アロマセラピーに来る男性お客様とサロンで特別な関係になってしまった

ぴゅあらば

アロマセラピーのサロンで働いてる26歳の女ですがセラピストをしています。去年の夏、指名のお客様とサロン内で施術中、恥ずかしくて人に言えないようなエッチな経験をしてしまいました。

そのお客様は32歳で独身の証券マンでルックスも爽やか系なので来店した瞬間どのセラピストも担当したいと思うようなタイプの方でした。私はたまたま買い物に出ていて偶然、ビルのロビーでそのお客様と一緒になり、エレベーターでご案内して来ていたので親しみを感じて下さったのか、指名してくださいました。家のサロンは都内でも高級なサロンなので1回に2万円は下らないのですが、それからその方(Aさん)は週に3回は通われるようになりました。

アロママッサージは基本的にお客様に紙ショーツを履いていただいて、オイルを使って全身を、うつ伏せ(下半身)→うつ伏せ(上半身)→仰向け(下半身)→仰向け(上半身)と丹念にマッサージしていきます。Aさんは話題面白く、いつも笑わせてもらっていました。学生の頃も今も、鍛えているらしく筋肉質で大きく引き締まった体でした。

マッサージが腰やお尻部分になると、Aさんは少し腰を浮かせ居心地が悪そうにモゴモゴするようになりました。そして、無口になり気持ちよさそうに浅く呼吸されていました。毎回、うつ伏せが終わり、仰向けになるとAさんの下半身が大きくバスタオルを持ち上げていました。

私は恥ずかしくてし方ありませんでしたが、見ないフリでマッサージを続けました。Aさんも恥ずかしそうに手の甲でご自分の顔を隠して眠っているような素振りをしました。私は気にせず施術を続けていましたがマッサージは微妙な個所も至るので何度もAさんの下半身が大きく大きくなりました。

Aさん時々は謝られ「ゴメンね。」と途中トイレに行かれたりしました。ある日、仰向けの下半身が終わり、軽くオイルをふき取った脚にバスタオルを掛け上半身のマッサージをしている時、脇腹をすくうように揉んでいると、Aさんの下半身に掛けていた大判のバスタオルが、するっと滑り落ちまてしまいました。するとAさんの男性器がはみ出していました。

私は「ハッ」と声を出し、とっさにバスタオルを掛けました。Aさんは「本当にゴメンね!!」とちょっと泣きそうな顔をされました。私は「大丈夫です。し方ありませんよ」と言いました。

恥ずかしかったけれど、きっとAさんはもっと恥ずかしいのですからホローしました。それまで何度となく食事や映画に誘われたりしていたし、好意のようなものは伝えられていたので恥ずかしくはなりましたが、他のお客様ならこうは思わなかっただろうなという気持ちが沸きました。むしろ、何となく嬉しかったのです。

恥ずかしいのですがAさんがそうなるのが嬉しかったのです。それどころかAさんのマッサーシが終わる頃、私の下着はジンワリと濡れてしまうようになりました。Aさんは「俺以外にもこんな風になる人居る?」と少し小さな声で聞きました。

「そうですね。たまに。」「そうだよね。~ちゃん綺麗だからね。男ってしょうがないよね」と苦笑されました。「でもAさん以外の方だとこんなに恥ずかしいと思わないんですよ。」私は言いました。

Aさんはちょっと驚いて「そうなの?」聞き返しました。「そうそう。もっとドライに知らん顔でww」冗談ぽく話しました。

私の顔は仰向けのAさんと見詰め合うように、手はちょうど肩から胸に円を描くように滑っていました。ちょうど私の上半身はAさんの上に覆いかぶさるようにしています。私は少し恥ずかしくなって微笑んで次の行程に行こうとしましたがその時Aさんの手が私の太腿にかかりました。

その手は静かにピタリと止まり、私の反応を見るように緩やかに触れられていました。私は「Aさん。。」と言ったきり止まってしまいました。Aさんの手は大きく優しく動き太腿からお尻まで撫でまわすようでした。

「ダメです。。」と小さな声で言いましたがAさんお手を払いのけはしませんでした。私はオイルのついた手でAさんをマッサージしながらすっかりAさんにされるがままになっていました。「~ちゃん。もっと触ってもいい?」

何だか解からないまま黙っていると、Aさんの手は内腿の肉をぎゅっと掴み、そのままピッタリした黒のストレッチパンツの恥丘?の盛り上がった部分まで強く触ってきました。私は自分の中が熱く濡れているのが解かりました。もう、息も荒くなってきています。

