セックスレスの旦那ではなくW不倫の彼色に染められて精液かけられエクスタシー!!

彼とのW不倫は1年以上続いている。もはやレスの旦那ではなく彼色に染められてしまった。

「M代、いきそう、中に出す」女陰深く男根を突き刺し激しく腰を打ちつけながらいつものように囁き足を大きく曲げ広げ男根すべてを受け入れ易くすると彼の腰の動きが速くなった。「M代、いくっ」「イクッ」としがみつくと「うっ」男根が私の中でドックンドックンドクッドクッと脈動を始めた。

「アッ~イクッ」同時に私も子宮に精液を浴びせかけられるエクスタシーを味わってしまった。彼は逢瀬でいつもタップリと私の中に精液を注ぎこんでくれた。「家族がいないから今度、自宅に来ないか」と誘われた。

近所の目や知人もいるし奥さんも子供たちも知っているのに来るように言われた。ちょうど危険日にさしかかる時である。彼とはいつもゴムなしセックスである。部屋入口は隣の棟から見えるので日傘を差しながら鍵の開いたドアを開け部屋に入るとコーヒードリップの匂いがしていた。

「今コーヒー煎れてるからソファに座って」とラフな服装で彼は出迎えキッチンに向った。部屋の中を見舞わすと大規模団地なので造りは良く似ている。「M代、逢いたかったよ」「うれしい」と彼の胸に飛び込んだ。コーヒーを飲みながら世間話をしても昼下がりの明るい彼の部屋でのW不倫セックスへの期待の中少し落ち着かない気持ちで部屋の中を見せてくれた。

リビング、子供部屋、トイレ、浴室そして「ここが寝室だよ」和室には布団がすでに敷かれていた。「今日はたっぷり楽しもう」

リビングに戻ると彼に抱き寄せられキスされた。ソファの前で立ったまま私のスカート、下着を剥ぎ取るとソファに浅く座らせた私の腰を引き寄せながら両足を大きく持ち上げ広げた。「あっだめっ」

音を立てながら彼のクニリングスが始まった。気持ちよさについ艶声を出してしまった。女陰を舐め回し淫核に吸い付いてくれるあまりの気持ちよさに腰を浮かせ「もうっイイッすっすごいっおかしくなっちゃう」でも彼はゆったりたっぷりと女陰を舐め吸い続けてくれた。

「M代、フェラして」いつの間にか彼は下半身の服を脱ぎ捨てていた。反り返る男根を突き出しソファに浅く座り足を広げた彼の前に膝間つくとゆっくりとフェラを始めた。

「おおっ、M代気持ちいい」この男根は旦那より太く硬い。私にピッタリ。口唇を大きく開けお返しに男根を美味しく咥え込み舐め味わった。

「今日は、少し危ないの」「ああっ、わかった」激しく吸引フェラをすると「M代、おいで」彼が上に来るように誘ってきた。彼に跨り反り返る男根を女陰にあてがいゆっくりと腰を沈めた。

メリッメリッと女陰を押し広げながら私の中に太い男根が入ってくる。「アウッアッアウッ」つい艶声が出てしまいすべてを咥え込むと「きっ、きついわ」と囁いてしまう。「M代締りがいい」と彼は喜びの声をあげる。

太い男根を味わうべく腰を上下に動かしていると濡れ始めこの太さに慣れてくる。そして彼は腰に手を当てながら下から突き上げてくれる。私は腰を押付け前後に動かす。

「イッイイッ、アウッ、アッアアッ、イクッ」騎上位で彼にしがみつきながら腰を動かし軽くエクスタシーを味わう。ソファの上で体を入れ替え横に寝かされると彼は私の両足を思いっきり開かせ上から女陰を串刺しするように突き始める。

「アッ、アウッ、ウウッ」大きな艶声を出しながら彼にしがみついているのが精一杯で頭の中が快感で朦朧としてくる。覆い被さってきた彼が耳元で「M代、気持ちいい」「イイッ、私も、イクッ」

太い男根をズンッズンッと押し込み続けながら「M代、いきそう、中に出す」といつもの合言葉を囁き始めた。「ダメッ、外で、外に出して」激しい腰の動きの中私の声など聞こえないように太い男根を私の女陰深く激しく突き続け一段と激しくズンッと奥深く突き刺すと「M代、いくっ」

