ブスで小太りなヤリマン同級生を使って、童貞友人達の筆下ろし乱交

ぴゅあらば

中学3年の時、同級生にブスで小太りだけど、ヤリマン女がいました。頼めばやらせてくれるのに、友達はあんな女じゃぁ出来ない、やりたくないと同級生では、やっていたのは2人だけで、おかげさまで、やりたくなったら直ぐに出来ました。

高校1年で彼女が出来るまでは、そのヤリマン女しか知らなかったけど、100回以上セックスしてました。高校1年で、友達になった童貞のヤツらが、俺も早くセックスやりたい、オマンコ見てみたいと言っていたんで、「やりたいなら、やらせてくれる女いるぞ、ブスだけどオマンコは付いてるぞ、その女で良ければ、土曜日俺の家泊まりに来れば、連れてくるぞ」そうしたら、9人の友達がやれるならどんな女でもいいと、泊まりに来ることになってしまいました。

早速、ヤリマン女に連絡して『今度の土曜日泊まりに来いよ、日曜日の夕方まで俺だけだから、やりまくろうぜオマンコ』即答で『いいよ、ちょうど安全日だから、生で大丈夫だよ』『本当か、中に出してもイインだな』『土曜日まで、溜めとけば一杯出してよ』改めて凄い女だと思いました。『それから、友達が早く童貞とオサラバしたいんだってよ、お前童貞奪ってくれないか』『イイよ、私でいいなら』『土曜日呼ぶから頼むよ』とあっさりと決まりました人数までは言わなかったけど……土曜日になり、友達9人が来ました。『お前ら、やり方判るのか、最初に俺がするから見てろよ、女見てダメだと思ったら、即帰るように』みんなは、やる気満々で『やるに決まってるだろ、でも、みんなの前でか』俺が『今日は記念日になるからちゃんとやったか、みんなの前でしようぜ』しぶしぶ納得して公開でする事に決まりました。

ヤリマン女が来ました。家に上がり、部屋に来てビックリして『まさか、友達ってこの人達』『そうだよ、大丈夫だろ』『いくら何でも全員はムリよ、1人だと思ってた』『試しにしてみようぜ』ベットに女を座らせました『こいつら、女の裸も見たことないんだって、見せてやれよ』俺は構わず服を脱がし始めました。なんの抵抗もなく、上を脱がすと、おっぱいが現れて『大きいじゃん、気持ち良さそうだな』彼女の背中から手を伸ばして、おっぱいを揉みました。

『柔らかくて、気持ちいいぞ、後で好きなだけ出来るからな』彼女は既に感じ始めていて下も脱がして、全裸にして『みんなに、オマンコ良く見えるようにしようぜ』後ろから抱えて両足を拡げると『けっこうグロいな、でも初めてだよオマンコ見るの、』みんな食い入るように覗き込んでいました。

『今、中まで見せてやるよいいか』オマンコ触ると、かなり濡れていて『なんだ、ビショビショじゃんか、もう欲しいのか』『だって、こんなに大勢の子が見てるんだもん』ビラビラを開いて、クリトリスを触りながら『これがクリトリス』穴に指射れながら『ここに、射れるんだぞ』みんな興奮しだして、俺は全裸になり、『しゃぶってくれよ』とチンコを口元へやると、直ぐにしゃぶり出しました。

いいなとか、俺のも早く、早く射れたいと騒ぎだして『よし、射れるぞ、良く見える方が良いよな』俺は仰向けに寝て、彼女をみんなの方に向かせて、騎上位の体勢で『射れるぞ、良く見てろよほら、射れろ』彼女はチンコを握り、オマンコにゆっくりと挿入し出すと入ってくよ、つよしのでかいな、全部入った、すげえと彼女は上で、腰を振りだして、喘ぎ声が出始めて、『次誰だ、順番どうする』決めかねていて、『おまえら、勃起してるのか、みんな裸になれ、誰でもいいから、しゃぶってもらえ』

一番おとなしいやつが、チンコをビンビンにして、彼女の口に射れて来ました『気持ちいい、もう出そうだよ』『やめろ、最初なんだからオマンコの中に出せよ』『中に出せるの、早くやらせてよ』『よし、ちょと待ってろ』彼女を下にして、上から激しく突くと、クチャ、クチャ、とオマンコから音がして、彼女が『いい、気持ちいいよ、もっともっと突いて』みんなの見てる前で、中に放出しました。

チンコを抜くと、ドロリと精子が垂れて来て、回りだけ拭いて『いいぞ、次いけ』さっきのヤツが、上に乗り『ほら、射れてあげろよ』と彼女に言うとチンコを持って、『いい、射れるよ、初めてなんでしょ、我慢しないで中に出していいからね』俺も初めてなんだよね、他人のセックス見るのは、チンコが入ると、『気持ちいいよ、気持ちいい、最高』1分くらいで、あっと言う間に発射してました。

他のやつらも見事に勃起してて、順番も決めたみたいで『次、俺の番』と、彼女に大丈夫だろと聞くと『今のところ大丈夫、みんなの童貞もらうから』と部屋は十畳、冷房も効かせてるけど、ムンムンとして来て、匂いも漂いだして、1人オマンコに射れてる時に、次のヤツがフェラ、次のが右胸、次が左胸と決めたのだけど、みんなイクのが早くて、30分くらいで、全員の童貞喪失してしまい、『まだ、まだ、するんだろ時間はたっぷりあるし、楽しもうぜ、次からは1人づつで、時間は15分ね』

『オマンコ舐めたい人いるか』みんな舐めたいと『精子まみれのオマンコ舐めれるなら、好きにして』彼女も元気で、まだまだ大丈夫と言ってたのに二時間後には、大股開いたままダウンしてたけど、オマンコは、精子でビッチョリで寝ていても、射れるのはスムーズで三回目を始めて出していました。結局、朝まで彼女のオマンコには誰かのチンコがはいってる状態でした。俺は2人で風呂に入り、身体を洗ってあげました。

『みんな、喜んでいたぞ、おまえのオマンコ最高だって、ほかのオマンコ知らないのにね大丈夫か』『取り敢えず、大丈夫、でも変な感じするけど、まだするのかな』『するよ、たぶん、ところでイッタのか』『イクどころか失神寸前』『気持ち良かったなら、よしだよね』風呂から出て、また始まり、多い奴は六回出したとかみんなでマラ兄弟になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。