「ああ、もう止めなくちゃ!」でも、手で払いのけようとしてもAさんは手を止めてくれず、段々大胆になってきます。「ダメです。Aさんあぁっ。」

Aさんの片手はパンツの上から深いくぼみに添うように、もう片方で大きめなお尻を撫でまわしています。そして上半身を起こして顔を上げると私のパンツの上から私のパンツの股間に顔を埋めて深く息を吸いました。「~ちゃん。可愛いよ。」と言ってジッパーを下げようとしました。

「Aさん。本当にダメです。こんなの。。。」そう言って一旦体を遠ざけました。私は決してAさんがイヤだった訳じゃなく自分で自己嫌悪になっていました。

Aさんも「もうしないからね。ゴメンね。」と言いながら、その日を境にサロンで施術中、ドンドン行為をエスカレートさせていきました。私自身も、このかなり変態チックな行為にハマっていってしまいました。Aさんはその日の帰りに、メールで謝ってきました。

「あんなことをして、もう信じてもらえないかもしれないけど俺は~ちゃんの事、本当に好きです。」そんな内容でした。私はAさん事は好きな持ちはありましたがあんな事があって普通に恋愛できるのかなと複雑な気持ちでした。それにこの世界では、お客様との恋愛はタブーです。

私は食事の誘いはかわして当たり障りのないメールを返しました。1週間ほどで「どうしても会いたい。店に行ってもいい?」とAさんからメールが来て私はOKしました。

私は何もなかったような顔をしてお迎えしました。準備が整い、部屋に行くと、いつもはうつ伏せで待たれるAさんがバスタオルを腰に巻いてベッドに腰掛けていました。私はAんの姿を見た瞬間、子宮の奥深くギューンと締まるような感覚を感じました。

(大事な職場で、あんなに事をされたのに・・・)と思うと恥ずかしくて仕方なくなりました。なるべく自然な口調で「元気でしたか?」と聞きました。「うん。~ちゃんは?」

たわいない会話をしましたが心臓はドキドキしています。その時、急に手首を引っ張られるとAさんの裸の胸元に抱き寄せられてしまいました。うつむいていると、「この間はゴメンね。」Aさんは低い声で言いました。

私はうつむいたまま、黙って頷きました。Aさんは「~ちゃん好きだよ。」と少し声を上ずらせて、無理やりキスしました。

私の口唇をこじ開けて舌を入れると、Aさんの舌は私の舌を追うように、激しく動いて執拗に絡まってきました。私はくたっと全身の力が抜けてしまい、Aさんに身を預けるように抱かれました。Aさんの唇は私の頬から首、うなじまでを這い、私は思わず、「ハァッ。」と声を出しました。

Aさんの大きな体はピッタリと私の体と合わさり、みるみる内に下半身が大きくなって下腹にあたるのが解かりました。Aさんの両腕は私の体をきつく抱きながら二の腕をギュッと強く掴んだり、背中からウエストまでまさぐるようにく動いています。そのまま私はフッと持ち上げられ、ベッドに座るAさんに抱っこされるように抱きかかえられてしまいました。

私はどうしていいか判らず、「イヤ」と言いましたがすぐにAさんの唇で塞がれ、Aさんは私の胸をゆっくりと揉み始めました。私は呼吸が荒くなり、体は熱くなってAさんを求めているのが解かりました。私は、なぜか涙が出てきて「Aさんお願ぃ。人が来たら困る。」と言いました。

Aさんはやっと「解かった。ゴメンね。」と言うと頬を撫でて放してくれました。「~ちゃん。この後、会えない?」と聞かれましたが、混乱していて「電車の時間があるから」と言うのが精一杯でした。私は気持ちを取り戻して、ベッドにうつ伏せになってもらい施術を始めました。

いつもはお客様に少しでも体調を良くしていただこうと、それだけに集中して手を滑らせていますが、その時は気持ちがこもりませんでした。私の下着の奥は、まだジットリと濡れているようで動くたびにそれを感じました。その時はボーっとしてしまってあまり会話は覚えていません。

仰向けの下半身が終わるとAさんの下半身はまた大きく盛り上がっていました。私はいつもはしないけれど、Aさんの目の上ハンドタオルをかけました。Aさんは苦笑して「何でかけるの?俺が悪さしないように?」と聞きました。

「ぅん。そう。」ふたりは笑い合って少し、空気が和んだようでした。静かに施術しているとAさんは「俺のコト嫌いになった?」と真剣な口調で聞きました。

私はどう答たらていいか解からずに「どうだと思いますか?」と曖昧に質問で返しました。「キライになったと思う…。」私は、肩から胸にかけて円を描くように滑らせていた手を一瞬止めました。