彼の腰の動きが止まり「あっああっ、ダメッ、中は、ダメッ、外にっ」「うっ」女陰深く突き刺さっていた太い男根を引き抜きドックンドックンッドクッドクッとお腹の上で脈動を始めた。「あっ、イクッ」

私も同時に迎えたエクスタシーの中彼の腰にしがみついてしまった。彼の太い男根と浴びせかけられた温かな精液をお腹の上に感じながら大きく足を曲げ広げたまま彼にしがみつた。「気持ちよすぎて、中に出したかったよ」「ごめんね」

「M代もしがみついてくるから」「中だと今度こそできちゃうわ」彼からティッシュを受け取り浴びせかけられた精液を拭きながらシャワーを使った。リビングに戻ると彼はソファに横になっていた。

「お疲れのようね」「もっとM代を楽しみたいからさ、寝室に行こう」「奥さんとここでセックスしてるのね」「最近はレスだよ」

「中に出したら、きっとできちゃうわ」布団に仰向けの彼の股間に手を伸ばし男根を弄んだ。「M代、硬くして」

弄んでいるうちに硬くなってきた男根を咥え舐めフェラを始めた。男根はみるみる硬く大きくなってきた。「ウグッ、美味しい。これが一番よ」

「M代のフェラ気持ちいいよM代おいで」彼の顔の上で足を広げ舐め合い吸い合う69をたっぷりとゆったり楽しんだ。「そんなにしたら、すっごいいっちゃうわ」

69ではこの頃私は負けてばかりで艶声を我慢できず先にいってしまう。「イッイイッ、おかしくなっちゃう」と艶声を出しながら太く硬い男根を咥え舐め続けた。仰向けにされ両足を大きく開くと彼は男根を女陰にあてがい「M代、入れるよ」「もうっ、入れてっ」

一気に彼は男根すべてを私の女陰奥深く突き刺してくれる。「アッアアッアウッ」そして男根を浅く引き抜きまた勢いよく突き刺してくれる。

「アウッイッいくっ」彼の男根色・中だしに染められ今では激しく挿入されると同時にいってしまう。「こんな体にしたのは、あなたよ」

「M代が一番さ」エクスタシーを味わう中彼は女陰の中で暴れ回ってくれる。バックで彼が押し入ってきた。

寝室にはバンッバンッと肉のぶつかる音と私の大きな艶声が響き渡っていた。「アウッすっすごいっ。もうまたイクッ」騎上位、側位と体位を変えながら彼は2度目の余裕の中激しく私を責めてくれる。

屈曲位になると更に激しく腰を打ち付けながら「M代気持ちいい、いきそう」と合言葉を囁く。「きてっ」「M代イクッ、どこに出す」「ダメッ、中に、中に頂戴」つい危険日なのに口走ってしまった。

「M代イクッ、中に出すぞ」ドックンドックンドクッドクッドックン私の女陰奥深く挿入したまま男根が脈動を始めた。「アッアアッアッアアッイクッ」

男根の脈動に合わせ大きな艶声を出しながら彼にしがみついてしまった。「中に出してしまったわね」「M代が中でと言うから気持ちよかったよ」

「でも中に欲しかったの」「M代だいじょうぶかな」激しいセックスを物語るように布団が動いていた。

「生理が来るといいけど、分からないわ」「連絡待ってるよ」禁断の危険日中だし快楽を味わった気だるさの中彼の部屋を後にした。

「生理が遅れてるの」「そうか、できたかもな」「あなたの子よ」と連絡した。

いつものラブホで激しく太い男根を生で女陰深く受け入れ彼の温かな精液をたっぷりと子宮で受けとめた。「病院に行って来たわ。2ヶ月ですって」「旦那さんの子ではないんだろう」

「あなたの子よ。産みたいけど産めないわよね」「そうだな。無理だよ」彼の男根をフェラし激しく騎上位で彼を味わい屈曲位で子宮に浴びせかけられる快楽をたっぷりと味わった。

「分かった。近いうちに病院に行くわ」私は堕胎しこのW不倫に決別した。旦那から彼に乗り換えようとしたが彼の奥さんが気付いた。

同時に旦那も薄々気付いたからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。