手を取って、甘えた声で

「美和ね、前から先輩のこと好きやった、いつか美和のこといっぱい抱いてもらいたかった。

先輩のアレも触ったし、美和のこと好きにしていいから、何でもしてあげる。」

「本当にいいのか?」

「うん 美和何したらいい?」

「それじゃーまずは裸になってマ○コ見せて足いっぱい広げてマ○コも広げて」

「うん、先輩」

と服を脱ぎ下着も全部取って俺の横に座りかけた。

「このテーブルの上で足広げて」

と言うと、俺の前に回り、テーブルに座り、ゆっくりM字に。

俺の顔から30センチのところに綺麗なマ○コが。

左手で体を支え右手でマ○コを開き、

「先輩、美和のアソコどう?」

「綺麗」

というと俺のチンコもうギンギンや。

「先輩のも出して」

とズボンを下げパンツも取って「ウワー」と言いながら覗き込み

「先輩お口に入れても良い」

「良いけど洗ってないぞ」

「アレの時は良いの」

とシャブリつき喉の奥まで入れては出して、先を舐め奥の奥に入れ、玉を舐める69になり、マ○コの奥に舌を入れると、体を硬直させ、抜くとまた玉から尻の穴廻まで舐める。

「先輩、もう美和我慢出来ない、入れて!この大きいの美和に入れて」

挿入すると直ぐに絶頂か

「美和イクアーーーイク」

ガクガク震えしがみつく。

「美和のマ○コ気持ちいいから俺もイきそう」

と言うと

「先輩、美和の中にイッパイ出して!美和もまたイきそう」

おもいっきり腰をふり、勢いをつけて奥に発射すると同時に美和もオルガ。
少し余韻に浸り抜き出すと

「先輩、良かった?美和は幸せ、先輩のイッパイ出してくれたし気持ち良かった。先輩のアレ綺麗にするね。」

とチンコをほうばる。

付いていたものをゴクリと飲み込み、

「先輩綺麗になりました」

とピースサイン。
一緒に風呂に入り洗った後、

「美和のオシッコ見たい」

と言ってみた。

「イイよ」

と目の前に座り足を広げて見せてくれた。

マ○コからちょろちょろ出だした時を見計らい、美和を押し倒し、指でマ○コを撫で回す。

オシッコは止まらず噴水のようになった。

まだ止まらないところへチンコを持って行き挿入。

オシッコまみれのチンコを美和の口へ。

イヤイヤをしながらもしっかりフェラ抜くと

「先輩のイジワル」

と頬を膨らませる。

「もう一度俺のオシッコ見る?」

と聞くと

「ウンみたい」

「じゃするから前に座れ」

と正面に座るとチンコを待たせ放出。

美和の首から胸にめがけオシッコのシャワー。

終るともう一度口に入れ舐めさせた。

「これもSEXの一部」と美和にいいきかせた。

「解りました。先輩のチンコから出るものは美和が全部綺麗にします。これからもイッパイいろんなコとしてネ、先輩」
その日は朝までヤりまくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。