女上司の尿意が限界で山の中で用を足させたら…ハプニングで山中青姦

ぴゅあらば

車で山越え中のどうしようもないタイミングで、女上司の尿意が限界に。仕方がないので舗装していない林道に車を突っ込み、奥で用を足させる。

ソッチ系の趣味はないので車で待っていると、女上司の悲鳴が聞こえた。駆けつけると、女上司はコケてスーツを泥まみれにし、だいぶキレていた。車は自車で、トランクには趣味のフットサル用の練習着がある。

車に戻って練習着を渡すと、女上司はいきなり目の前でスーツを脱ぎ始めた。「ぉおいっ!!」と慌てたが、止めることはできず、目は釘付けだった。女上司は構わずスーツ、シャツ、ストッキングまで脱ぎ、黒ブラ&黒パンだけになった。

渡した練習着は持ったまま、ふとニヤッとすると、「行こう」と車に乗り込んだ。峠道なので運転に集中したいが、できる訳がない。30代半ばの女上司の体は乳や腹に弛みがあって、やけに生々しい。

見ちゃいけないのに見てしまう。それを向こうも気づいてる。少しでも気が紛れればと、音楽をかけてみた。すると女上司は、「ねえ」と声をかけ、黒ブラを外し、音楽に合わせて乳を揉みだした。

もはや前を見て運転なんてできない。再度見つけた林道に車を突っ込む。もう止まらない。わざわざお願いなんてしない。唇を奪い、舌を絡める。女上司が勃起したモノを引っ張りだし、優しく擦る。

こちらもワレメに指を滑らせると、驚くほどヌルヌルだ。クリを弄ぶと、「あぁ…」と甘い声で喘ぎながら、ついに黒パンまで自分で脱いだ。「出したいでしょ?ヤらせてあげる」

女上司が裸のまま車を降りたので、慌てて後を追う。ボンネットに両手をつき、「もう入れて」と、やはり弛んだ尻を向けて誘う。立ちバックでモノを挿入する。ゆるゆると前後すると、「気持ちいい…」と囁いた。

「好きに動いて良いからね」女上司の言葉に、イかせようなんて気がなくなる。打ち込むように前後すると、女上司が尻を手で開き、根元まで、奥まで求めてくる。

「いい…あっ…すごく…気持ちいぃ…気持ちいぃよぉ…」ボンネットにもたれた女上司が良い声で鳴く。無我夢中で腰を振っていたせいで、すぐに射精感がこみ上げてきた。

「イキそうです」「いいよ」性欲に促されるまま、中に目一杯ぶちまけた。

「中出しはないわ~、何考えてるんだよ~」助手席の女上司は、ブツクサ言う割に怒った様子がない。ようやく練習着をまとい、楽しげにしていた。

女上司は怒りと性欲が正比例するタチらしい。性欲がある程度満たされれば、怒りもそれなりに落ち着くようだ。「内勤のときはこっそりオナニーして済ましてるんだ~」

「そんな事言われると、また襲っちゃいますよ」「イケなかったから誘ってんだよ。このままラブホにGo!」お互い今のままじゃ職場に戻れないので、ラブホに飛び込んだ。

その日は結局、ぶっ倒れるまで搾り取られるハメになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。