そして、タオルで半分顔が隠れたAさんにゆっくりキスをすると、一瞬ですぐ離れました。Aさんはタオルを取って私を見ました。私は知らん顔で施術を続けました。

Aさんは私の頬に手を持ってくると、じーっと見つめたまま、唇に沿って触れました。そして、上下の歯を開けて指を入れてきました。私はされるまま、Aさんの指を舐めました。

Aさんは素早くオイルで濡れた上半身をタオルで拭くと、私をベッドに座らせてまたキスをしながら今度は大胆に小さな黒いカットソーを捲り上げ、ブラジャーの中に手を入れ、強く揉み始めました。着痩せしたDカップの胸が乱暴に揉まれ、Aさんと私の舌が絡み合いました。Aさんは私の乳首を摘むとクリクリと弄んで、口に含みました。

「ぁ。」私は小さな声を洩らして、全身に快感が走るのを感じました。私の乳首は感じると堅く大きくピンと立ってしまいます。Aさんはその乳首を吸ったり、甘噛みしたりしながら片方の手でストレッチ素材のお尻にフィットしたパンツの上から恥丘から溝にかけてすくい上げるように揉みました。

そして、その手がジッパーを下ろそうとしました。私は力なく抵抗しましたが、呆気なくかわされ内側のボタンを外しジッパーが下ろされました。下着の線が出るのがイヤなので私は普段から小さなTバックを履いています。

ピッタリしたパンツのジッパーが開かれた隙間からAさんの手が入れられ、白のレースのTバックにこじ入れるように強引に入っていきました。私の中は自分でも恥ずかしいほど濡れていて、Aさんの指がスルリと滑るように上下して動かされました。Aさんは私の薄い陰毛から簡単にクリトリスを見つけ出し、押しつぶすようにねっとりと刺激しました。

私はあまりの気持ち良さに「ぁぁっ」と声を漏らしました。どうにかなってしまいそうで、私は必死でAさんの手を遮ろうとしました。それは無駄な抵抗のように意味がなく、Aさんの指は深く深く私の中へ入ってきました。

Aさんは自分の前に私を後ろ向きに立たせ、パンツを下ろしてTバックのお尻をあらわにしました。そしてそのまま、ギュっとお尻の肉を掴み、舌を這わせながら片手を前に廻してクリトリスを弄びました。「ハァァ。」私は意識遠のくような快感を感じました。

Aさんは私の後ろに立つと今度は片手でクリトリスを、もう片方で後ろからヴァギナへ指を深く押し入れ素早く出し入れしました。「ァァァァッ!!!!」私の体を、背筋がゾーっとするような快感が激しく貫きました。Tバックも呆気なく脱がされた私は、ベッドに横になり「おいで」と言うAさんのそばに引き寄せられました。

Aさんは自分の顔の上に私を跨がせると、ピチャピチャとイヤらしい音を立て私のオ○ン○を舐め始めました。「ハァァァァッ。」声を出さないように必死で頑張りました。

私は上半身は胸までカットソーを捲り上げれ、ブラジャーからは乳房をはみ出し、下半身はお尻もオ○○コも丸だしで、Aさんの顔を跨いでいました。そんな自分のそんなあられもない姿を想像するだけで、一層感じてしまいました。「~ちゃん。すごいよ。」

そう言われ「Aさん。私、もうもうダメ。」と言いました。Aさんは私のクリトリスを舌で素早く舐めながら、何本かの指で深く私を貫きました。私は「ぁぁぁあああっ。もうダメ。」

必死で堪えながらも自然に腰を動かしていました。「そう。腰使っていいよ。」私の感じる姿を見て、Aさんの指使いは勢いを増すようでした。

私の快感はどんどん高まり、(もうどうなってもいい)と思うほど激しく感じました。「あぁぁ!!イキそう。イキそぅぅ!!!。。」私は泣き出しそうなほど感じ、「Aさん。もうダメ。イク。イク。イクぅ。。。。。…。」そう言って果ててしまいました。Aさんは快感に震える私の中から指を抜かずに「~ちゃんのオ○○コ凄いよ。俺の指、ギューっと締め付けてる。」

そう言って自分の胸の上に座らせま「いいよ。そのままで」と言いました。うつろな私にAさんは「今週の休み会える?」と聞き、私はコクンと頷いてしまいました。Aさんは私にまたキスをして、私の手を自分の固くなった彼自身に導きました。

「~ちゃんのこと抱くからね」と言い、私は黙って頷きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。